kazuちゃんのお米作りと気ままな菜園日誌

米作りと地域担い手、野菜は自給自足を目指して、美味しい野菜作りにチャレンジしています!!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

土壌改良剤の散布を始めました。  


今日も秋晴れの1日で汗が出るくらいでした。
稲刈りが終わって一週間ほど経過して、籾摺りは9月25日で終了となりました。
これからはコンバインの清掃、乾燥機籾摺り機などの片付けが残っています。

取りあえず3日程かけて乾燥機の外回り、排塵ダクト関係とマクーラを綺麗に洗い
外回りだけを綺麗に片付けました。

後は農舎内の乾燥機、籾摺り機などはお天気が悪いときでも出来るので
この好天気を利用して一部の土壌改良剤散布とその後荒起こしを続けてやってしまいます。

そんな訳で10時過ぎから今日改良剤を撒く田んぼへ土壌改良剤を運んで
午後少し用事を済ませたあと1時半過ぎから4時過ぎまで約90a分の土壌改良剤を
蒔いてきました。

ta-2.jpg 
ケイカル砂今日は風が少し強く、うっかりマスクを持ってくるのを忘れてしまい
少しケイカルが舞い上がると被ってしまいます。

ta-3.jpg  
運転しながら後ろ向きで写真撮りにくいですね。
こんな感じで低位置からケイカルを落としていきますが
風が強いとどうしても舞い上がってきます。

ta-4.jpg
この2枚は私の田んぼで、ケイカルではなくて味力アップを今年は撒きます。

ta-5.jpg 

ta-6.jpg 
今年の米作りには昨年ケイカル砂と今年出穂45日前に珪酸加里を撒いていましたが、
来年用にはこの味力アップに珪酸加里も 含まれているので味力アップだけにします。

ケイカル砂と珪酸加里を併せた値段よりも味力アップだけの方が値段が安く付きます。

それと苗箱に振っていた殺菌剤ルーチンアドスピノ箱粒剤、私の田植機は同時散布ですが
それを一切止めて、除草剤は仕方ないので使いますが、化学肥料一辺倒の栽培で地力も
落ちているので 全部の田んぼが出来れば良いのですが、化学肥料を今の半分くらいに減らして、
この秋農機の片付けが終わり次第堆肥が無料で頂ける所が有るので、 その堆肥を
このライムソーワで撒いて見ようかと計画中です。
 
堆肥散布は計画倒れに終わるかもしれないが、一応このライムソーワは有機質肥料対応に
なっていて、市販の牛糞堆肥は撒けるので 良質の堆肥ならOKなんですが、これが使えるのと
使えないのとでは大きな差が出て来ます。
少しでも楽したいですからね。
 


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/09/30 Tue. 05:01 [edit]

category: 米づくり

tb: 0   cm: 2

今年も採れすぎた安納芋とドデカイおたふく生姜の収穫  

     
秋晴れの良いお天気が続いていますね。
先日紅東と安納芋を収穫しましたが
その残りの安納芋42株を収穫しました。
今年も多收で食べきれないほど採れました。
大きな採集コンテナに3ケース有りました。

syo-1_201409281701594b5.jpg 
馬鹿でかいおたふく生姜が採れました。
うちのデジタルばかりでは1kgを超えてしまったのでエラーが出ました。

syo-2_2014092817104367c.jpg 
2枚に重なっているところから割って計ってみました。
572g

syo-3_20140928170204cde.jpg 
867gなので併せると1439gと今まで生姜を収穫したなかで一番大きいのが採れました。

syo-4_2014092817020978e.jpg 
こちらは一株で949g

syo-5_2014092817023831d.jpg 
今日は3株だけの収穫でしたが、かみさんが生姜の佃煮を作ってくれるので
楽しみにしています。
生姜の佃煮はピリッとして食欲が進みますよ。

残り8株残っていますが弟妹に裾分して残れば ・・・・何とかなるでしょう。
関連記事

Posted on 2014/09/28 Sun. 17:18 [edit]

category: 生姜

tb: 0   cm: 4

白菜は元気いっぱいです。  

 
8月25日に直播きした白菜「お黄にいり」8株と「無双」12株
目一杯元気に生長しています。
手前はお黄にいりで葉が立ち始めて巻き始めてきました。

hak-2.jpg 
いい感じで生長しています。
早ければ10月中旬には収穫出来るはずです。

hak-3.jpg 
無双こちらも直播きで生長が予想していたよりも早いです。

hak-4.jpg 
すでに巻き始めています。
直播きの生長がこんなに早いとは知りませんでした。
来年からは暑い時期の畝作りになりますが直播きで栽培したいと思います。

hak-5.jpg 
少し順光になりました。
直播き白菜が失敗した時のためにセルトレイで種蒔きをした「お黄にいり」。
1日違いの8月26日でしたが、畑に植えてから生長も早いですが
直播きには生長が全く及びません。

hak-6.jpg
同じ畝内に植えている「黄ごころ85」 先ほどの「お黄にいり」と同じ8月26日に種蒔きしました。
植付はともに9月12日でした。

昨日26日に「お黄にいり」と一緒に1回目の追肥をしました。

元肥たっぷりなので追肥は1回のみとします。

hak-7.jpg
全体ではこんな感じです。

hak-8.jpg 
直播きしていた晩輝が発芽しなかったのと、無双は直播きの予備苗として育てていましたが
早生の品種ばかり植えると在圃性も悪くて日持ちが悪いので苗を購入してきました。

「大将」6株を9月14日に植え付けました。

hak-9.jpg 
手前5株が購入苗の「晴黄85」5株
結局100日型以上の苗は購入出来ませんでした。
26日に追肥をしました。

hak-10.jpg 
晴黄少し虫食いが出ているので毎日目をこらして見ていたら
やっと虫が発見出来ました。

ダイコンサルハムシでした。

hak-11.jpg 
9月17日に残り苗の「黄ごころ85」3株と大将4株を植え付けました。

hak-12.jpg 
同じく追肥をしました。
畝が余っているので奥にはミズナを直播きしてあります。

ここまで殆ど虫食いもなくて、無双と黄ごころ85は植え付け時に葉裏にヨトウムシの卵が
産み付けて有ったので取りながら植え付けたが、後日確認すると葉っぱに穴が空いていたので
よく観察しながら小さいヨトウムシを見つけて潰しました。
その後は穴開きもなくて虫被害は収まっているようです。

DSC02131_サイズ変更 
ここまで大丈夫だと安心しきっていたら今日全株見直したら一株「無双」に憎きヨトウムシの
被害が見つかりました。

徹底的目を凝らして株の中心部、葉裏、株元もほじくり返して探してみたが
見つからず仕方ないので、アファーム乳剤を散布しまた。
これ以上広がらないことを願っています。

白菜は「お黄にいり」14株、「無双」12株、「黄ごころ85」11株、「大将」10株、「晴黄」5株
5種類52株植えて有ります。

これからヨトウムシも活発に動き回るので虫との戦いになります。

関連記事

Posted on 2014/09/27 Sat. 05:00 [edit]

category: 白菜

tb: 0   cm: 4

ニンニク植え付け  

DSC02037_サイズ変更 
ブロガーさんの投稿記事を拝見しているとニンニク植付の記事が多くなってきたので
私も植付をしました。
種は今年収穫した中で一番大きいのを保存して起きました。

nin-1.jpg 
畝の準備は6月23日に元肥を入れて出来ており、早速株間条間とも15㎝間隔で
穴をかけて取り掛かりました。

nin-2.jpg 
種が横を向かないように入れていきます。

nin-3.jpg 
84ヶ所全てに入れ込みました。

nin-4.jpg 

nin-5.jpg 
覆土に山土をかぶせて終わりました。
昨年は11月5日と植付が遅かったですが、一昨年の9月19日とほぼ同時期の
植付となりました。
早ければ15~20日後位から萌芽してくるでしょう。


関連記事

Posted on 2014/09/26 Fri. 07:49 [edit]

category: ニンニク

tb: 0   cm: 0

大根は4作目まで順調です。  

 
大根は8月30日より源助大根、YRてんぐを1作目として4作目まで時間差蒔きをしています。
写真は1作目の源助大根とYRてんぐ虫食いもなく各8株づつ追肥後大きく育ってきました。

dai-2_201409241839018cc.jpg 
根の肥大も始まりこれからの生長が楽しみです。
マルチを張っていると土寄せが出来ませんので、私はHCで買い求めた山土を客土として
使っています。

dai-3_20140924183906ea4.jpg 
三太郎9月3日に20分種蒔きしました。
最終間引きをして一本立ちにして追肥をしました。

マルチの追肥は穴を持ち上げて株元から少し離れた所へ施します。
ぼかし肥ですのでじんわりと効果が出てきます。

間引きした三太郎、根がいい感じで伸びて期待が持てそうです。

dai-4_20140924183909312.jpg
耐病総太りは9月8日に18株分種蒔きをしました。

dai-5_201409241839143ac.jpg 
少し早すぎかもしれませんが一本立ちにして追肥をしました。
虫食いもないし大丈夫でしょう。

dai-6_20140924184052f28.jpg
千都9月15日に28株分種蒔きしました。

千都で大根の時間差蒔きは終わりで今年の大根は82株栽培することになります。

dai-7_201409241840579d4.jpg 
本葉が出始めたところで毎日水やりはしているが一雨降れば一気に生長するでしょう。

当地では大根の種蒔きは遅くても9月25日頃までなら根が一人前に肥大するが
それ以降は気温が下がってくるのでトンネルを掛けて保温する必要が有ります。

今年は9月15日と10日程早かったのは最近の天候を見ていると冬の訪れが
早いような気がしたので早蒔きしました。

dai-8_201409241841005f3.jpg 
もみじスティック初めて栽培します。

種はナント種苗で購入しました。

真っ赤な色で綺麗なニミ大根です。

dai-9_20140924184103ed0.jpg 
茎も赤く色づいて来ました。
初めての栽培で大根なので収穫まではどんな形と色合いか分からないので
想像するだけでも楽しみです。

関連記事

Posted on 2014/09/25 Thu. 05:10 [edit]

category: 大根

tb: 0   cm: 6

散々なニンジンでしたが、らしく成ってきました。  

 
7月20日に第1作目の種蒔きをしたニンジン「ベーターリッチ」 発芽後枯れたり
バッタに食われたりで、7月29日に再播種しました。

その後第2作目の「Dr.カロテン5を8月1日に種蒔きをして
発芽し始めた8月6日に猫に荒らされて全滅 
このときほど腹が立った事はなかったですね。

いまだに子連れでウロウロしています。

ni-2_2014092319593184f.jpg 
結局第1作目の種蒔きが8月7日と遅れてしまいました。
その後は黒の寒冷紗を掛けてバッタと憎き猫対策をしてやっとここまで生長しました。
本葉2~3枚の時に間引き土寄せをして、その後も1度間引いて今回最終間引き
約7~10㎝として追肥をしました。

ni-3_20140923195938942.jpg 
こちらはDr.カロテン5と同時に蒔き直したスノースティックとパープルスティック
こちらも間引きをして追肥をしました。
葉が垂れているのは追肥後潅水をしたためで普段はショリットしています。

ni-4_20140923195944b5b.jpg 
第2作目の「甘美人」8月23日に種蒔きしました。
間引きをして少し早いですが追肥をしました。

ni-5_20140923195949af6.jpg 
9月2日に第3作目の種蒔き「甘美人」を今回は気温も少し下がって来たので
マルチに40mmの穴を開けて種蒔きをしました。
予想通り枯れる事もなく本葉も展開してきました。

真夏の暑いときは黒マルチから発する高熱で、焼けてしまったりするので遮光ネットでトンネルを
して陰を作っていましたが、徒長しやすいので上の写真の様にマルチを切り取りました。
その結果遮光ネットのトンネルの横から猫が入り込み荒らされてしまいました。

マルチ栽培の方が株間も決まっているので間引きも迷うことなく楽ですし
筋蒔きは種も沢山使うけどマルチ栽培なら半分以下で済むのもメリットです。

次回のニンジン種蒔きは冬蒔きとなるので、早ければ12月に入ってからの種蒔きになります。
冬蒔きニンジンの1作目は「ベーターリッチ」に成ります。

今回カラーニンジンは別として「ベーターリッチ」、「Dr.カロテン5」、「甘美人」と3種類の
種蒔きをしましたが、私の畑の環境下で「ベーターリッチ」は過去にも何回も栽培していますが
発芽率が悪い結果が出ています。

「ベーターリッチ」は他の種と比較しても種蒔き適期の幅が広いので
よいのですが、何か一癖有りそうで難しいです。
関連記事

Posted on 2014/09/24 Wed. 05:01 [edit]

category: ニンジン

tb: 0   cm: 2

紅東と安納芋を半分ほど収穫しました。  


DSC02090_サイズ変更

紅東20株植え付けて先日12株収穫しましたが、今日残りの8株を収穫しました。
大きさもまずまずで形のいいのが採れました。

DSC02092_サイズ変更 
こちらは安納芋で今年も豊作で一株に沢山ついています。

DSC02091_サイズ変更 

DSC02094_サイズ変更 
今年も大きいのが何個か有り収穫時期が少し遅すぎたようです。
焼き芋にするにはちょっと大きすぎます。
前回のブログに書いていましたが、来年は植え付け時期を遅らせた方がいいようです。

DSC02095_サイズ変更
土が硬くてスコップで掘り起こせば、芋を切ってしまうのは分かっていましたが
何本か形のいいのを切ってしまいました。

残り約40株位は有ると思うが出来るだけ早い時期に掘り起こして
芋が肥大しないようにしたいです。




DSC_0018(2)_サイズ変更 
今年最後の稲刈りが9月20日に終わりました。
綺麗な黄金色しているでしょう。
品種は今時珍しいヤマヒカリです。

DSC_0019(2)_サイズ変更 
こちらの田んぼは上の写真と約400m程離れています。
4枚で約25a。

DSC_0017(2)_サイズ変更 
綺麗に色づいて豊作の予感がします。

小作人は訳あって入院中で稲刈りの時には帰ってこれるだろうと思っていたが無理でした。

収穫量は期待外れで15.5俵ですから反収は6俵余りでした。

田植え後から本人不在で私と友達で草刈り水管理をしていましたが
お互いどうしても世話をするのにも限界があるのでその結果がそのまま出たようです。

私の秋の受託作業も残すは乾燥籾摺り2軒となり実質終わった感じです。

しんどかったですが自分でもよく頑張れたと感心しています。

昨日22日からは畑の世話を始めました。

秋冬野菜はおおよそ植え付け、種蒔きは終わっており、時間差蒔き2作、3作目の種蒔きを
するくらいで、第3菜園の片付けと次作の玉ねぎ植え付け準備を早急にしていきます。

それと平行して田んぼは来年の準備で、土壌改良剤のケイカルと味力アップ散布の受託作業と
荒起こしもあり天候に併せて急いで済ませます。
まだしばらくゆっくり出来そうになく、老体にムチを打って頑張ります。

 

関連記事

Posted on 2014/09/22 Mon. 20:48 [edit]

category: サツマイモ

tb: 0   cm: 4

第3菜園は様変わり  

 
暫く第3菜園に行かなかったら凄いことに成っていました。

私の畑は第3菜園まであり、第1菜園は75㎡、第2菜園106㎡ともに
自宅前にありゾウリ履きで行ける距離です。

写真の第3菜園は自宅から徒歩3分ほどの距離で約480㎡の畑を
全て使い切れないので半分ほどの210㎡を耕作しています。

たかが徒歩3分ほどですが、忙しいと足が遠のきます。

元気だった南瓜が全て枯れていました。
20個ほど3番生り4番生りが出来ていましたが日照りで焼けており
綺麗な物を収穫してきました。

1-2_2014092118213201c.jpg 
中には畑で水分が飛んでしまって割れているのもあり昨年を思い出しました。
早々2日後の食卓に南瓜の煮物として上がってきましたが味は絶品でした。
かみさん曰くホクホクすぎて水分がすぐになくなったと言っていました。

1-3_20140921182136965.jpg 
南瓜の隣は里芋ですが、今年は水やりをシッカリしたので期待が持てますが
8月始めからの体調不良と稲刈りシーズンに入ってからは放任でしたので
余り期待してはいけないかもしれません。

1-4_201409211821411d4.jpg 
サツマイモとイチョウ芋と短形自然薯です。
サツマイモ試し堀をして大きいのが採れたので、その後収穫する予定でしたが
結局出来ませんでした。
多分大きく成りすぎていると思います。
もし大きければ気が早いですが来年から植え付ける時期を遅らせようかと今から計画しています。

1-5_20140921182146a6d.jpg 
耕作していない方の畑ですが、一面草で覆われています。
草刈り後トラクターで耕して綺麗にしておきます。

DSC_0017(3)_サイズ変更 
籾摺り乾燥をしていると大量に籾殻が出て来ます。
始めの頃は写真左上の様にマクーラで田んぼに蒔いていましたが
余りにも量が多すぎるのと乾燥機から出て来る粉塵も大量にあり

昨年はこの粉塵を田んぼに撒いて、これが結果ヒエの種をばらまいた結果となり
今年はヒエが特に多かったです。

その意味も有り籾殻は燻炭などに再利用出来ますが、焼いている手間もないので
この様に焼くことにしました。

一気に燃えてくるのではなくてクスクスと煙もわずかしか出ず
でも側へ行くと籾殻の中はくすぶっているのでとても暑いです。
灰になればそれを田んぼへ撒いて綺麗に片付ける予定です。

DSC02052_サイズ変更
今年の田んぼはどこを見てもヒエが多く発生していた。
私が種をばらまいたのではありませんよ。

例年田んぼの切り藁は燃やさずにトラクターですき込む方が多いですが
今年は藁を燃やしている光景をよく見ます。

こぼれたヒエの種を一緒に焼いてしまおうという狙い目があるんでしょうか。
そういう私も少し悩んでいますけどね。

関連記事

Posted on 2014/09/21 Sun. 18:22 [edit]

category: 菜園全体

tb: 0   cm: 2

茄子はまだ好調ですが  

 
朝夕すっかりと涼しくなり肌寒さを感じるようになりましたね。

好調を維持しているナス、葉っぱはうどんこ病にかかったように白くなり
その内枯れますが、いまだに大きいナスが採れています。

nas-2_20140920063915016.jpg 
葉っぱを取って上げればもっと元気に見えますが、超多忙で収穫のみの状態続きです。
今まで追肥といえば隣に新しく畝を立てたときに通路を中耕してその時に
バイオダルマ菌と堆肥を少し与えただけで、元肥の溝施肥のみで後は側枝切り戻し
剪定を続けてきただけで、夏の成り疲れもなくてズーッと収穫が続いています。

DSC02043_サイズ変更 
気に成ることと言えばチャノホコリダニがつき出したくらいでしょうか。

気温も下がり始めて生長も遅く成ってきたが、後作もないのでもう少しこのまま撤去せずに
収穫していこうかと思います。
昨年も10月20日でまだ元気と日誌に記載して有るのでもう一月は大丈夫そうです。

nas-3_201409200639189f6.jpg 
本日の収穫は飛天長12本。

nas-4_2014092006392241a.jpg 
ヨモギナス、少し肌が汚くなってきたが味は絶品です。

DSC02041_サイズ変更 
種採り用のヨモギナスも黄色く熟してきました。
そろそろ収穫して種採りをしていい時期です。

稲刈りは残すところ1軒となりました。
今朝はどんよりとして曇っていますが、雨の心配は無さそうです。
23日なら友達Y君が手伝ってくれることになっていますが
台風が進路変更してこちらへ向かってきそうなので、今日は籾摺りを済ませてしまい
その後刈り取りしてしまおうかと思ったりもしています。

では一仕事してきます。

関連記事

Posted on 2014/09/20 Sat. 07:00 [edit]

category: 茄子

tb: 0   cm: 2

ミズナの種蒔き、稲刈りも終盤へ  



DSC_0016_サイズ変更
 
請負の稲刈りも終盤にさしかかり、写真今日35aを刈り取りすれば残り2軒分
38aとなり、あと籾摺り乾燥は今日の刈り取り分も含めて8軒分で今年の秋の刈り取り
籾摺り乾燥は全て終わります。
最終9月25日前後になりそうで、やっと忙しさから解放されて今週末くらいから
時間が取れるようになります。


DSC_0017_サイズ変更 
ミズナ 千筋京菜の種蒔きをしました。

DSC_0018_サイズ変更 
種は一袋に沢山有るので1穴に10粒ほどばらまきしました。

DSC_0020_サイズ変更 
今回は18株分として2作目は少しずらして同じくらい種蒔きする予定です。

忙しいですがここまで暇を見つけて、白菜は52株、大根は82本分、キャベツ20株、

ブロッコリー13株、ミニカリフラワー10株、もみじスティック13本、リーフレタス、玉レタス、ほうれん草と

植え付けて、秋冬野菜へと畑も変わりつつあります。

差し迫っては玉ねぎアサヒ三号つり玉用の種蒔き、ニンニク植付などです。

何もかも一片に終わってしまうと寂しいですね。






関連記事

Posted on 2014/09/19 Fri. 05:00 [edit]

category: 水菜

tb: 0   cm: 6

玉ねぎが発芽しました。  

 
9月8日に種蒔きした極早生のジェットボール。

tam-1_201409171917048ab.jpg 
9月14日頃より発芽し始めて9月17日に発芽揃いしました。

tam-2_20140917191709db8.jpg 

tam-3_20140917191713685.jpg 
2009年から玉ねぎの苗作りを始めて、昨年は種蒔き出来なかったが
過去何回かは苗が小さすぎたり、大きすぎたりと失敗。
苗を急遽買い求めたりしました。

購入した苗を見て自分が駄目だと思って除けた苗の方が立派だったりしますね。

購入苗よりも自分で育てた苗の方が植え付け直後からシッカリとして
生えつきも早いのが特徴ひとつです。

何本採れるか分かりませんが10月末~11月始めの植付を目指して育苗したいと思います。

先ずは第一関門の発芽は上手きいきましたが、少し大きく成り始めた頃より
「根切り虫」 「ヨトウムシ」 被害が出て来て気が付けば本数が可成り減ってしまいます。

20日迄には保存用の玉ねぎの種蒔きを続きの畝にします。
玉ねぎの苗作りが来ると季節が一気に進んだ感じになりますね。

昨年は604本植え付けたが今年の植え付け本数はまだ未定です。


関連記事

Posted on 2014/09/18 Thu. 05:00 [edit]

category: 玉ねぎ

tb: 0   cm: 4

大根第4作目の種蒔きと3作までの生育状況  


今回で大根の時間差蒔きは終わりで4作目になります。
最後の大根の種類は「千都」

それと同じ畝に初めて栽培するナント種苗の「もみじスティック」

dai-8.jpg 
『千都」は種蒔き適期は中間値で9月迄可能。

もみじスティック大根はサラダむけの大根です。

dai-9.jpg
もみじスティックの種は一袋@378円でこれだけしか入っておらず少し高いような気がします。

dai-10.jpg
大根「千都」は条間40㎝株間25㎝で24本。もみじスティックは13本分種蒔きしました。


dai-1.jpg
第一作の大根は8月30日に種蒔きした「YRてんぐ」8株、「源助大根」8株
9月15日に1本立ちにして初めての追肥をしました。

dai-2.jpg 
追肥と同時に株元がグラグラするので土寄せも併せてしました。

dai-3.jpg 
第2作目の大根は9月3日種蒔きの「三太郎」20株

dai-4.jpg 
写真では間引き前ですが2本立ちにしました。

dai-5.jpg 
第3作目9月8日に種蒔きした「耐病総太り大根さい」 18株分。

dai-6.jpg 
やっと発芽揃いしたところです。
もみじスティックを除いて第4作を含めて78本栽培することになります。
過去毎年株間の広さを変えて栽培してみましたが、15㎝、20㎝、25㎝、30㎝。
このうち太さと根長のバランスの良さでは25㎝が大根の栽培で一番良いように思います。

25㎝を前後してそれ以下では細い大根、以上では太く成ります。
細い大根の時は1本おきに収穫していくとその内肥大してきます。

種苗メーカー推奨の株間はありますが、自分に合った栽培方法を見極めるのも
一つの楽しみかと思います。




関連記事

Posted on 2014/09/17 Wed. 05:00 [edit]

category: 大根

tb: 0   cm: 2

レタス、リーフレタス、ほうれん草の種蒔き、発芽まで  

すっかりと秋めいた陽気になりこちらでは昼間は暑いですが、朝夕はめっきりと涼しくなり
朝の気温が12~3度位まで下がって少し寒いくらいになってきました。

 
9月8日 夕方近くから蚊に刺されながら時間が空いたので急遽種蒔きをしました。

写真は左はリーフレタス12株分、株間 条間は20㎝前後 
右レタス「シスコ」 6株分 株間30㎝、条間25㎝

tane-2.jpg
種が薄っぺらいので蒔きにくいですね。
リーフレタス

tane-3.jpg 
レタス 「シスコ」 最近ではコート種子も出ているようですね。

tane-7.jpg
リーフレタス9月12日位から発芽してきました。



tane-8.jpg 
15日現在では1ヶ所発芽していないので再播種をしました。

tane-9.jpg
レタス 「シスコ」 リーフレタスより1日遅れて発芽
一株分未発芽でしたので再播種しました。

tane-4.jpg
ほうれん草「オーライ」24株分9月8日に種蒔きしました。
株間、条間 15㎝間隔です。

tane-5.jpg 
5粒では発芽しない所も有るかもしれませんね。

tane10.jpg 
ほうれん草「オーライ」9月15日現在で発芽していないヶ所が6ヶ所ほど有りました。
何ヶ所か土をほじくって見たら種はそのままで発芽する気配も有りませんでした。

tane-11.jpg 
5粒種蒔きして最高で4芽発芽しただけですので発芽率が悪そうです。

再播種をして籾殻を被せておきました。

先日新しい種を買い求めたので発芽率が悪ければ新しい種を使います。


この後第2作目のほうれん草、リーフレタス、シスコ?ですが何回かに分けて種蒔きをしていきます。

関連記事

Posted on 2014/09/16 Tue. 04:32 [edit]

category: 種蒔き

tb: 0   cm: 2

稲刈りは順調に進んでいます。  

DSC_0027_サイズ変更 
やっと秋晴れのお天気が続くようになってきました。

請負の稲刈りもあと一週間ほどでちょっと楽に成ってきます。

その日に刈り取った2軒分の農家の籾を2台の乾燥機に振り分けします。

翌日は早朝6時半位~籾摺りを始めて、1軒分の籾摺りが終われば途中でマクーラに溜まった籾殻を
田んぼに撒きに行きます。
私のトラクターは小さいので当然マクーラも一番小さい物で、籾容量は約2反分、17~18俵分しか入りません。

その後準備が出来れば農家さんに電話をしてすぐにお手伝い来て貰います。

籾摺り機が3インチと小さいので今朝は25石の乾燥機から出して、籾摺りすれば28俵も有り
一軒目が終わった時間は朝6時半~途中籾殻を1度捨てに約10分中断で
8時45分迄かかりました。

その後14俵を籾摺りして稲刈り出発は10時15分位でした。

丁度お昼過ぎに15a2枚を刈り取り農舎へ戻り、籾の張り込みが終わり床の掃除が終われば
午後1時を回っていました。

もう一台の乾燥機は他の農家さんが刈り取った籾を持ち込むので、今日の私の刈り取りは午前中で
終わりました。

昼寝をしていたら袋取りの籾が一杯になったので乾燥機に入れて下さいと電話があり
ゆっくり昼寝をする事も出来ません。

明日は2軒分私が刈り取りするので2台の乾燥機を空っぽにしてからの出発で
明日はおにぎり持参になりそうです。

私が受託している稲刈りの段取りが付き始めた頃と、他の農家さんの稲刈りの段取りもにらみあわせて
私の体を少し休ませたいとき、他の農家さんが刈り取った飯米分を乾燥機へ入れる段取りをしています。

でも結局籾が入ってくると張り込み準備をしなくてはいけないのでそうゆっくりすることも出来ません。

DSC_0026_サイズ変更 
スマホで撮った写真なので雨の程度が分かりにくいですが、一番上の稲刈りをしてあと5分くらいで
刈り終わる頃にポツポツ降り始め、帰る頃よりだんだん降り始めて農舎へ戻った途端に本降りの
通り雨になりました。

秋の稲刈り時にはこんな天気に時々遭遇します。

こんな感じで20日位迄は雨は絶対に降りますが、雨が全く降らないであろうと想定して
段取りをして有ります。
夜は乾燥機が止まらないかとヒヤヒヤで災厄なのは3時半位にトイレに行くと
乾燥機の事で頭の中が一杯なのでそれ以降は寝付けませんのでもう起きるしか有りません。
あと少し頑張ります。



関連記事

Posted on 2014/09/14 Sun. 05:10 [edit]

category: 受託作業

tb: 0   cm: 6

直播き白菜の間引きと2作目の植え付け  

 
稲刈り、籾摺りが早く終わった合間を見て白菜の間引きをしました。

8月25日に直播きした無双とお黄にいりが大きく成長したので1本に間引きました。
写真は無双です。

ha-2_20140912200010dfa.jpg 
1本にしてすっきりしました。
これからは肥料も独り占め出来るので急成長を始めてくると思われます。

ha-3_20140912200015880.jpg
間引きとは言っていますが間引きをすると大事な根が切れてしまうので
ハサミで間引く方をカットしました。
葉っぱが割れているのは苗がダラッとしているときに黒マルチにくっついて
それがシッカリとしてきたときに切れたようです。

ha-5_201409122000204aa.jpg  
こちらはお黄にいりでもう暑さで刈れてしまうこともないと思われます。
直播きは生長も早くて苗もシッカリしています。
直播きして正解だったように思います。

今回1本立ちにして1回目の追肥までやりたかったのですが出来ませんでした。

ha-6_20140912200025d7c.jpg 
全体ではこんな感じです。
忙しくて防虫ネットをするのが遅く成ってしまったが、発芽後にオルトラン粒を株元に
振りかけて予防しておきました。

白菜は定植と同時に防虫ネットを張っても、過去に虫食いに合わなかったのは
そんなにありません。
完全無農薬栽培をしたいですが、私の白菜栽培では絶対と言っていいほど、ヨトウムシ被害に
あっているのでアファーム乳剤かランネートDFを割り切ってしています。

ha-7_20140912200056b02.jpg 
2作目のお黄にいりを植え付けました。
種蒔きは直播きより1日遅い8月26日にセルトレイに蒔きました。
予備苗として10株分種蒔きした物で、直播き白菜が枯れずに生長しているので
6株だけ植え付けました。

セルトレイに種蒔きしたのは白菜は若苗を植え付けた方が、生えつきも良くて成長が
早いと言われています。

ポリポットに種蒔きしても本葉4~5枚で定植したくても根鉢が出来て折らず
毎年種蒔き倍土がぼろっと砕けるので、今回はセル苗にしてみました。

ha-8_20140912200059ff2.jpg 
セル苗が入る程度の穴を指でぐりぐりして植え付けます。

ha-9.jpg 
落とし込んで株元を締めて足りない土は客土します。
ha-10.jpg 
少し株間を広くしすぎて条間、株間とも25㎝としました。


ha-11.jpg 
120型の晩輝の直播きを9月4日にしました。
結果種が古くて6株中発芽したのは2株分で、種蒔き後から6日目でした。
今頃発芽しても私の地域では巻ませんので諦めて、黄ごころ85を植え付けました。
植付が終わった黄ごころ85の写真は撮り忘れましたが、株間は45㎝としました。

防虫ネットを張ることが出来ませんでしたので、株元へオルトラン粒を蒔いて時間が取れたときに
葉裏のヨトウムシの卵が取り切れていないので、その頃は孵化して葉に穴をかけているかと
思うのに綺麗に取り除いて防虫ネットをします。

結局晩輝が発芽しなかったのと無双は67日型で早く収穫しなければいけないので
予備苗を使わずに苗を購入してこようかと思います。
ヤレヤレ何とか2作目の植え付けも出来ました。

関連記事

Posted on 2014/09/13 Sat. 05:01 [edit]

category: 白菜

tb: 0   cm: 4

キャベツの追肥と2作目の植え付け  

秋空が続くと思いきや昨夜も雷と共に激しい雨で目が覚めた。
一瞬脳裏にまた田んぼがジュルジュルに成る。
暫く寝られない ふぅ






案の定今日の田んぼはジュルジュルで、方向変換が出来ないので一部前進後進で刈り取る。
雲行きが怪しいのでお昼を食べずにもう一枚の田んぼ刈って終わりにしようと
農家さんに相談。 
そのまま決行しましたが後5分ほどで終わる間際に、ポツポツと大粒の雨がやってきた。
少し濡れたが農舎へ戻ると本降りに、何とか今日の刈り取りを済ませました。

kya-1_20140911191851dd6.jpg 
午後から久しぶりに時間が取れたので昼食後15分ほど昼寝をして
キャベツ2作目の苗が大きく成ったので植え付けました。

写真は1作目のさとうくん大きく成長して来ました。
葉の色がいい色合いで自然な感じがしますね。

kya-2_20140911191853225.jpg 
そろそろ巻き始めに成り始めたので追肥をしました。

kya-3_201409111918591aa.jpg 
株元から離れた所へ切り込みを入れてぼかし肥を施しました。
今回のキャベツの栽培から元肥に、ぼかし肥以外に始めて油粕を一緒に混ぜ込みました。

今後葉物野菜にはぼかし肥以外に油粕を一緒に使っていきます。

kya-4_201409111919011d2.jpg
8月5日に2作目として種蒔きした彩音12株。
さとうくんは20日で定植出来たが、彩音は約35日少し植付が遅れました。
なかなかいい苗に育ちました。

kya-5_20140911191900e80.jpg 
虫食いもなく綺麗です。

kya-7_20140911191924fad.jpg 
と思いきや葉裏にはチャントヨトウムシらしき卵が産み付けられていました。
全株確認の必要有りですね。
確かモンシロチョウは白い卵だったと思っていますが?です。

kya-6_201409111919249e0.jpg 
根鉢はこんな感じで少し植え付け遅れに成りました。

kya-8.jpg
前回のさとうくんもそうですが、彩音も株間を40㎝としました。
さとうくんと併せて20株の植え付けに成りました。
2作目のキャベツはヨトウムシらしき卵が付いていて、取り残しの卵が有ると思うので
暫くしてから確認する必要が有ります。

写真で解ると思いますが左は陽が当たっているが、この場所は午後からは陰に成り生育が
少し劣ってきます。

育苗していた苗が植えられたので一つ手離れして楽になりました。

お次は白菜の植え付けだ。



関連記事

Posted on 2014/09/12 Fri. 05:00 [edit]

category: キャベツ

tb: 0   cm: 4

稲刈り本番助っ人もやりますよ。  

長いことぐずついていたお天気もやっと安定して秋晴れの良いお天気になってきました。
いよいよ請負の稲刈りも本番となり、10時前から25a3枚の田んぼをお昼過ぎにやっつけて来ました。

今日は2台有る乾燥機のうち25石を、知り合いの隣村の農家さんから30a分の乾燥依頼を受けて
有り、袋取りのコンバインなので1日では刈れないので9月9日、10日と2回に分けての乾燥です。

なので私の請負の刈り取りは一軒しか出来ず、朝10時前から25a分を刈り始めて5俵分は
21石の乾燥機へ即張り込んで乾燥。

残りは全てJAライスセンターへ出荷するので、ライスセンターまでは軽トラで片道10分程。
1300Literのスタンドバックを運んでライスセンターへ持っていくと軽トラが戻るまでには
コンバインタンク 800Literは満杯になってしまい私の時間ロスが生じてしまう。

なので私の軽トラと農家さんの軽トラ2代で交互にピストン運転。
かっこいい話ですが3回運んだら終わりですけどね。 (笑う)

DSC_0024_サイズ変更  
ですから午後からの稲刈りはないので、畑が出来ると思い心の中で段取りをしていたら
タイミング良く休憩中に携帯が。
知り合いからコンバインが壊れて動けなくなったので、もし空いていたら刈り取りを助けてくれないかと。

知り合いとは40代始めの頃、町の消防団在籍中の時、2年間共にした分団長仲間。
何とか出来るからと助っ人に行って参りました。

写真の様に可哀想なことになり土手際3条刈り取り、回ろうとしたらじゅるくて無理に曲がろうと
前進後進をしているうちにクローラーを張っているシャフトが折れたようです。
コンバインが古のでとは言っていたが、自分のコンバインではなくて職場の同僚から
借りているコンバインでこれまた辛い話です。

乾いていない田んぼでの トラブルが多いことには間違いないです。

家族総出本人夫婦、息子さん、お婆さん、4人が来て角刈り、コンバインの回りも開けておかないと
いけないしガンガン照りで手刈り大変だったはず。

ちょっと冷やっとしたのはお婆さんが田んぼに来ていたので、バックするときは後ろを特に気を
つけようと頭の隅に入れていましたが、案の定バックをして後ろを見るとピッピッピッと成っていても
こそを屈めて籾が落ちたのを拾っているんです。
予感が的中で一瞬ビックリしました。

また昨日私が刈り取った友達Y君の田んぼの残り、今日は本人が会社を休んで刈り取りすると
朝に話を聞きましたが、案の定私が昨日ほったらかして刈り残した分を刈り始めて暫く経過して
はまり込んだらしくて、知り合いのユンボで引っ張り出して貰ったようです。

春の田植えの時も違う場所で私が見ているところで田植機がはまり込んで私の非力なトラクターで
引っ張り出しました。

この日耳に入ってきた情報では3台はまり込んでレスキューを呼んだようです。 
 
その後は順調に刈り取り出来ライスセンターへ出した模様。
私が昨日やばいと思い中断したのは大正解だったかもしれません。

昨年も3日続けて地元の方がトラブり、私が助っ人しましたが秋は何だかんだとトラブル続きが有ります。
成るべくこんなトラブルが起きないことを祈っています。

今日も帰ってから稲刈りと籾摺り乾燥の段取りを組み直してみたが頭が痛くなってきました。
籾の水分が例年よりも高いので乾燥時間に手間がかかり、例年だと午後から張り込みしても
朝には乾燥出来ているはずが、今年は時間がかかりすぎています。

取りあえず雨が降らないと勝手に決めつけて、1日2台の乾燥機を振るに回しても
9月23日位迄かかりそうです。

私の稲刈り乾燥も昨年よりも増えているが、自分の田んぼで採れたお米を食べたいので、
乾燥だけして欲しいと頼み込まれると、喉まで出かけている言葉を押さえ込んで
無理は承知で引き受けています。

数名の方には初めてで面識もなくてお断りさせて頂き申し訳なかったですが
聞くところによると、お年を召して農業を辞められてそのあぶれた農家の方が
噂で私が乾燥をしていると聞きつけて、今年は無理だが来年頼みに来ると
耳打ちがありました。

嬉しい話ですが私の台所も狭し私も生身の体ですので、早々無理も効かないので反面辛いです。
回りの方が乾燥機をもう一台増やせと簡単に言うが、ならば俺のコンバイン売り飛ばして稲刈りは止めて
乾燥専門に成ろうかと冗談交じりで言い返してます。

人ごとだと思って簡単に言いますが、こちらは真剣にやっているんですが
相手の方はどう見ているんでしょうね。



写真一枚で長く書いちゃいましたね。
眠いので記事の見直しを余りしていないので、間違っていそうと思うところは
適当に解釈して下さい。



関連記事

Posted on 2014/09/11 Thu. 05:29 [edit]

category: 米づくり

tb: 0   cm: 2

ブロッコリー、ミニカリフラワーは大きく育っています。  

お天気も安定し始めて田んぼも乾き始め、請負の刈り取りが本番となってきました。

ブログ更新も頑張ってやっていこうと思っていても、疲れ果てて思うようにならなく成ってきそうな
感じです。

bur-1.jpg 
この記事は9月5日に下書きした物で、投稿が延び延びになっていました。
今日は更新出来そうにないのでそのまま投稿します。

今はもっと大きく成長しており、写真だけ取り替えようと思いましたが
ついつい忘れてしまいます。

8月28日に植え付けたブロッコリー、スティックセニョールと夢ひびき
大きく育ってきました。

写真はスティックセニョールですが、竹串で支柱代わりにして有りましたが
大きく成り役に立たなくなってきたので13mmの支柱に変えました。


bur-2.jpg
大きく育っていますがマルチの放熱で葉が焼けています。
下葉だけなので問題ないですが、今の時期はマルチ栽培はなりやすいです 。


bur-3.jpg
こちらはミニカリフラワーのオレンジ実星と実星ブロッコリーよりはひょろついた感じです。


bur-4.jpg 
この株だけ生育が悪いです。
実は1度植えて場所を間違えて抜き直したために根が切れたと思われます。
その内立ち直ってくることを信じています。

bur-5.jpg 
ブロッコリー12株とミニカリフラワーが10株同じ畝に植えています。
今後の成長が楽しみです。

関連記事

Posted on 2014/09/10 Wed. 05:15 [edit]

category: ブロッコリー

tb: 0   cm: 2

極早生玉ねぎの種蒔きをしました。  

週明けの月曜には先日の大雨で田んぼの水も抜けなくて
ジャボジャボの状態でしたが、前日友達Yくんの依頼も有り朝田んぼの中へ入り
ぬかるみ状態を見て一旦断ったのですが、大先輩の○○さんに確認をして貰い
何とかいけそうだが、無理をしないようにとのアドバイスを頂き
飯米の分だけは刈り取りが出来ました。

 
その稲刈りに行く前に極早生の玉ねぎの種蒔きをしました。

畑の準備は8月30日に準備をしておきました。


tam-2.jpg
支柱で種蒔き溝を作り種蒔きをします。
ジェットボールは始めて栽培する玉ねぎです。

tam-3.jpg
始めの頃は1㎝間隔ほどで種を蒔いていましたが、一筋ほど蒔いた位から気持ちが稲刈りに行って
いるのでだんだん雑になり最後は適当に。


tam-4.jpg 


tam-5.jpg
土を覆土して乾燥防止に籾殻を被せて、順調にいけば一週間ほどで発芽してきます。

ine-1_20140908210750db4.jpg 
稲刈り後の写真ですが4枚で約20a程の田んぼです。
昨年まではキヌヒカリを植えていましたが、昨年私が収穫したコシヒカリを食べて
すっかり気に入ってしまい、今年はコシヒカリを栽培しました。


ine-2_201409082107575cd.jpg
2枚の田んぼを刈って3枚目の田んぼに移動するところですが
元々田んぼへの進入路は有りますが、田んぼから田んぼへの進入路が有りません。

いわゆる土手渡りです。


ine-3_20140908210803c03.jpg
びびりながら上の田んぼへ入り写真の所まで刈りましたが、これ以上は無理なので
飯米の10俵だけは刈って欲しいといわれていたので、その分だけは確保して早々逃げ出して来ました。

以前に危ないから路をつけてくれと頼んではいますがそのつもりはないようです。
友達は農機は一揃え持っていますが私から見ても危険だと思います。
今年は自分で刈るからと言っていたのに急にこんな結果に成りました。

結局10時前から1反ちょっと刈るのに終わればお昼前でした。


DSC_0020_サイズ変更
午後からは0.6aで3枚と超小型の田んぼ、水は溜まってはいなかったが
やはりじゅるくて難儀しました。

コンバインに4PCが付いていなければコンバインの腹がつかえて稲刈りが出来て
いなかったと思います。

軽トラックの向こうに田んぼが2枚見えていますが、先日刈り取った我が家の田んぼです。

少々無理をしましたが明日以降の段取りが楽に成ってきました。
お天気も安定してくるので田んぼも乾き仕事も進みそうです。

今も疲れはてて目がショボショボです。

ではお休みなさい



関連記事

Posted on 2014/09/09 Tue. 05:00 [edit]

category: 玉ねぎ

tb: 0   cm: 4

我が家の稲刈りは全て終わりました。  

9月6日午後4時過ぎからいきなり大粒の雨が降りだし
その内雷の大音響と共に激しく降る雨は、今まで見た事もないような降り方。
見る見る小さな河川は増水し、いっこうにおさまる気配が有りません。
2時間程降り続いた後少し小康状態に成ったので、農舎で籾を乾燥しているので
心配なり見に行くと、ブザーの音が聞こえる。

雷で一瞬電圧が下がりバーナーが消えた模様。
電源を入れ直してすぐに復帰するもまた本降りに・・・。

レーダーの雨雲を見ると真っ赤な固まりが次々と流れて行く
いやー本当に怖かったです。
約4時間程降り続きましたが、後何時間か続いているととんでもないことになっていたと思います。
先日の広島で有った大惨事はもっと凄かったのだから、恐怖だったと思います。

お陰さんで地区内で土砂災害が2ヶ所ほど出たくらいで、後は畑が少しやられた位でした。
時間当たり75mmだったそうです。

丁度下に書いた記事、稲刈りが終わり自宅へ戻った後でした。


9月6日雨上がりの午前中は55a程耕作している兼業農家さんの請負の稲刈り、
役10俵分を刈り取り、乾燥機へ入れました。
後は農家さんが自分の袋取りコンバインで刈り取ります。

写真は平子10aの私が小作している田んぼ。
こことこの下にある6aだけ残していました。

ine-2_20140907181801d7d.jpg 
かみさんが家に居るとのことだったので、コンバインのタンク一杯になる前で電話して
軽トラとスタンドバックを持ってきて貰いました。
これが一人でやっているとコンバインを現場へ持っていき、足がなければ農舎まで歩いてテクテク
戻り軽トラを現場へ持っていき、それから始めることになります。
今年は甥っ子に手伝って貰ったので、初日は自転車を利用して段取りを組みました。

ine-3_2014090718180499c.jpg 



前日雨が降りましたが全く水も溜まって折らず、コンバインも汚れませんでした。
今年は中乾し以外にお盆以降悪天候だったので完全に水切りをしておきました。
多分未熟米が多い結果になったのはそのせいも有るでしょう。

ine-4_20140907181804e1e.jpg
写真はかみさんにスマホで撮って貰いました。

ine-5_20140907181807a30.jpg 


ine-6_201409071818231e8.jpg 

ine-7_20140907181825266.jpg 
かみさんの方が私よりも写真のセンスがあるような
中山間地で不揃いで変形田が多い中、わずか10aですが長さ44m幅23m四角い田んぼは
仕事がしやすいですね。
30分で刈り終えて、残りの6aもほぼ長方形。

かみさんにすぐに刈り終えるので暑いから軽トラのエアコンを入れて最後まで付き合いをして貰いました。
籾運びも含めて1時間ちょいで終わりました。

収穫量は翌7日午後から籾摺りをしましたが12.5俵と15kgで 8俵/反となりました。

結局屑米が多くて請負で刈り取ったコシヒカリは12.5俵で屑米が35kgほどでしたが
私はその1.5倍ほどありました。

以前は大山田コンポという堆肥を反当700Literをすき込んでいたが最近では堆肥は使わなくなった。
それはもちろん私の耕作面積が昨年から一気に増えたのも理由の一つだが、化学肥料一辺倒では
いずれ地力も落ちてくるし、以前はコシヒカリではなくてキヌヒカリだったが
お米の味も落ちてもっとお米の風味が有ったように感じる。

晩秋になれば暇になるので今年はやってみたい気持ちが有る。
ただ堆肥を入れると雑草が増えるのは間違いない。
牛の餌に使っている牧草、最近は輸入も多くて今まで見た事が雑草が増えたと口を揃えて
堆肥を入れている方は言う。

大山田コンポを田んぼにすき込むと、一袋役350円として20袋/反 7000円かかることに。
1.4㏊で98,000円 考えたくもない。

ただJAから補助が2000円/反出るので少し気休めには成るが70,000円かかってしまう。

堆肥は撒く手間が大変で私のライムソワーは有機質も使えるが、偶に固まりが有ると
詰まってしまうことも。

牛舎へ行けばただで堆肥を貰えるが、軽トラで運び一旦下ろして良質の堆肥なら
ライムソワーで撒く事が可能。

こちらでは米糠は不足しているので大量の入手は困難かも。

どちらにせよお金を余りかけずに有機質資材の投入を考える必要が来ているようです。


関連記事

Posted on 2014/09/08 Mon. 05:18 [edit]

category: 米づくり

tb: 0   cm: 4

直播き白菜の間引きと3作目の種蒔きをしました。  

ha-1_20140905173408fdf.jpg 
以前から1度試して見たかった白菜の直播き。
写真は67日型の無双ですが、8月25日に直播きした白菜ここまで上手く育っています。

1穴に6粒ほど種蒔きして本葉が出たときに3本まで間引き
本葉3枚目が展開して4枚目が出始めてきたので2本に間引きました。


ha-2_201409051734123bf.jpg
50日型のお黄にいりこちらも大きく育っています。
畑の準備が出来ていると直播きの方が生育も良くて管理が楽ですね。

ha-6_2014090517350710c.jpg 
85型の黄ごころ85、種蒔きは8月26日に蒔き、直播きでは無くて苗を育てています。

ha-7.jpg 
直播きが失敗したときのために予備苗として育てています。
直播きは順調ですがまだ暑い日も続きますので、枯らしてしまうこともあるので注意が必要です。

直播きが上手く育ったとしてもお黄にいりは植え付けて、無双も何株か植えて残った苗は
誰かに譲る予定です。

ha-3_201409051734162d6.jpg 
9月4日に120型の晩輝を株間45㎝で6株直播きしました。

ha-5_20140905173423e81.jpg 
発芽するまでは雨で叩かれると種が流れたりするので籾殻と不織布をかけておきます。

ha-8.jpg 
ヨモギナスの種採りをしています。
昨年も種採りをして今年その種を蒔いて接ぎ木苗をして美味しいヨモギナスを
たらふく頂いています。

ヨモギ色が抜けて黄色く成り始めました。
ヨモギナスは固定種ですので継続して種採りをしていきます。
広島のブロともさんが手を添えてナスの大きさが分かるようにしていたので真似て見ました。
でかいでしょう。

関連記事

Posted on 2014/09/07 Sun. 05:35 [edit]

category: 白菜

tb: 0   cm: 4

今年もサツマイモは豊作ですって断言してもいいだろうか (゜Д゜)  

sat-1_20140905170408b43.jpg 
今年5月16日に植え付けたサツマイモ、紅東20株と安納芋60株
昨年は急がし過ぎて収穫時期が10月21、22日と遅かったので大きく成りすぎて
結局直売所へ出せる様な物では無かったので断念しました。

何せべにはるか53株、安納芋153株も植えた上、大豊作だったので頑張って食べても
食べきれなくてホント困りました。
近所回りへ配りまくりとても美味しいと喜んで貰い気を良くしました。

今年は直売所へ出しませんがその失敗を繰り返さないために、稲刈りの合間に
ちょこっと掘って見ました。
写真は紅東5株分

sat-2_201409051704124d3.jpg 
ちょっとデカクなりすぎましたね。
今年は雨ばかり続いているのでマルチを張っていても、通路が何回も水浸しになるくらい雨水に
使っているので、土が濡れてべとべとです。

sat-3_20140905170418f2b.jpg
こちらはねっとりと甘くて美味しい安納芋。
3年続けて栽培していますが安定して収穫出来ています。
安納芋は一株に多いと7個以上芋が付いています。

安納芋を植え付けてある方は排水が上手くいっているので比較的土が乾いていたので
ちょっとサツマイモにポーズをして貰うのでこの様な写真が撮れました。

sat-4_20140905170424e48.jpg 
ちょっとずんぐりむっくりした形です。
サツマイモは縦に溝があるような形は収穫遅れだと聞いたことが有りますが
安納芋にその溝が出来ているので遅かったんでしょうか。

sat-5_20140905170429657.jpg 
6株分掘り起こそうと蔓を切って準備しているといきなり雨が降ってきて
取りあえず3株だけ掘り起こしました。
形のよい安納芋が採れましたよ。

sat-6_20140905170454b21.jpg 
採集コンテナに半分ほど採れました。
暫く追熟させてから頂こうと思います。
残りの分は大きく成る前に時間が有れば早急に掘り起こしたいと思っています。

今年のサツマイモは豊作と断言出来そうですね。

関連記事

Posted on 2014/09/06 Sat. 05:05 [edit]

category: サツマイモ

tb: 0   cm: 4

我が家の稲刈りはほぼ終わりました (*⌒▽⌒*)  

相変わらず天候不順な日が続いていますが、ヤキモキしているのは私だけで無くて
稲作をしている農家さんなら同じ気持ちだと思います。

毎日天気予報と睨めっこしていますが、かみさんと私の天気予報を見る放送局が違います。
三重県伊賀地方、東海地方?関西地方?って感じですが、一応私は東海地方のTV番組を見て判断。

かみさんは元々関西人だからキッチンで夕食の支度をしながらTVは関西系。
明日から2日間は天気だと教えてくれるが、どこの放送局を見てるんって感じでこれ関西やろ 
とまあ喧嘩にもなりませんが、仕方ないですよね関西人だから (^▽^)

ine-1_20140904154043be7.jpg 
そんな訳で9月2、3日と天気が良いので、一気に刈ってしまおうと段取りをしました。
朝6時半位から田んぼの最終確認 北出18a、ウーンもう少し置いておきたい感じだが後の請負が
押しててくるし、行け行けドンドンです。

DSC_0015(1)_サイズ変更 
そこそこ穂も長くて期待がもてそうですね。


ine-2_20140904154051921.jpg 
以前猪被害にあったことを紹介しましたが、もう刈り時の様でこれ以上放っておくと
ますます被害が広がってきます。

ine-3_201409041540558f2.jpg
猪がゴロゴロしていないところだけ我が家で乾燥して、残りは他の田んぼも含めて
JAのライスセンターへ出すことに。

それでこの田んぼですが地主さんと先日話をして今年で返すことになりました。
自分所の田んぼを作ってもらっているのに、山際の獣害対策網をはずしてしまう性格(どんな神経してんねん)
あっ関西弁や (^▽^)。

伊賀は伊賀弁と関西弁が混じっています。
普通ならそんなことしないしはずす前に一言言ってくれるのが本当だと思います。

まぁ 私も気が短いところが有るんですけどね。

ine-4_20140904154053ba7.jpg
帰宅後甥っ子に携帯で電話して今日から刈ることになったので助っ人を依頼。

ine-5_201409041540578e1.jpg
甥にクレーンの使い方、籾の張り込み方を説明して、くれぐれもスタンドバックの底の
ヒモを緩めるときは、頭は絶対に突っ込まないように酸っぱく成るほど説明する。

コンバインのタンクが一杯になり、丁度スタンドバックが満杯になり戻ってくる迄の間に
パチリと我が家の愛機を撮る。

ine-6_2014090415411999f.jpg 
猪被害の田んぼも少し倒れているところは、高刈りにして残りは翌日に回すことに
お昼もかみさんにおにぎりを届けてもらい、甥っ子は若いときから朝目一杯食べて
お昼は食べない習慣になっているので、私一人パクパクと 今年採れたての新米の
おにぎりをかき込んで、ほぼ休憩無しです。

10時位から始めて4時半までに約70a刈り取ることが出来た。
一人農業だとこの半分も出来ていないだろうなぁと甥っ子に感謝。

ine-7_20140904154120145.jpg
翌日は昨夜は晴れていなかったので夜露も殆ど無く9時から開始。
1回目のJAライスセンター持ち込みは私も今まで利用していないので一緒に行き
雰囲気を掴んで、受付を済ませて登録者カード手続きをして貰いました。

結局午後1時半位に一部を残して刈り取りが終わりました。

先日刈ったときよりも随分と水分が下がり26.2%。

ine-8_20140904154121c89.jpg
もう一台の乾燥機も26.3%だからほぼ間違いないでしょう。
昨夜から金子25石も動き出して問題なく乾燥が出来た。
ヤレヤレ一安心です。

ちょっと前後しますが乾燥が終わり灯油の給油をお願いして、翌日の夕方入れに来てくれました。
予想通り120Liter。

金子の25石が約55Liter使用、静岡21石が初回20Literほどだったが今回は45Literと
乾燥量が多かったので前回よりも多い結果に。
9月10日以降からは使用量も目に見えて減ってきます。

ine-9_20140904154122a46.jpg 
午後2時半位から甥っ子にもう一気張り頼んで金子の乾燥が出来た籾摺りを始めて
26.5俵終わったのが4時半を少し回っていた。

この内訳が南出猪被害の田んぼ40aを約6割位を刈り取り、長谷15aを4a程の残して
スタンドバック3倍半でほぼ満杯に 面積で約35a 7.5俵/反


一作業終わり甥っ子に礼を言ってひょっとするとあと1回お願いするかもと言って帰って貰った。
儲かっていないから少ししか払えないでと言ってもええよと気前よく言ってくれると嬉しいですね。

で私は4、5日と雨の予報なのでその間にゆっくりと籾摺りをする予定でしたが、甥っ子に片方だけ手伝って
貰えたので、その勢いでお天気が外れることも有るので 先にやってしまおうと、21石が止まってから
2時間程経ったので籾摺りをする事に。

6時半位に終わり気になっていた収量は21.5俵。
終わってみれば疲れましたね。

静岡乾燥機21石で43袋 21.5俵、北出18aと向出10a、スタンドバック3杯が入りきれなかったので
金子乾燥機25石へ約1俵分くらいまわした。

北出と向出で28a21.5と約1俵分で8俵/反

ここまではほぼ正確な反收を計算出来た。

刈り取りを残した平子の16aで幾ら採れるかだが青米も多くて、屑米も多いので
平子は段取りが許せるまでもう少し先延ばしにしています。
見た感じでは穂も長いので最低でも8俵/反は有るので、16aで12.8俵 


以下が曖昧な計算になって正確な反收がつかめない。

ライスセンターへ持っていった的場16a、東出13a、猪被害の南出約16a、長谷刈り残し4a
で約49a 

ライスセンターへはスタンドバックで 740.2kg、706.6kg、と約半分だから350kgは有るはずだが
甥っ子に伝票は3枚なかったか尋ねると 2枚しかくれへんかったと答えるだけだから仕方ない。
約1800kg、スタンドバック満杯でよく有ると7.5俵程、普通で7俵前後。
後日しか分からないが15俵として計算。
 
49aで15俵 3俵/反

的場は穂は余り長くなくて出来も悪かった。 
東出は浮き苗が多くて草にも負けていたので納得で2ヶ所で併せてスタンドバック2杯分1446kg
よくあっても14俵ここまでは割り出せた。 4.8俵/反

南出の猪被害はゴロゴロされた分は全く刈り取りなし、その上鹿にも穂を半本くらい食べられ、
田んぼはぬかるんでクローラーがもぐり始めて4PCで何とか刈り取れた次第

南出と長谷の刈り残しを併せて? JAで何㎏の収穫が出て来るかでほぼ分かる。

他の田んぼはクローラーに泥が付くことも殆ど無くそれが日に7反も
刈ることが出来たんだと思います。 

お盆以降天候不順な日が続いており、日照不足で生育も悪い中これだけ採れれば
成果は充分有ったんじゃないかと思います。

残すは平子の16a 上手くいけば9俵は採れそうだ。

百姓は毎年一年生だと言われますが本当ですね。
関連記事

Posted on 2014/09/05 Fri. 04:42 [edit]

category: 米づくり

tb: 0   cm: 6

第1作目の大根の種蒔きをしました  

 da-1.jpgda-2.jpg
大根第1作目の種蒔きを8月30にしました。

今回種蒔きしたので2年前に1度栽培した事が有る源助大根
なぜか前回は苦い大根になり、苦い思い出が有ります。
朝からしょうも無いこと書くな 

もう1種類はYRてんぐ早蒔き用大根として何回か栽培しています。

da-3.jpg da-4.jpg 
ついでですが第2作、3作目の大根は上の種を予定しています。
千都は初めての栽培で耐病総太り大根は毎年定例の大根ですが
今回は千都、三太郎も初めてなので耐病総太りは数を少なくして
植え付けてみようと計画しています。
正植付が出来ればの話で、2作で終わってしまうかもしれません。
da-5.jpg
私はマルチの穴あけにぽんぽんカッターを使っています。
市販の穴あきマルチは寸法が決まっているので、どうしても使用する野菜が限られてしまいます。

da-6.jpg
マルチの上に乗せて名前の通りポンと押すだけで綺麗な穴が開けられます。
40mm、60mm、80mmと交換カッターが有ります。

da-7.jpg 
1穴5粒種蒔きをしました。

da-8.jpg 
株間25㎝条間は約35㎝程です。
マルチの穴綺麗にあいているでしょう。

da-9.jpg 
たっぷりと水を与えて乾燥防止に籾殻を被せてさらにその上から
水を与えます。
今回は5粒と種を少し多く蒔きましたが、防虫ネットを被せますが虫被害、日中気温が
上がるので過去に枯れたことも有ったのでで多めに種蒔きしました。

DSC01906_サイズ変更 
種蒔きから3日後全て発芽しました。

DSC01908_サイズ変更   
第2作目は9月3日に20株分種蒔きをしました。

DSC01909_サイズ変更 
籾殻を被せて雨が2日程降る予報がでていたので発芽するまでは
不織布を掛けておきます。
大根は以下一週間程ずらしながら種蒔きを続けたいと思います。

ni-6_2014090320581054e.jpg 
冬瓜を全て収穫して終わりにしました。
まぁ しかででかい冬瓜ですね。
2株で14個収穫出来たことになります。
5個は何とか裾分け出来ましたが、残りを何とかしなくてはいけません。
来年の栽培はどうしようか迷っていますが、昔からのこの冬瓜が一番美味しいらしいです。
種採りをして1株だけでも植えてみようかと思っています。

また来年の今頃同じような事言っているんでしょうか。

関連記事

Posted on 2014/09/04 Thu. 05:14 [edit]

category: 大根

tb: 0   cm: 5

ニンジン第2作目の発芽と第3作目の種蒔きをしました。  

久しぶりの天候に恵まれた9月2日は朝から稲刈りを進めてきました。
9月3日もお天気は持つようなので、おおかた目鼻を付けたいと思います。
後日のアップになります。

ni-1_2014090218120014e.jpg
発芽不良、猫に荒らされてと散々なニンジンでしたが、やっと安定して生育も進み先日第1作目の
間引きと土寄せをしました。

ni-2_20140902181159da4.jpg 
発芽不良はニンジンの種にもよるようで、ベーターリッチは夏蒔きは駄目でしたが
Dr・カロテン5は難なく発芽揃いしました。
ベーターリッチは発芽率が悪いといっても環境によっても違ってきますから一概に
駄目だとは言えません。

雨続きと黒寒冷紗をかけているので葉が徒長しています。

DSC01783_サイズ変更 
第2作のニンジンは甘美人、ナント種苗から発売されているフルーツニンジンですね。
最近タキイの友の会員4年間入会していましたが、11月で会員脱会の手続きをしました。
10%OFFですが年会費を払って大きな買い物をすれば、お得感が有りますが差し引きしても
余りメリットが無いと判断しました。

その甘美人を8月23日に蒔きました。

DSC01784_サイズ変更 
種蒔き適期が9月上旬まで大丈夫なので、夏場に失敗しても少し涼しくなってから
蒔き直しも出来そうですね。

ni-3_20140902181156da3.jpg 
1週間後に殆ど発芽しました。

DSC01875_サイズ変更 
種蒔きから5日程で発芽したようで7日目で不織布をはずしてやると
すっかり伸びていました。

ni-4_20140902181225315.jpg 
9月2日朝の様子です。

ni-5_2014090218122836d.jpg 
稲刈りに出かける前に第三作のニンジン30株分マルチに穴を開けて1穴3粒種蒔きしました。
今回からマルチ栽培としますが、筋蒔きとマルチ1穴に3粒種蒔きとを
比べると筋蒔きの方が種の量が倍しっかり使っています。
マルチ栽培のメリットは種の必要量が少なくて済む、間引きの手間が省かれる、草引きも軽減
されるので私はニンジン栽培は殆どマルチです。

デメリットは真夏はマルチの表面熱が高いので、対策をしないと発芽し始めた時に枯れてしまう。
土寄せがやりにくいでしょうか。

今回の第1作目は失敗したので筋蒔きにしましたが、夏場は仕方ないのでこれからも筋蒔きに
します。

今回の第三作でニンジンは一旦終わり、次回は冬蒔きニンジンをします。



関連記事

Posted on 2014/09/03 Wed. 05:13 [edit]

category: ニンジン

tb: 0   cm: 2

2種類のブロッコリーを植え付けをしました。  

この所朝の気温が13度台まで急に下がるようになりました。
例年はこんなには下がっていないはずですが・・・ 冬の訪れが早いんでしょうか。

buro-1.jpg
 
アブラナ科の植え付け記事の投稿が、飛び飛びになっていますが今日はブロッコリーです。

7月26日に種蒔きした茎ブロッコリースティックセニョールと夢ひびき
1ヶ月と2日で定植出来る大きさまで育ちました。
育苗後半近くの本葉3枚位で液肥を与えると一気に大きく育ちました。

buro-2.jpg 
根もいい感じで伸びています。
今回倍土に籾殻燻炭を入れるのを忘れましたが、その記事をご覧になった方は
お分かりですが根の伸びが全く違います。

buro-3.jpg
しっかりした苗に育っています。
特に写真写りを良くするので一番いい苗を撰びました (^▽^)

buro-4.jpg 
上から撮ってみました。
育苗初期に虫被害が出たのが有ったので定植前に葉の裏に卵が付いていないか
確認しながら植え付けました。

buro-5.jpg 
株間は50㎝でスティックセニョールが7株、夢ひびきを5株植え付けました。
防虫ネットの準備は植付よりも先にしてます。
過去の収穫から11月中位でスティックセニョールの頂花蕾が収穫出来ると思います。

夢ひびきは頂花蕾収穫後、追肥をすると大きな側花蕾が収穫出来るそうで
今から楽しみにしています。






関連記事

Posted on 2014/09/02 Tue. 05:40 [edit]

category: ブロッコリー

tb: 0   cm: 3

今年初の籾摺りと新米をさっそく頂きました(*⌒▽⌒*)  

8月29日午後4時半過ぎに乾燥を始めた約750kgの籾。
刈り取り時の水分も33.2%高かったので乾燥温度を低く設定して
ゆっくり乾燥させました。

 
しかし乾燥時間がかかりすぎました。
乾燥が出来上がったのは翌日の午後5時半過ぎだから25HRかかったことになる。
途中で水分調整をして最終14.7%で止まる設定にしました。
こちらのJA出荷米の乾燥水分量は基本14.5%、JAの目標値は14~15%
職員の方に聞いてはいないが等級落ちのマイナス評価が付く。

ですから成るべく基本の14.5%で止まるように調整をしておきます。

mom-2_20140831175055269.jpg 
いよいよ籾摺り開始ですが、一年ぶりですので何か忘れていることが無いか
心配で心配で仕方有りません。

mom-3_20140831175059a19.jpg 
案の定ちょっとしたミスが出て来ました。
玄米を見ていると籾の状態で混じって出て来ます。
掃除の時に揺動板の傾斜角などを触ってあるので、揺動板の上に籾が余りたまりません。
どうだったかなと思いながら調整をしていくも、遅い3インチの籾摺り機でも
もたもたしているとすぐに計量一杯になってしまいます。

mom-4_201408311751026bb.jpg 
途中で止めてどうだったかと何度もやり直して、今日はクボタは休みだし
携帯に電話すれば担当もセールスマンは出てくれるが、折角の休みなので何とか
頑張ってやってみるかと、4袋溜まったところでやっと調整が上手く出来た
ホッ ヤレヤレです。

mom-5_20140831175106705.jpg 
それから大先輩に電話で事情を説明して、もう1度籾摺り機に玄米を通しても
お米が割れないか確認。
大丈夫の太鼓判ですったもんだしましたがやっと全て終わりました。

これで請負の仕事も大丈夫そうです。

それで収穫量ですがこの前の記事にちょっと変な書き方をしましたが
台帳面積で10.2aと書いていましたが、その面積よりも狭いのは間違い有りません。
7俵と28kgでした。
屑米が約40kg、それも籾粕(無効分けつ)これが小さい肥料の袋に1袋半ほど

やはり刈り取り時期が早いため屑米が多くなった。
今年の反收は8俵と決めていたので、まずそれに近い数量となった。

mom-6_20140831175134508.jpg 
最後に籾殻を刈り取りした滝ヶ口へ撒きにいき次の準備に備えておきます。
嬉しいことも一つあり新しく購入した静岡乾燥機SAC-G210ですが、この時期は水分量も多いため
日に30Liter以上は灯油を消費します。
それが何と25HRもかかっていたのに20Literほどで済んだのは嬉しいですね。

さっそく10kgを精米してきて夕食は今年初の新米を頂きました。
いやー美味しかったですね。
昨年よりは少し小粒かなぁっと思うけど、お米の弾力、粘りは昨年以上にあり
もちもち感が今年は凄いと感じました。
お米の風味は差ほど変わらないかなと思うほど。

タンパクとアミロースの%が低いんでしょうね。
食味検査をして貰い目標としていたスコア値85以上が出ると最高に嬉しいのですが。
果たしてどうでしょうか。
関連記事

Posted on 2014/09/01 Mon. 05:15 [edit]

category: 米づくり

tb: 0   cm: 4

プロフィール

FC2カウンター

カレンダー

ブログランキングバナー

最新記事

Categories

blog link

ブログ村ランキング

人気ブログランキング

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。