kazuちゃんのお米作りと気ままな菜園日誌

米作りと地域担い手、野菜は自給自足を目指して、美味しい野菜作りにチャレンジしています!!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

トマト雨よけテントの用意を始めました  

DSC06180_サイズ変更

DSC06178_サイズ変更 
おはようございます。
おー寒 よく冷えています。


DSC06181_サイズ変更 
育苗ハウスの中は-4.5℃でした。
今日は気温も上がり暖かくなりそうです。


DSC06174_サイズ変更 
昨日寒いですが家の中にくすぼっていてもいても
仕方ないので、出来る事から先にやるかと思い、トマトの雨よけテントの
準備を始めました。

DSC06176_サイズ変更 
トマトテント用の支柱は地中35㎝埋め込んであります。
先日からの雨で土が軟らかいので、何度か支柱を上下に
突き刺しながら出来ました。
ここまでやっと置けばあとは楽ですね。
午前中2時間ほどで済ませました。

畝幅1.0m長さ5.5mの畝に今年は2列千鳥植えで14、5本
植え付ける予定です。
まだトマトの種蒔きもしていないのにkazuちゃん気が早いですね

翌朝首回りと肩から腕にかけて、腰にも違和感があり痛いです。
いくら土が軟らかかったとは言え、思いっきり突き刺している
のだから・・・
毎年下穴はハンマーで叩いて、それから支柱を入れて
いました。  

blogネタがない・・・ ぅ(@゚Д゚)@。Д。)わぁぁぁ~~~~ッ!!!!!!







スポンサーサイト

Posted on 2016/02/18 Thu. 09:17 [edit]

category: その他

tb: --   cm: 4

育苗ハウスの完成と苗床設置をしました  

ハウス-1
昨日の朝はよく冷えて-3.8℃まで下がっていました。
ハウスの上が真っ白です。

今日は叔母の満中陰で家族3名朝から出かけてきます。
週末土曜日は叔父の3回忌。


ハウス-3 
先日からビニールを張り一昨日ネットで注文していたドアコーナーが
届いたので昨日は一気に完成まで頑張りました。

今回の農ビは一枚物ではないので継ぎはぎだらけで
ちょっと不細工になりました。


ハウス-4
1番頭を悩ませたのが扉の隙間をどれだけ少なく出来るかでした。
何しろ伊賀とくに私の地域は特別冷えますからね。
出来るだけすきま風を減らすことです。
二重にしてパイプを巻き込みました。

ハウス-5 
すぎさんが言っていたドアのヒネリ。
初めはしっかりしていたがビニールを巻いて出来上がった頃
風が吹いたらヒネリ始めた。

パイプは挟んでネジでしっかりと締めて有るので、しっかりしているが風圧で
まともに受けると、支柱が少し回転してヒネルことがわかりました。
でもこのビニールの貼り方は変えたくないので。
ドアコーナーとパイプをビス留めして回り止めにしました。

うん、しっかりしたぞ、これが出来たのもすぎさんのお陰(* ´ ▽ ` *)


ハウス-6
すっかりと暗くなりましたが何とか出来上がりました。
まだ裾など細かいところをしなくてはいけません。
何とか雨風はこれで防げそうです。


苗床-1
ハウスの中にすっぽりと収まっていた温床は前日組み込みました。
組み込みには道具類は一切使いません。


苗床-2
長い方の衝立入れて

 苗床-3 
短い方を入れ




苗床-4 
キッチリとはまり込みました。
保温材を入れて完成。

一年経っていたのでヒネリが出ないか心配でしたが
ヒネリ防止対策をして有ったので大丈夫でした。
でも木が乾きすぎて少し隙間が出来ガタつきがあるので
ちょこっと手を加えて修正をしておきます。


苗床-6 
育苗保温シートを入れて、トンネル用の段ポールを設置。


苗床-7
段ポールを止めている部材はアマチュア無線を開局しているときに
使っていたアンテナを残してあったのを再利用。
これが旨く段ポールを押さえることが出来ました。



苗床-8 
ビニールトンネルをして完成です。

この時期は電気代が少し多くなります。
日中は育苗ハウス内は30℃は確保でき、ビニールを開放するくらいですが、
夜間は15℃位だったかな、昨年のこと忘れてしまった 
そのためにトンネルの上にシートを掛けて寒さから守ります。

畳一畳分の温床初めの頃は空きが多く、とても広く感じますが
茄子、トマトの接ぎ木を始めると狭くなってきます。
愛妻家まで使う羽目になります。

今回ハウスを一回り大きくしたけど、まだ狭い感じがします。
でもこの中で接ぎ木作業もゆったりと出来そうです。

来週から種まきを始めなきゃね。





Posted on 2016/01/17 Sun. 06:32 [edit]

category: その他

tb: --   cm: 8

育苗ハウスを新たに作りました  

育苗ハウス-1
1/9日から始めた青色申告決算書と確定申告。
決算書は出来上がり、確定申告は年金の年間受給金額の通知書が
届けば終わる所まで出来上がりました。

売上は上がったが税金を納める程には成りませんでした。

昨年の今頃育苗ハウスを作りましたが、そのハウスに少し手を加えて
椎茸小屋にしたので、新しい育苗ハウスを1/5、6日に骨組みまで
済ませました。

使った材料はアーチ型のトマト支柱。
これに少し手を加えて作ることにしました。

今回はトマト支柱以外にテントに傾斜を付けるので天井ジョイント30°


育苗ハウス-2
天井ジョイントはアーチ支柱1セットに対して3個使います。


育苗ハウス-3
パイプベンダーが有れば曲げ加工が出来ますが、ないので
アールになった所を切断して使います。


育苗ハウス-4
1本試しに切った場所でバッチリと決まりましたので
必要本数を切りました。


育苗ハウス-5
天井部分長さ約160㎝


育苗ハウス-6 

育苗ハウス-7 
抜けてこないようにビス止めをします。


育苗ハウス-8 
ビス止めは天井ジョイントの片側だけ


DSC05836_サイズ変更
もう片方は立ち上げ部分でパイプが少しアールに成っているので打ち込んで
有るので角度が変わったりする心配は有りません。


育苗ハウス-9 
途中経過は省略してほぼ出来上がりました。
今回は一回り大きくして幅2.1m、奥行き2.8m、高さが天井トップで
2.1m程です。
支柱は40㎝地中に入っています。

左の遮光ネットをかぶっているのが昨年作ったハウス


DSC05874_サイズ変更

育苗ハウス-11
昨日決算書もほぼ出来たので天井部分に農ビを張りました。
まだ補強もしなくてはいけないし、コーナーエルボ以前ホームセンターに
有ったのがなく、しばらく入荷予定なしでどうしようか思案中です。

遅くてもあと半月ほどで完成させて、中へ温床育苗床0.9m×1.8mを
設置します。

そのときにまたあらためて投稿します。





Posted on 2016/01/12 Tue. 06:43 [edit]

category: その他

tb: --   cm: 4

防獣ネットの設置  

房獣ネット設置-1
第3菜園へアライグマ捕獲用の檻を設置して4日経過しました。
おびき寄せ用のドッグフードは食べて有るが、まだ捕獲には至っていません。
相変わらず進入してマルチを破りまくっています。

空豆の直播き、極早生タマネギの植え付けも迫っているので
今日は防獣ネットをHCで買ってきて設置しました。

写真右が私の第3菜園、左が古川さんの畑。

真ん中が一応さかいめですがお互い土手を乗り越えて行き来しています。
古川さんにここを防草シートで覆って防獣ネットを設置するからと一言。

高さは1mの防獣ネットです。
これから行き来出来なくなります。


防虫ネット設置-2
上から見た感じですが、地際のネットの裾にもしっかりと進入できない
様にしました。


防虫ネット設置-3 


防虫ネット設置-4 
軽トラの進入路の左へネットを設置するか右に設置するか迷いましたが
右に設置しました。

左に設置するとトラクターで一気に耕耘するときネットが邪魔になります。

右の空いている場所はトラクターで耕耘するときは、進入路がなくても
土手から入れるのでこの方法にしました。

写真上側に河川があります。
そこは紐を張って鹿が上がってこないようにしているが、もしこの状態で
アライグマが来るようだと河川側にもネットを設置しなければいけません。

あと右側のネットの地際が土なので掘り起こして侵入する可能性が
有ります。
ネットが上がらないようにピンで打ち付けてあるがさてどうでしょうか。

午前中に買い物に行き11時半くらいから作業を始めて、しっかりと夕方5時
近くまでかかりました。

コメリでネットと防獣杭を買って、農業用品を予約申し込み扱いで
処理をしてもらい、通常よりも約一割の値引きで1万円は
しっかりと払いました。
立派な野菜が沢山採れますよ  

Posted on 2015/10/30 Fri. 18:32 [edit]

category: その他

tb: 0   cm: 4

先日完成した温室へ入れる保温苗床が出来ました。  

昨日は春を思わせる様な暖かい一日でしたね。

先週に続き昨日も黒の礼服を着て叔父の年忌のお勤めをしてきました。

先日からブログデザインの変更をしています。

作者の方からお借りしてチョコッと、さわっていますが自分好みになりませんね。

まだ何回か変更しますのでお見苦しいですがご勘弁下さい。 




今日1月25日と26日は組のお付き合いで8名、一人欠席ですので7名ですが
2年間お世話になった組長さんの慰労を兼ねて、一泊旅行でなんと
雪深い奥飛騨に出かけます。


kazuちゃんと皆さんの普段のおこないがいいですから、この週末は暖かくなり
雪でバスが動かないことがなく、安心して出かけることが出来ます。

でも月曜日は雨の予報がでていました。

コメントを頂いている常連さんにはリコメが出来ませんので
ご了承下さいね。

出来るだけ大雪の写真を撮ってきたいと思います。(^▽^)


今日の投稿はウンザリするほど、写真と説明が多いですが、見ていただいたら
作った甲斐があります。




  


先日作った育苗用ハウス、温室と言ってもいいですよね。
そこへ入れる苗床を作りました。

今回購入した材料はコンパネ2枚、垂木、保温材2種類

残りビスなどは手持ちのを利用します。


どうやって作ろうかと頭に描きながら、取りあえずスタートしました。

幅200mmを丸鋸で3枚切ります。
この板が苗床の横板になります。

後で分かったことですが4枚必要でした。


naetoko-2.jpg 


垂木45mm角、長さ1985mmをコンパネの縦長よりも、プラスコンパネの厚み分
2枚分長く切り、それをコンパネの底へ、コンパネの厚み分プラス極広めにして
ビス留めしていきます。

ここまで進んで頭の中で設計図が出来上がりました。

ほんまか 



  naetoko-3.jpg 

キチンとした場所でやれば良かったんですがこのまま進めます。

コンパネの底へ垂木をビス留めして、床部分が出来上がり増した。

寸法さえ間違えていなければ、横枠板が上手く収まるはずです。



    naetoko-4_20150121220230093.jpg     

     写真は横枠の短い方で2枚必要です。
     時間の経過と共にコンパネが反ってくるので、垂木を添えて反り防止を
     するつもりです。

     
     赤丸は後で組んだときに分かりますが次に進みます。

DSC02943_サイズ変更  



先ほどコンパネを丸鋸で切った残りのコンパネを使い
垂木の横へビス留めします。
ここまで材料は無駄なく全て活用出来ています。



naetoko-11_20150121215915bcb.jpg  
 
縦長方向の横枠板2枚、こちらは長いので始めから反り防止の
垂木をビス留めして取り付けて有ります。

出来上がったので順番に組み込んでみます。


naetoko-6.jpg 

どこから組んでも大丈夫なはずですが、うまく組み込めるか心配ですね。

とりあえず縦長の枠板から順番に・・・



naetoko-7.jpg 


DSC02946_サイズ変更  



naetoko-9.jpg 

オー心配しながらでしたが、ゆるくもなく、きつくもなく、キッチリと
組むことが出来ましたよ。  やれば出来るじゃん!


DSC02950_サイズ変更   

こんな感じで枠板はビス留めしなくてもキッチリと収まりました。
ここまで頭の中で描いたとおり失敗なく出来ましたよ。

枠板が4枚必要だと上で書いていましたが、3枚だとコンパネの大きさが
90×180だから横板の長い方は2枚はそのまま使う。
短い方はコンパネの幅が90mmだから180を2枚に切ればぴったりと
寸法通りになるが、隅っこで重なり合う所がコンパネの厚み分だけ足りなくなり
 こんな感じで四隅が空いてしまう。


先ほどの赤丸の箇所が、ここで重なり合って、中へ横枠が倒れなくなります。
この部分我ながら上手く出来たかなぁと思っています。 


外側もコンパネの切り端ではなくて、垂木を通せば完璧過ぎるくらい頑丈に
成ります。
分かっているがバラシテ片付け、移動などするときにコンパネ一枚でも
重みもあり、板が広いので持ち運びが大変です。

少しでも軽量化のつもりでしたが、これでも床板は結構重いです。
もっといい方法があるかもしれませんがこれで精一杯ですね。

naetoko-12.jpg 

さらに保温の為にビニールトンネルします。
ダンポールを取り付ける様にしてみました。


naetoko-13.jpg 

横から見るとこんな部品を使っています。
趣味でアマチュア無線をしているときに使っていた、アンテナのエレメントを止めて有る
ブラケットの半分を利用してみました。

これがまたぴったりと合い8mmと5.5mm両方のダンポールが使えます。
ネジはまだ仮締めでトンネルの高さを決めてから締め付けます。

いまは5.5mmを組み込んでみました。



DSC02971_サイズ変更  
 
さらに放熱を少しでも防ぐために、断熱材を床に30mm厚を敷き、横板にも
20mmの断熱材を使います。



naetoko-15.jpg

保温シートを敷き完成しました。

我ながら上手く出来上がったとニンマリしています。
一応ここまでで枠板に断熱材を張り、かるく塗装をしてビニールトンネルを張れば
できあがりです。


先日完成した温室の中も湿気と結露で中が濡れています。

塗装しないと湿気でコンパネの傷みも早いので、後日カラースプレーを
買ってきて吹き付けます。

1.8m×0.9mの広さはちょうど畳一枚分有るので広くて、全面使い切る事は
出来ないと思います。

これを購入したきっかけは苗も全て自分で育て、それを栽培して直売所へ
出すつもりでしたが・・・ ですね。

でもナス、トマトの接ぎ木苗が安定すれば、苗を売ることが出来るので
夢はまだ捨てていませんよ。


今まで元工場の事務所、自宅の南側の部屋で2年苗作りをしてきました。
部屋では机の上にシートを置いて有るだけなので熱が逃げて
温度が上がりにくいので、衣装ケースの大きいのを被せていました。

こんどは保温シート全体を覆うので熱が逃げないと思います。
ただハウスはビニール一枚だけなので夜間は温度が下がるでしょうね。

種蒔きするまでに1度通電して温度を測りたいです。


昨年は2月17日にナスの台木の種蒔き、トマトの台木は3月3日
から始めました。

今年も予定通りかナスはもう少し早めに種蒔きをするかもしれません。


今年の種蒔きは楽しみです。




Posted on 2015/01/25 Sun. 04:56 [edit]

category: その他

tb: 0   cm: 6

プロフィール

FC2カウンター

カレンダー

ブログランキングバナー

最新記事

Categories

blog link

ブログ村ランキング

人気ブログランキング

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。