kazuちゃんのお米作りと気ままな菜園日誌

米作りと地域担い手、野菜は自給自足を目指して、美味しい野菜作りにチャレンジしています!!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今年の玉ねぎアトンは期待が持てそうです。  

5月30日


玉ねぎの生長も止まり始めて日に何本か葉が倒れ始めています。
左畝がもみじ3号、右手前側約100本がアトン、残りがもみじ3号です。

tm-2_201405301753460b9.jpg 
アトンの方から見てみましたがアトンが毎日何本か倒れて収穫間近に成ってきました。

tm-3_20140530175350c2c.jpg 
バラツキがある物の今年のアトンは大玉が期待できそうです。

tm-4_20140530175354081.jpg 
マルチの穴にふさがれてあまり大きく見えませんが破いてみると意外と大玉なんですよ。(*⌒▽⌒*)
玉ねぎは玉が太り始めた頃から潅水を沢山すると結構玉太りが期待できますよ。
これは経験済みですから間違い有りません。

tm-5_20140530175358342.jpg 
もみじ3号ですがトウダチが何本か出ています。
葉の色が薄いので今年も昨年同様肥料が足りなかったようです。

tm-6_2014053017543326d.jpg 
3日程前から倒れていたのを収穫して見ました。
白のポリポットは10㎝です。
秤で量ってみましたら右の大きい方で390g、左で365gでした。
アトンは株間と条間を慣行栽培よりも広げて栽培すると600g位の大玉に成る様です。
昨年は肥料不足で小さい玉ばかりでしたが、今年は100本中1/3位は小さいと思いますが
残りは350g位の玉が収穫出来そうな予感です。
極早生、早生は生食で辛味も少なく美味しいですが、このアトンも同じようにオニオンスライスなどで
頂くととても美味しいです。
昨夜は頂きましたが美味しかったですね。
玉ねぎを沢山食べて血液をサラサラにして健康体にしましょう。
ニンジンは第二段のDr・カロテン5を収穫中です。
割れているのも何本か有りますがこれも愛嬌ですね。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/05/31 Sat. 05:10 [edit]

category: 玉ねぎ

tb: 0   cm: 6

毎日田んぼの草刈りが続いています。  

5月28日

草刈り4日目になります。
昨日の気温はいきなり30.5℃を超え一気に真夏日となりました。
午前中水分補給をしながら草刈りをしていましたが、クラッときたのでこれは駄目だと思い
軽トラのエアコンで体を冷やしながらお昼前に退散しました。
初日の翌日は腕腰が痛くて、それ以降それも収まり今度は暑さとの戦い。
暫くすれば真夏でない限り馴れてくるでしょう。


タキガグチ1枚、平子3枚、併せて25aの田んぼ昨年から地主さんに頼まれ私が作付けをしています。
いわゆる年貢はいらないから米を自由に作って下さいと言うわけです。

話が少し長くなりますが一昨年ここの息子さんから、田んぼを作って貰えないかと依頼がありました。
あとで写真を見れば分かりますが高土手ばかりで草刈りが大変な場所です。
低調にその辺の事を理由にお断りしました。
それまでに同じ地区内で請負をしている方にも同じ事を頼んでアッサリ断られたようです。

世帯主さんが突然4年前に他界されて、それ以来息子さん2人が町で暮らしていますが
帰ってきて年に2回ほど土手、田の中の草刈りを親戚も含めて5、6人でしていたそうで、
私もその光景を見た事がありますが 可哀想な位悲惨な物です。

で昨年有る方から私にこの田んぼ草刈りが大変だから、トラクターで年4回ほど起こしたってくれないかと
私に依頼がありました。
有る方を通じるのは請負をしているのは上に出て来たもう一人と私だけで、私も一度断ってあるので頼みにくい
ので有る方を介して依頼がありました。

早速地主さん宅に伺って奥さんと話を進めていくうち、私はトラクターで耕のをお金をいただけるのだから
いいですが年5万円近くに成ってくるので勿体ないですよ説明。
それでも構わないと言ってくれたのですが、私がしばらく考えたあげくこんな提案があるんですが・・・。

私が米を作らせてもらう代わりに、息子さん2人ゴールデンウィーク、7月の地区内の草刈り、お盆には
帰って来るのでその時に息子さん達に草刈りをして貰えないかと打診。

今まで年2回土手の草刈りと田の中の草刈りをしていたんだから、そのことを思えばズーッと楽だし
それ以外は私がキチッと管理をするからと話を進めると、そうして貰えると助かると、おまけに自分所の
田んぼで採れたお米買うからと私にも好条件の話に成りました。
田舎に生まれて今は都会に住んでいるが、先祖から受け継いだ田畑しばらくは息子さん達も
生まれ故郷に目を向けて管理をして行ってくれるでしょう。
耕作放棄地がまた一つ減りました。 

t-2_201405291259141c4.jpg
タキガグチの反対側平子3枚の田んぼがあります。
3枚とも高土手です。

t-3_20140529125919cae.jpg 
上の写真の道ばた上の田んぼ。
今年は浮き苗が昨年以上に多く特に外周に目立ち補植に入ろうと思って苗を残しておいたが
とてもそんな事している余裕は正直なかった。
今思えば田植機の掃除をしているときに、田植機の足下カバーを外して気づいた事が
私の田植機はあとで疎植植えオプションを取り付けた。
田植え時に疎植植えレバーを切り替えて、それはカバーの小さい蓋を開けるだけで
即切り替えが出来るが、もう一つ副変速切り替えレバーが運転席足下のカバー真下に
有るのが見つかった。
全くそこに切り替えればが有る事すら分からなかった。

昨年どうだったのかと思い出せないが、昨年も浮き苗があった。
それ以外に外周に今年は苗が斜めに植わっており変だと思っていた。
外周に浮き苗が多くて抜けているのは外周を植えるときは中を植えているときと比べて
植え付け速度が遅いからだ。
多分副変速切り替えレバーのせいだと思う。
それで洗い終わった田植機に大きな字で分かるように紙に書いて張ってあります。
来年は大丈夫でしょう (^▽^)


t-4_201405291259247b7.jpg
昨年地主さんにお願いして畑にさせてもらって白瓜を栽培した田んぼちょうど10a有ります。
畑だった事も有り肥料は25kg/10aに控えました。
防草シートとマルチ栽培だったお陰で草も殆ど生えていません。
14枚ある田んぼでここは随一苗の徒長もなくしっかりとしています。

DSC00529-2_サイズ変更_exposure
疎植植えで基本浅植え、1本植えが理想ですが、苗の欠株、3本くらいの植え付け上手くいかないもんですね。
外周2列ほど浮き苗で抜けているほどですから、1、2本抜けてもどうって事ないですが
人目を気にしなければ良いだけの事ですから。

t-5_20140529125928e94.jpg
平子最後の一枚。

t-6_20140529125955910.jpg
近くで見ると雑草が結構生えています。
初期除草剤バッチリ1㎏粒剤の効果は出ていないようです。

7ヶ所点在する田んぼでこの場所の田んぼの草刈りと、モグラが多いので水管理が一番
大変な場所です。
お陰さんで水も一番上流でおまけに田んぼが一番上にあるので水不足に困る事は有りません。
ここのお米は食べていませんが水が綺麗なので美味しいだろうと推測します。
ここ以外に上流水を貰える田んぼが55a有りそれらは飯米用と個人販売用に分けて管理をしています。
とは言っても田舎の事ですので水はとても綺麗ですからお米作りには環境抜群でしょうね。

関連記事

Posted on 2014/05/30 Fri. 05:00 [edit]

category: 米づくり

tb: 0   cm: 4

スイカの蔓の整理をしました。  

5月27日


親蔓の摘芯後急に子蔓の生長が著しくなり、孫蔓も伸び出したので
着果節迄の孫蔓整理をしました。
放任栽培でもスイカは出来ると思いますが、その後の草勢維持にも適度な摘芯は必要かと思います。

su-2_201405281336273ab.jpg 
早くも6節目には雌花が(6~7節目にはスイカの着果習性)出来ており草勢が強すぎる場合は
適度に大きくしてから摘果するのが良いようです。

su-4_201405281336319e1.jpg
親蔓本葉5~6枚で摘芯後伸びてきた子蔓3本を伸ばして育てていきます。
すでに孫蔓も伸びてきているので摘芯します。

su-5_201405281336352fd.jpg 
摘芯後すっきりとしました。

su-6.jpg 
その後は18~20節目に着く雌しべに人工授粉をさせたいと思います。

su-7.jpg 
他の株も整理をしました。
お行儀よく子蔓が伸びているのは私の性格が出ているようですね。
2回植え直した小玉スイカは親蔓摘芯後まだ子蔓の伸びが始まっていません。

su-8.jpg 
整理した蔓は結構ありました。
18~20節目くらいで受粉させたあとは放任栽培をさせるつもりです。
今年も美味しい西瓜が収穫出来ますように。

P1030570_サイズ変更
第3菜園で育てていたミニカリフラワー実星を収穫しました。
大きさは10㎝ちょっと大きいくらいで早速食してみました。
コリコリした食感で好みが分かれるかもしれませんね。
関連記事

Posted on 2014/05/29 Thu. 05:12 [edit]

category: 西瓜

tb: 0   cm: 6

イチゴは難しい栽培の部類に入るんでしょうか  

5月26日

今朝の目覚めは少し悪い。
いつものように4時半位に目が覚めたが、どうも今日は眠い疲れが出て来たか
そのまま目を閉じたらまた一時間ほど寝てしまったようだ。

かみさん曰く昨夜は大きな寝言を言ったら、愛犬モコがビックリして布団から走って出ていったと
道理で起きたときソファーの上で寝ていると思った。

そういえば何か夢の中で誰かと喋っていたような気がする。
田植えが終わり3日程経ったがどうも緊張の糸も切れて疲れが出て来たようだ。
田植え後の草刈りが余計疲労をためさせたかもしれません。

朝畑で大先輩の古川さんにその話をしたら、ホッとしたら疲れが出て来るやろうと笑いながら
話しかけてきた。
40年ほど自分所の田んぼ請負をやってきた方さえそうだったらしい。
かみさんも今日はゆっくりしたらと朝話しかけてくれたので、今日は畑の見回りと
肥料やり田んぼの水を見に行くなどで1日つぶそうと思う。
いつもとかわらへんやんか。 

i-1_20140526172903c65.jpg 
イチゴ栽培2年目の初心者ですが、昨年よりは収穫量が多い様です。
写真の品種はとちおとめ、今年は適度に摘果しているので大粒のイチゴが収穫出来ています。 

P1030578_サイズ変更 
こちらもとちおとめ。
とちおとめ自体そんなに沢山実が成るような品種ではないような気がします。

i-3_201405261729101cb.jpg
宝交早生、昨年も栽培しました。
安定して収穫出来次から次から花が咲くので早めに摘果しています。

i-4_201405261729133e4.jpg
そのお陰で昨年よりは大粒で甘くて美味しいのが収穫出来ています。 

P1030577_サイズ変更 
株によりムラは有るが収穫してもあとからあとから沢山実がついてきます。

i-6_20140526172941202.jpg  
さちのか今まで1粒か2粒収穫してその後ぱったりと花も咲かない。

とちおとめ10株、宝交早生10株、さちのか6株を栽培していますが
2日に一度のペースで多いときは8個ほど、少なくて4~5個しか採れません。

さちのかは別として20株も有れば日に少なくても10個平均は出来るかと
安易な考えをしていますが間違いでしょうか。

ランナーだと思って切り取っているのが本当はそこに実がついたりして

イチゴ栽培ってこんなもんでしょうか。

栽培して見て分かった事は実の先がお日様に当たらない事です。
ですから先は赤くならず白っぽいです。
イチゴ自体をマルチに着かず宙に浮いた状態で栽培出来れば
綺麗な赤色になりますが、何か工夫が必要ですね。

今年はしっかりと苗採りをして宝交早生、とちおとめ2種類に絞りたいです。
関連記事

Posted on 2014/05/28 Wed. 05:29 [edit]

category:

tb: 0   cm: 4

片腕のスパイダーモアが壊れてしまった (..;)  

5月24日


田植えも終わりホッと一息つきたいところですが、土手の草が伸びており回りの方の田んぼは
綺麗に草刈りが終わりすっきりとしています。
慌てて刈る事はないと言われればそれまでですが、スパイダーモアはあまり伸びすぎた草刈りが
得意ではありません。

k-2_2014052615482624c.jpg 
15分くらい刈ったときでしょうか向こうからかえってきたとき回転刃の当たりからシャラシャラと
変な音がし始めました。
機械を止めて刃を確信しても何も巻き付いた様子もなく手で簡単の刃が動きます。
少し刈り始めると全く草が刈れなくなり、今までシャラシャラしていた音がなくなりました。

k-3_2014052615483098f.jpg 
変だと思いベルトが切れたかもしれないと思いカバーを外してみると
あらっベルトプーリーが軸から外れてVベルトを押さえる事が出来ない状態に成っている。
中はベアリングだろうか?
クボタの担当者に携帯で説明して部品在庫は有るのと尋ねるとないとの事。
今日は土曜日、メーカーは休みだし、クボタは農繁期もおおよそ過ぎたので平常通り日・月曜日は休み。

火曜手配で早くて水曜日まで部品が届かない。
こう言うのって一番悪いパターンですよね。

おまけに最近の大手メーカーは在庫部品を持たない事にしている。
こんな時は往々にして個人販売店の方が部品在庫が有る確率が高い。
スパイダーモアは個人のイセキ販売店で買ったけど、そこの親父は愛想がよかった。
30年ほど前はそこでイセキのトラクターと田植機を買って長い付き合いだったが
代も変わり若社長は私とは雰囲気的に会わなくて無愛想。

向こうのペースにあわすのが本当だろうか、そんなバカなそれは反対だ。
だから2年前に一式揃えた農機はイセキで買わずクボタへ乗り換えた。
今のクボタの営業兼サービスマンは良くやってくれる。
済みませんね愚痴ってしまった
まぁ仕方ないか、ちょっとしんどいけどスパイダーモアがないときは全て1本刈りしていた。

k-4_2014052615483459e.jpg
何とか刈り終えてすっきりしました。
部品が入ってくるまでウイングモアがつかえる場所はそれで刈って
あとは手刈りで頑張ろう! って腕と腰が悲鳴を上げている。
一反楽を覚えると駄目ですね。

DSC_0141_サイズ変更 
草刈りを終えて水調整をしている最中、この田んぼにはカイエビはいないと思っていたが
水取口の田んぼの方に何と無数に動き回っている。
先日の写真は見難かったが今回は水も澄んでいるのでよく分かる。
この北出の田んぼはヒエが一番多く、先日クリンチャーを散布した場所。
無農薬栽培の田んぼの候補に上げたいのはやまやまだが、水持ちが悪くて2日経てば田面が出て来る。
おまけに水利は末端だから昨年も河川から水を揚げた位だ。
何とかしたいが水が細い田んぼは仕方無い。
たもでしゃくって別の田んぼへ持っていきたい位でした。


関連記事

Posted on 2014/05/27 Tue. 05:05 [edit]

category: 農機具

tb: 0   cm: 4

今年最後の田植えは友達Yさんの田んぼ  

5月23日

t-1_20140524180442df5.jpg
写真は約10aちょっとの友達Yさんが小作している田んぼ。
右手にも小さい田んぼが有り、5月19日に他の2枚10a弱を含めて代掻きを済ませた。
合計で4枚ある田んぼですが、代掻き当日水が抜けてない マジですよ。

ちょっとしたアクシデントがありましたが、当の本人から3日間留守にするからと聞いていたので
仕方ないので水を入れながら2枚を代掻き。

P1030483_サイズ変更 
別角度からの写真ですが前日写真奥の土手から他の農家さんが使っている水がこちらへ
流れこんでいたのでその溜まった水で軽く代掻きをして手前の高い部分へ水がするに回るようにしておいた。
手前1/4程が土が高い状態。

ハローで土引きをするにしても限界があるが出来るところまでやるしかない。

t-2_201405241804469bc.jpg
10a程を2時間半掛けて土引き後代掻きが出来上がった。
自分ながらまずまずのでき。

t-3_20140524180449e7d.jpg 
幸いにもこの代掻きと田植えが今春最後の仕事だったので焦りもせず上手く出来たと思う。

代掻きはそこそこの高低差を直しておけば、いくら綺麗にしても田植え当日田植機が入れば
フロートのあとも残るし枕地は最近の田植機にはローターが標準装備、オプションでついているので
綺麗に均せるのでコテで撫でたようにしなくていいのですが、どうも私はその切り替えが上手く出来なくて
代掻きに時間を取られます。
わかちゃいるけど止められないとはこのことです。
来年の課題として手抜きではないがもう少し時短をしてみようと思う。

t-4_2014052418045429b.jpg
田植えも24日と聞いていたが予定を変更して23日に繰り上げ。
私としては早い方が良かったんで二つ返事でOK。

他の2枚を植え終えて場所移動で写真の田んぼへ
2等変三角形の田んぼを植え終わった直後。
三角形の頂点へ行くほどに切り返しがきついですね。

t-5_20140524180457c9b.jpg
一直線にマーカ痕がついていますが代掻き後中2日だったので土がまだ居着いていません。

t-6_2014052418052304c.jpg
移動と休憩を入れて約2時間15分ほどで約25aの今年最後の田植えを終えました。
品種は今では珍しいヤマヒカリを植えました。
肥料は一発肥の14-14-14 反当40kg施しました。
刈り取りは昨年から請負をさせてもらっているが私が請負をさせてもらっている中では
一番遅く9月25日前後になります。
毎年収穫量は少ないようで7俵前後で肥料も適当らしい。
今年はキッチリ田植機で肥料を落としたので8俵以上は収穫が見込めるでしょう。
Yさんは美味しいお米を求めているので本当は化学肥料を使わずに
堆肥、米糠などを使い有機栽培をやればいいと思うが、2トンダンプもある、3トンユンボも所持しているので
やれば可能なんですが忙しい方ですので無理でしょうね。
私なら好条件が揃っているので試しに30a位なら始めたいです。


t-7_20140524180526507.jpg 
午後から約4時間程掛けて施肥機を外して水洗いまでして綺麗になりました。
こっちの泥を落とせばあっちへ泥が飛び跳ねで田植機の洗車は一番時間がかかります。
トラクターも代掻きを終えたあとハローとともに久しぶりに綺麗になりました。

P1030155_サイズ変更 
田植機は5月2日夕方から始めた時にアワーメーターが94.9Hだったのが終わった時点で125Hを
表示していた。
3年落ちの展示機(デモ機用)を買ったがその時のアワーメーターは70Hだったが
行け行けゴーゴーで順調に進んでいますね。

上の写真のトラクター今年9月中旬で2年を迎えるが、すでにアワーメーターが270Hまで回っている。
シーズンが終わった時点でオイル交換をして貰う予定ですが、昨年いつ頃だったか忘れましたが
エンジンの回転数を2000回転まで下げて作業を始めた頃より、アワーメーターの動きが遅く成ったように
思います。
MAX回転近くで作業しているのとどこか違うように思うので一度クボタに聞いてみようと思っています。

これで来年まで田植機は全く動かない、あと施肥機をばらしてあるのを組み立てて元の場所へ保管して
バッテリーを外しておきます。

トラクターは今年から畑はしていないので第3菜園の使っていないところを草が生えて来たので
一度耕せばこの秋の籾摺り乾燥の籾運びまで暫くお休みですね。

長い間草刈りが滞っていたがこれから暫く草刈り作業が続きます。
植え付けた苗も5葉~6葉位に成りそろそろ分けつ時期に入りかけて来ました。
今年も大きく開帳した立派な株に育って欲しいですね。
関連記事

Posted on 2014/05/26 Mon. 05:05 [edit]

category: 受託作業

tb: 0   cm: 0

夏野菜最後の植付?と西瓜の様子。  

5月22日

今年予定していた夏野菜の植え付けも、下仁田ネギ、石倉一本ネギ、九条太ネギを除き
今日植え付けた甘とう美人、京波ピーマン、シシトウで最後となりました。
これからは管理が主な作業で、昨年植え付けた玉ねぎ、空豆、ニンニクの収穫が間近になってきます。

p-1_20140523185900157.jpg 
すっかり植付が遅く成った万願寺とうがらしのF1種甘とう美人の接ぎ木苗
第3菜園で2年続けて青枯れ病が出たため、接ぎ木苗を探していました。
田植えも一段落した5月半ばに苗屋を教えてもらい購入に行きましたが
時すでに遅しで何とか2本ゲットできたが、シシトウの接ぎ木はなくてピーマンも選べる苗がなく
京波接ぎ木、残り1株有ったのを購入してきました。

写真は甘とう美人第一花房が咲いており、すっかり老化苗になってしまいました。
根も完全に回っていたので軽く解きほぐしての植付と成りました。

p-2_20140523185904878.jpg 
しっかりした苗でさすが苗農家のプロですね。

p-3_20140523185907e0c.jpg 
ピーマン京波1株の植え付け
残り福はいい事なかったですね。
少し葉が黄色く成っています。

p-4_20140523185910265.jpg 
肥料切れを起こし餌いるので少し貧相ですが植え付ければ色も付いて
濃くなってくるでしょう。

p-5_20140523185914ab3.jpg 
行灯を掛けて大きく育てます。

p-7.jpg 
第2菜園 シシトウ2株自根苗
こちらは青枯れ病の発生はありません。

p-8.jpg 
リーフレタスと玉レタスの収穫跡へ無理に植え付けました。
その前はほうれん草、小松菜の収穫跡へそのままリーフレタスと玉レタスを植え付けましたが
今回は収穫時間も長いので耕して肥料をいれてマルチはそのまま使ったので3作目の
使用になります。
このマルチは0.03mmの厚手を使っているので結構丈夫ですよ。
本来は同じ畝に植付をしたかったのですが中途半パン植付となりした。
 
su-1_201405241746211d3.jpg 
西瓜の蔓伸びが日に10㎝程伸びているように思います。
簡易雨よけトンネルの裾から子蔓が出始めてきました。
親蔓を本葉5~6枚で摘芯して今は子蔓3本仕立てにしていますが
様子を見ながら2本仕立と3本仕立てにするかもしれません。

su-2_20140524174625365.jpg
巻きひげも出ているのでじきに藁いらずに蔓を絡めて来るはずです。

su-3_2014052417462902a.jpg
立て続けに2本枯れてしまったときにはガッカリでしたが、その後購入した苗は
生長が遅いですがしっかりと自立しています。
6月くらいになれば雌雄の花が咲き始めるので人工授粉させる時期ももうすぐですね。
簡易ビニールトンネルは収穫が終わるまでこのまま使います。

su-4_20140524174633cd4.jpg 
空豆ですが友達Y・O君が収穫したとLineで写メが届いたので私も負けじと収穫してみました。
莢は大きいですが中身はもう少し早そうでした。
まだ黒い斑点も殆ど出ていません。
関連記事

Posted on 2014/05/25 Sun. 05:00 [edit]

category: ピーマン・トウガラシ

tb: 0   cm: 4

ミニカリフラワーの花蕾が(゜Д゜)、メロンのトンネル設置など  

 
4月23日に植え付けたミニカリフラワー10株、初めての栽培だったので草丈が
どれくらいになるのかも分からず、自分ではブロッコリーの半分くらいの草丈だろうと
想像していた。
なかなか大きく成らないなぁと思いながら中をのぞき込んでみると何と空けてビックリでは
ありませんが、黄色い初めて見る花蕾が出来ている
思わずニンマリです。
白と黄色を植え付けて白はまだ花蕾が出来ていない模様。

k-2_20140522200826430.jpg
ネット越しなので大きさは多分5㎝以上は有りそうです。

k-3_20140522200830d05.jpg 
草丈は伸びなくてキャベツ様な感じなんですね。
どれくらいの大きさに成れば収穫出来るのかサカタのwebで調べて見ましたら
植え付け後65日か花蕾が10㎝程に成ればと説明されているので
もう少しで収穫出来そうですね。

m-1_20140522200834c8c.jpg 
植え付け以来ズーと行灯をしていたメロンTF、その他メロンですが
本葉5枚で親の芯止めを済ませて子蔓も出て来て子蔓2本仕立てにしてあります。
このまま行灯をしたまま育てますと中で窮屈になり蔓が変な伸び方をするので
早めに外しました。
この状態で育てて蔓を左側へ伸ばしていきます。
蔓が伸び始めたら藁いらずを敷いていきます。

m-2_2014052220083753f.jpg
ビニールトンネルの中はこんな感じです。
元肥をいれずに植え付けたので、蔓が伸び始めたら追肥をします。
追肥場所は蔓が伸びている先端へ少し離して施します。
白瓜栽培で経験していますが、蔓下には必ず根が来ており蔓と一緒に
横へ伸びていくようです。
始めて栽培するメロン上手く出来るでしょうかお楽しみに

s-1_2014052220091363d.jpg
第3菜園で種蒔きしたホウレンソウ、水菜、リーフミックスレタスの収穫をしていますが
ほうれん草にトウが立ち始めました。

s-2_201405222009186fa.jpg
狭い場所へギッシリと種蒔きをしたあげく、無肥料だったので生育も悪くほうれん草は
多分石灰が足りなかったようです。
葉も黄色いし、小さくて処分しようかとかみさんに相談したらより分けて食べると言ってくれたので
収穫を続けていましたが、今日この中からいいのだけ収穫して終わりとします。

リーフレタス、水菜はいい感じで育っていますが株間は広くとらないと生長が遅いですね。

P1030512_サイズ変更 
時間差蒔き第三弾、ほうれん草、水菜、レタスが5月14日に種蒔きしたのが生長を始めている。
ほうれん草は発芽率が少し悪いようだが、今回は株間条間とも広くして追肥しやすいようにした。
葉菜類もこれから暑くなるので今回が最後の種蒔きとなりそうです。


関連記事

Posted on 2014/05/24 Sat. 05:09 [edit]

category: カリフラワー

tb: 0   cm: 6

昨年のこぼれ種ヒエが大発生 汗(..;)  

5月18日

本日の投稿記事は2投稿でこの記事は2記事目です。

ブログ2~3日位のペースダウンすると先週書きましたが中々止まらなくて
ひたすら更新し続けています、
そのうちお休みさせてもらいます。


田植えから半月が経ちました。
昨年猛暑と水不足でヒエが大発生して、そのこぼれ種が今年一斉発芽
除草剤は田植え移植時にバッチリ1㎏粒剤を田植機に取り付けてあるこまきちゃんがふってくれる。

その後の作業軽減に役立っているが果たして除草効果が出ているのか?
長谷10aの田んぼ条間にヒエが発芽して遠くからでも目視でも分かるくらい増えてきた。

he-2.jpg 
ズームアップしてみると生えてる生えてる と喜んでいられない状況に。
とにかく除草剤の効果を効かそうと深水にしていたのに残念です。
苗も徒長気味になっているので早く淺水管理に戻していきます。

DSC00520_サイズ変更 
写真は5月18日に撮ったものですが見えるでしょうか、我が家の田んぼも何年も前から濁った状態で
代掻き後は当然濁っていますが、その後田植えが済んで土もおさまってきているのに
濁りが取れない。
変だなぁとつい最近まで思っていました。
他のブロガーさんの記事でカイエビの話題が出ていたので、ひょっとするとうちの田んぼにもと思い探して
みたら泳ぎ回っていましたよ、真ん中当たりにカイエビいます。
 アップで撮りたいのですが動き回るばかりでじーっと止まっていません。

この田んぼは水の濁りは殆どありませんが、いまだに濁っている田んぼが1枚有ります。
どれほどカイエビがいるのか見てみたいのですが、濁って全く見えない状況。
多分カイエビが動き回っているんでしょうね。
カイエビが動き回ると除草効果が有ると言われていますがその効果は分かりませんが
濁った田んぼの条間を除いてもヒエの姿は今のところ有りません。

カイエビ、オタマジャクシ、タニシがうごめいているので除草剤をしてあるにしろ
彼らにはまだ環境がいいんでしょうね。
若い頃にはそんな事には関心が無かったですが、小さい生物が役に立つなら出来るだけ
環境をよくしていきたいですね。

he-3.jpg 
夕日が沈む前で逆光気味ですが、向出10aの田んぼここが一番凄い状況で条間が緑色に染まっています。
他にも何ヶ所かこの様な状況になっている。
JAの早期予約でヒエ除草剤のクリンチャーを5kg予約しておいたのが手もとにあるので
満水にして明日早速行動開始。

he-4.jpg
一番小さいと思われる動噴、以前は25kgほど入る大きいのを穂肥などに使ってが
10年以上前に壊れて以来、除草剤は投げ込むタイプのを使い、穂肥の時期は2年ほど
近くの方の動噴を借りて使っていたが、田んぼが有る限り借りているわけにも行かず
これを購入したが、小さくて軽いので作業がホント楽です。
今は出番も珪酸加里を出穂55~45日の時に使うくらいで、肥料も一発肥、葉いもち予防、穂首いもち予防
などは私はやらないし、と言う事で今回ヒエ除草に使う事に。

he-5.jpg
付属していたノズルが肥料で擦れて先が避けてきたので、クボタでアリミツの動噴に合うのを
探して貰ったが、クボタはアリミツを扱って折らず、展示会で来ていた共立の営業マンにその話を
するとあっ、アリミツならOEMで出しているからうちの部品で合うからという事で
粒剤用拡散ふんとうを購入。
小さい同糞ですが噴糖の威力は凄いですね。
よく飛ぶし広がるので畦からでもエンジン回転をMAXにしなくてもいい。

he-6.jpg 
取りあえずクリンチャーを散布してきました。
ヒエがくたばってくれる事に期待してその後の経過にきたいします。
これ以上除草剤は使いたくないですからね。

he-7.jpg 
今年の1月にクボタに注文して購入した2サイクルエンジンのオイル。
今まで25:1の混合で使っていたのを、今回から50:1に変更しました。
この動噴、草刈り機等全ての2サイクルエンジンに使います。
4リッターで税込み4200円でしたが、私が元気で農業をがんばれるとして4リッターの50倍ですから
200リッターの混合燃料が出来る事に。

上の配合用のポリタンクで混合して携行缶へ移し替えるが、年に4回以上は混合を作る事は間違いない。
それで50:1の配合に変えてからエンジンがかかりやすくなった様に思う。
皆さんお分かりだと思いますが、普通の2サイクルオイルを50:1の混合に
しないで下さいよ。  
関連記事

Posted on 2014/05/23 Fri. 05:05 [edit]

category: 米づくり

tb: 0   cm: 4

キュウリの植え付けをしました。  

5月12日

今日の記事は2投稿になりこの記事は1投稿目です。


キュウリの植え付け記事の投稿を忘れていました。
苗は5月12日に接ぎ木苗を購入して4株植え付けました。

kyu-2.jpg
株間は70㎝で畝の準備はなんと3月3日に出来ていました。
元肥を入れて有ったのか記録になく忘れていますね。
最近は無肥料で植え付ける事が多く成ったので元肥はなしとしましょう。

kyu-3.jpg
まだ子苗なので暫く行灯の中で育ってもらいましょう。

kyu-4.jpg
畝は半分空いているので第二段はその隣へ植え付けます。
キュウリは病気にかかりやすいのであまり栽培したくない野菜の一つです。
関連記事

Posted on 2014/05/23 Fri. 05:00 [edit]

category: キュウリ

tb: 0   cm: 4

空豆摘果とモリアオガエル? 雨上がり後のサツマイモの様子  

5月21日

s-1_20140521192656532.jpg 
空豆の摘果と同時に春先にも脇芽の整理をして一株7枝くらいに揃えたのですが
その後あまり気にかけていませんでしたが、脇芽も新たに増えた様で一緒に整理しました。

s-2_201405211927006d6.jpg 
小さいバケツにいっぱいになりました。
少し摘果する時期が遅かったかもしれませんが。

s-3_20140521192704cd3.jpg
結構大きく育って収穫間近で1枝6個位に摘果しました。
一株6~7枝だから、上手くいけば1株40個位は採れそうですね。
24株有るのでおおよそ1000個ほど、豆色に染まりそうです。

s-4_20140521192708d97.jpg
整枝する前の写真がありませんがすっきりとて日が差し込んでいます。

s-5_20140521192713c8f.jpg
日が差し込むと言っても殆ど陰ですが、とりあえずすっきりしたと言ってもまだギャングル状態に見えます。
今年はアブラムシがあまり見当たらず一部の莢に群がっていたのがあったが
ビックリするような光景は見当たりませんでした。

s-6_2014052119274055f.jpg 
ビックリするような光景はこちらで、摘果をしていてビックリしました。
でけぇアマガエルと思っていましたが、アマガエルの4倍くらいはありそうで
一度調べて見る事にしました。

s-7_2014052119274408b.jpg 
モリアオガエルかシュレーゲルアオガエルのどちらかだという事が分かりました。
もう少し詳しく調べて見ると目の周りが赤っぽい、水かきが大きいのでモリアオガエルの様です。
ゴム手袋をしていたので触っても慌てて逃げる様子もなくのんびりとしていました。

DSC_0126_サイズ変更 
5月20日夕方から翌日11時位までまとまって降った雨は恵の雨に成ったようです。
通路の水がまだひいていませんが、16日に植え付けたサツマイモが気になり
見に行ってきました。

DSC_0127_サイズ変更 
100%とはいきませんが根付いたようで一安心です。

1400666822905.jpg 
昨年収穫した安納芋、娘が帰宅したときに持たせた芋ですが
今日メールで悲惨な姿と写真が届きました。
伊賀と違い大阪は暖かいので傷まず芽が出て来るんですね。
来年から芽出しを頼みたくなりました。
関連記事

Posted on 2014/05/22 Thu. 05:03 [edit]

category: 豆類

tb: 0   cm: 4

茄子の畝づくりから植付まで  

5月16日

 
今年の茄子の植え付け畝は久しぶりに溝施肥にしました。
手前に植えて有るレタスが畝づくりで邪魔に生ってきました。

n-2_20140519213230877.jpg
約30㎝弱掘り起こし底へ自作腐葉土ぼかし肥を入れて土を元へ戻します。

n-3_20140519213233485.jpg 
4月18日に接ぎ木したヨモギナス
今年の茄子の接ぎ木は大成功でした。

n-5_20140519213240997.jpg
飛天長、同じく接ぎ木苗

n-4_20140519213237f63.jpg 
まだ苗が小さいのと春風が強いので行灯で保護をして上げます。

n-6_20140519213312529.jpg
今年の植付はヨモギナス3株、飛天長3株です。
株間は70㎝間隔です。
畝の表層には蛎殻石灰を撒いただけで肥料は底に埋めて有るのみです。
溝にたっぷり肥料が入っているので栽培後半まで追肥はしなくて良いはずですが
草勢判断で追肥したいと思います。
残りの接ぎ木ナス7株と自根苗は友達2人の元へ行きました。


関連記事

Posted on 2014/05/21 Wed. 05:33 [edit]

category: 茄子

tb: 0   cm: 6

願寿ゴーヤの植え付けとアーチネット設置  

5月18日

gy-1_20140516204539f7f.jpg
4月9日に種蒔きしてから一ヶ月、願寿ゴーヤが生長したので植付をしました。

gy-2_20140516204543449.jpg 
風が強いのと気温の差が激しいので暫く行灯をしておきます。

gy-3_201405162045473df.jpg
行灯の中は暖かそうでホッコリしますね

gy-4_20140516204551943.jpg 
昨年も3株植え付けましたが急がし過ぎて手が回らず5本くらい食べた記憶がありますが
いわゆる失敗しました。

今年は白瓜は栽培していないので上手く栽培出来ると思います。
3株植付で株間は1m程離してあります。

gy-5_20140516204556516.jpg
二年ぶりにアーチ栽培をします。
ネットはまだ半分しか張っていませんが、様子を見て追加で張りたいと思います。
沖縄願寿ゴーヤ・ドデカイのを収穫しますよ。
あっそうそう、ゴーヤの追肥は早い目、早い目が良いですよ。
普通の野菜と違いゴーヤは追肥が遅れると、草勢回復まで時間がかかります。

DSC_0105_サイズ変更
別角度からですが左の土手に生えているのはスギナです。
畑の中も凄く多くてマルチがなければ大変な事になっています。

隣の畑はよくお出ましの古川さんですが、マルチ無しでいつも綺麗に手入れをしています。
この方は除草剤にバスターを使っています。
この上の写真で畑を比べて見ると私と正反対で、マルチは玉ねぎ以外殆ど使っていません。
私は草引きの手間が勿体ないのでオールマルチと防草シートで草を押さえています。

マルチがない方が畑らしいですね。

作業が一段落したらラウンドアップでスギナを枯らす予定です。

P1030475_サイズ変更
レタス、シスコの収穫が続いています。
ぱりぱりした食感がたまらないですね。

関連記事

Posted on 2014/05/20 Tue. 05:15 [edit]

category: ゴーヤー

tb: 0   cm: 6

茎ブロッコリーの頂花蕾を収穫しました。  

5月11日

b-1_20140512212414907.jpg
先日の菜園状況でもお伝えしましたが茎ブロッコリースティックセニョールの頂花蕾が500円玉超に
成ったので8株全て収穫しました。

b-2_201405122124186b2.jpg
頂花蕾の下には側花蕾が出始めておりもうすぐ立派な茎ブロッコリーが収穫出来ます。

b-3_20140512212422dc7.jpg 
草丈の害虫防止の不織布に当たっておりここまで生長すれば青虫に少々葉を
食べられても被害も少ないのでもう暫くしたら外したいと思います。

b-4_20140512212426807.jpg 
暑い日でしたのですぐに葉が萎れてしまいました。
2回目の追肥を忘れていましたので後日追肥したいと思います。

DSC_0113_サイズ変更
頂花蕾収穫からわずか6日程ですが側花蕾を収穫しました。
春先は生長が早いですが花が咲きかけているのでビックリしました。
晩秋収穫する茎ブロッコリーの方が側花蕾も大きくて茎も太いですね。

DSC_0114_サイズ変更
本日の収穫は茎ブロッコリー、リーフレタス、サラダ水菜。
毎年なら私は葉物野菜などはキャベツくらいしか植えていませんが
今年は頑張って春先から種蒔きしたのが 今収穫が始まり食卓を賑わせています。
関連記事

Posted on 2014/05/19 Mon. 05:24 [edit]

category: ブロッコリー

tb: 0   cm: 6

安納芋と紅東の苗が届き早速植え付けました。  

5月16日

紅東

サツマイモ苗は毎年ネット販売で購入しています。
昨日ショップから発送のメールが届きました。
熊本天草市から三重県伊賀市、午後3時過ぎにクロネコ宅急便で届きました。
早いですね

写真は紅東20本、始めて栽培する品種です。
地元では鳴門金時を栽培する方が多いですね。
昨年まではべにはるかを栽培していましたが今年からべにはるかは止めました。
サツマイモの天ぷらなどにはべにはるか、安納芋は不向きですからね。

安納芋 
安納芋写真は30本ですが60本注文しました。
昨年の半分ほどにしたんですが頼みすぎですよね

DSC_0112_サイズ変更 
植え付ける前に白マジックで30㎝千鳥植えにするので先にマークしておきます。
カッターで斜めにマルチを切り水平植えに植えます。
上溝は手で溝を掘りながらマルチの横へずらします。

DSC_0113_サイズ変更 
マルチの横に除けてあった土を苗の植えに戻して軽く押さえます。

DSC_0117_サイズ変更 
頑張って植え付けました。
苗の植えに籾殻をたっぷりと置き潅水をしました。
潅水前にセロハンテープでマルチを大きく切り込んだのでふさぎました。
植え付け3日間はしっかりと潅水をすればあとは放任栽培です。 

DSC_0111_サイズ変更  
翌夕方水やりに行ったときに撮りましたが可成りダラーンとしていました。
何株かは枯れるだろうと思っているが出来るだけ沢山生えついて欲しいですね
水やりをしながら思いましたがいくら昨年の半分と言ってもちと植えすぎた様な
今回の植え付け畝幅は約1m畝長約13.5mで籾殻を沢山土と混ぜてあります。
今年も美味しい安納芋が沢山採れますように

DSC_0108_サイズ変更
本日の収穫はニンジン第二段のDr・カロテン5と写真はないですが玉レタスを収穫しました。
一ヶ月ずらし栽培をしましたが寒さに向かうときならいいタイミングで収穫出来ますが
暖かくなるにつれての収穫は一ヶ月空きには成りませんね。
これも長年の経験がものを言いますね。
関連記事

Posted on 2014/05/18 Sun. 05:32 [edit]

category: サツマイモ

tb: 1   cm: 8

かぼちゃロロンとズッキーニの植え付け。  

5月15日

ナス苗

育苗している接ぎ木苗のナスですが、まだ植え付けていないのにすでに
ニジュウヤホシテントウの被害にあっています。
先日から葉っぱにゲジゲジの痕跡が有り、姿が見えなかったんですが
やっと見つけて2匹握りつぶしの刑に処しました。
今年も害虫が多そうです。

P1030340_サイズ変更
かぼちゃとズッキーニの種蒔きの紹介はしていませんでしたが、保温器へいれて先に芽出しを
してからポットへ種蒔きしました。

以前キャベツの育苗時に普通の育苗倍土と育苗倍土に籾殻燻炭を2割ほどいれたのを比べたときに
籾殻燻炭をいれた方が細い根が多きと書きましたが、今回かぼちゃとズッキーニで再度試して
見ました。

かぼちゃ 
種蒔き後から約25日が経ちました。

かぼちゃ-1 
大きくて葉の色が濃い方が普通のタキイの種蒔き倍土
左の色あせた葉が小さいのが2割ほど籾殻燻炭を混ぜました。
葉の大きさと色が違うのは籾殻燻炭が入っている方がその分だけ肥料成分が
少ないからだと思われますので始めに肥料を少し混ぜた方が良い様です。
かぼちゃの品種はロロン、今回4株植え付けます。

かぼちゃ-2 
葉の大きい方のかぼちゃの根鉢です。

かぼちゃ-3 
籾殻燻炭が入った方の根鉢ですが、前回のキャベツ同様細根が多いです。
その時言い切ったのでもし違ったらてクレームが来ればと思っていたが一安心しました。

ズッキーニ-2
ズッキーニ 普通の倍土。

ズッキーニ-1 
籾殻入り倍土、どちらももう少し育苗した方が良い様ですが
でも細根の多さが違います。
今後の成長にどのような結果が現れるか分かりませんが根が多い事にこした事は有りません。

かぼちゃ-4 
かぼちゃロロン 株間は90㎝取りました。
1.2m程開けたかったのですが畝の都合で出来ませんでした。

ズッキーニ-3 
ズッキーニ、 昨年始めて栽培しましたが何も知らずに株間を50㎝にしか取らなかったら
葉っぱが横に突き出るんですね。
隙間もないほど葉っぱだらけでした。  
おまけに上手く収穫出来ればと直売所へ出そうと20株も植えて大変な事になりました。

今年は1mの株間で4株植えました。

DSC_0094_サイズ変更 
全体ではこんな感じになりました。
行灯の数が10個有るのは先日キュウリなどの苗を買いにいったときに
ミニ冬瓜を見て2株買っちゃいました。
先ほどのかぼちゃの株間が狭くなったのはミニ冬瓜を植えたためです。
第3菜園も賑やかになってきてサツマイモの苗を植え付けたら
おおよそ埋まってきそうです。


関連記事

Posted on 2014/05/17 Sat. 05:08 [edit]

category: かぼちゃ

tb: 0   cm: 4

トウモロコシ第一段の雄穂出始めと第二段の穴底蒔きをしました。  

5月14日

早朝編集中の記事が投稿されてしまいました。
ご迷惑をお掛けしました。

su-1_201405151848578f5.jpg 
3月28日に植え付けたトウモロコシのおひさまコーン7ですが
雄穂が出始めてきました。
生育に可成りのバラツキが有り、最低気温の低い当地での早植えと河川が横に
有るのでその影響もあるようです。
無理をしてまでの早植えは良い結果が出ないですね。

su-2_20140515184901bbb.jpg 
まだ数本ですが雄穂が出始めたので最後の追肥をしました。
今回は購入ぼかし肥の効き目が薄いので、有機入り化成肥料8-8-8を追肥しました。
有機肥料ばかりにこだわらずに使い分けした方が良い結果田出るときも有りますから。


5月8日

今年もトウモロコシの穴底蒔きをしました。

P1030411_サイズ変更
第二段の種蒔きを5月8日にしました。
昨年と同様に穴を10㎝程開けてそこへ種を落とし込みます。

P1030412_サイズ変更 
穴を開ける道具を持っていかなかったのでドライバーの柄で代用しました。

P1030413_サイズ変更
ハニーバンタムを二粒落とし込みます。

P1030417_サイズ変更 
穴の中は暖かそうでデジカメのレンズがくもっています。
潅水をして種蒔き完了です。
意識して土は上から被せませんが、潅水をすると勝手に土が種の上に落ちるはずです。

su-3_2014051518490498c.jpg 
約6日後穴底蒔きをした第二段のトウモロコシハニーバンタムが発芽して
10㎝程の穴に放り込んだだけの種から生長してきました。

su-4_201405151849073a9.jpg 
一穴2粒放り込みましたが、5月15日朝見る限りでは16株中12ヶ所ほど
芽が出ていました。

DSC_0099_サイズ変更 
イチゴの収穫量が増えてきました。
宝交早生10株、とちおとめ10株、さちのか5株の3種類ですが、今のところ宝交早生の収穫が殆どで
とちおとめが今日初めて1個収穫出来ましたが昨年もそこそこ収穫出来たさちのかが少し遅れているようです。
イチゴ栽培2年目でまだ4種類しか栽培していませんが、家庭菜園の路地栽培では宝交早生が
一番よく実り失敗がないように思います。
女峰に至っては花は咲くのに実ったのはほんの数個のみでした。
6月中旬くらいまでは収穫が続きます。





関連記事

Posted on 2014/05/16 Fri. 05:11 [edit]

category: スイートコーン

tb: 0   cm: 6

西瓜の植え替えはもうゴメンだ!とメロンも植え替え  

5月14日
今日は請負の田植えを午前中35a4枚と、午後から12a3枚の小さい田んぼ切り返しばかりで
田んぼが深いので辛いです。

DSC_0073_サイズ変更 
人様の田んぼでお金を頂くので特に真っ直ぐに植え付けるように努力しています。
畦塗りでも気に入らなければバックしてやり直すくらいの性格ですが
田植えは一度植えてしまうとやり直しがききませんからね。
圃場整備の出来た田んぼは形が整っており苗も無駄なく植え付ける事が出来るので
楽ですが、田舎の変形田は植え付け方法もちょっと難しくて頭の体操になります。
35aで苗を70枚頼んでいましたが株間21㎝で65枚位使いました。
自分所の田んぼは疎植植え37株ですが、他人さんのは頼まれれば疎植植えにしますが
余計な事は口にはしません。

この植え方だとまずまず95点くらいの出来でしょうか
しいて言えば今年から請負をさせてもらって田起こし時から水はけが悪くて作業しにくい田んぼ
だと分かりましたが、代掻き後中3日おいたがもう2日くらいは土が居着くまで時間がかかりそうで
来年からは中5日程置く予定です。


su-1.jpg 
本題の西瓜の兼ですが4月27日に5株植え付けたうちの中玉種なし西瓜ジルバ
手前から種なしジルバ、種有り小玉、種なし大玉黒、種有り小玉、種なしジルバの順で
植えて有り写真が元気なジルバで、1株が元気が無くて植え替えをしました。

su-2.jpg 
こちらは他の西瓜ですが親の摘心をしてから葉も大きく成り子蔓が出始め増した。

su-3.jpg 
元気がないジルバで、昨年もジルバを2株植えて結局同じような症状で
だいぶ立ってから枯れてしまいました。

su-4.jpg 
葉が巻いて元気がなく葉の色が黄色く成り始めています。

s-6_201405141805382c7.jpg 
同じ種類のジルバを3日前に買ってきてすぐに植え付けましたが、今朝5時過ぎに元気だったのに
お昼前に田植えから戻り見てみると無残にもご臨終の様子。
あーぁだめだ 。

実は先日苗を買いにいったときに昨年もこんな状態に成り、今年もまたと話をしたら
苗屋の店長がジルバは弱いとハッキリは言わないがどうもそんな雰囲気が伝わって来ました。

s-7_2014051418054255b.jpg
で結局最後HC2件目でこの苗を買ってきました。
卵形の小玉スイカで味もピカイチと書いてあるがこの時期ですので種類が少ないですので即購入。
今度は枯れずに生長してくれる事を祈ります。
これなら来年からは西瓜も接ぎ木にチャレンジしてみますか。
変な書き方をしましたが購入苗は全て接ぎ木苗です。
西瓜苗は高くてこちらでは400円前後しています。
自分が接いだ苗なら枯れても諦めるが、高い苗を買って枯れるとなんだか微妙な気分です。


西瓜に続きメロンも様子が変です。

m-2_20140514180531531.jpg
親の摘心後元気に生長しているメロンパンナTF

m-1_201405141805272a9.jpg 
4日程前から異変に気づきおかしいと思っていると葉の色が抜け始めて
西瓜同様葉が巻き始めました。
この手の症状は白瓜でも3株ほど出ていたので回復する事は有りません。
育苗中に2本から1本に間引くときに悪い方のDNAの苗を撰んでしまったようですね。
 
m-3_2014051418053479c.jpg 
思い切って抜き取り西瓜を買いに行ったときに時期的にもう売り切れており
一番始めに西瓜を買った店を回ったときに3株接ぎ木苗が残っていたので
その中で一番ましなのを購入してきました。

m-4_201405141806090f1.jpg 
抜き取った株は根が全く伸びて折らず養分を吸い上げていなかったようですね。
西瓜、メロン今後異変が起こっても植え替えはもうしませんよ。

関連記事

Posted on 2014/05/15 Thu. 05:16 [edit]

category: 西瓜

tb: 0   cm: 4

育苗中のトマトの一部を植え付けました。  

5月12日

3月3日の台木の種蒔き、6日には穗木の種蒔き、その後の接ぎ木と約70日間長かったですが
やっとトマトが生長して植え付ける時期が来ました。

トマトテントの設営画像を追加しました。


P1030403_サイズ変更

P1030405_サイズ変更 
トマトテントの設営は5月8日に終わっています。


tm-1.jpg
トマトは第一花房が咲き始めたら植え付をすれば失敗しないと言われていますが
私は多肥栽培でなければ大丈夫だと思っています。
無肥料スタートで植え付ければよほどの事がない限り大丈夫ですね。

日誌に書き込んでみると昨年と同じ日の植え付け第一段となりました。
アイコは生長が早いんですね。
接ぎ木苗のアイコ1株植え付けました。

tm-2.jpg
まだ第一花房は開ききっていませんが根が巻き始めているのと
倍土の肥料切れを起こして葉色が黄色く成ってきました。

P1030445_サイズ変更
以前は12㎝ポットへ鉢上げをしていましたが数が多くなったので今は10.5㎝ポットで育苗しています。
もう限界の頃で早く植え付けてやりたいですね。

tm-3.jpg 
珍しい二股の麗夏自根苗ですが、連作覚悟で植え付けました。

tm-4.jpg
うす皮ミニトマトピンキー接ぎ木3株。

tm-5.jpg
第一花房が咲きかけています。
ピンキーも昨年は5月12日植付でした。

tm-6.jpg
これ以外に中玉トマトシンディースイート接ぎ木2株育苗中で1株植え付けました。
残りの苗はシンディースイート1株、ルネッサンス1株、麗夏6株で今年は14株育てます。

残りの苗麗夏接ぎ木4株、自根苗2株、桃太郎ファイト接ぎ木2株、ピンキー接ぎ木3株
アイコミニ2株自根苗は友達のところへ行きます。

今年のトマトの接ぎ木は50%の成功率と悪かったですが来年は良い結果を残すように
したいと思います。


DSC_0068_サイズ変更
一昨日の夜は久しぶりの雨で畑も潤い田んぼも水位が少し上がって恵の雨でした。
早朝畑の見回りで少し小さいですがレタス初収穫して朝食で頂きました。

DSC_0069_サイズ変更
朝採れレタス最高に美味しくて満足満足

関連記事

Posted on 2014/05/14 Wed. 05:13 [edit]

category: トマト

tb: 0   cm: 4

おたふく生姜を植え付けとニンジンの収穫  

5月12日 

今日はお昼くらいからパラパラ降りかけた雨も、午後から止んで夕方5時頃より本降りになりました。
今週からブログ更新を2~3日に一度のペースダウンにするとお伝えしていましたが
米づくりの話題ばかりでしたので畑ネタをちょこっと書いてみました。


 
JAへ予約注文してあったおたふく生姜1kgが5月9日に届きました。
まだ田植え関係が忙しくてそのままにしてありましたが5月11日に
植え付ける大きさに分割してみました。

s-2_2014051219133623f.jpg 
ここ4年ばかりは種生姜はJAで買っていますから1kgでカットした数が
大体何個くらい成るか覚えており毎年13~14個位になります。

切り口が乾くまで1~2日おいておき乾いたのを見はからって植え付けました。

s-3_20140512191340857.jpg 
畝の準備は3月始めに自作腐葉土、苦土石灰、ぼかし肥を混和して準備万端でした。
植え付け溝が曲がってkazuちゃんらしくないですね。 (^▽^)
種生姜を30㎝間隔で仮置きしてあとで株間調整をします。
埋め込む深さは10㎝を少し超えています。

s-4_20140512191345fd7.jpg 
畝の長さの関係で30㎝を切っているところもあります。
これなら分割時に欲を出して14個にせずに13にしておくべきでした。
あまり種生姜が小さすぎると大きいのが採れませんから。
種生姜の置き方は畑に余裕があれば、畝幅を広くして生姜は新生姜は生長とともに横へ
大きく成っていくので横置きが良いでしょうね。

特に大生姜のおたふく生姜、土佐大生姜などは縦置きにしますと株間を広げないと
生姜と生姜が大きく成るとゴッツンコします。そうなればしょうがないですから、来年以降は
横置きにして下さい。

s-5_20140512191351625.jpg 
種生姜の間に堆肥とぼかし肥をいれました。

s-6_20140512191437ac1.jpg 
土を戻してマルチを掛けておきます。
新しいマルチを使おうと思いましたが、穴だらけのマルチですが二重に被せれば
充分つかえますのでそのまま使います。
なんてたって安定収入がありませんのでちょっとでも節約しますよ。

過去のデーターを見てみると6月10日位に萌芽し始めています。
生姜は一日中お日様が当たる好条件よりも陰がある方が土も乾かず
大きいのが採れます。
この場所は夏場で午後2時位から陰になります。

n-1_20140512191427255.jpg 
ニンジン種蒔き第一段のベーターリッチを全て収穫しました。
お菊綺麗に育っており20㎝越えをしていました。

n-2_20140512191432b6f.jpg 
中にはこんな物もありますが、又根も全くなくて大成功でした。
種蒔き第二段のDr・カロテン5も収穫時期が近づいています。
関連記事

Posted on 2014/05/13 Tue. 05:14 [edit]

category: 生姜

tb: 0   cm: 6

友達の田植機が目の前ではまり込みましたよ(..;)(..;)  

5月11日

5月10日は朝一から請負の田植えが有り、それが終わり次第10時過ぎから請負の代掻きに
走りましたが、水が抜けて代掻きが出来ない、水を入れながらの代掻きが終わり次第
もう一軒の代掻きへ移動、3枚有り一枚は満水状態、もう一枚も水が足りない
ぼやきながらの代掻きと成り終わったのが夜の7時まえでトラクターのヘッドライトを
点灯して走るのは初めてでした。

DSC_0065_サイズ変更
 
請負の仕事も田植えまで少し空き、今日は畑に専念と思っていたが
友達がJAへ苗を引き取りに行くとき畑にいるとクラクションを鳴らして通過。

畑が一段落ついたら冷やかしにでも行こうと思い30分後くらいに見に行きました。
ちょうど始めたばかりで順調良く植え付け問題の場所へやってきました。
春先にもトラクターが潜り込みレスキュー、私が見ている前でだんだんと前輪が沈んでいく
当の本人は大丈夫だと確信して植えているがそのうちグット下がり込んだら身動き取れず
ギブアップ。
そやから止めとけと言ったやろ 顔丸君三つ。
急いで自分のトラクターを取りに戻り引っ張りにかかったが全く動かず。
トラクター14?15?馬力のタイヤが空回りしているだけ。

駄目だ、私は急いで進入路の広さを確認に行った。
今ロータリーを外してウイングハローを付けたままになっているので
民家のブロック塀と掘っ立て小屋の間がロータリーがついていると全く通れないが
ウイングハローはトラクターの車幅とほぼ同じなので大丈夫いけるから友達にOKを出す。

すっかり落ち込んだ友達はあとの3枚植えてくれと拍子抜け状態。
じゃあ優先順位を決めるから昼ご飯食べてから先に田植機だそうかと・・・。
引っ張っている写真はありませんが狭い進入路も友達の従兄弟の誘導で何とか原着。
ワイヤーを張ってチェンジをいれてエンジンの回転を上げようかと前を見ると
アイドリングだけの低速で田植機が動いている。
これにはビックリで私の非力なトラクターでも大活躍しました。

それで田植えの兼ですが私が動くとお金もかかるし、出たんやから自分で植えたら。
成り落ち込んで落胆していた顔が明るい表情に・・・・・。

DSC_0066_サイズ変更
午後から見に来たら上手く植えて有り残り2枚に成っていた。

DSC_0067_サイズ変更 
アップにすると可哀想なのでこれ位にとどめておきますが
今度はめたら百姓止めておけとまで言われてちょっとお仕置きがきつかったかなぁ。
結局私も今日はのんびりと畑のつもりが段取りが狂いましたが結果オーライで良かったです
今までキヌヒカリを作っていたが、昨年コシヒカリを食べてみると少し上げたら
すっかり美味しさに満足して今年からコシヒカリを植えるって
朝から苗を一輪車で運んでいると苗をひっくり返すし、田植機ははまり込むし
今先秋口にコケヒカリに成らないようにして下さい。

DSC_0063_サイズ変更
昨日請負で代掻きをした田んぼ、近くへ田んぼの水を見に来て覗いて見ました。
見てビックリわずか1日の間に濁った水が透き通った水面になっている。
地主さんが留守で代掻きに行ったら4枚有る田んぼ2枚しか水が入っておらず
自分で水口を探して水が入っている田んぼから代掻きを始める。

最近は代掻き方法を後半から変えて見た。
今までは速度もそこそこ速くして何回も行ったり来たりで水も濁ってしまい土もドロドロ状態でしたが
草と藁を底に入れ込むために水加減もハローが通ったあと水が表面に流れるくらいにして
PTO2、速度は荒起こしと同じくらいの低速で、耕深を少し深めにして土を上から
押さえ込む様な感じでまず外周を2回掻いてそれから中を攻めていきます。

その時に水が多すぎるとしゃぶしゃぶになるが水加減で壁塗りをしたときの様な感じで
その上に濁った水がサーッと流れるような感じで良い様です。
中を通り一遍代掻きして枕地のタイヤ痕を消すために外周二階少し速度を上げて仕上げました。

あまりこねすぎると駄目なんでしょうが、田んぼにもよりけりですがこの方法で外周2回と
中は1回で代掻きが終わり時間短縮も出来ました。

代掻きをするときは水を早い目に入れて土の塊がすぐに細かくなるように
する必要が有るように思います。

代掻きが終わってからも水は少しづつ入っていくように調整しましたが
多分尻水戸からオーバーフローしていると思います。
それにしても一日で濁った水が全て流れて新しい水と入れ替わったとも思えません。
二十日位に2反の代掻き最後があるのでもう一度試して見ようと思っています。
でも草もいっぱい生えて藁株も残っていたが上手くすき込めました。

関連記事

Posted on 2014/05/12 Mon. 05:23 [edit]

category: 日常・生活・旅行

tb: 0   cm: 2

田植え後一週間の田んぼと鈍くさいキジに出会いました。  

5月9日

 
田植えから一週間が経ちましたが苗も根付いてしっかりとしてきました。
長谷10aの田んぼ5月2日夕方から田植えをしました。

t-4_201405102119496bf.jpg 
今年は水持ちも良くて、当然朝夕水管理には走り回っていますが
大きな漏れもなくて田植え後からズーッと深水管理が出来ています。

気になる事と言えば昨年もそうでしたが、浮き苗が沢山有るのが気になります。
細植え、浅植えにしており疎植植えなので間が2本抜けると株間は90㎝になる。
人目を気にしなければ良いだけの事なんですが、先日あまり浮き苗が多いので
差し苗に入りましたがすぐに止めてしまいました。

そんな事で請負の田植えは苗取り量はそのままで一段深めに植えています。
一段深くする事で浮き苗もないので、来年からは浅植えにこだわらず
この深さで田植えをしようと思います。

t-2_20140510211942888.jpg 
5月4日一番遅かった平子10aの田植え後写真です。
かご田と言われるくらい水持ちが悪くてモグラも多い田んぼですが
荒代掻き後ハローでドロドロに成るくらい掻きました。
お陰で水持ちも良くなりました。
水持ちの悪い田んぼは本当はロータリーで荒代掻き後ハローで代掻きをする事で
水持ちもズーッと良くなるようです。
ロータリーはハローよりも爪が長いので深いところまで泥を沈ませ
その後上面をハローで代掻きをすれば二層状態に成るようです。

もう一日土が居着くまでおいておけば良かったのですが少し柔らかすぎたようです。

t-3_201405102119450af.jpg
苗の姿が分かるようになりました。
私はあまり深水にはしないのですが、今年からはできる限り深水管理で移行して
疎植植えの特色でも有る一株をグット張らすつもりです。

k-1_2014051021365597b.jpg
見てあまり感じが良く有りませんが、上の写真の10aの下にある平子の代掻きをしているとき
キジが蛇を捕まえたようで暫くトラクターを止めて見ていました。

k-2_20140510213700bd3.jpg 

k-3_20140510213705e08.jpg 
近くまで寄ると逃げてしまうのでズームアップして撮りましたが
キジって鈍くさいのが分かりました。
カラスなら足で獲物を押さえてクチバシで上手く獲物を食べますが
キジにはそれが出来ないようでぶらぶらと下げながら振り回しているだけです。
そのうち車が通ったので逃げましたが、暫くして戻ってくるときょろきょろと
動き回っています。
変だなぁと思って見ているとどうもカラスに獲物を拝借されたようで獲物の蛇を探しているようです。
その様子が何とも可愛くて思わず吹き出しましたが可哀想ですね。

k-4_20140510213711159.jpg 
先日水管理に行く途中姿を見たのでパチリと撮りました。
鈍くさそうな顔をしてるかと思いきや、キリッとしまって男前ですね。

今あちこちでケーン、ケーンとしきりにキジが鳴いて恋の季節なんでしょうか。
のどかな田園風景の一幕でした。
雄は綺麗ですが雌は地味で、鳥類は人間とは逆ですね。
日本の国鳥ですが狩猟が許されているのは矛盾しています。
関連記事

Posted on 2014/05/11 Sun. 05:21 [edit]

category: 米づくり

tb: 0   cm: 2

変形田の田植えは難しいです。  

5月9日
先日から請負の田植えが始まっています。

2月上旬~ブログも3ヶ月ほど毎日更新してきましたが、来週くらいから2~3日に一度のペースに
戻そうと思っています。
毎日沢山の方に閲覧して頂き、ブログ村の応援もして頂きありがとうございます。

DSC_0049_サイズ変更
請負の田んぼですが中には新潟県佐渡島の様な田んぼがあります。
昨年から請負をさせてもらっていますが植え方が超難しい
写真下の方は切れて見えませんが直線の畦畔があるので、昨年はそこを基準にして
写真左に進入口があるので外周2回分を残して植えました。
この方法なら何も考えずに植え付ける事が出来ますが、狭くなった部分で何回も切り返しをしなくてはいけない。

宮本田植え-1

今年は植え方を大幅に変えてみた。
緑の実線外周2回分を開けて写真下側へ戻り、矢印の方へ向かって植えていく
左の外周2回分のところまで植え付けると写真上の左を植え始める。

宮本田植え-2 
反対の方からの写真ですが写真1枚目の左、この写真では右になりますが
外周2回分を残して植えて写真の老夫婦の右の方を同じように植えていく。

宮本田植え-3
写真は反対側に戻りましたが、その右の植え付け場所です。

宮本田植え-4
左側を植え終えて右に移動して同じように植えていく。

宮本田植え-5 
右側を植えて建物のした、右側も植えて進入口へ植えずに戻り
外周2回分を植え始めています。

宮本田植え-6  
頭を使いながら切り返しが多くてしんどかったですが何とか植え残しもなく植えました。
写真右側に道と面して田んぼは2㍍ほど下にあります。
道から見れば直線に見えて綺麗です。

植え終わってどちらが良かったかと言えばどちらでも良いかぁって言う感じですね。
植えやすいのは昨年植えた写真右側の直線を基準として植えていくのが頭を使わなくても良い。

いろんな植え方があると思いますが、私の頭ではこれ位の植え方しか出来ません。
この老夫婦の田んぼ15a2枚でもう一枚も変な形をしており、ここの田植えが済むとホッとします。
前任請負の約40年のベテラン古川さんも、この田んぼには参っていたようで
毎年植え方が違うと言っていました。

歩道も有り年配の方が散歩がてら通ったときに、注目の田んぼですから誰が植えたんやと
言う話題になります。




関連記事

Posted on 2014/05/10 Sat. 05:29 [edit]

category: 米づくり

tb: 0   cm: 4

5月の菜園状況その2  

5月5日
第1菜園

DSC00465_サイズ変更
昨日に続き菜園状況その2です。
茎ブロッコリースティックセニョール8株不織布の上までもう少しで届きそうです。

DSC00466_サイズ変更 
頂花蕾が500円玉位に成ったら収穫します。
その後立派な側花蕾が一株10本くらい出て来ます。
第2菜園

P1030387_サイズ変更 
空豆に頼もしい助っ人が現れました。
よく見ると他の株の新芽にアブラムシがついていたので
背丈の低い脇芽だけ残して他は全て新芽を摘みました。

P1030389_サイズ変更 
大きく成り始めてきました。

P1030388_サイズ変更 
全体の草勢はこんな感じです。

P1030390_サイズ変更 
玉レタスシスコ、2月4日が種蒔きでした。
3ヶ月経ちましたがやっと巻も大きく成り収穫間近で楽しみです。

P1030391_サイズ変更 
リーフレタス第一段残り二株になりました。
歯ごたえは玉レタスほどでもないですが、手軽に食べられるので毎日ほど
食べており、私は朝食時パン食ですが何も付けずにそのまま食べています。
続けて種蒔きしたいですね。

P1030392_サイズ変更 
ニンジン ベーターリッチ写真向こう、手前がDr・カロテン5
ベーターリッチは収穫中で、Dr・カロテン5も収穫間近です。
Dr・カロテン5の方が甘くて美味しいように思います。

P1030393_サイズ変更 
ネギ苗3種類
向こうから下仁田ネギ、石倉一本ネギ、九条太ネギです。
追肥は一度して株間の中耕は時々しています。

P1030394_サイズ変更 
間引きは一度だけしましたがその後太く成りネギらしく成ってきました。

P1030395_サイズ変更 
ニンニク沢山植えすぎました。
少し肥料不足の様な葉の色です。

P1030397_サイズ変更 
玉ねぎアトン100株
ニンニクと同じで葉色が薄く追肥を3回しましたが肥料不足の様な気がします。

P1030396_サイズ変更
それなりに大きく成っていますが大玉には生長しないかもしれません。

P1030399_サイズ変更 
もみじ3号 保存玉ですが昨年の玉ねぎは半月ほど前まで残っていましたが
腐らずに今まで持っていました。

P1030398_サイズ変更 
こちらもそれなりに大きく成ってきましたがアトンの方が大きいです。
極早生は10日位から株が倒れ始めて全て収穫して100株中半分以上はお腹の中を通りました。

P1030400_サイズ変更 
春キャベツの収穫は終わり初夏どりキャベツの収穫中です。

P1030402_サイズ変更 
服を着たまま失礼かと思いますが、キャベツ初秋4月1日に植え付け一度追肥をしました。
購入ぼかし肥を使っていますがどうも効き目がイマイチで沢山与えないと駄目なようです。
白瓜栽培で沢山購入して残りを使っていますが、自作ぼかしの方が使い勝手が良いです。
この秋に自作を復活させようと思います。

P1030401_サイズ変更 
4月20日に植え付けた金系201号しっかりしてきました。
これ以外に第1菜園に西瓜5株、メロン5株、第3菜園にミニカリフラワー10株
里芋22株が植わっていますがまだ萌芽していませんが

P1030367_サイズ変更
マルチが盛り上がっていたので裂いてみると、昨年植えたじゃがいもの採り残しが
萌芽してきました。
里芋ならマルチが尖って盛り上がるのに変だと思っていました。

P1030368_サイズ変更 
こんな感じで根が出て来るんですね。
こんなのが3株ほど有りました。
里芋はそのうち出て来るでしょう。

結構頑張って植えた甲斐があり沢山植わっています。
関連記事

Posted on 2014/05/09 Fri. 05:12 [edit]

category: 菜園全体

tb: 0   cm: 4

5月の菜園状況その1  

5月4日

第三菜園の生育状況です。

DSC00452_サイズ変更
 
じゃがいも男爵とキタアカリ芽欠きをして2本にしてあります。
つい4日程前も遅霜が有り少し葉焼けしました。
種芋は男爵、キタアカリとも3kgで各61個埋めました。

DSC00456_サイズ変更 
オクラ エメラルド発根させて直播きしたが1ヶ所全く発芽せず
15ヶ所一対に成る様に間引きをしたが何ヶ所か1本しか生長していません。
オクラはポットで苗を育てて植えた方が良い様です。

DSC00454_サイズ変更 
ビニールトンネルから不織布に変えました。
エメラルドは種採りが出来る品種です。

DSC00453_サイズ変更
おひさまコーン7、3月13日に種蒔きして3月28日に植え付けました。
穴あきビニールでズーッと保温していましたが10日程前に取り払いました。
植え方は穴底植えですが、中山間地の気温が低い当地ですので
今ひとつ元気がないように思います。
もうじき雄穂が出て来ても良さそうな日数に達しています。

畝の半分が余っているので第二段ハニーバンタムをは穴底蒔きにします


DSC00457_サイズ変更
サラダ水菜、リーフミックスレタス、青梗菜。

DSC00458_サイズ変更 
ちょっと写真がダブっていますがサラダ水菜第二段とリーフミックスレタス第二段

DSC00460_サイズ変更
西洋ほうれん草第一段と第二段
わずか3m程の畝にギッシリと植えて有ります。
畑が広いのにもう少しゆったりと種蒔きしても良かった様に思います。

DSC00461_サイズ変更
始めて栽培するサラダゴボウ
3月24日にキッチンペーパーに水を含ませ、保温してそこで発根させてから種蒔きしました。

DSC00463_サイズ変更
発根させて一穴に3粒蒔いたのですが2ヶ所歯抜けに成っています。

DSC00464_サイズ変更
イチョウ芋と短形自然薯
萌芽状況が悪くてひょっとすると半月ほど前のアライグマに種芋を持って行かれたかもしれません。
土の中をほじって見たくなりそうです。

育苗中の苗でゴーヤ3株、かぼちゃロロン4株、ズッキーニ4株を植え付けます。
里芋はまだ萌芽気配が有りません。

次回は第1菜園と第2菜園の様子をアップします。
関連記事

Posted on 2014/05/08 Thu. 05:36 [edit]

category: 菜園全体

tb: 0   cm: 4

育苗中の接ぎ木苗が大きく成りました。  

5月5日


接ぎ木苗で台木が足りなかったので残った苗を育てています。
自根苗のトマト麗夏3株、気が付けば二股になっていました。
脇芽ではないようです。

P1030371_サイズ変更 
鉢上げをしたあとアップで撮ってみましたが双葉の上で二股になっています。
ツートップ苗の様ですね。

P1030372_サイズ変更
花芽が出て来て1週間くらいで開きかけるでしょうか。
二股両方に花芽がでています。
自根苗はアイコミニが2株有ります。

na-5.jpg 
接ぎ木苗の麗夏

na-6.jpg 
接ぎ木ホルダーは茎が太く成り外れかけて来ました。

その他ピンキー、桃太郎ファイト、ルネッサンス、アイコミニ、シンディースイート全て大きく成っています。

na-12.jpg 
葉が触れ合っているので少し徒長しています。
衣装ケースから出して育苗したいのですが、この時期風が強く吹き苗が風圧で
倒れてしまうのでこの中へいれたままにしています。

na-7.jpg
接ぎ木苗飛天長。
今年のナスの接ぎ木は大成功で13株全て生長しています。

na-8.jpg
接ぎ木部分も完全にくっついて茎も太く成りました。
写真では7.5㎝ポットですが10.5㎝ポットへ鉢上げしました。

na-9.jpg
固定種のヨモギナス接ぎ木

na-10.jpg
接ぎ木ホルダーももうじき外れます。

na-11.jpg 
もう少し衣装ケースの中で育てます。


関連記事

Posted on 2014/05/07 Wed. 13:25 [edit]

category: 苗作り

tb: 0   cm: 6

メロンを植えました。  

5月4日

 
田植えも一段落して5月4日午後から、メロンの苗が植え付け適期になったので植えました。
品種はパンナTF、種蒔きは3月16日でした。
すでに子蔓が出始めています。

m-2_20140505172734ead.jpg 
メロンは初めての栽培に成りますが、同じウリ科なので昨年まで栽培していた白瓜のよう見えます。
白瓜のノウハウが生かせるでしょうか。

m-3_201405051727388fd.jpg 
4株植え付けたのですが、先日西瓜の苗を購入したときに目に付いたので
赤肉1株買いました。

m-5_20140505172747336.jpg 
行灯を掛けて防寒、防風、ウリは虫対策をしました。

m-4_201405051727433fe.jpg   
全体ではこんな感じです。
植え付け株間は80㎝で牛糞堆肥、蔓ぼけしやすいので元肥はいれていません。
生育状況を見て蔓が伸び出してから追肥する予定です。

m-6_20140505172821211.jpg 
5月5日小雨の中防草シートを張りました。
白瓜栽培をしているような雰囲気になってきました。
白瓜なら子蔓4本仕立てで畝幅は2.5mでしたがメロンは蔓の長さが分からないため
取りあえず株元から防草シートの端までの長さは1.5m、2本仕立てにします。
仮に4本仕立てにした場合は畝幅は3mに成るのでこれで大丈夫でしょう。
本葉5~6枚目がでた頃摘芯して本葉1枚目から出て来る子蔓は弱いので摘芯して
その後の蔓を2本残します。
一番下の蔓が弱いのは白瓜で培った知識で、同じウリ科なのでそうだと思います。

その後蔓が伸び出してきたときに藁いらずを防草シートの上に張ります。
白瓜を栽培しなくなったので行灯のビニール150枚、11mm支柱600本、防草シート、藁いらず
は行灯のビニールを止めるトンネルパッカーなど、大量に有り私が元気で畑をしている
間でも使い切れないくらい有ります。 (..;)(..;) (^▽^)

m-7_20140505172825915.jpg
白瓜の防草シートを張ったあと西瓜にも同じようにシートを張りました。
同じように蔓が伸びてきたら藁いらずを張ります。
初めてのメロン上手くいくでしょうか。


関連記事

Posted on 2014/05/06 Tue. 05:10 [edit]

category: メロン

tb: 0   cm: 4

我が家の田植えが終わりました。  

5月4日

今日の午前中で我が家の今年のコシヒカリの田植えが全て終わりました。
植え付け面積1町4反、植え付けた苗の枚数は130枚。
疎植植えの効果は出ているようで平均反当9.3枚、余った苗は25枚でした。
四角くない田んぼで枕地がカーブしているところなどは
外周2回分と重なり合うところは昨年よりも重ねて植えた結果がこの枚数なので
1反当10枚の計算で注文すれば良い事になる。
金額にすると1枚税込みで756円、18,900円処分する事になる。

昨年から疎植植えを始めて約1町で反当12枚の計算で120枚JAへ注文。
終わってみれば約30枚ほど残りビックリしていましたが
2年続けてこの枚数なので間違いなさそうですね。
でも年により苗の出来具合も違い一概に言えないですが
同じ小作面積なら来年はプラス10枚もあればいけるでしょう。


DSC_0040_サイズ変更
 
出来るだけ無農薬で栽培したのはやまやまですが除草剤と苗殺菌剤だけは使っています。
親父が健在の時はこれ以外に葉いもち予防、穂首いもち予防、株止めだと行って24Dを使っており
私も百姓の事は分からず親父の言うとおりやっていたが、少し訳が分かってくるとこんなに
農薬を使わないと米が採れないのかと疑問に思うようになり、けんか腰で反発した事も有りました。

その後私が一人でするようになり、出来るだけ減農薬栽培でやりたいと思い
薬剤の種類は変わっているが今はこの2種類だけで栽培しています。

疎植植えにすると風通り、日当たりが良くなり病気にかかりにくいと聞いていますが
どこかの段階で2反位は除草剤は別として無農薬にしたいと思っています。
回りの農家さんも葉いもち予防、穂首予防剤は使っている方は多いですね。

DSC_0041_サイズ変更 
平子とタキガグチの25aの田んぼ4枚有り、砂地とモグラの影響で水持ちが悪くて
代掻きをしようにも水が入らず、荒代掻きをしてその後本代掻きを5月1日にしました。
これでもかと言うくらい何往復もしてドロドロに成るくらいかき回した結果
代掻き以降水持ちが良くなりました。
昨年は代掻き後2日目で田植えをしたが、写真の様な感じではなくて土もしっかりと
居着いていたが今年は3日目では居着いて折らずフロートの押さえも柔らかめにしたにも
関わらずしっかりフロートのあとが残ってしまいドロドロ状態。
でも水持ちが良く成ったので来年はしっかりと中3~4日開けないと駄目なようです。

昨年白瓜を栽培していた一反の田んぼ、肥料が残っている可能性も有るので
一発肥のセラコートR822、通常の施肥量は反当35~40kg、この田圃は25kgにしてみました。
他の田んぼは昨年は40kgでしたが、昨年刈り取り20日前頃の集中号雨で
倒伏したので、今年は30kgに減らしました。 

多肥栽培は食味とも落ちるし、コシヒカリなら倒伏しやすくなるので
今年は石橋を叩いてみました。
昨年度の食味成分、タンパク6.4%、アミロース17.2%、スコア81を85位まで持っていきたいですね。 
収穫見込み量は少なく見積もって100俵と見込んでいます。
関連記事

Posted on 2014/05/05 Mon. 05:11 [edit]

category: 米づくり

tb: 0   cm: 2

我が家の田植えはほぼ終わりました。  

5月2日


t-1
 
毎年5月2~4日迄伊賀焼展示即売会が開催されています。

そこへ地元の窯元もテントを張り即売会をしています。

t-2 
5月2日の朝5時30分位の時間ですが、上の写真は右側、この写真は左になりますが
代掻きが終わった我が家の田んぼ15a2枚有ります。

こんなに早くに何をしに来たのかって、5月4日早朝から田植えをするので
水加減を見に来ているんですよ。

昨年はこの催し物が終わる5月4日3時半過ぎから人混みをかき分けて
強引に通り抜けて田植えをしました。
普段はのどかな田舎ですがこの期間だけは道路も大渋滞します。

写真に全て写っていませんが所狭しとテントを張ってあります。

t-3 
で結局5月2日は午前中はこの場所から我が家の家を通り越して約2kmほど渋滞していました。
田舎では滅多にない渋滞ですからえらい人迷惑なんですよ。

それが午後から車の渋滞もなくなりあれっ、と思ったので様子を見に行き地元の駐車場の係りをしている
従業員に尋ねると今日は旗日ではないので少ないから、田植えするなら今からがええのと違うと聞いたので
急遽JAへ苗の引き取りは5月3、4日でしたが貰いに行き夕方5時過ぎから植え付ける事にしました。
一番厄介な場所の田植えが出来ました。

t-4 
日が変わり翌日7時過ぎから肥料、除草剤、苗の殺菌剤の積み込みをして
的場16a、北出18a、そしてこの写真は向出10aですが、今植えてきたところは
全て道筋に有りうっかりすると大渋滞にはまり、ドロドロの田植機を渋滞の車と車の
間に挟まれて動くのはイヤですからね。
この場所へ10時位に到着をしてちょっと写真を撮ってみましたが
渋滞しているぞ。

t-5 
早くから植えだして正解でした。
ここまでの3ヶ所だけ植え付ければあとは車の渋滞の中を横断するだけです。

t-6 
ハイ、記念に一枚撮って貰いました。

この後場所を東出14aに移動して1枚植えてお昼休み。
午後からは予定よりも進みすぎたので、南出40aを植え付ける事にして
移動したのは良いのですが、今日はここまで植え付ける事が出来るとは思っていなかったので
水も抜いてなく仕方ないので2ヶ所の水戸を全開にして水を落水。
手伝いの弟は水くらい調整しておけっと言わんばかりの渋い表情でしたが
なかなか段取りも大変でそう簡単にいくもんでもなし。
10分位まち水も澄んでいるのでラインマーカーも見えるだろと思い
無理に植え付ける事にしました。
結局難なく植え付ける事が出来、まちなりは悪くても40a。
さすがに植え付ける速さも違う、NSU55もフル回転で2時間弱で植え付ける事が出来ました。
終わってみれば98a、約一町を植え終わったのは4時半でした。
予定よりも大幅に進み明日は25a残すのみとなりました。

陶器市もなければゆったりとした気分で田植えも出来ますが仕方ないですね。
ゴールデンウィーク後に植え付けると秋の刈り取り乾燥がつかえてくるので
無理をしてでも植え付けなければいけません。

請負の田植えは5月8日位から始まりますので、代掻きは5日位から準備をしたいと思います。
少し畑をする時間が取れそうな感じです。

関連記事

Posted on 2014/05/04 Sun. 05:12 [edit]

category: 米づくり

tb: 0   cm: 0

代掻きハロークレーム対策部品交換と田植機点検  

5月2日

P1030352_サイズ変更
先日からの代掻き時にハローを下げたときに排土板がロック状態となり
土引き状態に成るのでクボタの○○君に確認して貰いメーカーへ問い合わせたところ
対策部品が出ているとの事で早速手配をして貰った。

P1030353_サイズ変更
この黒いのが始めからついている代掻きと土引きの切り替えハンドルがついている部品。

P1030354_サイズ変更
対策部品と交換して貰いました。
代掻きと土引きの切り替えがしっかりと手応えが有り今までのはカチッと
クリック感がなかった。

P1030355_サイズ変更
我が家の代掻きは全て終わったので午後から請負のしろ掻きに出かけ様子を見ました。

P1030358_サイズ変更
今日は土引きをするほど高低差がなかったのですが、ハローを上げたとき今までだったら
排土板が土に引っ付いた状態で上に上がってくるときにカシャンと大きな音を立てて
いたがその音も軽減されてしっかりと代掻きと土引きのロックが効いているようでした。
請負の代掻きは今からなので様子を見たいと思います。

[広告] VPS

今日ハローの部品を交換して貰ったついでに田植機の点検をして貰い
各部にグリス注入等して、異常なくいつでも田植えできますよとお墨付きを貰いました。
動画は撮った事もなくまして投稿するのも初めてでしたが何とかアップできました。
今日の仕事はきつかったのでブログを書き上げるのに目をパチパチしながら
半分居眠り状態でした。
実は夕方から急遽15a分だけ田植えをしましたので後日の投稿とします。
誤字脱字が有れば良いように解釈して下さい。

関連記事

Posted on 2014/05/03 Sat. 05:10 [edit]

category: 農機具

tb: 0   cm: 4

プロフィール

FC2カウンター

カレンダー

ブログランキングバナー

最新記事

Categories

blog link

ブログ村ランキング

人気ブログランキング

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。