kazuちゃんのお米作りと気ままな菜園日誌

米作りと地域担い手、野菜は自給自足を目指して、美味しい野菜作りにチャレンジしています!!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

接ぎ木ナス台木の発芽とナスの種蒔き  

                                                                2月27日
P1020340_サイズ変更
2月17日に種蒔きしたナス台木、ナスの命

P1020339_サイズ変更 
2月23日から発芽が始まりました。


P1020404_サイズ変更
2月27日の様子ですが100%発芽してしっかりとしてきました。


P1020408_サイズ変更
なかなかいい感じで推移しています。
種の大きさも違ったが昨年のトルバムビガーは細くてもやしみたいでしたが
なすの命が茎が太くてがっしりとしています。

ところが同じ日に種蒔きした昨年残り種のトルバムビガーは全く発芽せず。

待っていても穗木(ナス)の種蒔き時期を遅らせるわけにはいかず
2月27日に種蒔きをしました。


P1020396_サイズ変更 
昨年種採りをして保存してあった固定種のヨモギナスの種。

P1020397_サイズ変更     P1020398_サイズ変更
発芽するか少し心配ですが2年前の残り種 2種類を種蒔き。
ちょっと管理不足で昨年の種と思っていたので発芽しなければ苗を購入する羽目になりそうですね。


P1020403_サイズ変更 
各3粒と築陽は種があるだけでなので3粒と2粒種蒔きをしました。


P1020407_サイズ変更 
保温シートへ入れて温度は32℃に設定。
左のトレイはトルバムビガーですが、もう少しこの状態で様子見です。
発芽すれば儲けものですが多分駄目でしょう。
全株発芽しますようにお祈りします。 

上手くいけば3月6日前後に発芽予定です。

参考までに昨年は接ぎ木苗の種蒔きは2月23日、穗木(ナス)の種蒔きは3月2日でした。
接ぎ木作業4月26日、5月2日、植え付けたのが5月15日と5月26日で本葉も6枚前後と
とても小さい苗でした。

今年は慌てているわけではありませんが昨年よりも少し早くなっています。

それとトマトの台木種蒔きは昨年3月3日、穗木(トマト)の種蒔きは3月6日だったので
今年も予定通りか もう一日早く蒔きたいと思います。

トマトはこの時期から準備して接ぎ木作業が4月8日と4月16日で植付が5月15日からでした。

どちらも接ぎ木作業日が違うのは台木と穗木の茎の太さが揃わないと出来ないからです。
どんな苗でもそうですが特に接ぎ木の場合は種蒔きして発芽をいかに揃わすかで
良否が決まってきます。
接ぎ木苗を作る方は参考にして下さい。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/02/28 Fri. 05:01 [edit]

category: 苗作り

tb: 0   cm: 4

北出の田んぼの田起こし  

                                                               2月25日

P1020348_サイズ変更
 
我が家の田んぼの2回目の田起こし開始です。
北出の18a、まだ陰は雪が残っているところがあります。
外周3回分を残して進入路の反対側から起こしていきます。


P1020350_サイズ変更 
最終コーナーへかかってきましたよ。
外周3周分を残すと言ってもいまだに上手く間隔をつかめませんね。
白い部分を起こしながら出口へ向かっています。


P1020351_サイズ変更 
綺麗に起こせました。
右端真ん中の茶色いのは、昨年籾摺りをしてここへ放しに来たときマクーラーのシャッタを
間違って開けてしまったのでかたまってしまいました。
今日は朝から黄砂とPM2.5が飛んでいるのと、地元の陶器の窯元が
登り窯で陶器を焼いているので、その煙と両方で霞んでいます。


P1020352_サイズ変更 
もう一枚の田んぼ


P1020353_サイズ変更 
北出の田んぼは乾きが早いですが、その分雑草がすぐに生えてきます。
この時期にもう一度起こしておかないと雑草だらけになります。

作業を完了してこの後近くのOさんが中古のユンボを買って今日納車だったので
見に行ってきました。
私も田起こしをしながら今届いたなぁと橫目で見ていました。
今年米寿の厄参りを済ませたんですが元気なお爺さんですよ。
40aをトラクターで代掻きまで自分でやって、植付と刈り取りは仲間にして貰っています。
俺が田んぼで出来へん様になったら○○はん、小作頼むわなぁと言われています。

とにかく機械物が好きですが跡取りもいないし、あと何年がんばれるだろうと
農業座談会で集まったとき、みんなから今頃からそんなん買ってどうするや。 
と言われてもあまり気にしていないようです。
いきなり買ったのではなくて3トンの古いのを持っていたのを、下取りに出して入れ替えなので
まだ話が分かるが、負けてやんとおまえも買えと古川さんは言いますが。 

喉から手が出るほど欲しいですが、それよりも先にキャビン付きのトラクター入れ替えしたいです。
2トンのユンボですから農作業にもってこいの大きさです。
夢の中まで古川さんが出てきてユンボ、ユンボと言われそうです。
これで仲間内で0.8トン、1トン、2トンと揃いました。
よりどりみどりです



P1020347_サイズ変更 

P1020346_サイズ変更 

今日の畑の収穫は大根と小松菜でした。
大根はあと3本、小松菜もあと15株ほどでで終わりです。

関連記事

Posted on 2014/02/27 Thu. 05:14 [edit]

category: 苗作り

tb: 0   cm: 2

請負の土壌改良剤散布と荒起こし  

                                                               2月24日
P1020336_サイズ変更
 
暖かくなって来たのでいよいよ外仕事の始まりです。
今日は請負の土壌改良剤散布をしてから田起こしをします。
ケイカルは8袋届いているので20a分です。
どうでもいいことですがこの方は肥料類は取引先の関係でJAで購入していません。
奥に見えているのは私の田んぼに撒くケイカルです。


P1020335_サイズ変更
ここはまだ荒起こしをしていません。
昨年までは他の方がやっていましたが、昨年の稲刈りから私が仕事を
させて頂くことになりました。
10a位だと聞いてみましたが、ケイカルを撒いて見ると消費量からすると12aは有りそうです。


P1020337_サイズ変更
その後場所を移動して9a、2枚にケイカルを撒きました。
場所は私の農舎の隣です。


P1020338_サイズ変更 
早々ロータリーに付け替えて2回目の起こしです。
この田んぼは昨年に荒起こしを済ませてあります。
一度田起こししてあるのでPTOは2、副変速は中、主変速は3~4で起こしていきます。

実は今日頼まれたYさんの元々田んぼで、もう何十年と他の人に小作をして貰っていたのを
今年から自分で作ると言うことになり返して貰った場所です。
Yさんは自分ですると言っても、私が請負でさせてもらうので複雑な心境です。 


P1020342_サイズ変更 
場所を移動して最初の田んぼです。
私は田起こしは進入路の反対側から、外周3週分を残して起こしていきます。
計算通りに行けば無駄なくダブって起こすことなく最後は外周3周を回って
圃場の外へ出るはずです。
でも計算通りに行かないときもありますけどね。
それが農業です。

P1020344_サイズ変更
田も良く乾いており綺麗に起こすことが出来ました。
請負の仕事は4月に入ってからに成りますが、先日のF君の田んぼの荒起こしと
もう一軒分を近々する予定でまだ残っています。
田起こしした向こうに建物が3つ並んでいる真ん中の白っぽい建物が私の農舎です。
これから帰ります。 では。









関連記事

Posted on 2014/02/26 Wed. 05:17 [edit]

category: 受託作業

tb: 0   cm: 4

ニンジンの間引きと追肥  

                                                                 2月20日

P1020284_サイズ変更

ニンジン第一段の間引きと追肥をしました。

昨年12月8日に種蒔きしたサカタ ベーターリッチ約75日が経ち
本葉も4枚展開してきたので一気に1本に間引きましたが、
本当は2本に間引き半月後に1本にと思っていましたが、3粒蒔いて1粒しか発芽していない
株を見ると大きく成長していたので1本にしました。
ニンジンは隣り合わせで葉が触れ合って、生長していくと本で読んだことが有り
忠実に守っていましたがそうでもなさそうですね。

P1020286_サイズ変更 
こんな感じに綺麗に揃い生長しています。


P1020287_サイズ変更 
間引いたニンジンはまだ小さくて色も白っぽい感じがします。


P1020289_サイズ変更 



P1020293_サイズ変更 
元肥は入れずに無肥料で種蒔きをしました。
今日は初めての追肥をして、後は収穫を待つばかりです。
どうもこの購入ぼかし肥、ペレットが大きすぎて違和感がありますね。
その後土と混ぜ合わせて肥料が土に馴染むように水を与えました。


P1020294_サイズ変更  
30ヶ所種蒔きして2ヶ所が未発芽のままで終わりました。


P1020290_サイズ変更 
こちらは1月11日に種蒔きしたタキイ Dr.カロテン5、本葉が出始めてきました。


P1020295_サイズ変更 
離れた距離で写真を撮っても全体に見えるくらい大きく成りました。
冬蒔きニンジンの生長は遅いですが、一旦発芽すると夏蒔きニンジンよりも
管理が楽です。
3月に入れば日差しもより一層強くなり温度も上がり急成長してきます。


P1020280_サイズ変更 
現在の温度で室内が25℃、地温が22℃と最適温度です。
関連記事

Posted on 2014/02/25 Tue. 05:38 [edit]

category: ニンジン

tb: 0   cm: 6

じゃがいもの黒斑病対策と今年の種芋買いました。  

                                                                 2月16日   

P1020231_サイズ変更
 
寒い寒いと言ってもHCなどでは1月の始め頃より種ジャガの販売を始めています。

当地区でのじゃがいもの植付は春の彼岸前後が多く、あと一月ほどですが今年植える
じゃがいもの種芋をHCで買ってきました。

毎年毎年黒斑病に泣かされて、時期が来ると悩みつつ今年も植え付ける事にしました。
2年続けて栽培した十勝黄金は今年から栽培を止めにしました。
浴光崔芽をしてもなかなか芽が出にくくて、昨年は5kg購入した種芋が
半数近く腐らしてしまい、面倒なので止めました。

それで今年は原点に戻って男爵いもを栽培することに。
もう1種類アンデスレッドを1kg植え付ける予定で、少し値段が高い店を覗いて見ると
沢山有ったんですが、この時期で芽が5mm以上もでており、店員さんにこれ以外に種の
入荷予定を訪ねるとこれで終わりですと・・・

植付までまだ一月有るしね、などと話ながら結局諦めることに。
お店の中は暖房も適度に効いており、芽が出て来るのは当たり前ですよね。
じゃがいも寒くても痛んだりしないんですがと、腹の中で一言 . . . 。

しかたないのでタキイかサカタのwebで値段と相談します。

でこの男爵とキタアカリですが黒斑病にかかり、収穫量に大きく影響を及ぼしています。

私は過去ブログで2回この黒斑病の対策を取り上げているところを紹介しました。
完全に効果が有るかと言えばウーン ・・・・。それなりにですが対策しないよりは
はるかに良かった様に思います。
と言うよりも私の肥料の与える量が足りなかったような感じですね。

どちらにしても私のじゃがいも栽培は過去いい結果があまり出ていませんので
苦手な部類の野菜作り何本かの指に入ります。


IMG_0902_サイズ変更 
この写真は3年前に栽培していたキタアカリの写真ですが
黒斑病にかかっています。 
  
毎年かかっており昨年は

始めは葉に黒い斑点が出始めて、そのうち斑点が広がり始めて
黒から黄色く成り始め、その後葉も黄色く成り収穫時期が近づくと葉が枯れ出すのと
同じ症状に成ってきます。

黒斑病について詳しく説明されています

今年も少しでも収穫量が上がりますように 
関連記事

Posted on 2014/02/24 Mon. 05:15 [edit]

category: ジャガイモ

tb: 0   cm: 2

耕作放棄地Yさんの田圃  

                                                                2月21日
   P1020306_サイズ変更

    もう何十年と耕作放棄地になっていた地主Yさんの田圃

    今年からF君が小作して私が請負をする場所ですが。

    その時の記事の内容は

    大雪が降る前に溝をユンボで掘ってもらい排水がスムーズに流れるようになりました。


P1020308_サイズ変更 

P1020309_サイズ変更 

P1020311_サイズ変更 
朝からいつも集まって農業座談会をしているOさんの店へ久しぶりに伺いました。
写真をクリックして画像を拡大すると、写真左上にある建物の前に白い車が
有る場所がOさんの店、店からこの田んぼが丸見えです。
ユンボは先週の大雪が降る前に田んぼへ持ってきてあったので、もうじき排水工事
やって貰えそうと私が話を持ちかけると、雪の前に半日ほどでしてしもたでと、Oさん ・ ・  ・
えっそうなん、ユンボ置いて有るので近々取り掛かると思っていたと 私が言うと、
工事終わってあこへユンボ置いてあるんやとOさん。

午後から見に行くと工事は終わっており、田んぼに溜まっていた水も殆ど無く
上手く流れています。

とそこへOさんが私の姿を見たのでやってきて二人で、もう少し溝深くないと駄目やなぁ。
折角してくれたのに、古川さんが小作するF君に電話で工事しに来ているから
見に行けと電話していたそうですが、F君見に行かず指示を出さなかったようです。
最後にOさんが私に、○○はん見に行って指示したらなあかんわさと私にとばっちりが
○○はんとは私の事で伊賀弁でおまはんのはんを取ってつけたような感じです。


4枚続きで約31a、そのうち一番上の田んぼは耕耘だけして植付ないと言っていたので26a、
来週になりもう一度乾き具合を見て、田起こしをしたい思います。

長い冬の間くすぼっていたがやっとその時期がやってきたようです。



関連記事

Posted on 2014/02/23 Sun. 05:50 [edit]

category: 地域の紹介

tb: 0   cm: 2

雪の後の田圃の様子は  

                                                                  2月21日
気温が低くて2/14日に積もった雪がまだ解けずに残っています。


P1020300_サイズ変更
 
来週以降から気温も上がってくるようなので、2回目の田起こし、請負の田起こしと土壌改良剤
散布を来週から始めようと田んぼの様子を見てきました。
的場の16a 畦際にまだ残雪があるが、来週から少し前に刈った山際の草刈りした分の焼却と
土壌改良剤のケイカルを散布して田起こしを出来そうです。


P1020301_サイズ変更
北出の18a 雑草が早くも伸び出しているので田起こしを優先してやりたいです。
雑草が生えてくる田んぼは良く乾く為でその分水持ちも悪いです。


P1020302_サイズ変更 
向出10a 殆ど雪は解けているが畦際にはまだ残雪が残っている。

P1020303_サイズ変更 
長谷15a ここは日当たりがいいので雪は解けて全く残っていない。
でも土は相当湿気ているので気温が上がらないと乾きそうにない。


P1020304_サイズ変更
南出40a ここは南に山を背負っており、相当雪が残っている
小作している田んぼで一番作業がしにくい田んぼで残雪部分ともう少し右側くらいまで
湿気て何ともしかたない部分です。
地主さん曰くうちの田んぼは地区内でも1枚当たり一番広い田んぼやと自慢している。
でもいくら一番大きい田んぼでも湿気て仕事がしにくいので、差し引きしてもマイナス面の方が大きいように思う。

暗渠排水を施してあるが余り効果が出ているように思えないし、地主さんからは40a有ると聞いているが
トラクターで作業してもどう転んでも35a未満のような気がする。
年貢(小作料)も高いので取りあえず3年で見直しをしてくれなければお返しすることになっている。
でも今年で2年目だからまだ丸二年有る。
区内の田んぼの請負仕事をさせてもらっていると、土壌条件が同じではないのでどこの田んぼが仕事が
やりやすいかすぐに分かる。




P1020305_サイズ変更 
最後に白瓜畑から水田に戻して今年から稲作をする平子10a、これ以外に15a
ここは同じ地区内でも自宅付近と温度が1℃以上低いところで
自宅付近が雨でもこちらへ来ると雪が交じっている場所。
ここはしっかりと2回田起こしをしてあるので、雑草も生えず綺麗です。

以上で地区内6ヶ所に点在する私の田んぼ約1.2㏊。
1月下旬にJAから苗の申し込みが有り、今年は16a増えたので120枚→140枚に増やしました。
昨年は120枚注文して実際には91枚使用、今年は昨年よりも20枚多く注文したが
果たして終わってみればどれくらい使い切るか分からないが、疎植植え(37株)で苗の取り数も一番少なく
して田植えをしたが、苗が抜けて飛んでいるところも多数有り、一株抜けると60㎝空いてしまい
中には二株飛んで90㎝の所も多数有った。

今年は苗取り量をもう一段多くしてみようかと思っています。
もう一段苗を多く取ることで苗の消費量がどれくらい変わってくるか少し心配です。
関連記事

Posted on 2014/02/22 Sat. 05:46 [edit]

category: 米づくり

tb: 0   cm: 2

兵庫県・城崎温泉で一泊してきました。  

 
タイトルにも書いてあるように2月18、19日と兵庫県の城崎温泉へ行ってきました。
ナビをセットして出発は朝9時45分頃でした。

r-2.jpg  
高速での渋滞もなく順調に進んでいます。

r-3.jpg 
途中トイレ休憩と、昼食を済ませて14:30着に予約してくれてある
川口屋リバーサイドホテルへ到着。
私たち夫婦はマイカーですが、かみさんの兄姉夫婦はJRで城崎駅へ2:54分着予定。

r-4.jpg 
ホテルのロビーでしばらく待つことに。
ホテルの方に聞いてみると城崎は今年は雪が少ない様です。

r-5.jpg 
城崎温泉は内湯より外湯がメインで、7つの温泉巡りがありますが
宴会までに1ヶ所温泉巡りをしてきました。
行きはホテルのバスで送って貰えるが、帰りは歩きとなるのでこれがまた
寒風吹き付けるなか7分ほどかけて帰ってきましたが、すでに湯冷め状態です。 

r-6.jpg 
この時期の城崎温泉は、そうですよね松葉ガニ


r-7.jpg 

r-8.jpg 

r-9.jpg 
食前酒で乾杯。
かみさんは4人兄姉の末っ子。
今日は姉さん、兄さん、姉さん夫婦と、写真手前が私たち夫婦。
爺シャツが見えていますね でも本当に外は寒かったんですよ
今回私は義弟になるので段取りも全て姉さんにして貰い楽させてもらいました。

かみさんと一番上の姉さんとは歳がいくつ離れているんだろう 多分15歳くらい?



r-10.jpg 
本日の献立はカニがメインですね。


r-11.jpg 
久しぶりのカニをたらふくいただいて大満足です。
皆さんお酒は強いんですが、私はノンアルコールで我慢


r-12.jpg
一夜明けてチェックアウト後駅まで見送りに行き、電車予約まで時間が有るので
その辺の土産やさん巡りを。
城崎温泉は4回目なんですがいつもマイカーですので駅へは来たこともなく
始めての城崎温泉駅です。

r-13.jpg
ホテルでもそうでしたが平日にもかかわらず若者、若い女性の観光客が非常に多くてビックリしました。


r-14.jpg 
城崎温泉の風物詩?柳の新芽もチラホラと出始め春はもうそこまで来ていました。
外は寒くて観光は出来ませんでしたが、温泉はイヤイヤ、カニが良かったですね。
今回かみさんの兄姉と初めての旅行でしたが、今までは何回かこんな話もありましたが
私が現役で忙しくて話が決まりませんでしたが、今なら農繁期以外なら毎日でも行けるので
また誘って下さい。
 
今回の走行距離は往復約490km 燃費22.4Liter/km プリウスαでした。
この車に替えてから燃料を満タンにしておけばガソリンのことは全くと言っていいほど
気にしなくてもいいです。
出発時点で走行が130km、燃費18.7Liter/kmでしたが、最終22.4Literまで上がり
スタットレスタイヤ装着を考えると高燃費でした。

次回旅行出来るようにガンバロー!


関連記事

Posted on 2014/02/21 Fri. 05:49 [edit]

category: 日常・生活・旅行

tb: 0   cm: 2

キャベツと茎ブロッコリーの種蒔き~発芽  

                                                                  2月17日

玉レタスとリーフレタスの種蒔きを皮切りに、そろそろ他の野菜の種蒔きも始まり
(*⌒▽⌒*) 時期が近づいて来ました。
ブログネタもしばらく続きそうでなによりです。


P1020203_サイズ変更     P1020201_サイズ変更

今回2月12日に種蒔きしたのはキャベツと茎ブロッコリーの2種類。
昨年夏の種蒔きが出来なかった茎ブロッコリースティックセニョール
春先以降は虫が出て来るのを覚悟しての栽培です。



  P1020206_サイズ変更

ともに6株づつ種蒔きをして育苗保温器の中へ。
今回は徒長防止のために地温設定を15℃から18℃位に設定しています。


P1020243_サイズ変更 
写真は2/16夕方時点のですが地温を抑えたので発芽まで4~5日かかりました。


P1020244_サイズ変更
栽培本数が足りなければ株分けしたいと思います。
苗の準備が進み始めているが、外は雪が残っており、まだしばらく準備は出来そうにありません。 


P1020279_サイズ変更
2/18、19日と一泊で出かけていたので18日の早朝に少し水分を多めに与えました。
余り多く水分を与えると間違いなく徒長するのが分かっていたが
案の定徒長しました。 
成るべく培土が乾かないように温度も13℃位と低めに加温していたが、1日水分を切らすと
くたっと成って萎れてしまうのは目に見えています。
こういうときのお出かけは不味いですね。
でも萎れて枯れてしまうことを思えば少しくらいの徒長は我慢ですね。
明日からキチンと管理をしたいと思います。
関連記事

Posted on 2014/02/20 Thu. 05:49 [edit]

category: 苗作り

tb: 0   cm: 2

ナス接ぎ木苗(台木)の種蒔き始めました  

                                                                2月17日

今年も接ぎ木苗の準備を始めました。

P1020037_サイズ変更   P1020233_サイズ変更  


P1020235_サイズ変更   P1020662_サイズ変更    
昨年始めて接ぎ木苗に挑戦しましたが、成功したので懲りずに挑戦します。  

今回台木として種蒔きするのは以前に紹介した茄の命、今年はこれで台木を作る予定でしたが
 昨年栽培したトルバムビガー、少し栽培が難しいと言われている品種の台木ですが
昨年の種がまだ沢山残っており、今年種蒔きして発芽しなければ頭をくじかれてしまうので、
今年は茄の命の種を購入。

トルバムビガーの種は処分せずに持ってたで 、発芽率を試すためにも両方の栽培を計画しました。

茄の命の種、値段は小袋40粒入りで577円、トルバムビガー小袋100粒入りで420円

ついでに後日種蒔きするトマトの台木、グリーンガード50粒入りで1050円と少し高価。

種を一年ぽっきりで捨ててしまうのが勿体ですよね。
せめて 2年くらいは発芽して欲しいと期待しています。 

今年からは直売所への出荷も止めたので、自家消費分だけですので本当に家庭菜園のお遊び的に
成るので種代もケチりたいですね。

接ぎ木が成功して植え付ければ、台木としての耐病性も試せるので一石二鳥です。



P1020236_サイズ変更  P1020237_サイズ変更
種はトルバムビガーはとても小さくて、茄の命はナス科と同じような感じの種です。


P1020240_サイズ変更
トルバムビガーは1ヶ所2粒10株分左2列、茄の命は1ヶ所1粒13株分。

P1020242_サイズ変更  P1020241_サイズ変更
加温シートの温度を30度に設定して昨年は7日目で発芽したので、7~10日後には発芽する予定です。

昨年は台木と穗木の茎の太さが揃わず難儀しました。

まず一つ目のポイントは穗木と台木の太さが揃わないと接ぎ木出来ません。


昨年の接ぎ木苗で太さが揃わなかった記事です。


接ぎ木で使うホルダーは記事中くらいで紹介しています。



昨年は台木が発芽と同時にナスの種蒔、生長とともにナスの生長の方が早くてナスの
茎の方が太くて、台木が最後の方まで細くてイライラしましたね。  

今年は昨年の経験を生かして台木発芽後3~4日おいてその後種蒔きをしたいと思っています。

経過は随時アップしたいと思います。

無事発芽しますように! 



関連記事

Posted on 2014/02/18 Tue. 05:32 [edit]

category: 苗作り

tb: 0   cm: 2

春どりキャベツと初夏どりキャベツの追肥  

                                                                  2月13日k-1 
昨年11/6日に購入苗を植え付けた春どりキャベツ4株と初夏どりキャベツに追肥をしました。


k-2_20140211151802c46.jpg 
追肥は1回11/30日に少量施してあり、今回巻き始めたので最後の追肥をしました。
この所の寒さで生育も一服状態で巻き始めてから殆ど大きく成っていません。


k-3_201402111518051ef.jpg 
追肥場所は株から離れた場所へ施し、土と混和して水を与えて起きました。
不織布のトンネルで先日も雪が降り、土が濡れていると思っていたが
そうでも無くからからの状態でした。

キャベツは今まで周年に近い位、年4回ほど栽培していましたが昨年9/20日に種蒔きして
11/7日に定植した金系201が失敗に終わり、1年栽培をしていませんでした。
今年からはまた頑張って植え付けたいと思います。

この時期ブログネタが少ないので正直困っています。
なければ更新せずにしておけばいいのでしょうが、毎日沢山の方が私のしょうもない  blogを見に
来てくれているので、頑張ってつまらないことでもと思い更新していきたいと思っています。
今日も応援のポチお願いします






関連記事

Posted on 2014/02/17 Mon. 05:28 [edit]

category: キャベツ

tb: 0   cm: 2

リーフレタスを株分けして増やします。 (*⌒▽⌒*)  

P1020217_サイズ変更
2/4日に種蒔きして7日~発芽が始まったリーフレタスと玉レタスシスコ。
一週間でだいぶ生長しましたので、写真リーフレタスを1ポット3株有るのを株分けして
数を増やしたいと思います。


P1020219_サイズ変更
玉レタスシスコ、生長したがちょっと徒長気味ですが、これでも畑に植えれば
何の問題もなく収穫出来ます。
今回はシスコは株を増やさずにこのまま育苗して、特に徒長しているのを間引きして
大きくします。


P1020218_サイズ変更
株分けすると言っていますが、私が勝手に株分けと言っているだけ、他の方もしているかもしれませんね。
この株分けは私が畑を始めて2年くらいからやり始めて 、何株かは失敗して事も有りますが
確率からすれば成功していますね。

今までキャベツが一番多くて、白菜、オクラなどですが、オクラは特に移植を嫌うので
根を切らないように慎重にやらないと失敗します。
トウモロコシもやったことがありますが、トウモロコシはのちの生長に差が出て来るので
1回きりで止めました。 


P1020221_サイズ変更
この様に土が崩れないようにポットから抜き出します。



P1020225_サイズ変更
ポットから根土が崩れないように慎重に抜いて、写真分かり難いですが3つに割ってあります。


P1020223_サイズ変更
事前にポットへ培土を入れて真ん中当たりへ穴を開けておきます。

P1020227_サイズ変更
穴の中へ入れて後は足りない培土を入れてかるーく押さえて
少し水も与えてできあがりですね。

P1020228_サイズ変更
8株分から14株分に増えましたが、もっと増やしたくても食べきれません。
レタス類はは今まで株分けはしたことが無く今回が初めてです。
株分けするタイミングが難しくて、余り大きく成長していると根も張り出して
分けたときに根を切ってしまうので注意が必要です。
種蒔きの時に間隔をつめて有ると、株を外すときにすでに根と根が絡んでいて
根を切りやすいので、1ポット2株位の方がやりやすいように思います。
午前中に株分けしたが、夕方になりダランとしていなければ成功です。

種蒔きしたけど畑の場所が余る、苗が足りなかったかも、
もう少し種蒔きしたら良かったなどの時は重宝しますよ。

関連記事

Posted on 2014/02/16 Sun. 05:23 [edit]

category: 苗作り

thread: 野菜づくり - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

ニンニク追肥とホウレンソウ、水菜の収穫  

久しぶりに降り続いた雪でしたが、今朝の積雪は23㎝でした。
何年ぶりだろうか、ここ最近の記憶では覚えがないです。 


P1020215_サイズ変更   P1020216_サイズ変更
畑のトンネルもスッカリ埋まってしまい、自宅入り口の雪かき後トンネルの雪も取り除いたが
通路には昨日からの雪が溜まっており、取り除いた雪の行き場がない。   



n-1

先日の玉葱と同じ日にニンニクにも追肥をしました。
このニンニクはつい最近萌芽したところで、植え付けしてから3ヶ月ほど経過したので
もう駄目だと思っていましたが、こんな激寒気の2月に萌芽してくるとは恐れ入りました。

n-2
こちらも同じくつい最近萌芽し始めたばかりです。
芽の出ていないところは前回の追肥時に肥料を施していません。


n-3_201402111520138c9.jpg 
一昨年よりも植付が遅かったので成長はまだ遅いですが
追肥の効果も出ておりにわかに生長を始めています。
次回の追肥は3月の10日前後です。


DSC_0081.jpg      DSC_0082.jpg
先日から収穫しているホウレンソウと水菜が今日の収穫でした。
ホウレンソウは甘くて美味しく、水菜は柔らかくて癖もなく美味しいです。
ホウレンソウはあと10株位で第一段が終わりで、第二段も大きく成っているので
続けて収穫出来そうです。

私事ですが左右の腎臓に5mm未満の結石を、併せて10個位大事に持っています。

年に1~2回、多いときで3個おりたことが有ります。
おりてくるのでそれ以上は溜まらないみたいですが、石が腎臓から尿管へさがっていくときに
痛みを伴います。

この痛みは経験したした方でないと分かりませんが、私はこの痛みに関しては割と楽な方で
過去に一度だけ凄い痛みの発作を経験したことが有ります。
石が小さいうちに下りてくるからだろうからだと思います。

それでホウレンソウにシュウ酸が多いので、石が溜まりやすいと聞いていたので
今まで食べずにひかえていました。
でしたが、ブロともさんからホウレンソウを毎日大量に食べ続けない限り大丈夫だと聞き
それ以来は食しています。

体内に蓄積されたカルシウムとシュウ酸が結びついて、結石に成る様なんですが、
ホウレンソウだけでなくて食生活を調べてみると、沢山それに当てはまる物が有ります。

私の好きなコーヒーですが、ミルクを入れれば身体には吸収されず、体外に出てしまうから結石ができにくいと、
泌尿器科のドクターに教わりました。
それ以来ブラックは止めてミルクを入れています。
でもコーヒー好きには味が変わるので物足りなくなりますね。
関連記事

Posted on 2014/02/15 Sat. 05:37 [edit]

category: ニンニク

thread: 野菜づくり - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 4

先週の雪よりも凄いぞ ☃  

 
P1020207_サイズ変更    P1020208_サイズ変更

2週続けての雪になりましたね。   
まだまだシンシン降り続いています。
写真は2階の窓から撮ってみました。


P1020210_サイズ変更 

自宅前の植木も雪景色で綺麗ですね。


P1020211_サイズ変更 

いったい何㎝積もっているんだろうと思い、計ってみると11㎝超えている。
画像アップ出来ます。

先週は2~3㎝だったのに、ここ近年では新記録


 

P1020212_サイズ変更 P1020213_サイズ変更

昨日雪の予報だったのでトンネル補強をしておいたが、これだけ積もっていると押しつぶされていますね。


P1020214_サイズ変更 

雪を払い落として写真を撮ってみるともううっすらと積もっています。
手が冷たーい
今日は昨日に続いて確定申告の残りを頑張るぞ

追記ですがお昼過ぎに積雪量を計ると19㎝になっていました。
3時間程で7㎝積もったことになり、近年では大雪、警報も発令された。





関連記事

Posted on 2014/02/14 Fri. 10:00 [edit]

category: 日常・生活・旅行

tb: 0   cm: 2

タマネギに追肥と雑草取りをしました。  

t-1 
前回追肥時期が昨年12/27日だった極早生アサヒ、寒いですが少しずつ生長しています。
今回は最後の追肥をしました。


t-2 
鱗茎も大きく成り春先が楽しみですね。


P1020176_サイズ変更
寒くても草だけは元気で、気づいたときに草引きをしているが
また直ぐに生えてきますね

t-3 
もみじ3号、前回の追肥は1/7日でした。
次回の追肥予定は3月の始めですが、草勢と相談ですね。


t-4
追肥をしているときに気づいたのですが、植付時は浅植えで植えたつもりですが
深く植えすぎてある苗も結構出てきます。
写真の3本を比べて見ると葉の大きさは、殆ど一緒ですが手前の株は葉の数が少なく
深植えに成って生長が遅いです。

野菜苗の植え付けは浅植えが基本ですが、このタマネギで生長の違いが大きく分かりますね。
一番上の極早生の鱗茎部分が大きいのも浅植えに成っていました。


t-5 
アトン追肥時期はもみじ3号と同じく1/7日でした。
前回追肥時期より生長が進んでおり本葉の枚数も増えました。
株元へ追肥した購入のぼかし肥ですが株元の土をほぐすようにして肥料と一緒に混ぜ込みました。


P1020162_サイズ変更 
今使っている購入のぼかし肥ですが、ペレットが大きすぎて追肥などは
タマネギのようにマルチの穴へ追肥をするのがやりづらいです。
叩いてつぶそうと思いやってみましたが、結構硬く圧縮してあり時間がかかるので
止めました。

昨年白瓜栽培用に125kg購入しましたが、まだ75kgほど残っており今年は手づくりのぼかし肥は
作っていません。
元肥などに畑に蒔くときはふりやすくていいのですが、追肥には使いにくいです。


t-6 
全体でこんな感じでここまでは順調に育っています。

関連記事

Posted on 2014/02/13 Thu. 05:23 [edit]

category: 玉ねぎ

thread: 野菜づくり - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 4

新たに小作する田圃の山際草刈り。  


P1020189_サイズ変更
   P1020191_サイズ変更
久しぶりの草刈り仕事、今年から新たに田んぼを借りて小作する事となった、的場の田んぼ約16a
昨年荒起こしをして草だらけだった畦畔の草刈りも終えて、残った場所は山際の笹刈りですが
風が強くて寒い日だったが気温の上がったお昼過ぎに、一仕事してきました。

P1020193_サイズ変更  
山際は見ての通り獣害対策網を設置してあるので、金網の裾は草刈り機で
笹を刈るのは大変です。
何回かガシャッと金網に刃が当たり、ダイヤモンドの刃大丈夫かと思いながら
何とか刈り取ることが出来ました。 
面積的にはそう広くはないが、水路が通っており山際が斜めになっているので足場が悪いので
仕事はやりにくいです。
滑り止めにスパイク付のゴム長を履いての作業でした。



P1020196_サイズ変更  
刈った笹はおおかた畦畔と山際の間の水路へ落ちて入っています。
今は水路にはちょろちょろしか水も流れておらず、笹が流れて行くことも無く
人に迷惑もかからないので、気温も下がり始めメチャクチャ寒く成ってきたので
今日はここまでで打ち切り、早々退散しました。   
後日刈り取った笹を、田んぼへ掘り込んで乾いてから 焼却したいと思います。 
やれやれ昨年から気になっていた仕事が出来ました。                 
関連記事

Posted on 2014/02/12 Wed. 05:10 [edit]

category: 米づくり

tb: 0   cm: 4

降雪被害は  

先日の湿気った雪の影響でトンネル栽培している野菜は
トンネル用に使用しているダンポールが、雪の重みには勝てなかったようで
トンネルが押しつぶされました。
毎年春先の雪で何回か経験はしていますが今回は酷かったですね。

その中でニンジン用トンネルで一緒にで育てているホウレンソウ、小松菜は
ダンポールが押しつぶされることなく全く心配いりませんでした。 

ダンポールは8mmと5.5mmを使っており、両端は8mm途中にも8mmを使っており
ダンポールとダンポールの間が約60㎝と細かくダンポールを使っていたことに加えて
農ポリがたわまないようにしっかりと張っていて、気密性も良くてトンネル内の気温が
予想以上に高かったのが良かっのかもしれません。


P1020173_サイズ変更
手前からニンジン、大根、キャベツと水菜、一番奥が空豆
雪の日の写真は有りませんが、キャベツと水菜、空豆のトンネルは殆ど雪の重みで
トンネルはつぶれていました。
ニンジン畝は長さ約5.5mでダンポールは、写真では10本しか見えませんが12本使っています。
毎年雪が降ると同じように雪の重みでつぶされているので、今年秋からのトンネルは
本数を多くして被害が出ないようにしたいですね。



 
ニンジン畝で育てている第二段のホウレンソウ大きく成りました。

k-2_201402101237071e6.jpg 
小松菜もトンネルの中で大きく成り、あと少しで収穫可能な大きさまで育ちました。


d-1.jpg
二年子大根種蒔きから95日が立ち葉っぱも大きくなり、先が楽しみになって来ました。

h-2_20140210123601304.jpg 
ホウレンソウ第一段は甘味を出すためにトンネルを外して寒さにあてています。
その甲斐があって立っていた葉がベタッと寝てきました。
先日から収穫を始めており甘味がのった美味しいホウレンソウをいただいています。


h-3.jpg 
先日の寒さで一段と甘味が強くなると思います。

m-1.jpg 
水菜も収穫を始めています。


s-1_20140210123710f06.jpg 
今回の雪で一番トンネルのつぶれ方が酷かったのは空豆
9mの畝で13本しかダンポールを使っておらず、ダンポールとダンポールの間が80㎝以上と
ダンポールの間も広くて不織布だから雪が解けて流れないからしかたない。
空豆は保温する目的ではなくて、直接霜が当たらないようにするためにトンネル掛けを
しただけなので仕方無いです。
2株ほど新芽が折れていました。
でも空豆は親の芯止めをして脇芽を育てるので折れても心配いりません。
そのた玉葱、ニンニクは被害なしでした。
例年ならこれから春先にかけてもう1、2回積雪が有ります。

関連記事

Posted on 2014/02/11 Tue. 05:39 [edit]

category: 菜園全体

tb: 0   cm: 2

玉レタス、リーフレタスの種蒔きから発芽まで  

昨日は南岸沿いを通過する低気圧の影響で、こちら伊賀でも1/7夜半から雪が降り始め
8日午後3時位まで降り続いていましたが、積雪は2~3㎝といったところでしょうか。
水分が多く含まれた雪でトンネル栽培している野菜、中は確認していませんが雪でトンネルが
押しつぶされていました。

P1020099_サイズ変更        P1020100_サイズ変更 
2/4日に玉レタス シスコとリーフレタスの種蒔きをしました。


P1020101_サイズ変更        P1020102_サイズ変更
レタスはこの時期種蒔きを始めたのは、一昨年保温育苗器を購入したので今年で3年目になります。
リーフレタスですが私は今まで育てたことが有りません。


P1020111_サイズ変更 
黒ポリポットが玉レタスシスコ、ブルーがリーフレタス。

P1020114_サイズ変更 

P1020113_サイズ変更 
レタスの種は薄くて小さいので蒔きにくいですが、1ポット3粒蒔きました。
リーフレタスの種は白っぽくて、玉レタスより少し種が大きいですね。

P1020118_サイズ変更 
種蒔き後加温育苗器へ入れて温度上昇を待ちます。
 
P1020129_サイズ変更 
レタスの発芽適温は種袋の説明によれば
玉レタス、リーフレタス共に15~20℃となっています。
少し上がりすぎていますが、手もとのダイヤルで
温度調整をしたいと思います。
昼間20℃くらいの温度でも、夜間になれば部屋の温度も
下がってくるので15℃近くまで下がります。
加温育苗器は便利ですが苗が徒長しやすいので、特徴をつかむまでは扱いにくいです。


P1020157_サイズ変更
写真は2/8日のシスコの発芽状況ですが2/7日には発芽が始まっていました。
でも今回もすでに徒長していますね。
培土表面でも分かるように水分は控えめにしています。


P1020159_サイズ変更                                       
リーフレタスは1日遅れの発芽でした。 


P1020160_サイズ変更 
発芽後は徒長防止のために、加温育苗器の上蓋を開けて
湿度を解放して、同時に地温も下げています。
今の温度で15℃位です。

昨年の種蒔きは元別荘で離れていたが、今年は子供がいなくなったので
机を南窓際へ寄せてそこで育苗しています。
晴れていれば日当たり良好な場所で、すぐに目が届くので後々の管理が楽です。

このレタスの種蒔きを皮切りに、キャベツ、茎ブロッコリー、
その後ナス接ぎ木用台木の種蒔きの予定です。

今年は育苗加温シートの設置場所をどこへ置こうか悩んでいます。
関連記事

Posted on 2014/02/09 Sun. 05:52 [edit]

category: 苗作り

tb: 0   cm: 4

空豆の生長と巨大白菜収穫 (゚д゚)  

立春が過ぎてから今冬一番の冬将軍到来の様で、久しぶりに夕方
車のフロントガラスに積もった雪が凍っていました。  

P1020131_サイズ変更    P1020134_サイズ変更 
空豆しばらく不織布の中を覗いていなくて、今日久しぶりに見てみると霜焼けで
何株か黒く焼けていました。 
来月に入るとだいぶ生長してくれるでしょう。


P1020138_サイズ変更    P1020136_サイズ変更
今日の収穫は大根と白菜。                                                         大根は残り少なく9本になりました。



P1020139_サイズ変更    P1020140_サイズ変更
今日の投稿メインは空豆にしようと思っていたのですが 白菜を収穫してビックリしました。 (゚д゚) 

今日は私は午後からかみさんの仕事を手伝っており、
秤を使う仕事なので農舎へ戻り計ってみました。


P1020143_サイズ変更    P1020144_サイズ変更
こんな感じでドデカイですね。                                                   縦より横幅の方が広いですね。


P1020146_サイズ変更    P1020148_サイズ変更
外葉付きで5kg位だろうと思っていたらナント8.2kg弱 これにはビックリでした。 

P1020137_サイズ変更 
白菜は残り11株と右に2株残っています。
収穫した白菜は多分王将だと思います。

家族が一人減った分余ってきました。
今年の栽培からは少し減らすことに。
関連記事

Posted on 2014/02/07 Fri. 05:33 [edit]

category: 豆類

tb: 0   cm: 2

田んぼ入水口の簡単な直しと畦の切り離し。  

P1020083_サイズ変更 
昨日は昨年のシーズンからだましだまし使い続けてきた
水田に水入れをする入水口の簡単な直しをしてきました。
写真だけ見ていると何やろうと思うだけですが。


P1020081_サイズ変更
上の写真の反対側が水路へ繋がっており、蓋を開けることで水が流れてきます。


P1020082_サイズ変更
水田に入水する取り入れ口のパイプなのですが、3年から耕作放棄して有った水田を
昨年から 小作(借りること)になったのですが、初めて見たときこのパイプの先は
どうなって いたんだろうと思いながら・・・。  ○○○に口なし... 
多分雨トユでも掛けて水入れしていた様な!
草刈りの時に刃が当たってパイプがボロボロに。


P1020084_サイズ変更 
取りあえず写真の様にして水を入れなければいけないので一回り太い
VU100のパイプを突っ込んで入水していましたが、風が吹くとパイプが外れたりで全く水が
入っていなかったり 
簡単な事なので準備もしておかないと思い、2/3日は暖かいので段取りにかかりました。 

排水用のSU菅にしては肉厚が薄く、柔そうなので全部取り替えてVU菅をいれて
草刈りの時にパイプが邪魔にならないように、埋め込んで集水升を設置して
完璧にといちじ思いましたが、自分の田んぼでもないし、余り費用を掛けたくないので
簡単にする事にしました。
溝も昨年からつまったままなので今日は一気にやりました。
 

P1020085_サイズ変更  P1020086_サイズ変更      
7尺のU字講なので鍬で上手く土を出せないので角スコップで土を上げました。 


P1020087_サイズ変更  P1020090_サイズ変更 
これで昨年から気になっていた溝が本水路とつながった。  あと土手幅も広く無駄なので
15㎝程切り離しました。


P1020094_サイズ変更 
結局あまり元もかけずに簡単に済ませました。
塩ビパイプVU75 2m物@880円、VU継ぎ手45度エルボ@188円也
パイプが少し短いので後日継ぎたいと思います。
年に4~5回の草刈りだからその時はパイプを抜いて作業することに。 


P1020096_サイズ変更        
上の田んぼを終えて昨年白瓜を栽培していた田んぼ、水田に戻すので
これも無駄な土手幅を 切り取りました。


P1020098_サイズ変更
おおよそ20㎝程切り離したところ奥からモグラの通り道が
この春しっかりと畦ぬり機で穴をつぶしながら畦ぬりをしたいと思います。
 
畦ぬり機が普及するまではお百姓さんは毎年春先になると、昨年塗った畦を切り離して
いたが、最近では畦ぬり機で済ませてしまうので、畦離しをしているのを見なくなった。
 
だから畦の状態など殆ど分からず、毎年水をあてて田植えをする前になると
水漏れが有り、慌てて場所を探すがなかなか見つからず右往左往する事も。
 バタバタしなくて良い様にしたいですが、こればかりは分かりませんからね。
取りあえず気になっていたことが一つ解決





関連記事

Posted on 2014/02/05 Wed. 05:25 [edit]

category: 米づくり

tb: 0   cm: 4

2月始めの玉葱の様子。  

今回から過去記事よりも、より詳しく管理分けしたいので
出来るだけ単一投稿してカテゴリー別に投稿していきます。
何種類かのまとめた投稿は以前同様、菜園全体で管理をしていきます。

過去記事についても修正出来る記事は、一部修正して内容が少し変わる
ところも有るかもしれませんが、時間が取れたときにカテゴリ別にしていきます。
また画像掲載を適度に見える範囲まで、サムネイル化して以前よりも
拡大表示出来るようにしました。

P1020071_サイズ変更
2月に入り玉葱の2回目の追肥時期が近づいて来ました。
写真はアサヒ極早生。

P1020070_サイズ変更
アサヒ極早生のアップですが、鱗茎も太く成り本葉の数も増えてきました。
今回の追肥で極早生種の追肥は終わりで今週末くらいに予定しています。
前回追肥は昨年12/27日でした。

P1020073_サイズ変更
保存用のもみじ3号、生長は遅いですが順調に育っています。

P1020072_サイズ変更
もみじ3号のアップです。
1回目の追肥は1/7日でしたが、2回目の追肥は今週末に予定しています。

P1020077_サイズ変更
アトン植付は昨年11/5日に120株植え付けました。

P1020075_サイズ変更
アトンのアップです。
葉の長さも短くて鱗茎は極早生ともみじ3号の中間くらいでズングリとした草勢です。
1回目の追肥はもみじ3号と同じ日に、2回目の追肥は今週末に3種類一緒に施します。

P1020079_サイズ変更
アサヒ極早生ともみじ3号はマルチ押さえで種類分けしています。
極早生と中晩生種で随分と生育が違うのが分かります。
写真掲載は有りませんがアトンともみじ3号もマルチ押さえで種類分けしています。

植付半月後に多発していたタネバエ被害も、完全に収束して今は全くその気配も
有りません。

2月に入れば日長になり生長も早まってきますが、べと病などが出始める時期に成ってくるので、
よく葉を観察して感染しているようで有れば、殺菌剤ジマンダイセン水和剤を散布します。
隣の畑から菌が飛んできて感染することは珍しいことでは有りませんし
逆の場合も往往にして有ります。

私は基本無農薬栽培で野菜を育てていますが、玉葱などはべと病に感染すると、
回復困難な状況になりますので、予防の意味も兼ねています。
玉葱などは植え付けから収穫まで7ヶ月ほどと、畑に長く居座っている作物ほど、
愛着も有り対策はして上げた方がよいと考えています。



関連記事

Posted on 2014/02/03 Mon. 05:27 [edit]

category: 玉ねぎ

tb: 0   cm: 2

ニンジン第一段の生長と第二段発芽の様子  

P1020047_サイズ変更
しばらく暖かい日が続いていますが、我が家では1/25日からの一週間バタバタ騒ぎが有り
やっと昨日で落ち着きました。

ニンジン第二段の発芽予定日も過ぎていたので、気にはなっていましたが一週間ぶりに
畑を覗いてきました。

写真は昨年12/8日に種蒔きしたニンジン、ベーターリッチですが本葉も大きく成り
種蒔きから54日経過してすっかりニンジンらしく成りました。

P1020048_サイズ変更
ここまで生長すればもう大丈夫で、日増しに生長してくれる事でしょう。
無肥料でスタートしたので本葉が4~5枚に成れば2本に間引き
追肥をします。

ニンジンは元肥を入れて種蒔きするよりも、無肥料で種蒔きした方が失敗の確率は
軽減されます。


発芽してこれから生長する段階に入り、肥料を吸収すると根焼けして消えてしまうのは
ニンジンは特に根が弱いんでしょうか。
特に夏蒔きニンジンではその傾向が強く表れています。
年3回位栽培しますが今までの経緯から私なりに答えを出しましたが
当たるも八卦当たらぬも八卦ですから、余り信用しないで下さいね。

P1020052_サイズ変更
写真は1/11日に種蒔きしたニンジン、Dr・カロテン5、予定通り発芽しておりました。
この大きさを見れば28~29日頃に発芽した様子なので今回は18日前後で発芽したも様です。
覆土に培土、籾殻燻炭の効果も出ているように思います。
ただ1/21日に一度水をやりましが、種蒔き後覆土した培土の乾きが、畑土よりも早かった様で
全く発芽していない所が何ヶ所か有るので、水やりの回数をあと1、2回増やす必要が
有ったように思います。

P1020053_サイズ変更
日差しも強くなってきており、日増しに力強く生長して2週間もすれば
ニンジンらしく成ってきそうです。
関連記事

Posted on 2014/02/01 Sat. 11:24 [edit]

category: ニンジン

tb: 0   cm: 8

プロフィール

FC2カウンター

カレンダー

ブログランキングバナー

最新記事

Categories

blog link

ブログ村ランキング

人気ブログランキング

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。