kazuちゃんのお米作りと気ままな菜園日誌

米作りと地域担い手、野菜は自給自足を目指して、美味しい野菜作りにチャレンジしています!!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

もみじスティックの収穫  

今年は季節の進むのが早そうだと思って、秋冬野菜の種蒔き植え付けを例年よりも
早く済ましたらそれが正解だった様で、冬の到来が早くて今朝は初霜が下りていたと聞きました。

霜が下り出すと野菜の生長にブレーキが掛かりますが、反面甘さが乗って美味しくなります。

当の私はと言うと霜どころかすっかりと起床時間も遅くなり、6時位から目が覚めてまた
ウトウト  して7~7時半位まで布団に入っています。

来年の3月頃まではこれと言って急いでやらないといけない仕事も無いですからね。
今日も日中気温の上がった時間帯に、土壌改良剤の残りの味力アップを46a散布してきた。

10月31日、11月1日と2日かけて我が家の田んぼの荒起こし残り分78aをやって
おきます。

来年の作付け面積は例の猪問題で返した50a、新たに今年耕作放棄地を復活した16a分を
○○さんが事情があり続けていけないので、その分私が作付けする事に成りました。
都合100aの作付面積となった。

DSC_0237_サイズ変更

今年始めて栽培したサラダ用大根、『もみじスティック』って言いますが
防虫ネットの中の害虫被害を見ていると、もみじスティックの前で何気なしに屈んでのぞき込むと、
オッ 赤い根が出ているでは。
でも種蒔きしてまだ45日程程なので大きくないからもう少し先だと

DSC_0238_サイズ変更    73611861.jpg
思っていたら勝手に手が伸びて抜いていた。
右の写真はナント種苗からお借りした画像ですが、こんな綺麗な色になりませんね。

あとで調べて見たら種蒔き後60日が収穫適期だそうです。 やっぱり私はあわてですね。
収穫したので10㎝程ですから少し早かった様ですが、まずまずで出来具合ですね。

種が少ないのか人気が有るのか購入後HPを見るとすでにSOLD OUT に成っていた。

DSC_0239_サイズ変更 
かみさんにサラダで食べる大根だからと伝えて、私はお風呂へ入ろうと下りていくと
ちょうどかみさんが切っていたので写真を撮ってみました。

かみさんは2本ほど食べた様で、甘味が有るが辛いと言うので
私も1本食べて見ましたが、食べた瞬間は甘味が有り少し時間をおいて
大根の辛味が出て来ました。
ポリポリと何もつけずに歯ごたえも良くて美味しいですね。

13本植えたので辛味がもう少し抜けることに期待しています。
生も美味しいですが、浅漬け、甘酢漬けも美味しそうですね。

DSC_0235_サイズ変更 
ブロッコリーの収穫は右2個は夢ひびき、500円玉位で頂花蕾を収穫したスティックセニョール
やっと側花蕾が出始めて今日5本収穫しました。

比べて見るとスティックセニョールの方が甘くて美味しいですね。

8本植えて有るのでこれから大きな側枝が1株10本位次々と収穫時期に
その後は小さな側花蕾になりますが、美味しいブロッコリーをたらふく頂けそうです。


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/10/30 Thu. 06:02 [edit]

category: 大根

tb: 0   cm: 4

トラクターの耕耘爪を交換しました。  


早くから爪の摩耗には気づいていましたが、やっと限界に来た様で先日耕耘爪の
交換をしました。

t-2_201410272037105a0.jpg 
だいぶ減りましたね。
ここまで使い込むとこれから先減り具合も進み、あっという間に薄くぺらぺらに成ります。

t-3_2014102720371482e.jpg 
この爪は一番外に付いており、外は土手際の固いところを耕してくので減り具合が
特に早いです。

ミラクル反転爪と言われエンジンに多少負荷が掛かるが、土がうまくひっくり返えると言われています。


ここまで使い込めば元は取れましたね。

t-4_2014102720371781d.jpg 

t-5_20141027203720e41.jpg 

t-6_20141027203745dc8.jpg 
爪の組み込む方向は上手く出来た物で、ばらした時に間違わない様に爪の先が
曲がった方がナット側に来る様に組み込んでいきます。

私はイセキの爪交換は昔メーカーでやって貰って知りませんが、、各メーカー
一緒の方法なんでしょうね。

t-7_20141027203749328.jpg 
2時間かけて34枚の詰め交換が終わりました。
屈んでの作業ですので足腰特に膝に来るので、何回か立ち上がっての作業でした。

トラクターを購入してこの秋で丸2年、285/H目で爪交換となりました。
畦塗り、代掻き、ライムソーワをつけるときは、ロータリーは外しているので
実際では200H位の耕耘でしょうね。

粘土質土壌の田んぼでは爪は余り減らないと聞いていますが
こちらでは砂地と言われる土質ですので摩耗は早いかと思います。

ちなみに爪の値段は今年1月に購入したときに24,675円とちょっとお高いです。


畦ぬり機の爪で丸2年でしたけど、トラクターの次回の交換は2年は持たないでしょうね。

関連記事

Posted on 2014/10/28 Tue. 06:37 [edit]

category: 農機具

tb: 0   cm: 4

茄子を撤収しました。  


今年の2月17日にナスの台木種蒔き、2月27日にヨモギナス、飛天長、築陽の種蒔き。

以降接ぎ木作業、育苗と5月17日の植付迄約3ヶ月、さすがにこの間は
目を離せなかったですね。

愛着をかけて育てたナスも寒さには勝てず、先日撤収して綺麗に片付けました。

nas-2_20141026123701876.jpg 
ヨモギナス、このナスは特に美味しく柔らかくて甘味が有る。

nas-3_20141026123705605.jpg 
まだ大きいナスがぶら下がっています。

nas-4_201410261237116de.jpg 
2.1mの支柱一杯迄伸びた元気な主枝。

nas-5_20141026123716cee.jpg 

nas-6_201410261237448a9.jpg 
寒さで傷んでいるナスは処分して綺麗な分だけ収穫
今年最後のナスになります。
溝施肥と側枝切り戻し剪定のお陰で、夏場の成り疲れもなくコンスタントに
収穫出来ました。

青枯れ病、半身イチョウ病も接ぎ木苗をする様に成ってからは
お陰で全く発生しなくなりました。
来年もトマト、ナスの接ぎ木は継続してやってみたいです。

nas-7_20141026123750c98.jpg
根っこも長くて綺麗で元気だった証拠が分かりますね。

6株しか植え付けていなかったですが、弟妹にも配りましたがそれでも食べきれない
位でした。

来年はまた栽培本数を減らしてみるかなぁ。
栽培本数を増やすのは嬉しいですが、減らすのはちょっと寂しい感じがしますね。


関連記事

Posted on 2014/10/27 Mon. 05:37 [edit]

category: 茄子

tb: 0   cm: 6

取りあえず堆肥を撒いて荒起こしをしました。  

DSC_0253_サイズ変更
先日から無料の堆肥を軽トラックで、ビニール袋へ詰めて持って帰り
それをライムソーワへ入れて田んぼへ撒く。

思ったほど仕事は捗らなくて、やっと25a分撒き終えて急いで荒起こしをしました。

急いで田起こしする理由は堆肥の匂いが、想像していたよりも臭かったからで
ご近所さんにご迷惑をお掛けするからです。

例によって私の田起こしは外周3回分残して、進入路の反対側から起こしています。

トラクターのエンジン回転数も今では2000回転に下げる様に成ってから、
すっかりとなれてしまって全く違和感がなくなった。

やり始めたときはなんかこころもたい感じがして、少しエンジンに負荷がかかると
回転を上げていたが、それも今ではなくなった。

燃料の減り方も相当違います。


DSC_0256_サイズ変更 
軽トラでチンタラチンタラと運んだ回数は都合4回で約800kg~900kg
堆肥場で積み込んでいるときもそうでしたが、発酵済みの堆肥も有るが
発酵中の堆肥が殆どで、ハエがブンブン飛んでおり匂いも相当なもん 

2回にわけて中3日程天気が悪かったので、続けて出来なかったが二日ほどは鼻に匂いがついて
お風呂から上がってきても気分的にプンプン匂っている様で、かみさんも服に染み付いていると
言うくらいだから相当なもん。

無料だから仕方ない。

JAの大山田コンポはここまでは匂いもしないし、市販されているのもここまで匂わない。

2トンダンプクラスで堆肥を積んで貰い、田んぼに下ろすにしても一気に撒くにしても
すぐに撒いて耕さないと、可成りの迷惑がかかりそうです。
とりあえず25aだけにしておきます。


反当約300~350kgはすき込んだ計算になります。

その後の取り組みとしては来年度からは鶏糞を肥料に取り入れて化学肥料を
減らしていく予定で、肥料の施肥時期、施肥量を調べまくっています。

昨年の一発肥料が140kgほど残っているので、来年はそれを使い切り残りは
近くで発酵鶏糞が一袋50円で手に入るところが有るので、場所を教えて貰い確認に
行ってこようと思っています。

米価格が下がり肥料が高騰しており、それなら出費を抑えるしかない。
今年でも肥料関係で20万円以上はJAへ支払っている。

私の場合は米作り1本ではなくて、どちらかと言うと地域の作業請負の仕事が有るので、
収入は可成りカバーされています。

これからは薄利多売と言っても米余り減少が起きている今、栽培したお米が全てはける
かというとそれも疑問に成ってきそうです。

私の規模では20万円は大きいですからね。
試行錯誤してみます。


関連記事

Posted on 2014/10/25 Sat. 18:53 [edit]

category: 土作り

tb: 0   cm: 2

育苗中の玉ねぎ苗の様子  


9月8日に種蒔きした極早生『ジェットボール』。
10月24日で46日を迎えました。

植え付け予定は11月始めを予定しています。

tama-2_2014102412544254e.jpg 
写真は綺麗に生長している部分の苗を撮りました。 (^▽^)

tama-3_20141024125445d7b.jpg
太さは約5mm程まで生長しました、
あと10日程でもう少し太く成ってくれれば最高にいい苗が出来ますよ。

tama-4_20141024125448fd7.jpg 
長さは25㎝前後くらいです。

tama-5_20141024125454d7d.jpg
ジェットボールは全体でこんな感じです。
所々抜けている所、苗が寝ているところは根切り虫被害で
毎日数本ずつ減り続けています。

最終200本位は取れそうな感じです。

tama-6_20141024125525018.jpg
こちらはつり玉用の玉ねぎ苗『あさひ3号』 10月21日に二袋播種しました。
1度だけ重なったところを間引きをして追肥、中耕をしました。

tama-7_20141024125529495.jpg
苗の太さはまだ1mm程で草丈は15㎝程です。

tama-8.jpg 
二袋種蒔きしたのでさすがにこのまま育てば可成りの本数に成りますよ。
昨日中耕したので根に酸素が入り生長が促進されます。

余りにも根切り虫被害が多いので写真はありませんが
朝からネキリトンをパラパラ根元へ撒きました。
これ以上減らしたく有りませんからね。

つり玉の植付は11月15日以降苗のでき次第で植え付けていきます。
追肥は1度だけですが、水やりを兼ねて生長が悪ければ液肥を与えて
育てていきます。




最近ブログ村でFC2ブログの新着記事が、表示されない事例が報告されており
私の記事も以前から新着表示されていないのが気になっていました。

原因はRSSにエラーが出ているそうです。

調べて問い合わそうと思って、お問い合わせフォームに書き込む予定でしたが
項目が沢山有り、時間がかかりそうだったので少し先延ばしにしました。
今夜にはかき込んで報告したいと思います。



関連記事

Posted on 2014/10/24 Fri. 16:55 [edit]

category: 玉ねぎ

tb: 0   cm: 2

ブロッコリー「夢ひびき」の収穫とミニカリフラワーオレンジ美星間近です。  


ブロッコリー「夢ひびき」の頂花蕾が大きく成り収穫サイズになりました。

b-2_20141022143145466.jpg 
生育にバラツキがありますが他の株も頂花蕾が生長しています。

b-4_20141022143149faa.jpg 
今日は右「夢ひびき」と左スティックセニョールの頂花蕾を収穫しました。
夢ひびきは5株、スティックセニョールは7株植えて有り、スティックセニョールの
頂花蕾は先日6株分収穫が終わっており今日残りの1株分収穫しました。

セカンドーム 
この画像はナント種苗からお借りしてきましたが、少し変わったブロッコリーで
頂花蕾収穫後もご覧の大きい側花蕾が収穫出来るようです。

サードドーム  
まだまだ採れるそうで珍しい種類のブロッコリーですね。
私が知らないだけでこういった種類のブロッコリーはあるんでしょうか。

k-3_20141022143153d91.jpg 
ミニカリフラワーオレンジ美星がそろそろ収穫出来そうです。

ブロッコリーと同じ日の7月26日にオレンジとホワイト各5株分を種蒔きして
8月28日に10株植え付けました。

収穫サイズは10㎝位だそうで、ブロッコリーの大きさとほぼ同サイズであと2~3日で収穫出来そうです。

いっときに植え付けたブロッコリー、カリフラワー、収穫が始まると嬉しい反面
1度に食べきれないので悩みがつきますね。


関連記事

Posted on 2014/10/24 Fri. 16:17 [edit]

category: ブロッコリー

tb: 0   cm: 2

キャベツの収穫が始まりました。  

kya-1_20141021164951378.jpg 

7月26日に種蒔きして育てたキャベツさとうくん
8月25日に8株植え付けました。

シッカリと結球して収穫サイズとなりました。

kya-2_20141021164956a62.jpg 
全ての株で大きくは成っていませんが4/8は収穫サイズとなっています。
あらっ こんな所に落葉が (^▽^)

DSC_0236_サイズ変更  
どうですか立派に結球して美味しそうですね。
追肥は1度だけ結球を始めた9月11日にしました。

最近葉菜類の栽培の元肥に、ぼかし肥以外に油粕を少し使い始めました。
窒素成分が多いだけ有って葉っぱがでかくなることが分かりました。

ぼかし肥のみとそれプラス油粕の成長比較はしていませんが、1度やってみるとおもしろい結果が
出るかもしれませんね。

kya-3_2014102116500031a.jpg 
こちらは2作目の『彩音』 8月25日種蒔きで9月11日に12株植え付けました。

kya-4_201410211650051aa.jpg
今は巻始めています。

DSC_0235_サイズ変更
でも中には結球し始めてヨトウムシに食われている株も有ります。
仕方ないが巻始めた葉を広げてあちらの世界へ行って貰いました。

ちょっと目を離すとこれですからイヤになってきます。

1度全株ランネートDFで殺虫しました。

無農薬栽培したくて防虫ネットをしていても、この時期の栽培は一斉にヨトウムシが
孵化して大群でやってくるので無農薬栽培は私には出来ません。

kya-5_20141021165010b73.jpg 
虫食いのないのはもう少し大きく育てて、先に虫食いになっているのを収穫しました。

DSC02359_サイズ変更
第3作目は春どりキャベツの富士早生キャベツ 実は9月25日に種蒔きして
3日後から発芽してきた。

沢山苗作りをしていれば忘れる事もなかったはずですが、うっかりと水やりするのを
忘れてしまい、気が付いたときには全て枯れてしまった。

再度10月5日に種蒔きして10月10日から発芽してきたのが写真。
昨日セルトレイからポリポットへ鉢上げをしました。

DSC02354_サイズ変更 
私の妹も広い畑がありますが、昨年大病してから畑はしていません。

キャベツ2個虫食いなしと白菜お黄にいりと無双、大根2本、ほうれん草、リーフレタス、里芋を
妹に電話して取りに来て貰いました。

我が菜園では秋冬野菜の収穫が本格的に成ってきました。
関連記事

Posted on 2014/10/22 Wed. 16:50 [edit]

category: キャベツ

tb: 0   cm: 4

源助大根の初収穫  

  d-2.jpg


大根の生長が著しくて防虫対策として不織布のトンネルを掛けていたが
トンネルの上に葉っぱが当たり折れてきたので、2日前にトンネルを外しました。
ここまで大きく成長すれば害虫被害にあってももう大丈夫です。

d-3.jpg 
8月30日に種蒔きした加賀野菜の源助大根8本とYRてんぐ8本
どちらも大きく成長して収穫サイズになってきました。

写真は源助大根。

d-4.jpg   
こちらはYRてんぐ。

d-5.jpg 
三太郎20本、耐病総太り大根18本と続きます。
もう一畝第1菜園に千都28本ともみじスティック大根も植えてあります。

d-6.jpg 
源助大根を収穫してみました。
根長はたしか22㎝~25㎝が標準だと思いますが、ちょっとデカクなりすぎて30㎝程
有りました。
源助大根はズングリムックリ型の大根で

2012年にも源助大根を栽培しましたが、その時はどういう訳が苦みが有りなぜだろうと
思い栽培を控えていましたが、種が残っていたので再度栽培して見ました。
今回苦みがなければいいのですが。

今晩は大根おろしが好きなので頂いてみます。

夕食時源助大根のおろしを食べました。
一昨年はおろしでも煮炊きでも苦かったですが
今日のおろしはとても甘くて味付けせずにそのまま頂けました。 (*⌒▽⌒*) 


関連記事

Posted on 2014/10/21 Tue. 16:40 [edit]

category: 大根

tb: 0   cm: 4

無料の堆肥を田んぼで撒き始めてみました。  

  taihi-2.jpg

自宅から車で3分ほどの距離に、堆肥無料の立て看板が上がっており
以前から畑と田んぼで使うために頂きに行こうと計画を立てていました。

田んぼに関しては今年一番感じたことは、他の方が今まで耕作していて私が代わりに
今年の春から耕作をする様に成り、秋にその田んぼが思ったほど収穫が出来なかった事。
明らかに化学肥料一辺倒の栽培で、土がやせている事を実感しました。

お米の値段も下がり少しでも出費を抑えたく、来年は苗箱殺菌剤は一切止め、化学肥料も半減させるつもりで
値段の安い鶏糞かこの堆肥に目をつけました。


先日玉ねぎの畝立てをするときにその堆肥を頂きに行き、機械で撒く事が出来るかを確認してきました。
左が堆肥置き場で軽トラが並んで2台はゆったり入る広さです。

頂いたあとは皆さん自主的に竹ぼうきが置いて有るので綺麗に清掃して帰ります。
屋根があるので堆肥は全く濡れていません。

これなら田んぼへ撒く事が出来そうなので1度使ってみることにしました。

ダンプ、軽トラの荷台にそのまま堆肥を入れるときは、別の他所へ行けばショベルカーで入れて貰えるそうです。

私はライムソーワが使いたいので、大量に持ち帰っても堆肥の固まりがあるとライムソーワが使えないので
袋へ入れて貰ってきました。

taihi-3.jpg 
堆肥は牛糞でこんな感じで、中にはごつい固まりも有ります。
 taihi-4.jpg  taihi-5.jpg
ライムソーワ満タンでカタログ値で290㍑入ることになっています。

taihi-7.jpg   taihi-6.jpg  
ライムソーワで綺麗に落としていってくれました。
使えそうですね。

taihi-8.jpg 
固まりも砕けて殆ど残っていませんでした。

畑に肥料、石灰、堆肥を撒くために購入した有機質対応のライムソーワ、
今となっては畑での出荷も出来ず、米作りがメインになってしまい、土壌改良剤散布だけにしか
使えないと思っていたが、これで堆肥散布にも使えそうです。

JAでは大山田コンポという堆肥、反当35㍑入りを20袋散布しなさいと指導しています。
大山田コンポは牛糞、豚糞、鶏糞を配合してある優れものの堆肥

今回貰ってきた牛糞堆肥とは肥料成分も違うので、反当どれくらいすき込めば良いか
分からない。

キヌヒカリなどの背丈の低い稲なら、倒伏の心配はいらないがコシヒカリとなると
そんな訳にはいかないし、取りあえず元肥の化学肥料を減らして様子見をするしかないですね。

昨日と今日雨が降る前に昨日の残りを撒いてきましたが、反当このライムソーワで4杯分くらいは
必要かと思います。

JAの大山田コンポは、きめが細かくて一袋の体積が小さいが、この堆肥はきめが粗いので反当
1000㍑は必要な様に思います。

気持ち的には私が耕作する田んぼ全てに堆肥を入れたいが、短期的に決めてしまうと失敗もするので
安全パイを残しておくことも必要かと思います。

関連記事

Posted on 2014/10/20 Mon. 13:39 [edit]

category: 土作り

tb: 0   cm: 6

ニンニク元気いっぱい萌芽、元気を貰えそう。  

多面的機能支払い交付金って制度があるんですが。

なんのこっちゃと思っていたら、いつの間にか役員で会計をする事に成ってしまいました。

11月中旬の総会に向けての準備中で、構成員の署名お願いに回り始めていますが、
会社勤めの方は平日はお留守ですので、今日はお休みの方が多いのでこれから
構成員の署名お願いに出かけてきます。
その後コンバインの清掃時3日目ですが、今日中には新車同然の様に綺麗に成る予定です。

朝夕の気温もめっきりと下がり部屋の中も寒くて、手がつめたいので思う様にパソコンの
キーボードがたたけないぞ


DSC02324_サイズ変更
  DSC02325_サイズ変更
出かける前に簡単にブログ更新出来るニンニクの記事アップをしました。

9月24日に今年収穫したホワイト6片84個を埋め込んだ。
10月4日~萌芽が始まり毎日芽が出て写真の通り大きく成長して来ました。

右の写真の様に1ヶ所から芽が3本も出ているのは、種の分球が出来ていなかったかもしれませんね。

DSC02326_サイズ変更 
力強く土を持ち上げて地上へ芽を出そうとしています。
植物の力は凄いですね。

自家採種した種ニンニク84個埋め込んで、自分としては半分くらい萌芽してくれれば
御の字だと思っていたら、現在 53/84も芽が出てくれた。

嬉しいですね。  

毎朝土の表面に変化が現れていると力強さを実感し、このパワーを頂ければ
今日も一日頑張ろうとパワーがみなぎってきます。


関連記事

Posted on 2014/10/18 Sat. 09:14 [edit]

category: ニンニク

tb: 0   cm: 4

やっとコンバインの掃除を始めました。  

今朝の朝の最低気温は10℃を下回り、寒くて布団からなかなか抜け出せなく成ってきました。
日中は秋晴れの良いお天気で過ごしやすかったです。


当地では一軒だけまだ稲刈りが済んでおらず、毎年10月終わりくらいに成っています。
請負で頼んでいる他地域の方が遅いので、来年は私が引き受けて請負をする事に決まっています。

遅くても9月25日位迄には片付けやらないとちょっと可哀想ですよね。

DSC02313_サイズ変更 DSC02314_サイズ変更
稲刈りが終わってだいぶ立ちましたが、やっとコンバインの掃除を始める回りが出来てきました。
足回りの泥だけは2回に分けて洗浄して、先に請負の土壌改良剤散布と荒起こしを先に済ませた。

やっと一区切り付き幸いお天気も続きそうなので一気に綺麗にして
来年に備えたいと思います。

右の写真の掃除機は工業用でこれでおおかた粗いゴミは吸うことが出来るので
あとのエアーブローが楽に成りそうです。


DSC02316_サイズ変更  DSC02317_サイズ変更

DSC02319_サイズ変更 

DSC02321_サイズ変更 
オープン出来るところは全て開けて掃除しています。

明日中に出来れば良いがトータルで3日位かかりそうです。



関連記事

Posted on 2014/10/17 Fri. 05:12 [edit]

category: 農機具

tb: 0   cm: 4

好気性ぼかし肥を仕込みました。  

DSC02292_サイズ変更 
昨年の白瓜栽培時に120kg追加購入したぼかし肥、残りの40kgをやっと使い切り
手持ちの肥料がなく成り始めたので、2013年1月以来久しぶりにぼかし肥を仕込みました。

米糠Literカップに3杯。

DSC02293_サイズ変更
油粕2杯。

DSC02294_サイズ変更 
省いていますが魚粉0.5杯、骨粉適当、バイオダルマ菌1杯を入れて攪拌します。
いつもは発酵促進剤のコーランネオを入れますが今回は無しです。

DSC02295_サイズ変更
よく混ざったら如雨露で水を入れますが、1度に沢山入れるのではなくて
何回かに分けてかき混ぜながら入れていきます。

DSC02296_サイズ変更 
米糠は脂気があり水を加えてもすぐに吸収しませんので、少ない水で混ぜ込んで
少し馴染ませておきます。

DSC02302_サイズ変更 
写真の様にサラッとした感じですが。

DSC02311_サイズ変更 
グーと握れば固まりになり、指で突くとパラッと成る水加減にします。

始めてぼかし肥にチャレンジするときは、この水加減で失敗します。

水分が多すぎると必ず発酵してくるとアンモニア臭が出て来ます。
焼けぼかしになるので水分は必ず控えめにしなくてはいけません。

私は寒い時期にしかぼかし肥を仕込んだことがありませんから、今の時期でしたら多分
2~3日で発酵してくると思います。

水分が足りなければ発酵してきませんので、少し水を加えて良く攪拌してみて下さい。

発酵が始まり温度が上がってくるので、良く攪拌して温度を下げます。

基本50度以上には上げないようにと言われていますが、正直50度に抑えるのは難しいです。
いつも55度位まで上がってしまいます。

いつもはトロ箱で仕込みますが、混ぜにくいので今回はコンテナで仕込みました。
ハエなどが卵を産み付けないように上に不織布を被せて虫の侵入を防ぎました。

好気性発酵なので密閉してはいけません。

今回何種類かの材料で仕込みましたが、正直高くついています。
手持ちの材料がなくなれば米糠、油粕だけでも良いぼかし肥が出来るので
その2品だけでも十分だと思います。

最近では骨粉入りの油粕も市販されているのでそれを使うのも良いかと思います。
今回で6kg位は出来上がるかと思いますが、続けて仕込みをしていく予定です。

何回か仕込んでいますがうまく発酵してくるかハラハラ、ドキドキです。

関連記事

Posted on 2014/10/16 Thu. 05:47 [edit]

category: 肥料・堆肥

tb: 0   cm: 4

ヨモギナスの種採りをしました。  

超大型台風19号は足早に列島を駆け抜けていきました。

被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。

昨日13日は父親の23回忌の命日で私の家族、弟妹だけでお墓参りとお寺の本堂で
和尚さんにお経を上げて頂きました。

私が40歳の時で親父が68歳でした。
月日の立つのは早いもので私も今年で52歳になりました。 うん・・・変だ  (^▽^)

この辺では和尚さんの事をおっさんと呼びますが、おっさんで通じるんでしょうか。


台風19号はとても心配でしたが、以外もなくてホッとしました。
もう今年の台風とはおさらばしたいですね。

DSC01826_サイズ変更 
このナスの写真は少し前のですが、右のナスがヨモギナスです。


tane-1_20141014125555fa9.jpg              tane-2_20141014125108066.jpg

三年前にブロガーさんからそのヨモギナスと天狗ナスの固定種を譲って頂き
今年で2年栽培しました。

天狗ナスは1年だけ栽培しましたが、こちらのヨモギナスの方が美味しいと感じたので
その後はヨモギナスだけに絞り込んで、今年も種採りをして来年の栽培に使います。

tane-3_20141014125114980.jpg 
種が実から離れないので水につけて種を取っていきます。
そのご浮いている種は取り除きます。
浮いている種が悪いとは思えませんが、殆どの種が沈んでいるので取りあえず
悪いと判断してのことです。

tane-4_201410141251195e2.jpg 
水切りをしてキッチンペーパーなどで水分を吸収させて、種が乾けば冷蔵庫で保存します。

DSC02312_サイズ変更 
でも今日はお天気が悪くて気温が低めだったので、乾きそうにないのでヘアードライヤーの
送風だけで乾かしました。

ヨモギナスは柔らかくてとても味があり、このナスを食べるようになってから
ナスが甘いと感じるようになりました。
継続して種採りをしたいと思います。

私のブログをご覧のブロガーさんで、もしこのヨモギナスの種が必要で有れば
お送りすることが出来ますので、左カラム一番下のメールフォームか
非公開コメントで アドレス記して をご連絡頂ければ
こちらから私の住所を連絡差し上げます。

非公開コメントは1度送信をクリックすると次画面で、確認画面が出ますので
そこで非公開コメントにレ点を入れて送信して下さい。


送付手順としてはそちらから私宛の封書へ「SASE」で返信用の封筒に希望者の
住所と氏名を記入の上82円切手を貼って発送して下さい。
一人20~30粒位はお分け出来そうです。
関連記事

Posted on 2014/10/15 Wed. 05:18 [edit]

category: 茄子

tb: 0   cm: 4

秋冬野菜の収穫が始まりました。 (*⌒▽⌒*)  

台風が来る前に収穫が出来る物があればと思い、ネットの中をのぞき込んでいると
白菜、ブロッコリー、ほうれん草、リーフレタスが収穫サイズなので
急いで収穫しました。

例のごとく写真をパシャパシャとり続けて、PCへインポートしようとデジカメからSDカードを
取り外そうと思ったら、またやっちゃいましたね。
SDカードはPCに刺さったままでした (..;)

仕方ないので撮り直したが気が抜けてしまい、また葉っぱもショキットしていたのが
ダラーンとしてガックリです。


気を取り戻して記事だけはシッカリと書きます。

白菜お黄にいりの収穫が始まりました。

今回収穫した白菜は8月28日に直播きしました。
外葉にはアブラムシが大量にエキスを吸っていました。
外葉が黄色く成っていたり、葉が乾ききったようなのはアブラムシが
付いているかもしれませんよ。

syu-2_201410121534475bd.jpg 
白菜の隣は茎ブロッコリースティックセニョール8株中7株が500円サイズ以上に
成りましたので収穫しました。

syu-3_201410121534505cb.jpg 
茎ブロッコリーの頂花蕾を収穫したあとです。

syu-4_201410121534540d6.jpg 
収穫後畝肩近くへ追肥をしました。
以前コメントでブロガーさんからマルチ栽培の追肥をどうされるんですかと
質問されました。

syu-5_201410121534581e0.jpg 
カッターナイフで50~70mm程切りそこへ肥料をしれて土と混和して
その後潅水します。

syu-6_201410121535376c9.jpg 
ほうれん草オーライ 鮮度が落ちているのは多めに見て下さい。

9月8日に種蒔きして約一月後の収穫です。

syu-8_201410121535457f1.jpg 
リーフレタスほうれん草と同じ日の9月8日種蒔きしました。

syu-7_201410121535406cb.jpg 
2回目の写真を撮り終えて白菜を見ると中に潜んでいたヨトウムシが、暖かさに吊られて
外へ出てきました。

最近レタスの葉裏に大量に卵を産み付けていた記事を書きましたが、まさにこの時期は孵化
した大群が地べたを這い回りネットの裾から中へ入り込んでくるようですね。

以前から防虫ネットをしているにもかかわらず、ヨトウムシが大きく成長して葉を食い荒らして
いた原因は、こんなチビ達大群が一斉にやって来ていたんですね。

大きく育った過程しか見ていなかったので不思議でした。

白菜は無農薬栽培では無理だと思っています。
最低でも1回は殺虫剤散布していますが、今孵化したヨトウムシの退治をする時期ですね。

これを逸すると穴だらけ、糞だらけの白菜を見てイヤになるだけです。
台風通過後外葉被害の間に対処したいと思います。

今日収穫したのは娘二人が帰宅中で全て持って帰ります。

今日のコメントで息子の事を少し記事に書きましたら、長くお付き合いして頂いている
ブロ友さんから息子さんおられたんですねと尋ねられました。

長男は同居しているので記事には上がりませんが、娘二人は外で暮らしいるのでこの様な
記事などに上がったりします。

と言うよりも男親は娘の方が可愛いと良く言われますがそれかもしれませんね。 

関連記事

Posted on 2014/10/13 Mon. 05:25 [edit]

category: 収穫

tb: 0   cm: 4

レタスの追加種蒔きとほうれん草畝  

台風19号が猛威をふるい列島に接近中です。
今は晴れ間もありますが台風による風が出始めています。
直撃は免れないようですが、被害が最小限で収まってくれることを祈っています。

写真を一枚追加編集しました。

DSC_0214_サイズ変更 
今日は地区内の秋の祭典、子供御輿が繰り出しています。
子供御輿は7月の祇園祭りと秋祭りに地区内を一周します。

この後3時位より今年の厄年男だけで厄除けのお持ち撒きを、神社の境内で厄落としの
お餅撒きをして、それをお参りに来た人が一生懸命拾います。

昨年はうちの長男がお餅撒きをしましたが、一年経つのは早いですね。

少子高齢化が進み子供の数もめっきりと減り、来年度からは3地区から
子供達が通い続けた小学校も統廃合されます。

どこかの国の一人っ子政策ではないですが、日本もこの先どうなっていくんでしょうね。



結球レタスを追加で植え付ける事になり、キッチンペーパーを濡らして
発根させてから植え付ける事にしました。
種を湿らせて常温のままの2日後10月7日に発根してきました。

re-2.jpg 
スマホで撮ったのですが土が盛り上がったような状態に見えますが
撮り方が不味かったようですね。

re-3.jpg 
覆土して2日後発芽してきました。
発芽する確率はこのやり方がいいように思いますね。

ほうれん草にも取り入れようかと思います。

re-4.jpg 
1作目のレタス9月8日種蒔きはご覧の通り大きく成長しています。

re-5.jpg 
いい感じで成長中です。

re-6.jpg 
右が以前に紹介しましたが、左の成長中のレタスを間引いたときに
根が沢山残っていたので植え付けたもので、生育が遅れていますが根が沢山再生すれば
立派に育ってくれるでしょう。

真ん中はリーフレタスもう食べられる大きさまで生長しています。
家族も少なくなったので沢山栽培しても、食べきれませんので時間差蒔きで栽培しています。

家族が多かったときは一畝の半分くらい1度に種蒔きをしていましたが、いまはそんな事をすれば
食べきれなくて処分するのも見えており、最近では時間差蒔きで種蒔きしています。

一手間かければ新しい野菜を切らさずに収穫出来るのも
家庭菜園の楽しみ方ですね。

    DSC02282_サイズ変更 
一畝にレタスとほうれん草を混植しています。
ほうれん草も大きく成りもう食してもいい大きさに成りました。

次の段撒きの準備を進めたいと思います。
関連記事

Posted on 2014/10/12 Sun. 10:16 [edit]

category: レタス

tb: 0   cm: 2

ニンニクが次々と萌芽。 農舎の片付け風景  

  ni-2_201410101940373bf.jpg
9月24日に植え付けたニンニクホワイト6片
10月5日頃より萌芽してきました。

右の写真の成長の早いのが10月5日に萌芽してきました。

ni-3_20141010194041519.jpg 
種ニンニクを埋め込んだあとに山土を覆土しましたが、雨で表土が流れてしまい
小さい小石が目立ちます。

84個埋め込んで現在は約2割程の20個程萌芽しています。

以前9月19日に埋め込んだときよりも10日程早いペースで萌芽しているのは
埋め込む深さが浅かったかもしれません。



DSC02269_サイズ変更  DSC02273_サイズ変更

畑をしながら秋の農機の片付けをしています。
今日は金子乾燥機25石を掃除してコンバイン以外は全て掃除が終わりました。
これから散らばっているのを定位置に戻していきます。

広い農舎なので贅沢な使い方をしていますが、出来るだけ奥に詰め込んで空きスペースを作ります。
左の写真の窓際に小物をひとかためしているときは外はまだ明るかったですが
右の写真の静岡乾燥機を動かして片付けていると気が付けば夕方6時前でした。

DSC02271_サイズ変更 
一番厄介なのはコンバインの掃除です。
足回りの泥は2度清掃して殆ど泥も付いていません。

あとは中の切り藁くず、籾くずなどを、動噴を使い粗くたいゴミを吹き飛ばして
その後エアーで綺麗にしたいと考えています。

関連記事

Posted on 2014/10/11 Sat. 05:15 [edit]

category: ニンニク

tb: 0   cm: 4

短形自然薯の収穫と種芋収穫  


短形自然薯とムカゴからの種芋収穫は一週間ほど日がずれています。

葉っぱはまだ少し青いが短形自然薯を収穫してみました。
芋の凸凹を少しでも無くすために、土を柔らかくするために
籾殻を大量に混ぜ込んだが
結果は・・・・・。

yama-2.jpg 
途中までは掘りやすかったが結果以前と余り変わらずで
芋も相変わらず凸凹しています。

あと18株残っているのでそれに期待したいです。

yama-3.jpg 
短形自然薯のムカゴを22個埋め込んで次年度の種芋にと栽培していました。
一株はムカゴが萌芽せず21個の収穫でした。

yama-4.jpg
種芋と言ってもちょっと馬鹿でかすぎますね。
食用に出来そうな大きさの物もあります。
ムカゴを栽培するときは肥料はいらないですね。

今年の栽培は植え付け前に大和芋と短形自然薯を混ぜてしまって、途中までは葉の形で
把握出来ていたが、蔓がからみ合って結局分からなく成ってしまった。

ムカゴは区別がつかないので明らかに分かる、短形自然薯のムカゴだけ来年用に
採りました。

ちょいちょいこんなチョンボをやってしまいます。
関連記事

Posted on 2014/10/10 Fri. 05:24 [edit]

category: 山芋類

tb: 0   cm: 8

里芋を初収穫してみました。  



sat-1_20141008184314190.jpg

秋晴れの清々しいお天気が続いています。

久しぶりに第3菜園にやってきました。

早ければ今月末に極早生の玉ねぎ植付をしなくてはいけません。
写真はありませんが南瓜、トウモロコシ、ゴーヤなど夏野菜を植えていた
13mの畝2本のマルチはがしと防草シート、藁いらずを取り除き
耕耘準備をしました。

里芋の茎、葉っぱの元気もなくなってきて、毎年今頃の時期から収穫しているので
雑草を先に引き抜き大和芋を収穫してみました。

sat-2_2014100818431973c.jpg 
スコップでよっこいしょっと掘ります。

sat-3_20141008184324ab0.jpg 
子イモですが沢山ついています。

sat-4_20141008184328da0.jpg 
一株で80個以上は付いていました。
子イモがゴロゴロとはこの事ですね。

残りの赤目大吉と海老芋が楽しみです。


関連記事

Posted on 2014/10/09 Thu. 05:10 [edit]

category: 里芋

tb: 0   cm: 4

キャベツ1作目と2作目は順調です。  


7月26日に種蒔きをして8月25日に8株植え付けた「さとうくん」
途中1度追肥をしましたが、葉っぱもでかくて結球も進んでいます。

kya-2_201410041916331f3.jpg 
だいぶ結球も進み11月始めくらいに収穫出来るかも
ここまで虫食いはありません。


kya-3_20141004191637269.jpg
2作目のキャベツ『彩音』
8月8日に種蒔きして9月11日に12株植え付けました。

kya-4_20141004191641d89.jpg 
1作目の『さとうくん』は育苗中から全く虫被害が無かったが、こちらの彩音は育苗中
葉裏に卵を産み付けられて、植え付け時に卵を潰しながら植え付けた。

全て潰しきれたと思っていたらキャベツの生長とともに奴らも成長を
その後何度となく退治して見ているがやっと治まったようです。

結球も始まりこれからは青虫に変わりヨトウムシ軍団が攻めてきました。


kya-5_20141004191646944.jpg 
全て生長すれば18株に成ります。

kya-6_201410041917124cd.jpg 


kya-7_2014100419171678b.jpg 
最近葉菜類には元肥としてぼかし肥以外に油粕を使うようになりました。
その油粕の影響でしょうか少し葉っぱがでかすぎます。

キャベツは何度も栽培しているので、草丈が高くならないと思いトンネルもいつもと同じような
高さにしていたら葉がネットに当たり今日は1.5m幅のネットから1.8m幅に交換て
高さをかせぎました。

少しの肥料加減ですが窒素が増え多分だけ、葉っぱがでかくなったようです。

右手に見えている生姜、今日全て収穫をしました。
先日の写真の様な1kg級がワンサと取れました。
甘酢漬け、佃煮と毎日美味しく頂いています。
時間の有るときに生姜の味噌漬けを作ってくれるようで、 たまたまお土産で頂いた味噌漬けの
生姜を頂いていますがおとても美味しいのですっかり気に入りました。

関連記事

Posted on 2014/10/08 Wed. 05:10 [edit]

category: キャベツ

tb: 0   cm: 4

米選機、籾摺り機の掃除と早くも来年の受託作業の話が  

心配していた台風18号被害が無かったでしょうか。
こちらでは被害も無くて先ほどまで雨が降っていたが晴れ間も見え始めた。
風はまだ収まっていないが、一瞬で通り過ぎていった台風
少しあっけなかったです。

DSC_0191_サイズ変更
 
米選機と籾摺り機の掃除を始めました。
一通り掃除が終わり今シーズン後半からガーガーと異音が出ていたので、ひっくり返して
どこが悪いのか確認してみることにしました。

DSC_0190_サイズ変更 

DSC_0187_サイズ変更
蓋をはずして別とをはずし、各回転ヶ所を手で回してみたが異常なし。
取りあえず米選機は時間がかかりそうなので、後回しとします。

mom-1_20141005205849778.jpg
今年も米選機とともによく頑張ってくれた籾摺り機。

mom-2_20141005205853bbb.jpg 

mom-3_20141005205857338.jpg 

mom-5_20141005205901092.jpg 
ばらせるところは出来るだけ外して掃除を進めましたが、昨年よりも汚れがひどく
残米、籾殻、など出て来るわ出て来るわで相当時間がかかりそうです。

mom-6_201410052059055c3.jpg 
籾摺り機で大事なところロールですが、シーズン始めに新しいのと交換しました。
今年の玄米数で424.5俵と昨年の280俵の5割増しとよく頑張ってくれました。

ロール交換は400~600俵で交換といわれていますが、200俵の差は何なんでしょうね
来シーズン途中には交換が必要に成ってきそうです。

早いもので籾摺り乾燥を始めて丸3年が経過した。
年々掃除のコツもつかめて昨年までは、見つけられなかったゴミの固まりも
容易に見つけることが出来て完璧近くまで清掃出来そうです。

まだ今シーズンの掃除が終わっていないにもかかわらず、来年の仕事が新たに2農家分
約130~140a分程頼まれました。

1農家の方は地元の方で先日内容を尋ねに行き、こちらの要望も話をして引き受けることに
成りました。
小作ではなくて請負で60~70aです。

もう1農家の方は隣在所で車で10分弱の地域。
補助整備の出来た長方形の田んぼ70aだそうです。

返事はまだしていないがすると成ると運搬車が欲しくなる。

内容は全て乾燥して玄米で出荷するのでそこまでして欲しい。
今年は70aで130袋収穫出来たようで、反収9俵以上採っているようです。

受けるとなるとその時だけレンタカーで3トンの平ボディーを借りるしかない。

今の私の枠を超えようとすると、もう一枚脱皮する必要が有り
ワンステップアップ出来るかだが、そんなに高いハードルではないので
考えて見る必要が有るようです。

今まで兼業農家でやってきているのなら、多分ここまでは顔を突っ込んでいなかった
だろうが、小さいながら工場経営をしていたので、ジーッと納まっていた虫が動き出しそうです。
関連記事

Posted on 2014/10/06 Mon. 09:14 [edit]

category: 農機具

tb: 0   cm: 6

結球レタスとリーフレタス生長  

超大型の台風18号東海地方に接近中で何か被害が出そうな感じです。
野菜には防虫ネットを被せてトンネルにしているので少し対策をしたが
手の施しようがありません。



9月8日に直播きした結球レタス『シスコ」』小さいのは発芽して以降枯れてしまい再播種して
やっとここまで育ってきました。

r-2_20141004180304409.jpg 
播種後約一月でこの大きさです。

r-5_2014100418031618d.jpg 
上の写真では間引いて1本立ちに成っていますが
間引いた苗がそこそこ根が付いていたので3株分植え付けてみました。
植え付け後から5日経過しているのでこのまま生長して来そうです。

r-3_20141004180309066.jpg 
リーフレタス『シスコ』と同じ日に種蒔きしましたが生長は早いです。

r-4_20141004180313b77.jpg 
2作目まで種蒔きをしました。

r-8_20141004180347d4b.jpg 
いつの間にかヨトウムシの卵が葉裏に産み付けてありました。
多分ヨトウムシだと思います。

r-9_2014100418035094e.jpg 
一昨日はどうもなかったのに今日見ると孵化した幼虫が葉っぱを食い荒らしていました。
写真はないですが隣に植えて有るほうれん草が、一晩でレース状にされてしまいました。

ヨトウムシが活発に動き始めました。
ガックリきますね。

リーフレタスはあと2~3回種蒔きを、結球レタス『すスコ』は種蒔き適期が9月末まででしたが
明日朝雨が降っていなければ種蒔きして、その後葉越冬レタスに成りますが11月に入れば
種蒔きしたいと思います。


関連記事

Posted on 2014/10/05 Sun. 05:04 [edit]

category: レタス

tb: 0   cm: 2

ずぼら栽培の下仁田ネギ、石倉一本ネギの穴底植えその後は  


先日のブロッコリーの投稿時の写真に写っていた下仁田ネギと石倉一本ネギ

8月4日にずぼら植えの穴底植えをしましたが丁度2ヶ月立ちました。

途中の写真は何枚か撮ってありますが、ヒョロッとしてこれが立派なネギに
育ってくれるだろうかと不安でしたが、やっとネギらしくなってきました。

写真は下仁田ネギです。

n-2_20141003192541148.jpg 
葉も太く成り下仁田ネギ特有の角のような葉に成ってきました。

n-3_20141003192545f16.jpg 
何本か夏の暑さとマルチ熱で枯れましたが、立派なネギらしく成ってきました。

n-4_201410031925503b4.jpg 
こちらは石倉一本ネギ
種蒔きからの苗作りは2年続けてですが、植え付けたのは今回が初めてです。

n-5_20141003192554adf.jpg 
石倉1本ネギ自体育てるのは初めてですのでこの先が楽しみです。

下仁田ネギ、石倉一本ネギどちらもネギ黒斑病にかかっているようなので
ダコニールで対策をしたいと思います。

昨年の下仁田ネギで以下のことを書いていました。

ネギ黒斑病のようでタキイ調べて見たら

 病原:糸状菌(かび) アルタナリア ポリ
 病原菌は被害植物上で菌糸や分生子を形成して生存し、これが翌年の第1次伝染源となって発病後、
 病斑上に多数の分生子を形成し、2次感染を繰り返して蔓延する。

発病を認めたらすぐに薬剤防除する。
 防除薬剤として、アミスター20フロアブル、テーク水和剤、ダコニール1000、サーガ水和剤、
 ポリベリン水和剤、ペンコゼブフロアブルが利用できる。

軽く考えてそのままにして収穫するつもりでしたが、手持ちにダコニール1000が有るので
消毒をしたいと思います。

昨年この隣の隣で下仁田を栽培しており病原菌を貰ったようです。
関連記事

Posted on 2014/10/04 Sat. 05:00 [edit]

category: ネギ類

tb: 0   cm: 4

ブロッコリーの防虫ネットの高さを嵩上げしました。  


8月28日に植え付けた茎ブロッコリー「スティックセニョール」7株と夢ひびき5株
すっかりと大きく成長して防虫ネットの上に葉が当たり始めてきました。

b-2_2014100218324464b.jpg 
一週間前に反対側のダンポールを抜いて、支柱を突き刺してインシュロックで縛り
嵩上げをしました。

その一週間後の今日反対側も同じようにしてさらに防虫ネットの高さを上げました。

b-3_20141002183247d28.jpg 
分かっていることなので植え付け時にしておけば良いのですが、植え付けるだけが精一杯で
今に成りました。

植え付け時に倒伏防止としてトマト、ナスなどの誘引に使っている支柱誘引キャッチを
使っていましたが茎が太く成り窮屈なのでヒモで倒伏防止をしました。

b-4_20141002183251ece.jpg 

b-5_20141002183255e1d.jpg 
支柱誘引キャッチはこんな感じです。

b-6.jpg 
これを付けたままにしておくと茎が太く成ると食い込んで取れなくなります。
取り付けも簡単でナスの側枝、ピーマンの誘引、トウモロコシなどに使っていますが、
弱点は茎が誘引キャッチの内径よりも太く成ると駄目です。

b-7.jpg 
茎ブロッコリーの隣に植えて有るミニカリフラワー、2列植えにして株間も狭いので
少し窮屈そうです。

すでに葉っぱは防虫ネットにつかえていますがこちらはこのままで栽培します。

b-8.jpg 
夢ひびきはそろそろ花蕾が出来はじめてくるような感じです。

b-9.jpg 
草丈は茎ブロッコリーよりも可成り低いです。





 
DSC_0197_サイズ変更 
コメントでブロともさんから嵩上げをすると、ネットの幅が足りなく成って
裾が上がるのではとご指摘を頂きました。

全くその通りで私もブログ投稿時に、何か忘れている様な気がしてそれが思い出せなくて、
コメントを頂いて気が付きました。
一週間前に投稿して有ればよかったんですね。

捨てても良いような寒冷紗のお古を、幅1.8㍍を半分にカットして防虫ネットの幅が
足りない分を補いました。

DSC02184_サイズ変更 
これでゆったりとして葉っぱが折れる事もなくなりました。
茎ブロッコリーの頂花蕾ももう暫くすれば出来てくるので、収穫すれば摘芯したのと同じ状態に成るので
上への生長も止まるのではと思います。

追肥は今まで元肥のみで頂花蕾を収穫後1回だけ追肥します。

しばらくすれば楽しみにしている、甘くて美味しい茎ブロッコリーの収穫が始まります。
関連記事

Posted on 2014/10/03 Fri. 05:00 [edit]

category: ブロッコリー

tb: 0   cm: 8

玉ねぎ苗は順調です。  

tama-1.jpg 
9月8日に種蒔きした極早生のジェットボール
発芽後ブログアップしましたが、その後二つ折れになっていた苗もすっかり伸びて
大きく成りました。

tama-2.jpg 
ちょっとアップにしてみましたが太く成り始めています。
明日にでも1回目の間引きをして条間に追肥をしたいと思います。

植え付けもあと一月ほどですので、追肥はぼかし肥だと効き目が遅いので
今回は化学肥料を使います。

昨年の極早生は114本植え付けました。
ジェットボールは6列蒔いており一列35本ほど、植え付け苗に育って欲しいです。
極早生は昨年よりも多く栽培して2軒分の植え付け予定をしています。

tama-3.jpg 
ブログでは紹介しませんでしたが9月21日につり玉用の玉ねぎの種蒔きをしました。
今まで聞いたことの無い名前の玉ねぎですが、買いに行くのが遅くてこれしか有りませんでした。

tama-4.jpg 
種蒔き時期は比較的遅くまでいいようです。

tama-5.jpg
筋蒔きで13列蒔きました。
不織布を掛けて雨で強く叩かれるといけないので防虫ネットを掛けておきました。

tama-6.jpg
今回の発芽は比較的早くて26日には発芽してきました。

tama-7.jpg
ほぼ100%の発芽率と言っていいほど綺麗に出揃っています。 
こちらのアサヒ三号の植付は11月20日前後の予定です。

昨年はアトン120本ともみじ3号370本植え付けています。
今年はアトンは無しで保存用玉ねぎだけですので最低でも400本は植えたいです。

一列60本位の発芽ですので間引きをして最終35~40本は採りたいですね。
13列ですので450~500本の苗に成って欲しいです。

でも今まで計算通り育ったことがありませんね。 
関連記事

Posted on 2014/10/02 Thu. 05:05 [edit]

category: 玉ねぎ

tb: 0   cm: 4

ほうれん草オーライの生長  

 
ほうれん草は時間差蒔きで3作目まで種蒔きをしています。


ho-2.jpg 
生長にバラツキがありますが、発芽しなかったので再度種蒔きしました。

ho-3.jpg 
1作目が発芽不良が多かったので2作目は新しい種を買い9月19日に蒔きました。
発芽率がよくなりました。
2年経過した種で6粒平均蒔きましたが、ほうれん草は発芽しにくいので駄目なんでしょうか。

ho-4.jpg 

ho-5.jpg 
第3作目は9月22日に種蒔きして26日より発芽してきました。

ho-6.jpg 
新しい種は発芽率が良いですね。
全て併せると84株分になります。

順次ずらして種蒔きしていきます。


DSC_0182_サイズ変更 
昨日土壌改良剤を散布しましたが、順次荒起こしをしていきます。
請負で頼まれている田起こしは、いつでも好きなように段取りして貰って良いですよと
許可をもらっているところは、田んぼの環境により湿気た田んぼを先に起こすようにしています。

あとはひこばえが伸びてくるので早く起こして欲しいとかもありますね。
確かに伸びてくると見難いし、鹿被害がありこのひこばえを食べに来たりします。

こちらの田んぼは谷間にあり日当たりも悪くて水はけが悪いです。
うっかりしているとはまり込む場合もあり、過去に請け負っていたからも何度となく
レスキューを呼んだらしいです。

稲刈りの時も柔らかい所を手刈りをして貰いました。


DSC_0183_サイズ変更 
昨日土壌改良剤を降る前に田んぼの中にカヤが置いて有るので尋ねに行くと
来年までおいておき腐らせるとのこと。

カヤはそのままでは分解し難いと思いますよと話をして、取りあえずその場所だけ省いて散布。

翌日もう1度確認に行くとどうも燃やして処分することになったようです。
田起こしは進めてもらっていいよと言うことで起こし始めましたが
多分田起こしで邪魔にならないところへ置いたのでしょうが量が多いので移動するのも
大変そうです。
細かく切ってあればすき込めば分解も進むかと思いますが残念です。


関連記事

Posted on 2014/10/01 Wed. 05:05 [edit]

category: ほうれん草

tb: 0   cm: 2

プロフィール

FC2カウンター

カレンダー

ブログランキングバナー

最新記事

Categories

blog link

ブログ村ランキング

人気ブログランキング

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。