kazuちゃんのお米作りと気ままな菜園日誌

米作りと地域担い手、野菜は自給自足を目指して、美味しい野菜作りにチャレンジしています!!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

新しい草刈り機を買っちゃいました (*⌒▽⌒*)  


地区内の山の紅葉は、今年はあまり色づかなくて、落葉が始まっています。
気温の変化が大きいためでしょうか、少し残念です。
晴天が続いているときに請負の田起こしをしたあと、スマホで撮ってみました。
予定では年内までにあと7反田起こしをしなければいけないが
相手方とのやり取りが上手く行かず、刈草を燃やすために畦際より中へ草を
放り込んであり、ロータリーに巻き付くためにもう少し先に成りそうです。

DSC_0254_サイズ変更 
先日東海クボタの地区展示会があり見に行ってきました。

KL53Z これ位の大きさのトラクターで仕事をしてみたいですね。
座ってみるとサスペンションシートが、何とも言えない座り心地で
振動も可成り軽減されて長時間の仕事でも疲れも無さそうです。
若ければ投資も惜しまないが、この年になると先々の事が頭によぎるので
少し考えますね。

ta-2_20141129092322a0a.jpg 
お目当ては草刈り機ウイングモア、こちらならなんとか年金を叩いて買えそう。 
展示会価格でねばって(WM736A/M 6.3ps)が税込みで21万円、バーナイフをダブル使用
変更して貰い注文しました。
21万と一口に言いますが、この仕事で21万円稼ごうと思うと・・・ですね。
ta-3_20141129092329ef9.jpg 
ウイングモアの旧型を2年前にお安く知り合いから譲って頂き使ってきました。
スパイダーモアと違い少々長い草であろうと難なく刈り取っていきます。

旧型はエンジンの配置が悪くて取り回しに苦労して大変でしたが、新しいタイプのモアは
エンジンを手もとハンドル側にずらす事で、作業中にハンドルを下げれば方向転換が
簡単に出来る様に改良されています。
おまけに旧型ではバックが付いていなかったが、今はバックもあり作業性が一段とアップしているようです。

私が購入したのはバーナイフが長い355mmタイプで刈り幅690mm。
手持ちのスパイダーモアSP850で刈り幅が500mmだから可成り広いです。
最新のSP851だと足も速くて長い草も枯れるそうです。
私が使っているSP850は2007年7月購入で丸7年が経過。
今まで修理したヶ所はクラッチとベルト2回交換、刈刃を回転させる為のベルトプーリーのベアリング
焼き付で交換した位。
あとはキャブ詰まりでエンジンの噴きが悪くて、修理依頼をしたがガタもきているが
もう少し頑張って貰えそうです。
エンジンの噴きが悪いのも燃料を25:1から、50:1に交換してからすこぶる調子が良くなった。

ta-4_20141129092335a79.jpg 
昨日クボタよりウイングモアが届いたので、試運転をして初刈りしました。
旧型よりも扱いやすくて、力加減もコントロール出来草刈り作業の時短と体力軽減が出来そうです。
年内までには綺麗に片付けて気持ちよく新年を迎える準備をしていきます。
それで旧型は友達Y君ちへ嫁入りに行き、メチャ馬力があると喜んでくれています。
構造改善が出来ていない田んぼでは、草刈りとの戦いになるので出費は仕方ないです。
バーナイフをダブル使用にして貰った結果は、少しエンジン負荷が掛かるが思った通り草が細かく
切れている。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/11/30 Sun. 16:34 [edit]

category: 農機具

tb: 0   cm: 8

散々悩みましたが結論が出ました。  

DSC_0290_サイズ変更
紅葉が綺麗ですね。
いやいや、紅葉を見に来たんではないんですよ。

ooya-1.jpg 
当地区では一番西に位置する田んぼ、2枚で25a有ります。
私の自宅から約2kmほどの距離。

実は降って湧いた様な話ではなくて、1年以上も前から耕作をしている方から
俺も歳やからもう他人さんの田んぼまで作る事が出来ないから、おまんやってくれへんかと
頼まれていました。
草刈りの面積も広いし、私も手が回らないから無理やと断っていました。

ooya-2.jpg
先日綺麗に耕してお返ししたようです。

で地主さんはと言うと、私とは保育所から中学まで席を共にした同年。
先日当の本人(友達)から電話があり、実は..... 田んぼ作って貰えないかとの話。
その話は前から聞いているし、俺も草刈りと水の管理、地区内の端から端まで
駆け回っているから、もう手が回らへんわと一応断りました。
写真で見ていると左の土手くらいなら、草刈りが負担に成る広さの土手では有りません。
問題は写真右下に見えている河川の土手、右に続いて陰の部分を通り、写真1枚目の
土手まで続いています。
いわゆる河川管理道だから軽トラも通れ高さもあります。

ooya-3.jpg
そうは言っても一応現場を見に行ってきた写真が上の田んぼ2枚。
水はと言えば砂防ダムがあり、水源は当地区の一番上流あと僅かな距離で滋賀県境。
雨が降らなければとても綺麗な水で、美味しいお米が出来ます。

ooya-4.jpg 
この水と岩を見ていると、ここから田んぼへ水を引いている様な雰囲気ではありません。

ooya-5.jpg
向こう岸にパイプが通っており、田んぼ近くの集水升まで約40m程有り、その先は普通の河川に
成っています。
確かに岩盤で難工事だっただろうが、昔河川改修をしたときに条件付で、取水口までキッチリと
工事をして貰えかなったんだろうかと、私からすれば残念な事の様に思います。
そばまで行きどうなっているのか詳しく見たかったが、岩の上を歩くと滑りそうでゴム長も履いておらず
水しぶきが冷たくて、近くへ行くのは止めました。 
でも大体の想像がつき大変そうです。

翌日今まで耕作していた方に詳しく話を聞くと、少しまとまった雨が降ると濁流となり
水に砂が混じっているのでパイプに流れこみ、パイプの口をふさいでおかないと、パイプが砂で
つまってします。
砂防ダムがあるくらいだから想像はつくが、想像していたとおりの答えが返ってきました。
これを雨が降る前に約2kmほどの距離を毎回通わなくてはいけない悪条件。
いくら友達の田んぼだしなんとかして上げたい気持ちは充分有るがでも無理な物は無理。
今まで耕作していた方は家が近くで、歩いても5分と掛からない距離だが
今まで40年ほど耕作していて大変だったと話してくれました。

ooya-7.jpg 
話を聞いてもう1度田んぼを見ようと歩き始めると、何かバタバタと音がするので
その方向を見るとなんと鹿が檻にかかっていました。
雄鹿 中くらいですね。

近くへ寄って写真を撮ろうとすると逃げようと、金網に当たりバタバタ。
口の周りは傷だらけで血がでていました。

可哀想ですが仕方有りません。
猟友会の方も可成りの頭数を駆除していますが、追っつかないのが現状です。

地区内の回りを獣害網で囲んであるが、道まで囲むことが出来ないので
網を囲ってから3年ほど経ちましたが、最近では鹿被害も多くなりました。
想像するに網(人が生活している方)に入り込んだ鹿が中に住み着いて入る様に思います。

結局この後友達Y君を連れてもう1度、現場を見に行き、水は河川からポンプアップしてみようか
とまで話が出たが、ガソリン代もばかりならないし昨日彼には申し訳なかったですがお断りしました。

彼もここで生まれ育って仕事柄、車で15分ほど離れた隣の滋賀県に住まいを構えて
休みの時はこちらへ帰ってきています。
お米は買っている様で、もし自分で耕作するのなら休みは週末以外に、
週中の木曜日もあるので、田んぼの水持ちはいいと聞いているので、水管理は出来ない事はない。
作業委託料とJAで水稲苗肥料等を買えば、10a当たりこれ位になるよと提案はしました。
彼も顔が広いのでここで採れた美味しい伊賀米を、知り合いに販売出来れば
JAへ出荷するよりもいい値段で売れるので、そう大きく赤字には成らないと思う。
米作りは何も分からないと言っていたが、それくらいのアドバイスくらいは出来るから
水管理と草刈りをして美味しい米作りをして欲しいですね。

関連記事

Posted on 2014/11/29 Sat. 06:23 [edit]

category: 地域の紹介

tb: 0   cm: 8

タマネギ植え付け後の生長は?  

二日続けてまとまった雨が降りましたが、11月26日午後過ぎからやっと回復傾向に成りました。
私の場合殆どマルチ栽培ですので、水やりをしてもキャベツ、レタスなど、葉が広がっている
作物はマルチ穴から水が殆ど入らずに流れてしまって、水やり効果が余り出ていないはずです。
まとまった雨上がり後は特に野菜の生長が早まり、改めて水不足を感じます。


写真の玉ねぎは11月3日に植え付けた、極早生のジェットボール155本、だいぶ大きく成長しました。
だいぶ大きくと言ってもタマネギは年内生長を進めるとトウダチなどの悪影響が
有りますが、それなりに生長しました。

tama-2_20141126154934a5f.jpg 
葉っぱもタマネギ特有の立て溝が出来てきました。
殆どの葉に枯れ葉が多いのは、朝夕の冷え込みもありこの所では霜も降りているので
当然のことですが、生育には全く問題有りません。
先日も下葉の枯れたのを取り除き綺麗にしました。

tama-3_20141126154939342.jpg 
友達から頂いた購入苗のネオアース2ヶ所に分かれて210本。
細い苗でしたが1本は枯れてしまい、苗床にある残り苗を捕食しました。

tama-4_20141126154945f8e.jpg 
保存用のアサヒ3号 二畝に分かれて450本。
1本根切り虫にやられて、補植しました。
その時に根切り虫を見つけることが出来ず、翌日また捕食した苗をかみ切られました。
さすがになんとかせねばと思い、探しまくってマルチの穴と穴の間に潜んでいたのを
見つけだし、思いっきり全体重をかけて大層な表現ですね。

tama-5_20141126154950fca.jpg 
購入苗の赤玉50本、根が短くて細くて、草丈が長いので一番心配していましたが、
枯れずに持ちこたえています。
雨上がり後やっと立ち上がってきました。

昨年は植え付け後半月程からタネバエ被害で、毎日毎日苗が枯れてどうなる事かと思い
ましたが、今年はダイアジノン5の効果で被害は1本も出ていません。
このまま順調の育って欲しいです。

追肥は極早生は2回、年内か年明けに1回、2月中旬までにもう一回
つり玉用のネオアース、アサヒ3号は年明け1回、2月中旬までに1回、3月は様子を見て
ですが、やるとすれば3月10日頃までには予定です。
つり玉用のタマネギは肥料が効きすぎると、保存効果は落ちて必ず腐って来ます。
今までネオアース、もみじ3号、ラッキーと栽培しましたが、もみじ3号とラッキーは4月迄
保存出来ました。
少し小さくても長く保存出来る方がベターですね。

tama-6_20141126155015b39.jpg 
全体ではこんな感じです。

関連記事

Posted on 2014/11/27 Thu. 05:50 [edit]

category: 玉ねぎ

tb: 0   cm: 2

ほうれん草の種蒔き、発芽後のレタスの生長が遅いです。  

hou-1.jpg 
11月9日の投稿でほうれん草『オーライ』の種を、キッチンペーパーに水を浸して発根させて
種蒔きするとお伝えしましたが、3日後発根を始めたので種蒔きをしました。

hou-2.jpg 
種は濡れて取りにくいのでピンセットで取り種蒔きしました。

hou-3.jpg 
40ヶ所へ種蒔きして覆土する前に、籾殻燻炭を潰して粉にしたのを
種が見えなくなるくらい蒔き、その上に覆土しました。
何でも発芽率が揃うらしく良いと現代農業の記事で知りました。
すぐに飛びついてマネをするのはkazuちゃんの性格でしょうか

hou-4.jpg
10日後の発芽状況です。

hou-5.jpg 
1ヶ所に沢山撒いたのですが、まだご覧の通りでばらついています。
気温が下がり発芽率が悪く、ダラダラと発芽しているので穴開きビニールトンネルで
保温をしました。
でも取りあえずは40ヶ所全て発芽しています。
最終2株ずつ育てて80株収穫出来ることになります。

hou-6.jpg 
9月になってから今回6回目の種蒔きで40ヶ所に種蒔きしました。
今回は発根させずに種蒔きしました。

hou-7.jpg 
ご覧の通り日中陰が出来朝10時過ぎから午後1時過ぎまで、それ以降夕方まで陽が
当たる様に成ります。

陰の所へはあと40ヶ所ほど種蒔きが出来ます。
昨年12月4日に種蒔きして、2月中旬位から寒締めほうれん草を
収穫しています。
場合によってはもう一回種蒔きするかもしれません。

DSC02605_サイズ変更 
10月19日に種蒔きした 秋作4回目の『オーライ』 30ヶ所60株分。
収穫間近で初期生育時ヨトウムシ被害にあったので、手でとーる後不織布で防虫対策を
しました。

hou-8.jpg
11月8日にほうれん草あとへ何もせずに種蒔きしたリーフレタス。
気温が下がったので生長にブレーキが掛かりゆっくりしています。
写真は間引き前ですが、発芽も揃ったので今日は間引きをしました。
マルチ穴1個開けてこれで株間、条間とも15㎝程です。

DSC02608_サイズ変更  
こちらは結球レタス『シスコ』、発芽率はリーフレタスと同じくよかったです。
株間は30㎝程に成る様に開けて種蒔きをしました。
籾殻を撒いてあるところがそれで6株有り、同じく今日間引きました。

hou-10.jpg 
9月11日に植え付けたキャベツ『彩音』 12株中で生長が一番良かったのを収穫しました。
植付から72日目でした。
思っていたよりも早く収穫が出来、美味しいキャベツをしばらくいただけます。
今回は12株中1玉か2玉は虫被害が出ていそうですがそれ以外は写真の通り
綺麗なのが採れそうです。

今年の畑は葉物野菜を成るべく切らさずに、特にほうれん草、リーフレタス、サラダ水菜をメインに
栽培しました。
一応初期目標は達成出来ました。


関連記事

Posted on 2014/11/25 Tue. 06:10 [edit]

category: ほうれん草

tb: 0   cm: 6

ツタンカーメンエンドウとウスイの植え付けをしました。  

11月後半とは思えないほど暖かい日が続いています。
でもさすがに朝夕の冷え込みは厳しくなり、今朝11月22日は初氷を見ました。
これから伊賀、特に当地は中山間ですので長い冬に突入します。


10月31日に種蒔きしたそら豆、陵西一寸、種の色が青い方が昨年の残り種
右の茶色が今年収穫した陵西一寸を種採りした分。
ちょっと生長が遅い様に思います。
右下2番目発根がしているが芽が出てきません。
ちょっと過湿だったかもしれません。

ma-2.jpg 
そら豆と同じ日に種蒔きした、ツタンカーメンのエンドウ豆と実エンドウ『ウスイ』
全てのポットに3粒蒔きましたが、発芽率も悪くて2株のポットが多く
生育にバラツキが出ていますが、植え付け適期となり今日は畑に移植しました。

ma-3.jpg 
畝幅は70㎝程、長さは6m程有り、畝は11月10日に準備して有りました。
株間は少し広くて35㎝程開けました。

ma-4.jpg 
ツタンカーメンのエンドウ豆 茎も少し赤い色をしています。

ma-5.jpg 
今まで3年実エンドウは久留米豊を植えていましたが、今年は『ウスイ』に変えました。
理由は何も有りません。

ma-6.jpg 
植え付ける前にお客さんが歩いていました。
まったく困ったもんです。
玉ねぎ畝の肩も少し破られていました。

隣に見えているマルチングして有る畝にはそら豆を植え付けます。

ma-7.jpg 
3株植えて有りますが2株だけ育てます。
ツタンカーメンのエンドウが6株、ウスイが10株。

ma-8.jpg 
最近では霜が降りているので、不織布のトンネルで霜対策と、エンドウは蔓が伸びて絡まるまでは
冬の風で茎が折れやすいので暴風対策をしておきます。
後日支柱で誘引準備と今年秋に藁取りを忘れたので、麦藁で防寒対策をします。

今年の植付はそら豆が終われば、ほうれん草、冬蒔きニンジンの種蒔きくらいで
畑の仕事もやることがなくなりますね。


関連記事

Posted on 2014/11/23 Sun. 05:35 [edit]

category: 豆類

tb: 0   cm: 4

多面的機能支払いの活動組織を設立しました。  

tamen-2.jpg 
当地でも日本型直接支払い制度、多面的機能支払いの活動組織を設立しました。

総会は11月10日と日にちが経過していますが、代表にブログに載せたい旨を伝えたところ
快くOKがでました。

DSC02500_サイズ変更   


DSC02501_サイズ変更  
  
総会が始まるまでの待ち時間、皆さん熱心に参考資料に目を向けてくれ
貴重な意見を聞かせて貰えそうです。

DSC02502_サイズ変更  
首元の赤いシャツを着た方に今日の総会議長をお願いしてあります。

DSC02503_サイズ変更  
代表の挨拶が始まり活動組織の概要説明しています。

DSC02505_サイズ変更 
議長が選任されて、式次第に基づいて設立総会の開催が始まりました。
当地区での構成員総数75名。
出席者26名、委任状29人でした。

皆さんから熱心な質問、活動組織規約(案)へのご指摘等
貴重な意見が沢山寄せられました。

規約作りも役員で何度も集まり協議して、見直していましたが
同じ目線から見ていると、全く気づかないところもありました。

質問等による指摘を受けた条項を修正し、その結果を文章にして配布する
事で可決されました。

これから行政への申請等まだ当分会議をする事になりますが
取りあえず一段落しました。

当地区での活動組織の名前は、○○地域資源保全協会です。

私もこの活動組織の中枢メンバーになるとは思っていませんでしたが
選ばれた以上は全力で頑張りたいです。
役職は会計で以前にも自治区の会計を2回、4年したことが有りますが
結構・・・ですね。

私があれこれ説明するよりも現代農業12月号、P44~49で詳しく書かれています。

関連記事

Posted on 2014/11/21 Fri. 05:31 [edit]

category: 中山間・多面的機能

tb: 0   cm: 6

キャベツの植え付けと、レタスの初収穫・その他  



来春収穫用にと種蒔きをして育てていた、富士早生キャベツが植え付け適期になりました。
1度発芽してから水やりをすっかりと忘れてしまい、失敗したので種蒔きし直して
10日程遅く成りました。

kya-2_20141119171641d26.jpg 
植付は7株で株間は45㎝程でゆったりと株間を保たせました。

kya-3_20141119171646f7a.jpg 
防虫ネットをして害虫対策も済ませました。

syu-2_201411191716500a3.jpg 
ブロッコリー『夢ひびき』 10月21日に頂花蕾の初収穫を済ませました。
このブロッコリーは一般的なブロッコリーと違い、側花蕾が大きく成るタイプです。
写真の様に大きい側花蕾が出来て居ます。

syu-4_20141119171655ccd.jpg 
ブロッコリーの収穫が『夢ひびき』と『スティックセニョール』。

syu-5_20141119171728663.jpg 
9月8日にじかまきして、待ちに待った玉レタス『シスコ』の初収穫です。
虫に食われており外葉を何枚かはがすと、丸々としたヨトムシがコロッと出て来ました。

syu-6_201411191717337f4.jpg 
里芋『大和里芋』 『赤目大吉』の収穫です。
里芋は今まで脇芽が出て来てもそのまま育てていましたが
今年は脇芽は全てカットしていました。
子イモの数は少ないですが、大きさは数が少ない分だけ大きいのが採れました。

そろそろ里芋も種芋を選別して保存する時期に成ってきました。
来年用の種芋にする方法、どうしようかと悩んでいましたが
例年通り芋を1個ずつ新聞で包んで、トロ箱へ籾殻を入れて今までは車庫においていたのを
部屋で保存することにしました。

保存する前に芋を日光に当てて、乾かしてから準備に取り掛かります。
今まで春先に確認の為に芋を見てみると、包んであった新聞が水分で湿気っていました。
それがカビを発生させて腐ってきたのではと、自分なりに推測してました。
結果は5ヶ月ほどすれば分かることで、少し多めに保存してみます。

関連記事

Posted on 2014/11/20 Thu. 06:17 [edit]

category: キャベツ

tb: 0   cm: 2

イチョウ芋と短形自然薯の収穫と種芋保存  

yama-1_2014111721020617a.jpg
第3菜園で栽培していたイチョウ芋と短形自然薯。
9月23日から食する分とお裾分け分を、その都度掘り起こしていましたが
蔓もすっかりと枯れてしまい残り5個有ったのを全て掘り起こしました。

写真上がイチョウ芋、最後の最後に成って始めて綺麗な形をしたイチョウ芋が採れました。
下は短形自然薯で、ひょっとすると右もイチョウ芋かもしれません。

写真今回はお遊びで2枚の写真を連結して一枚にしてみました。
今後使えそうな時があれば使いたいです。

yama-3_20141117200959680.jpg  
洗っている最中に割れてしまいましたが、なかなか良い形をしており
これなら皮もむきやすくて料理して貰いそうです。

全て植え付ける時に籾殻を沢山混ぜ込んで、土を柔らかくしたつもりですが
全ての芋がこの様な形に成らなかったのはなぜか分かりません。
疑問がまた一つ増えましたね。

yama-4_201411172010036d7.jpg 
種芋は早くに収穫済みで来年用にこれだけ種芋を保存して起きます。
今回の種芋は残念ながら昨年イチョウ芋のムカゴを採れ無かったので、
短形自然薯のみと成りました。

ムカゴ採りに失敗すると植付は2年先に成るので残念です。

yama-5.jpg
それとムカゴの保存は右からイチョウ芋、短形自然薯、左の小さいムカゴは
山で蔓に付いていた自然薯のムカゴです。
短形自然薯のムカゴは沢山有るのでムカゴご飯にして貰う予定です。

昨年イチョウ芋のムカゴ採りに失敗したのは、台風で蔓が倒れてしまいムカゴが蔓から
落ちてしまい短形自然薯と混じったからです。
その時に短形自然薯のムカゴをブロともさんから頂いた物です。

イチョウ芋のムカゴと短形自然薯のムカゴを比べて見ると、イチョウ芋のムカゴが銀色をして
光沢があることが分かりました。
2種類栽培していて混じったときには選別が出来そうです。
それと短形自然薯のムカゴは平均大きいですね。

yama-6.jpg 
種芋の保存は里芋の様に難しくなくて、余り気を遣う必要は無くて新聞に包んで、
トロ箱か段ボールの中へ入れて念のために籾殻を入れますが、芋自体が寒さに強いので
傷むことは有りません。
それよりも芽が出て来る芋の先が細いので、折れない様
気をつけて保存しなくてはいけません。

毎年山芋と里芋の保存一緒にしていますが、里芋が毎年半分以上失敗しているので、今年は
どうしようかと悩んでいます。

畑に埋め込むか、陽の当たる山の斜面を利用して、横穴を堀りそこへ株ごと入れて
籾殻を詰め込んで、蓋をすれば大丈夫だとお婆さんに教えて貰いました。
そのお婆さんはこの秋私がお米の籾摺りをして籾殻を欲しいと
頼まれたときに教えて頂きました。

その山の斜面の事は里芋の保存の時に触れるかもしれません。

関連記事

Posted on 2014/11/18 Tue. 06:11 [edit]

category: 山芋類

tb: 0   cm: 6

娘達のお誘いで吉本お笑いライブにいってきました。  

DSC_0288_サイズ変更
昨日は娘二人のお誘いで吉本お笑いライブIN藤井寺へ行ってきました。

チケットは9月中ぐらいに娘から貰っており、まだ先だなぁっと思っていたが
日が経つのが早いですね。
昨日かみさんと二人で沢山の取れたて野菜を持って娘二人が住んでいる
大阪藤井寺へ出かけてきました。

普段TVで人気のコンビ近くで見られると思っていたら、席は後ろの方で
かみさんと娘はどこの席やろうとキョロキョロしても分からず。
あとで聞くと前から4列目だったということで.... 。
講演時間は約1時間半ほど。
私は半分ほどコクリコクリとして、大きな笑いと共に目が覚めたりしていました。

DSC_0285_サイズ変更 
ひとしきり笑ったらお腹も丁度いいくらいに減り、どこで食べようかということに
成りましたが、皆さん一斉に終わって出て来ると考えることは同じようで、すでに近くの店は満杯で
じゃあここへ入ろうかと、木曽路 以前TVで何か有りましたね。

DSC_0278_サイズ変更 
menuを見ながらお高いのばかりですねぇと悩みながら、いっちょうここはお父さんが
奮発して牛しゃぶ頼みました。

DSC_0279_サイズ変更 
仲居さんに写真を撮って貰い・・・ ウンウンうちの長男君はいつもこんな時はいません。
今はタイに出張中でこの22日に帰ってくる予定ですが、出かけに一言遊んでもかまへんが
変な病気だけは持って帰ってこなよと一言。 
私も変な遊び・・・ もうそのお年で無理でしょう

DSC_0281_サイズ変更 
いよいよお待ちかなのしゃぶしゃぶの始まりですよ。

DSC_0282_サイズ変更 
主役は娘二人ですので先にお若い二人に沢山召し上がって頂きます。

DSC_0280_サイズ変更 
お肉は若いお二人に任せておいて、この年になりますとちょっと美味しいお肉は
少しあれば充分ですので、こちらのあっさりしたお刺身、茶碗蒸しがお口に合う様で。

DSC_0283_サイズ変更 
最後は五穀米で締めて、デザートは抹茶アイスでお腹たらふくと成りました。
ちょっと今回は(*⌒▽⌒*)お誘いで涙が出るほどでもなかったですが
嬉しかったですね。

さあ明日からはちょっと痛い出費でしたから、my畑で採れた野菜、コシヒカリで生活を
凌ぎたいと思います。 (^▽^) 

関連記事

Posted on 2014/11/16 Sun. 14:35 [edit]

category: 日常・生活・旅行

tb: 0   cm: 8

夏蒔きニンジンの収穫と大根はとても大きく育っています (*⌒▽⌒*)。  


今年の夏蒔きニンジンは7月20日から始めたが、発芽不良、蒔き直し
猫に荒らされ全滅といろいろ有りました。

結局8月7日蒔きのDr・カロテン5、黒の寒冷紗を掛けて日よけと
猫よけにしたのが良かった様です。

ni-2_2014111417033426f.jpg 
8月23日に第2段、甘美人の種蒔きをする。
いい感じで育っていますよ。
夏蒔きニンジンはマルチがない方がマルチ熱の反射がないので育てやすいですね。
今回つくづく実感しました。
ベーターリッチ、Dr.カロテン5、甘美人と撒きましたが
発芽率の悪さでは申し訳ないですがベーターリッチでした。
Dr.カロテン5、甘美人はほぼ100%の発芽率でした。

ni-3_20141114170339207.jpg 
暑さも少しピークを過ぎたので再び黒マルチで栽培を始めました。

ni-4_20141114170343a97.jpg 
先日からレタスが根切り虫にやられましたが、ニンジンにもまた彼らがやって来ました。
kazuちゃんの畑狙われているんでしょうかねぇ。

ni-5_2014111417034981a.jpg 
こちらは先日収穫したパープルスティックと、スノースティック。
パープルスティックは少し甘味が有りましたが、彩りには良いですが特別美味しい
物でもないようです。

DSC02546_サイズ変更 
11月10日に冬蒔きニンジン今年で5年目になりますが、良質の堆肥(大山田コンポ)と元肥
少々入れて良く耕して準備をしました。
昨年は12月8日にベーターリッチの種蒔きをしました。
ベーターリッチはトンネル栽培なら11月から種蒔き可能です。
3回位に分けて時間差蒔きをしていきます。
ところでこの畝でニンジンを栽培するのは4年続けてに成ります。
まだ連作障害が出ませんね。

da-6_20141114175530d35.jpg 
 源助大根はこれで最後、ニンジンDr.カロテン5 左の長いので20㎝程有り
色が濃くて綺麗なのが収穫出来ました。

da-1_20141114171727ca3.jpg
根菜類序でに大根はいい感じで育っていますよ。
手前が三太郎20本、向こうが耐病総太りサイ18本

da-3_201411141717361d3.jpg 
千都28本。

da-4_20141114171741d92.jpg  
そのサイトの隣へもみじスティック。

da-5_201411141717457ad.jpg 
あと3株になりました。
生食か浅漬けで歯ごたえ良くて美味しいです。

DSC_0276_サイズ変更  
長い方が耐病総太り 根長40㎝有り増した。
上の短いのが三太郎少し太めな感じです、
三太郎は株間を調整することで大きさを変えることが出来る様です。
これで株間25㎝ですが20㎝でも良い形の大根が採れそうです。
私は大根おろしが好きですが、少しピリッとして美味しい大根でした。

大根もこの大きさに育っているのでこれから収穫が続きます。

関連記事

Posted on 2014/11/15 Sat. 06:03 [edit]

category: ニンジン

tb: 0   cm: 4

玉ねぎの植え付けが終わりました。  


9月20日に種蒔きしたアサヒ三号の苗も植え付け適期の大きさに育ちました。
種蒔きから数えて50日目です。

今回は太さも長さも綺麗に揃って上出来の苗となりました。

tama-2_2014111220485579b.jpg 
太さは6mm前後で長さは25㎝前後の苗に育ちました。

tama-3_2014111220490137b.jpg 
写真は11月8日に友達が玉ねぎを植えているのを見に行き、友達からいつも野菜を貰って
いるのでとネオアース105本を貰ったので、急いで午後3時過ぎから植え付けました。

DSC_0263_exposure_サイズ変更
アサヒ三号の植付は11/10に250本
11/11日に同じくアサヒ三号200本を午前中に植え付け
午後から不足分の苗購入に

tama-4_201411122049072aa.jpg 
写真の苗は購入苗で左がネオアース100本、右が紫玉ねぎ50本
いい苗が売っていなくてネオアースは枯れかかった様な苗でした。

tama-5_201411122049124a7.jpg 
左が購入苗のネオアース、右が我が家のアサヒ三号

束になっているのを崩して植え始めたら、外は太さが5mm前後でしたが
束の中には細い苗ばかり30本ほど入っておりビックリしました。
こんな事までして売らなくてはいけないかと思うと、腹立たしくなり自宅へ戻り
苗床のアサヒ三号約70本ほど少し細いので、大きく育てて予備苗に使おうと思っていたのを
植えました。 

tama-6_20141112205056044.jpg 
三日間かけてやっと植付が出来ました。
極早生ジェットボール155本
アサヒ三号480本
ネオアース180本
紫玉ねぎ50本
865本植えたことに成ります。

我が家の分と妹弟の分を併せてです。

今年の苗の出来が良かったので購入する苗が少なく済みました。

玉ねぎ苗の良し悪しは少し手間がかかりますが、筋撒きで種の間隔は1㎝前後
今回はこれを守りいい苗が出来る事を再認識しました。
それと根切り虫に相当苗を切られたのでその対策も考える必要が有ります。
キッチリ種蒔きすれば1袋の種で250本は採れそうですね。

関連記事

Posted on 2014/11/13 Thu. 05:51 [edit]

category: 玉ねぎ

先日に続き葉物野菜、収穫種蒔き(その2)  

今日も暖かい日になりとても過ごしやすいです。
回りのやまやまも色づき始めて紅葉が綺麗な時期に成ってきました。


先日に続き葉物野菜の残り分の紹介ですが、リーフレタスを植えていた場所へ
サラダ水菜の種蒔きをしてあります。

ha-7-1.jpg 
種蒔きは10月24日に12株分撒きました。
最終間引き2株にしてそれを収穫しますので24株分になります。
肥料はリーフレタスを栽培していたので、殆ど残っていないと思います。
成長度合いと葉色を見て追肥をします。

ha-8_20141111122708767.jpg
10月10日に種蒔きした千筋水菜7株、今回は虫の活動が治まった頃に
不織布をはずして少し大株になるまで育てていきます。

ha-9_20141111122714cca.jpg 
千筋水菜9月17日に種蒔きした物で、昨日全て収穫が終わりました。

ha-10_20141111122718f5f.jpg 
きゃべつ『さとうくん』 最後の1個に成りました。
7月26日種蒔き、8月25日植え付け、追肥は1回結球が始まった9月11日に
初収穫は10月20日でした。

ha-10-1.jpg 
大きいですよ、シッカリと20㎝以上は超えており、締まりも良くて私の頭の様に
シッカリ詰まってカチカチでした。 
冗談は顔だけにしておいて下さい。

ha-10-3.jpg 
8月5日種蒔きの彩音、9月11日に12株、株間40㎝で植え付けました。
追肥は9月25日に施しました。
12株中この一株にヨトウムシ被害が出て、結球している中まで見ましたが
見つけ出せなかったです。
中へ入り込むともう駄目ですね。

ha-10-4.jpg 
他の株はとても綺麗で12月終わりから来年1月頃より収穫出来ると思っています。

虫の活動が治まれば防虫ネットを外して、冬の寒さにあてて甘味を引き出します。

ha-11_201411111228099c9.jpg 
白菜黄ごころ85と晴黄85、大将二畝しか見えていませんが3畝植えて有ります。
21株有り第2菜園に収穫中の無双が残り5株有り、この冬の蓄えが充分有りそうです。

ha-12.jpg 
嘘みたいな話ですが現実にまた起きました。
6株のレタスが3株に減り、今朝またも異変を発見。
やられました。 こらっ、っといっても奴ら根切り虫には聞こえませんからね。
左は茎は残っていたが生長点をかみ切られたので駄目です。
右は外葉だけの被害で済んだので、大丈夫だと思います。
左に1匹、右に2匹見つけました。
まだ出て来そうな雰囲気です。
午後から玉ねぎ苗、紫と保存用の苗を買い足しに行くので、苗が売っていれば捕食します。

ha-13.jpg 
11月9日にキッチンペーパーに水を浸して、種をほうれん草『オーライ』の種の
発根をさせました。
発根してきたので畑に移して種蒔きします。
発芽率は後日で紹介します。

ha-13-1.jpg 
畝の準備は11月4日に蛎殻石灰元肥を入れて出来上がっています。

DSC02459_サイズ変更 
JAで買ってきました、始めて使う蛎殻石灰です。
石灰を入れるのは久しぶりで、ほうれん草なのでシッカリと入れました。
土壌酸度計でPHを計測してみると、石灰を入れていないにもかかわらず
6.8位有りました。
始めの頃は信じられなくて土壌酸度計の故障かと思い、違うタイプのを買い求めても
同じでだいぶ悩みました。

広島のブロともさんの情報と照らし合わせて見た結果、使っている堆肥、ぼかし肥は
結構PHが高いことが分かりました。
あえて石灰を入れなくても傷害も出なく収穫出来ています。
もう悩む事も無さそうです。
PHはそう簡単には下がらないようです。

DSC02483_サイズ変更  
紫ニンジンとホワイトニンジンは初収穫です。
ミニカリフラワーも残りわずかと生ってきました。
夏蒔きニンジンも上の2種類のニンジンを見るとDr・カロテン5の収穫が出来そうです。
関連記事

Posted on 2014/11/11 Tue. 13:24 [edit]

category: 葉菜類

tb: 0   cm: 4

葉物野菜収穫、種蒔き  


夜半からでしょうかシトシトと雨が降り続いています。

今日は雨ですので撮りためた写真の整理をして投稿してみました。

今年は葉物野菜を成るべく切らさずに栽培して見ようと思い
ここまでは切らさずに頑張っています。

『ほうれん草オーライ』 秋蒔きは今回で4回目の種蒔きになり
今回はキッチンペーパーに水を浸して種を入れて、待つこと・・・・。 写真は忘れました。

発根していましたが数が多かったので、取り難くてあとで気づきましたが
ピンセットで摘まんで畑に移せば良かったんですね。
発根させたお陰で綺麗に発芽揃いしました。

ブログ訪問をしているとほうれん草の発芽率が悪いと、皆さん口を揃えていっていましたが
種は2年くらいで見切りをつけて、発根させてから植えると結構綺麗に揃います。

1ヶ所歯抜けに成っているのは、完全に種蒔き忘れですね。
今は間引いて3本立ちにしています。

マルチ穴の間隔も狭いので、最終2株まで間引きしてそのまま育てて、大きく成れば
2株1度に収穫しています。
筋撒きとマルチ穴の栽培は、収穫は少し違う様に思います。

次の種蒔きも準備中で年内までに2回位種蒔き出来そうです。

ha-2_201411091607166f5.jpg 
こちらは第三弾の種蒔き分で先日全て収穫しました。
ほうれん草は虫が付かないだろうと安心していたら、ヨトウムシの若齢幼虫が固まりに
成り一晩でボロボロになりました。
防虫ネットの網もくぐり抜けそうな、小さいヨトウですので不織布のトンネルは
考えて見る必要性があります。

ha-3_201411091607212ff.jpg 
玉レタス『レタス』 10月5日に種蒔きしました。
6株ここまで順調に大きく成っていましたが、

ha-3-1.jpg 
巡回中に異変に気づき・・・ やられましたね。
探したのですが見当たらず。
ここから災難が続きます。

ha-3-2.jpg 
翌日また切られ今度は見つけだし、憎しみを込めて思いっきりブッチュッ
これで終わっただろうと安心していたら
 
ha-3-3.jpg
悲劇がまたもやおき、またもややられました。
6株中と変換したら6株と最後虫で変換され、ATOKにも見放され
さすが6株中3株も無くなるとガックリして肩が落ちますね。
苗を買ってきて捕食しようか迷っています。

ha-4_20141109160819c64.jpg
同じ日に撮った写真ではないので、他の野菜と比較すると少し違うところがあります。
不正ではありませんのでお許し下さい。
リーフレタス何回も種蒔きしており何回目の種蒔きか分からなく成りましたが
ほうれん草と同じくヨトウムシにやられて毎日虫取りをしています。
収穫はほうれん草と同じく1穴に2株残して、2株1度に収穫しています。
これを3株にすると生長が可成り後れて、苦みが増してくるので2株が柔らかくて
一番ベストな感じをします。

リーフレタスの向こう側は第1さんのレタスの間引きした分を植え付けた物で
間引いたときに根が少し切れていたので、生長は少し遅れて時間差蒔きの様に
感じで生長しています。

ha-5_20141109160824c9b.jpg 
レタス『シスコ』9月8日に種蒔きをしました。
結球しておりもうじき収穫出来る大きさに成っています。
先ほどの上の写真の間引き元の苗がこの大きさですので
随分と成長度合いが違います。

ha-6_201411091608290e6.jpg 
先日ほうれん草を全て収穫した所へ、畝とマルチもそのままそこへレタス『シスコ』の
種蒔きを6株分種蒔きしました。

ha-6-1.jpg 
この畝は先ほどの『シスコ』の種蒔きをした畝で、ほうれん草を植えていたところ端っこです。
ほうれん草収穫後10月24日に24株分、マルチの穴もそのまま利用して種蒔きしました。

今は本葉が出て成長中ですが、発芽不良の所も多数有り、昨日その向こうへ追加で
種蒔きをしました。

これ位の小物野菜ならマルチもそのまま利用出来、ほうれん草、レタス、サラダ水菜と
続けて種蒔き出来ますよ。
上手く利用出来れば作業軽減、マルチ節約になります。

ヨトウムシの若齢幼虫がまだ活発に活動しているので、この畝は不織布を掛けて対策しました。

葉物野菜の写真の枚数が多いので、半分ほどの紹介ですが次回また紹介します。 
関連記事

Posted on 2014/11/09 Sun. 17:25 [edit]

category: 葉菜類

tb: 0   cm: 6

小さい耕作放棄地を復活させます。  

ブログ村半農生活、久しぶりにINポイント一位返り咲き嬉しいです。
応援ありがとうございます。


先日11月1日に耕作放棄地をトラクターで耕耘している記事を投稿しました。
実は耕している最中雑草から花粉が飛んで、片手で口と鼻を押さえながら耕していることは
書きませんでしたが、帰宅後鼻がむずむずするし夜に成ると喉が痛くなり咳が出始め
2日程完治するまで大変でした。
特に花粉が多かった雑草は名前が分かりませんが、ピンク色した5mmほどの茎の先に
赤い色の花が付いている雑草。
あれには参りました。

この放棄地の田んぼ来年耕作出来るか確認のために草刈りをして
水路の最終確認をしました。

ta-2_201411071856511c5.jpg 
別角度からですが手前の田んぼは今年その上と上を、私らが4人がお手伝いして植え付け出来る様に
した田んぼで耕作してくれていた○○さんの田んぼです。
一番上の耕作放棄地を含めると4段続きになっています。

ta-3_20141107185656da8.jpg 
スパイダーモアで刈り取りほぼ終盤までこぎ着けました。

ta-4_20141107185702bb7.jpg 
見違えるほど綺麗になりました。
時間にして1時間15分ほどで、スパイダーモアの燃料がまだ満タンの2割ほど残っていました。
耕作出来ないと持ちかけられてから2日後ですから、善は急げで気が変わらないうちに片付けました。
ようするにkazuちゃん暇でしょうといわれそうですね。

ta-5_20141107185708841.jpg 
水路は左を通って軽トラの方へ向かって流れて行きます。


ta-6_20141107192657253.jpg  
前日背負い式草刈り機を持っていかなかったので、翌日左の高土手の田んぼもう何十年と
耕作放棄地に成っています。
水路に草が覆い被さっているので、草刈りをして水路の確認。
何もしなければこの土手の草も刈る必要は無いですが、遠目から見てもとても綺麗になり
誰が草を刈ったんだと早速耳に入ってきました。

私の軽トラがありますがあの方向が高くなっており、こちらの田んぼへ向かって目測で50㎝程
下がっています。
でもそのまま流してしまうと、水路の方が田んぼより可成り下を通っているので
水路を堰き止めても水が入ってきません。

なので思いつきで写真に描いてみましたが、途中で集水升を設置して右方向へパイプを出して
こちらへ22㍍ほどパイプで引っ張ってみようかと思っています。

運良くパイプを設置しようとする右横の田んぼは、oさんの田んぼでいつも美味しいお茶をよばれて
雑談をしている長老。
土手まであった田んぼ湿気るので、先日ユンボで溝を作り湿気水を流す段取りの様で、
聞いて見ると元へ戻さないのでパイプを通すならパイプ受けを設置しても
構わないと許可を得ました。

これは第一案ですが何らかの方法を講じれば、耕作が出来ることが分かったので来年から
作付けする事に決めました。

地主さんには予め好きな様にして戴いて結構ですと許可を貰っているので
来年提出の平成26年度水稲生産実施計画書兼営農計画書の変更手続きを
今年の生産者から地主さんへ返却、地主さんが私に貸し付け、私が借り受けになります。

なんとか荒地のままになる田んぼを復活維持出来ました。

台帳面積3枚で20,50aですが、ざっと計ってみたところ18,50aと出て来ました。
いわゆる水張り面積でしょうか?畦畔の幅はそんなにない様に見えましたが
所詮構造改善の出来ていない田んぼですから、こんなもんなんでしょうね。

ta-7.jpg 
田んぼ続きの話なので、先日JAライスセンターで30袋色選をして貰いました。
私もまだ沢山耕作する様に成って丸2年なので、販売先もまだ開拓中で目標にしていた
100俵には程遠かったですが85俵有ったお米は、JAへ出荷米として約半分の
43俵出荷しました。

16俵はライスセンターへ籾のままで持ち込んだので当然一等米になるのは分かっていた。
まさかとは思っていたが、私が乾燥・籾摺りをして出荷した15俵と12俵分
全て1等米でビックリでした。

でも田んぼに寄ってはカメムシ被害が集中しており残りの30袋がそれでした。
約3.7%がカメムシ斑点米。
一袋300円と聞いていたので斑点米を軽く選別して貰い、帰ってきたお米は28袋と17kgでした。

とてもじゃないが色選別機は変えませんから300円は安いですよね。

27俵はすでに販売済みで残りこの28袋、我が家の飯米が足りないかもしれませんが、
売れ口も決まっています。
来年夏までこちらで保存しながらの販売になります。
お家の事情で一片に買って頂きたいですが、そんな訳にもいきません。

来年の作付けは今のところ今年より減で丁度100a
私は野菜作りは上手ですが、米作りはヘタですから目標は立てずに、
地域の請負仕事は増え続けているので、そちらを丁寧にやって皆さんに喜んで
貰える様にやりたいですね。

でも目標は遠慮して反收7俵にしておきます。

関連記事

Posted on 2014/11/08 Sat. 06:28 [edit]

category: 米づくり

tb: 0   cm: 4

いろいろ収穫出来ました。  

DSC02473_サイズ変更
里芋 品種は? 海老芋だと思い育てていましたが違いました。
芽出しの時は芽は赤色していたんですが。

DSC02474_サイズ変更 
赤目大吉 芋の数は少ないですが大きい芋に育っています。
特に親芋はめちゃくちゃ大きいです。
来年の種芋保存用に何個か良いのを残す予定ですが、今年もやりましたが親芋を
サイコロ状に切りそれを芽出しして植え付けようかとも考えています。

DSC02476_サイズ変更 
だいぶ葉が寒さで萎れてきました。

DSC02477_サイズ変更 
銀杏いも 形の良い所をスコップで切ってしまいました。

DSC02478_サイズ変更 
短形自然薯3個、 籾殻を大量にすき込んで土を柔らかくして
凸凹を少しでも無くそうと苦心しましたが、多少はましですが良い結果が出ませんでした。
次年度は第1菜園のサラサラ土で栽培して見ようかな。

DSC02479_サイズ変更
ミニカリフラワー実星、茎ブロッコリーは先日からかなり収穫しました。
先日も収穫してブログアップした、もみじスティック、赤く成らないで白いのも出来るとは
説明されていましたが、その白いのが出来ました。

先日収穫したよりも太く長くなりました。
今日はこれ以外にも収穫したので5個収穫しました。
畑にはあと7株有ります。
この手の物は時間差蒔きをしないと、大きく成りすぎて折角の食感が失われそうです。

DSC02480_サイズ変更 
YRてんぐ 源助大根と共に早く食したいので各8本ずつ種蒔きしました。
これで早蒔きした大根は収穫が終わりました。
太く成らずにその長く、反分ほど土から出ています。
手抜きして余り耕しませんでした。

次からの大根の収穫は始めて栽培した、三太郎になります。


DSC02481_サイズ変更 
9月17日に18株分種蒔きした千筋水菜残りもわずかになってきました。
今年はぼかし肥以外に油粕も元肥に入れたので、いつもの水菜と違い草丈が長いです。

DSC_0250_サイズ変更 
第2菜園の早生お黄にいり8株は収穫が終わり、12株植えて有る無双も収穫中で
残りが5株となりました。
今日は第1菜園のお黄にいり最後の5株と、無双1株収穫,を弟妹へお裾分けしました。

小型葉物野菜、キャベツ、玉レタスなどは後日投稿します。
関連記事

Posted on 2014/11/06 Thu. 06:04 [edit]

category: 収穫

tb: 0   cm: 4

玉ねぎ第一段極早生を植えました。  


冬型の気圧配置で今日は西風が強く吹き気温も余り上がりませんでした。

写真は玉ねぎの畝作りの準備中で、有機石灰、堆肥、私は玉ねぎの元肥はいつも少ないので
今年は少し多めに入れて10月9日に耕耘機で耕しました。

une-2.jpg 
2日後畝表面にタネバエ、コガネムシの幼虫被害予防としてダイアジノン5を撒き
マルチングを済ませました。
昨年はタネバエにやられて大量の苗が根が解けて枯れてました。

une-3.jpg 
私の畝は高畝なので市販の穴あきマルチだと、穴から外の両端が短いので土の中へ
埋め込みが出来ないので普段使っているマルチを利用してマルチカッターで穴を空けます。

玉ねぎの植え付けた畑でよく見る光景は、風でマルチがめくれているのをよく見かけます。
シッカリとマルチ押さえで止めるか、私の様に土中深くに端を埋め込まないと
マルチが穴だらけなのでそこから冬の北西の風で入り込み飛んでしまいます。

穴あけ目印はヒモを使いセンターの株間はキッチリと計り、ヒモの左に見えている竹串が丁度15㎝なので
それでマルチに穴を空けてマルチカッターの目印にします。
以降はヒモを横へ15㎝ずらして穴を空けていきます。
条間株間とも15㎝㎝で1、2、4、5列目は3列目の株間の穴に合わせて目測で穴を
空けていきます。
どちらにせよ手間はかかります。
丁度友達が見に来てこんな事俺には出来へんと言うから、これは曲がったことが嫌いな
俺にしか出来ないことだ言うと納得していました。

ちょっと小休止をして今年は里芋を植えてないと言うので、里芋の写真はありませんが私の立派な
里芋一株を上げました。
こんな大きな里芋見た事ないと言うので、退職したらまた作り方教えたるわいと言いましたが
よく考えると畑の栽培経験は私よりも5年ほど長いんですよ。

une-4.jpg 
暫く雑談後再び目印の穴空けですがふうっ  中腰なので腰に来ますね。
市販の玉ねぎ用のマルチは45mmの穴が空いていますが、私の使っている『ぽんぽんカッター』
穴が40mmです。
tama-1_201411031736463a1.jpg 
午前中にマルチの穴あけ準備をして、午後からの植付です。
植え付ける玉ねぎ苗は一番奥の苗。
9月8日に種蒔きした極早生苗のジェットボール今日11月3日で55日苗に成りました。

tama-2_2014110317374065f.jpg 
間引きは種蒔き後25日目で1度だけして、追肥は1回種蒔き後20日位で
中耕を兼ねて都合中耕は2度しました。


少し生育が進みすぎてちょっと大苗に育ちすぎました。
極早生苗は生長が早いですね。

tama-3_201411031737446c5.jpg 
抜いた苗です。

tama-4_2014110317374865c.jpg 
植え付けながら太い苗ははねていきます。
根は抜いたままだと長すぎて埋め込み難いので切ります。


tama-5_2014110317375335a.jpg 
ちょっと太いかなぁと思う7~8mm位のは21本有りました。
太い苗は最後に纏めて植え付けました。

tama-6_2014110317375826c.jpg 
何回か腰がはってくるので立ち上がり   155本植え付けました。
予定では200本の苗を当て込んでいましたが、根切り虫に根っこからやられたりヨトウムシだと
思いますが葉の途中から切られたりでだいぶ苗が減りました。

この後水をたっぷりとやり防草と雨に叩かれて株元の土がゆるくなるので
籾殻を株元へ撒いておきました。

中晩生のアサヒ3号は11月15日以降の植え付けを予定しています。
二畝で860本植え付ける事が出来ますが、一畝435株分は我が家の分
もう一畝425株分は妹と弟が植え付ける分です。

今育てている苗が上手く育てば450本位は採れそうなので、もう一畝分は150本ほど
苗を購入すれば良さそうです。
ひょっとすると我が家の分として紫玉ねぎ苗を購入して50本植え付けするかもしれません。

関連記事

Posted on 2014/11/04 Tue. 06:39 [edit]

category: 玉ねぎ

tb: 0   cm: 6

そら豆と実エンドウ、ツタンカーメンエンドウ豆の栽培をします。  


DSC02412_サイズ変更
毎年10月末か11月初旬遅くても3日迄に種蒔きしているそら豆と実エンドウ
今年も栽培することになりました。

一寸そら豆は『陵西一寸』 昨年の残り種
実エンドウ『ウスイ』 これも昨年栽培予定から外した残り種
紫エンドウ『ツタンカーメンのエンドウ豆』 昨年ブロともさんが栽培しているのを見て
私も栽培してみたいと思い種を入手しました。
収穫した豆は普通の豆ですが、豆ご飯にすると赤飯の様な赤い色になるんですね。

DSC02413_サイズ変更 
左が昨年収穫して種採りした陵西一寸

DSC02414_サイズ変更 
24株分種蒔きをしました。
畝の長さは約13mなので株間50㎝でゆったりと栽培します。
そら豆はポリポットでの種蒔きは発芽率も良く、過去ほぼ100%発芽しています。
約10日位~発芽が始まります。

種はおはぐろを斜め下に差し込んで1/3位は外に出ています。
種をシッカリ埋め込んでしまうと発芽率が悪く成る様です。

DSC02417_サイズ変更 
ツタンカーメンのエンドウ、見た感じ普通の豆と変わりないようですが、少し紫がかった
色をしているといえばしている感じ。

DSC02419_サイズ変更 
青ポットがツタンカーメン、黒ポットがウスイ
1ポット3粒蒔いていますが、育てるのは植え付けして暫くしてから2本にします。
まだ畝の準備が出来ていないので、週明けお天気になれば進めて行きます。

エンドウ豆は発芽日数も早くて5日程で発芽が始まります。

そら豆、エンドウの種蒔きが終われば、残りは寒締めほうれん草の種蒔きで
今年の種蒔きも終わりに成ります。
この冬のほうれん草は寒さで一段と甘味がのるので必ず種蒔きしたいですね。

この後の畑での作業は極早生の玉ねぎ苗が大きく育っています。
11月5日迄には植付をしたいです。

関連記事

Posted on 2014/11/03 Mon. 06:01 [edit]

category: 種蒔き

tb: 0   cm: 2

荒起こしが全て終わって笑ってしまうことが。  

DSC_0240_サイズ変更 
先日の投稿記事で10月31日、11月1日で我が家の田んぼの荒起こしをすると
書きましたが、10月30日の朝の新聞で週間予報を見ていると10月31日が雨の予報に。

新聞だから余り当てには出来ないと思いスマホで天気予報を見てみると
ありゃっ、雨か

かみさんにその話をすると今日したら・・・かわへんよ。
実は30日にかみさんの買い物の付き合いに行く予定でした。

そんな訳で急遽田起こしに、この場所は昨年耕作放棄地になっていた3枚のうちの一枚で
50㎝程の落差で3枚続きで段々になっている田んぼ。

一番上で水が入らないだろうと言うことで、昨年は作付けをしなかった。

私もその時点では草燃やし何回かトラクターで耕して植え付け出来る様にお手伝いをした。

それでこの秋終わった時点で○○さんが、来年からはもうこの田んぼ自分が出来ないと
話が有ったので、理由を聞いて見ればまぁ納得出来ると言うか、始めからよく考えれば
分かっていたことですが。
ならば私が作付けするよと言う話に成ったんです。

その○○さんの田んぼから写真の田んぼを含めて4枚続きの段々で、条件的には好条件なのですが
残念な結果になりました。

で私が作付けするに当たり3枚の田んぼは○○さんの田んぼまで進入路が有るが、
そこから上3枚は道がないので、土手渡りになります。

一旦植えてしまうと写真の田んぼの草が生えてくると、トラクターを入れることが出来ません。
なので道をつけるかも分からないのでその分を空けて田起こしをしました。

なんとか草が絡みながらも綺麗に起こせました。
でもう1度本当に水が入らないかよく検討して、もし水が入りそうなら来年作付けをしてみる予定です。

それでこの日は請負の荒起こし12aも入り、帰宅したのが夜6時前で最後の一枚は途中から
トラクターのヘッドライトを点灯させての作業となりました。
昼間は暑いくらいでしたがさすが陽が落ちると共に気温も下がり

お風呂に入り今日はよく頑張ったぞ、段取りよく進んだ うんうん。
何反起こしたのかと計算していると、82a あれっ、計算が合わないぞ。
すっかりと荒起こしを忘れている田んぼ2枚13aが すぐ側をトラクターで
移動していたんですけどね (^▽^)

多分ですが今日は目一杯時間がかかるのは分かっており、1日で頑張れば出来ると予想して
お昼に請負の田起こしの話があり、それも途中で組み入れて次の田んぼの順番より
その先の田んぼの事を描いていたのでこんな結果に成ったと想像しています。

始めから1日半で段取りを組めばよかったが、雨の予報がでていたのですっかりこんな結果に。

皆さん笑ってやって下さい。

別に失敗したわけでもなくよその田んぼの荒起こしをしたわけでもないので、
私も笑いながらこのブログを書いています。

結局移動も含めて10a約1時間の田起こしに掛かった計算になります。
先日耕耘爪も交換して切り株も良くひっくり返っていました。

無駄な動きをしなくていい様に順番を描いて、段取りよく出来たと思っていたらこんな事に
6ヶ所12枚、忘れた田んぼを含めると7ヶ所14枚。

結局翌日曇りながら小雨が降る前に最後の2枚13aを起こして、かみさんの買い物にも
付き合い出来ました。


関連記事

Posted on 2014/11/01 Sat. 06:01 [edit]

category: 米づくり

tb: 0   cm: 2

プロフィール

FC2カウンター

カレンダー

ブログランキングバナー

最新記事

Categories

blog link

ブログ村ランキング

人気ブログランキング

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。