kazuちゃんのお米作りと気ままな菜園日誌

米作りと地域担い手、野菜は自給自足を目指して、美味しい野菜作りにチャレンジしています!!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

エンドウ、そら豆は寒さに負けていません。  

今年も残りわずかになりました。
今朝の最低気温は-6度位まで下がっており今年一番の冷え込みとなりました。

sai-1_2014122817182529e.jpg

その寒さにも負けずエンドウが少しずつ生長しています。
先日防寒対策をしましたが、巻きひげを絡めながら寒さに耐えています。

sai-2_2014122817182966b.jpg 
朝9時30分の様子ですがまだ霜が不織布のトンネルの上に残っています。

sai-3_2014122817183387f.jpg 
不織布の中ではそら豆が元気に育っています。
今朝の寒さでもシッカリとしていたのでこの冬は難なく越冬出来そうです。

DSC02854_サイズ変更 
第3菜園はこの時間でもまだ陰っています。

DSC02855_サイズ変更 
車を挟んで左半分だけ耕作して、右半分は今年は耕作していませんでした。
夏以降草がボウボウでしたが、先日よりやっと草刈りを終えて枯れ草を焼
綺麗になりました。
トラクターで耕せばよかったですが、綺麗に掃除をしたあとですのでこのまま年越しです。
今は第1菜園75㎡と第2菜園106㎡、第3菜園は480㎡の内210㎡を耕作しています。
あわせると391㎡約120坪弱になります。
今年は田んぼをやりながら、なんとか目標の家庭菜園に力を入れることが出来ました。

でも来年は田んぼの耕作面積、請負をあわせると4.3ヘクタール、それプラス畦塗り1.7ヘクタール、
稲刈り1ヘクタール、籾摺り・乾燥1.5ヘクタールとなる。

まだ来年蓋を開けると増える可能性も有るので、何とも言えないが第3菜園までは手が
回らなくなる可能性が大です。

畑の植え付け時期は可成り遅く成りそうですが、出来るだけガンバって植え付けたいと
思っています。

sai-4_20141228171836dd4.jpg 
自宅前へ戻り第2菜園。
ブロッコリーはこの寒さで収穫が殆ど止まっています。

sai-5_20141228171841d7d.jpg
ニンジン『甘美人』8月23日蒔きと9月9日蒔き
寒くなってきたので生長が止まりました。
ビーニールトンネルをして生長を促進しています。
ちょっと追肥も足りなかった様で、寒さとダブルパンチになり、先日から液肥を与えています。

sai-6.jpg
12月5日に24ヶ所種蒔きしたベーターリッチ。
発芽予定の12月24~25日を過ぎても、全く発芽気配は無しでした。
今日どうなっているのかと、覆土をコチョコチョと浅く掘り返して見ると
まだコート種子の丸いまんまでした。

じっくり見ると1穴に発芽が見られ、左はシッカリと発芽しているのが分かり
右にも薄いグリーン色が見られます。

種蒔き後すぐに2回大寒波がやって来て気温が上がらず、発芽が可成り遅れているのでは
と思います。
これはいけないと思い、種蒔き2週間後にビニールトンネルの下に、不織布のトンネルを掛けて
二重にしました。

今回で6回目の冬蒔きニンジンですが、ビニールトンネルの内側の結露が凍っているのを
始めて見ました。
もう少し早く不織布とビニールのダブルを早く思いつけば、今頃は全て発芽していたと思います。

年明け10日迄には第2段の種蒔きをしますのでそれまで気長に待ってみます。

sai-7.jpg sai-8.jpg
本日の収穫はニンジン甘美人、とブロッコリー夢ひびき最後と、スティックセニョール
ニンジン真ん中の大きいので18㎝程です。
先日収穫したのを生でかじってみました。
ニンジン臭も殆ど無くてとてもとても甘いニンジンでした。
これならサラダ、ジュースにしてもそのままで食出来ます。
今後は甘美人の栽培を増やしていきます。

ブログの投稿は今夜が最後となりました。
ブログを始めたのが2012年1月6日だと記憶していますが、Yahoo!ブログからFC2ブログに
引っ越してきて早1年10ヶ月となりました。
日々訪問者数も増えて沢山の方に閲覧していただき80000人を超えました。
こんなつたないブログへ訪問していただき、とても嬉しく感謝しています。

年が明けても同じような米作り、野菜づくりに特化したブログしか
更新出来ませんが、少しは私生活も含めて違うことも投稿したいと思っていますので、
引き続き訪問、閲覧していただければ更新の励みに成ります。

ブログ村のランキングも皆さんの応援のお陰で、ほぼ1年近くは1位をキープ出来ていましたが
最近は下降気味に成ってきました。

来年からはランキングの事は意識せずに、登録カテゴリーをもう1ヶ所増やして
沢山の方に訪問して頂ければと思っています。

皆さんどうぞよい新年をお迎え下さい。
来年もよろしくお願いします。


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/12/28 Sun. 17:14 [edit]

category: 豆類

tb: 0   cm: 8

穴底植えの下仁田ネギ初収穫とどこまで大きく成る白菜。  

DSC_0333_サイズ変更
少し前に石倉1本ネギの初収穫の投稿をしましたが
同じ日に穴底植えした、写真下仁田ネギの初収穫をしました。

先日からの大寒波で葉もしんなりとして元気がありません。

       DSC_0337_サイズ変更    
         こちらは同じ畝内に植えて有る石倉1本ネギ。
           順次収穫中です。

simo.jpg 
下仁田ネギを収穫してみました。
穴底植えでその後全くの放任でしたが、それなりに綺麗な下仁田ネギが収穫出来ました。


DSC02840_サイズ変更 
収穫時葉っぱの付け根付近を持ち抜き取ったら、軟白部分だけ土の中に
残り、そういえば昨年も同じ事をやっていたなぁ 

石倉1本ネギだと問題なくスーッと抜けてきたが、根の太さと長さが違うようです。
結局移植ゴテで掘り出しました。
来年の今頃もまた忘れてしまって、同じような事をやっているんでしょうね。 
歳はとりたくないね

来年も一応栽培する予定です。
種蒔きは3月8日にビニールトンネルで保温して10日後に発芽しました。
植付は遅く成り8月4日でしたが太くて綺麗なのが採れています。

秋蒔きの場合は4月頃に大きく育った苗を仮植えをして、もう1度7月~8月
に本植えをしなくてはいけないようです。

私の場合4月は田植えの準備で走り回っているので
仮植えは多分出来ないだろう。

これだけ立派なのが採れているのだから、春に種を蒔き
7月中に植え付ける様にすれば充分です。
本当は秋蒔きで仮植えをして、本植えをする方が柔らかいネギが
採れるようですよ。

穴底植えを継続してやるかはちょっと考えもんです。
確かに楽ですが、真夏に植え付けるのでマルチ熱で、何本か枯れてしまった。

植え付け時の様子ですが興味の有る方はご覧になって下さい。

マルチ穴が狭いのでネギ苗がマルチにつかえて枯れてしまう。
マルチの穴を大きくすれば問題ないが、雨で穴が埋まってしまう可能性は大
その辺が難しそうですがまた考えて見ますか。

DSC_0329_サイズ変更  
白菜 残り13玉になりましたが、残っている殆どがこれ位の大きさに成っています。
これを測ろうとすると体重計にだかまえて乗って、その後自身の体重を量ると
6.3kg有りました。 
過去には8kgを超えたことがありますが、まだ成長中なのでどこまで大きく
成るんだろう。

1個収穫すると当分残っています。
家族が多いときは重宝したが、今は4人家族、使い切れるミニ白菜の方が
喜ばれます。

関連記事

Posted on 2014/12/25 Thu. 05:20 [edit]

category: ネギ類

tb: 0   cm: 8

ドデカイ里芋が採れています。  

sat.jpg
里芋はこの寒さですっかりと地上部の葉っぱは解けてなくなりました。


ここ何年かは里芋は好調で、大きいのが採れています。
里芋は肥料食いですが、それよりも水をたっぷり潅水した方が
大きくて美味しい里芋が採れます。
なお良いのは粘質の土壌が最高ですね。
今日は大和里芋を掘り起こしました。
どうです、デカイでしょう。

sat-2_20141222124428dd3.jpg 
数えてはいませんが7~80個程は有ります。
芋の大きさを比べるために何か無いかと探して、マルチ押さえを載せましたが
比較出来ませんね。

sat-3_20141222124433829.jpg 
3株収穫して自宅へ戻るまでに2/3程はあちこちへお裾分けに回りました。
あと大和芋と赤目大吉が5株残っています。



関連記事

Posted on 2014/12/22 Mon. 13:02 [edit]

category: 里芋

tb: 0   cm: 4

冬野菜はこの寒さでグッタリしています(゜Д゜)  

DSC02833_サイズ変更
この寒さで野菜達もすっかりと元気なくグッタリとしています。
『千筋ミズナ』第2段もう収穫出来るサイズになっています。

DSC02825_サイズ変更 
『サラダミズナ』不織布のトンネルを取り外してから生長が止まりました。

DSC02826_サイズ変更 
そのサラダミズナの隣で、不織布のトンネルからビニールトンネルに変えて、中で温々と育っている
玉レタス『シスコ』
この分だと収穫は1月終わりか2月になりそうです。

DSC02827_サイズ変更 
同じく『シスコ』秋蒔きで三作目になります。
11月8日に種蒔きしたが、収穫は初春くらいに成りそうです。
ほうれん草を収穫したあとへ種蒔きしました。

DSC02829_サイズ変更 
『リーフレタス』10月24日に種蒔きしました。
その後11月8日にも種蒔きしています。
こちらもほうれん草収穫後を利用して種蒔き、『サラダミズナ』は『リーフレタス』と
『シスコ』
を栽培していた所へ種蒔きしました。
三種類の『アブラナ科、キク科、アカザ科』もう1回この状態の畝で
ローテンションさせて種蒔きが出来ます。

DSC02832_サイズ変更 
キャベツ『富士早生』11月13日7株植え付けました。
寒さで葉がダランとしています。

DSC02837_サイズ変更
現在収穫中のキャベツ『彩音』12株植え付けて残り5株となりました。

DSC02834_サイズ変更 
白菜はまだ防寒対策をしていません。
今年の白菜は大きく成りすぎて残り13株程ですが、すべて4kg以上有ります。

DSC02835_サイズ変更 
大根『千都』この寒さで元気がなくなりました。

DSC02836_サイズ変更 
『千都』は始めて栽培した品種ですが、今年の大根は白菜同様大きく成りすぎています。
まだ第2菜園に『三太郎』と『耐病総太り』が残っていますが、余りにも土から根が
出ているので先日収穫したら根長が50㎝程有りました。
次回収穫時に長さを測りたいと思います。

その他8月23日、9月2日に種蒔きしたニンジンがこの寒さで生長が止まっています。
寒波がくる前にビニールトンネルで保温しました。

ニンジンは年に何回となく種蒔きしていますが、今回この時期に種蒔きしてここまで育ったのは
初めてで、温暖地ならもう収穫出来ているはずですが、中山間地での栽培は少し収穫が
遅く成るのを今回始めて経験しました。
茎ブロッコリーも少し前まで沢山収穫出来ていたが、いま収穫が止まっています。

さて時期的に来年栽培する種の注文の時期が来たので、在庫の種確認を急がなくては
いけません。

今年は家庭菜園に力を入れて沢山の野菜を栽培しました。
その甲斐があってかみさんが、夏場にはキャベツ、レタス、ほうれん草などを買っていたが
殆ど自給できたように思います。


関連記事

Posted on 2014/12/20 Sat. 05:48 [edit]

category: 菜園全体

tb: 0   cm: 6

雨降り前に極早生タマネギの追肥を!  


11月3日に植え付けた極早生ジェットボール155株、翌日雨の予想が出ていたので
1回目の追肥をしました。
今回は追肥にバイオダルマ菌と、籾殻代わりに大山田コンポを株元へかぶせます。

tama-2_201412161632587fb.jpg 
追肥のバイオダルマ菌は元肥に混ぜて使った事は有りますが
追肥のみで使うのは初めての試みです。

tama-3_20141216163301ea2.jpg 
堆肥大山田コンボ、籾殻が風で飛んでしまうので試しに株元へ置いてみました。
肥料成分も多少有るので、バイオダルマ菌とマッチすると思います。

tama-4_20141216163304285.jpg 

tama-5_2014121616330839f.jpg 
籾殻同様霜で土が浮き上がらないと期待しています。
極早生だけ有って育ちもよくシッカリとしてきました。

tama-6_20141216163341163.jpg 
11月10日に植え付けたアサヒ3号ですが、鹿に踏まれて大きく穴が開いています。

tama-7_20141216163346d48.jpg 
こちらはまともに踏まれていたが、一週間ほど様子を見ていたら少し伸びて来た様な感じがします。
3ヶ所ほど同じような被害が出ています。

被害が止まらない様ならば回りにヒモを張り対策をと考えています。
鹿は猪と違い2.1mの支柱にヒモを3段くらいに張り、畑を囲えばこれ位の被害なら止まります。
ただしその気になれば高さ2m程の障害物など軽くジャンプして超える事が出来ます。

tama-8_20141216163350335.jpg 
赤玉ねぎ50本貧弱で枯れてしまうかと思いましたがシッカリとしました。

tama-9.jpg 
いい感じですね。
ネオアースもよく似た感じで育っています。
アサヒ三号、赤玉、ネオアースは年末か年明けに追肥をします。

関連記事

Posted on 2014/12/17 Wed. 05:34 [edit]

category: 玉ねぎ

tb: 0   cm: 6

今年最後のほうれん草発芽と生長  


ho-1_20141212195318708.jpg
 
現在収穫中のほうれん草『オーライ』は10月19日に種蒔きしました。
最近の寒さで甘味ものりはじめました。
冬場に栽培するほうれん草は一番美味しいです。


ho-6_2014121219540296c.jpg 
11月12日に種蒔きした同じく『オーライ』 発芽率が悪いのでキッチンペーパーに浸して
発根してから40ヶ所へ種蒔きした。
すべて発芽して生長しています。

ho-4_20141212195329400.jpg 
11月22日にも時間差蒔きで40ヶ所に種蒔きしました。
発芽率は良くて100%です。

ho-5_20141212195333afe.jpg 


ho-7.jpg
久しぶりにトンネルを開けて水をやりました。

ho-2_20141212195322fb7.jpg 
今年最後のほうれん草の時間差蒔きは11月30日に46ヶ所へ種蒔きしました。
さすがに寒い時期とこの場所は日当たりが悪いので、こちらの方へは穴開きビニールではなくて
普通のビニールでトンネルをしています。

待つ事12月11日位から発芽を確認しました。

ho-3_201412121953269a7.jpg 
赤い帽子が可愛いですね。 
まだすべて発芽していませんが、そのうち出て来るでしょう。
今年は春に2回と9月から頑張って7回種蒔きをしました。
1度に種蒔きすれば楽ですが、1度には食べきれません。
一手間掛かりますが収穫も途切れなくて重宝しています。
約5m弱の畝に126ヶ所種蒔き、最終間引きは1穴2~3株に残して
育てていきます。

私は腎臓結石で左右に5個づつくらい結石が溜まっています。
今までほうれん草は石が溜まるのでと敬遠していました。
最近医師もそんな事は有りませんよ、石が溜まるほどほうれん草を食べようとすると
多分食べきれないほどの量ですよと伺いました。
広島のブロともさんも同じような事をアドバイスしてくれました。

それより怖いのは硝酸態窒素ですね。
不自然に葉の色が濃い野菜、苦みが有る野菜がそれです。
化学肥料は悪いわけではありませんが、特にその傾向が出やすい様です。
私はぼかし肥を作り始めたのが2011年です。
始めの頃は化学肥料と違い、肥料の効き出しも遅く生長も緩やかですので
頼りなかったですが、収穫して見ると大きさも変わりなく味がいい野菜が出来ます。
何年か栽培していると馴れもあるし、葉の色が化学肥料と違いとても自然な色合いに
成ります。

かといって有機肥料だから安心とは言えません。
窒素が少ないとその分生長も悪いですが、出来るだけ窒素は押さえて栽培したいですね。

市販されている野菜は肥料加減、消毒などの回数などは消費者からは見えません。

家庭菜園ならそのさじ加減が出来ます。
出来るだけ安心安全な野菜作りをしたいですね。

さて来年は何回くらい種蒔きが出来るか楽しみにしています。

関連記事

Posted on 2014/12/15 Mon. 05:56 [edit]

category: ほうれん草

tb: 0   cm: 6

そら豆とエンドウに防寒対策をしました。  


11月27日に植え付けたそら豆『陵西一寸』 23株
先日からの大寒波で心配していましたが、元気に生長しています。

so-2.jpg 
明日からメチャクチャ寒くなるので防寒対策をしました。

so-3.jpg 
不織布のトンネルで充分越冬出来ます。
今日はまだそんなに風が強くないですが、ダンポールに不織布を被せようとすると
いきなり風が吹き、不織布を止めるのが大変でした。

左に見えているのはエンドウのトンネル、このあと防寒対策をします。


en-1.jpg 
11月21日に植え付けた『ツタンカーメンエンドウ』6株と『ウスイ』10株。
風で茎が何本か折れていたので急遽不織布のトンネルで暴風対策をしました。
そのお陰で防風対策には成りましたが、トンネル内は暖かいので生長が良すぎて
大苗になりすぎました。

en-2.jpg 
不織布のトンネルは外して藁で防寒対策をします。
毎年やっている防寒対策は藁で囲んで、霜対策と防風対策を兼ねます。
稲刈り時藁は余るほど出て来るのに、うっかりと採り忘れて麦藁で帽子を作りました。

en-3.jpg 
1穴2本植えと3本植えに成っているのが混じっているので、地際からハサミで切り
2本植えにしました。
都合良くて茎が折れているのをカット出来ました。

ne-4.jpg 
16ヶ所出来上がりました。
蔓も伸びており藁に巻き付いてくるので安心です。
この後誘引作業ですが、毎年凝った事をしていたが、今年は極簡単に
誘引ネットをするだけにします。

途中で携帯が鳴り急用が出来たので、片付けせずにすぐにすっ飛んでいきました。
これで気になっていた防寒対策が終わり、さて畑もする事がなくなったぞ

右の空き畝にボコボコと穴が開いていますが、鹿が通った足跡でその右に玉ねぎを
植えて有るが畝の植えを歩いてあるので、玉ねぎが何本かつぶれています。
また後日の投稿時にのせます。

今日は甥っ子の結婚で家族全員、明日は叔母の1回忌で遠いところなので
早朝の出発になります。
この週末は慌ただしく忙しいです。
関連記事

Posted on 2014/12/13 Sat. 05:53 [edit]

category: 豆類

tb: 0   cm: 4

里芋種保存とニンニクに追肥をしました。  

畑もタマネギ、エンドウ、そら豆の植え付けも終わり一段落。
とはいうもののそら豆、エンドウは暴風対策で不織布のトンネルをしただけで
肝心の防寒対策がまだなので急がなくてはと思うものの、この時期の暖かい日になれば
田んぼを優先にして田起こし、畦畔の草刈りも残すところ2ヶ所になってきた。

そろそろブログもネタ切れで、ブログ更新昨年12月は18回、翌年1月で15回更新している。
内容は見ていないが何か話題があったんだろうか。

2月に入ればトマト、ナス、その他の種蒔き準備で、それなりのネタも湧いて来そうです。

今年2月17日にナス接ぎ木苗の、穗木の種蒔きをしています。
まだ種の注文はしていないが、一応接ぎ木苗をやる予定はしています。
正直接ぎ木苗をするにせよトマト、ナスの種、穗木の種代が高くて苗を買った方がはるかに安いです。

でも好きな品種の接ぎ木苗がないのと、正直ショップではこの苗でよくもお金を貰えるなぁと思う
苗が多いです。
妥協出来ない性格なのでしかたないが、苗を買ってきてぼやく位なら自分で接ぎ木をすれば
いい事で、連作も病気も回避出来ればと思い立ったのが始まりです。
以降ナスの青枯れ病、半身イチョウ病は全く出なくなったのには驚いています。

多めに栽培して友達には失敗分を差し引きして残れば差し上げています。
トマトは可哀想な位毎年青枯れ病になり、ナスも始めのスタートは良くて
綺麗なナスが採れているのに、7月以降はさっぱりで私が差し上げた苗を植えて
今までこんなに沢山収穫出来た事が無いと、嬉しそうに  話しかけてくると、単純な性格ですので
私も嬉しくて、今年も頑張って見ようかと思ってしまいます。

家庭菜園なので損得の計算をせずに、楽しみの一つだと思うのが一番でしょうが、家庭菜園の
意気を超えて、所詮自己満足の世界に浸っているだけかもしれません。



             
今年収穫したホワイト六片を保存しておき、9月24日に埋め込んだニンニク84ヶ所。
76ヶ所まで萌芽を確認出来たが、残りはもう駄目でしょうね。
写真は午前10時前に撮りましたが、冬の間はご覧の通り陰が多くて、
午後からは全面に陽が当たる様に成ってきます。

ni-2_20141209130516fb9.jpg
陰の部分はまだ凍っています。
1回目の追肥をしました。
ぼかし肥を久しぶりに仕込んでいますが、思う様に発酵してくれず結局有機入り化学肥料を
使いました。
ニンニクだから有機にこだわる必要も無いし、化学肥料の方が追肥がしやすいですね。

sat-1_201412091305203eb.jpg 
すっかりと遅く成ってしまった、来年用の里芋の種。
収穫後一日お日様にほして、その後陰干しを一週間ほどしました。

sat-2_20141209130524173.jpg 
トロ箱の底に籾殻を入れて、種にする里芋を1個1個新聞で包んで保存します。

sat-3_201412091305287fd.jpg 
今まで車庫で保存していたが、腐って失敗しているので
今年は部屋で保存してみます。
毎年3月中旬頃に保存した種を確認してみると、新聞紙が湿気っているのは
ほぼ腐っているので、今年は里芋を完全に乾かしてみた。
いい結果が出る事に期待しています。

DSC02666_サイズ変更 
根菜類を栽培しているととんでもない形の物が出来たりしますが
私はこんな傑作品のようなのが採れたのは初めてです。
いろいろ想像出来ますね。

関連記事

Posted on 2014/12/11 Thu. 06:06 [edit]

category: 里芋

tb: 0   cm: 8

落とし込みの石倉一本ネギ収穫と田起こし  

neg-1_20141208170652165.jpg 
8月4日に穴底植えした石倉一本ネギ82本と下仁田ネギ50本ですが
植え付け後まったく手入れもせず、ほったらかしでしたが収穫出来る大きさまで生長しました。
今回は石倉1本ネギの方を収穫して見ました。

neg-2_2014120817014310b.jpg 
軟白部分で20㎝有り、まずまずなのが採れました。
マルチに穴を開けて落とし込んだだけでしたが、真夏の暑さで何本かは枯れてしまった。
石倉一本ネギは初めての栽培でしたが、本来はもっと軟白部分は長いんでしょうか。




ta-1_2014120817014687f.jpg 
寒い日が続いていましたが、昨日は久しぶりに風もなくて暖かい日でした。
きゅうきょ耕作する事になった田んぼ15aに土壌改良剤の魅力アップを散布。
写真の右側にも私が耕作している田んぼ25aが有ります。

ta-2_20141208170151c9f.jpg 
その後ライムシーワを外し、ロータリーに付け替えて荒起こしをしました。
今日は荒起こしの設定をTPOは従来通り1、速度は副変速低、主変速は5前後でしたが
副変速を中、主変速を3~3.5で起こしました。
かなり上下にゴトゴト揺れましたが時間も早く15aを40分ほどで起こせました。
でも胃が上下に揺さぶられてあまりいい気分ではないですね。

この一年間出たり入ったりとめまぐるしかったですが、最終私の耕作面積は120aで落ちつきそうです。
落ちつきそうと言うよりもこれ以上増やすと、請負仕事に支障が出るので増やしません。

請負仕事は別として、私が耕作する田んぼは地区内に点在しているが、部分的に集約出来て
きました。

来年度の植付は2年間コシヒカリ一辺倒でしたが、農繁期になれば作業が集中してくるので、
請負を優先させるためにも、120aの半分はコシヒカリを2回に分けて、もしくはコシヒカリと
キヌヒカリに分けて、半分は例年通り5月2日前後に、残りは請け負い仕事が一段落する頃に、
植え付けようかといま計画中です。

田植えは1日も有れば120aは植え付け出来るが、苦手な代掻きに時間が掛かるので
代掻きを短時間で出来る方法を教えて欲しいです。 




関連記事

Posted on 2014/12/09 Tue. 06:07 [edit]

category: ネギ類

tb: 0   cm: 8

冬場のニンジン種蒔き(その1)  

12月の初冬にこれだけの冬将軍の到来も珍しいですね。
四国では今まで耳にした事が無い様な、車が何百台と国道で立ち往生したTVニュースで
流れていましたが、この冬の寒さはどうなんでしょう、ちょっと心配です。
昨日は午後からゴミの様な白いのがチラチラとして、今年の初雪?の気配が有りました。

2010年2月から始めたニンジンの冬蒔き。
今年で6年目になります。
えっ5年でしょうとお思いでしょうが、実は昨年からはニンジンの種類を増やして早蒔き出来るので
ひと月早めて12月から種蒔きを始めています。
もちろん年明けの2015年1月にも種蒔きをします。


今回の種蒔きも夏に種蒔きした品種と同じで、左からの順番で3回に分けて
種蒔きをしていきます。

ni-2_20141205171308b28.jpg 
畝の準備は11月10日に良質の堆肥を混ぜ込んで、25日も経過したので充分土に
馴染んでいます。
今日は風が強くて体が冷え込んで、鼻水を  たらしながらマルチの穴あけをしました。
条間15㎝、株間10㎝で80ヶ所開けました。

ni-3_20141205171312668.jpg 
第一段としてベーターリッチ、他のニンジンと比較しても種蒔き適期が長くて、今回24ヶ所
1穴に8粒種蒔きしました。

ni-4_20141205171316fca.jpg 
何粒発芽してくれるかハラハラです。

ni-5_20141205171321d27.jpg 
その後覆土して土をシッカリ押さえて、種と土を密触させます。
籾殻を被せて、不織布を被せ、その上から超たっぷり水をかけます
覆土してその上から水をかけると、覆土が薄いので土と種が横に流れやすいので
すべて終わってから水をかける様にしています。

ni-7.jpg 
ビニールトンネルを完璧にして発芽まで3週間は待ちます。
途中の水やりは過去1回しかしていません。

ni-6_20141205171358069.jpg 


ni-8.jpg 
ビニールの裾は防草シートの中へ入れ込んで、寒気が裾から入りやすいので防いでいます。

冬蒔きニンジンはこんな感じで防寒対策さえキッチリすれば、夏場の種蒔きよりは栽培は
楽ですし成功率は高いです。

過去に種蒔き後何ヶ所かは発芽しなかった事は有りますが、発芽せずに種蒔きをしなおした事は
一度も有りません。

本葉が展開するまでは弱いので、特に寒さに気をつけてやりたいです。

種蒔きから収穫までは昨年12月8日種蒔きで翌年5月1日
1月11日種蒔きで5月17日が初収穫でした。
その頃になると田んぼも忙しくて、嬉しい時期でも有り顔を引きずる時期でも有ります。
関連記事

Posted on 2014/12/07 Sun. 06:15 [edit]

category: ニンジン

tb: 0   cm: 6

冬野菜の収穫が最盛期です。  

収穫-1
『キャベツ彩音』最近の暖かさで急激に生長しています。
変な書き方ですね、少し前の暖かさで急成長しました。

収穫-2 
収穫予想は12月後半から1月にかけてと予想していたが、早くに収穫してしまいそうです。

収穫-3 
先日に続き綺麗な『彩音』が収穫出来ました。

収穫-4 
今年の白菜は平均大きいのが採れています。
左の白菜で6kg有りました。
元肥のぼかし肥に油粕を少し混ぜたのがそのまま結果に出ているようです。

収穫-5 
でも一畝7個だけヨトウムシ被害で酷い状態に成っています。
不織布のトンネル掛けをしており、外せば一畝だけこの様な状態で、手の施しようが
無かったです。


収穫-6 
先に虫食いの白菜から収穫を始めています。
凄い葉の枚数ですね。
食べる所がなくなりそうですね。

収穫-7 
何枚葉をはがしても穴開きと噴は止まりません。
大きい白菜だからまだいいけれど、これで小さければ食べるところが無くなってしまいそうです。
参りました。

収穫-8 
大根は暖かすぎて丸々太っています。
左1本は耐病総太り、右が三太郎、おでんなど煮炊きをすると、三太郎は柔らかすぎて
少し困ります。
レタス『シスコ』 毎朝美味しく頂いています。

収穫-9 
ニンジン『Dr.カロテン5』、ホワイトステック、パープルスティック。
追肥が少なかった様でDr.カロテン5にバラツキが出ています。
でも味は甘くてニンジン臭も少なくてとても美味しいですよ。

収穫-10 
茎ブロッコリースティックセニョールと夢ひびき、夢ひびきは収穫終盤となってきました。

今日は一気に収穫してすべて妹宅へ行きました。



関連記事

Posted on 2014/12/05 Fri. 05:44 [edit]

category: 収穫

tb: 0   cm: 4

今年の植付はそら豆で終わりです。  

この時期にしてはまとまった雨が降り続きますが、いよいよ寒さも本番となる
お天気に変わりそうです。

sora-1.jpg
  
10月31日にポリポットへ種蒔きして育てていたそら豆。
24ポットへ種蒔きして1ポットは発芽しなかった。
発根がして少し発芽していたが結局待てど、生長には至らなかった様です。
他は順調に育ち植え付け出来る大きさに成りました。

sora-2.jpg 
第3菜園畝長は13mシッカリ有ります。
等間隔に並べておおよそ55㎝弱の株間。

sora-3.jpg 

sora-4.jpg 
植え付け完了です。  
昨年、一昨年とそれほどアブラムシの事は気にならなかった。
来年5月末の収穫が待ち遠しいです。

sora-5.jpg 
そら豆は寒さには強いですが、一昨年この第3菜園で育てたときには
何株か寒さで枯れてしまったので、不織布のトンネル掛けをして越冬させます。

そら豆を植え付けたので今年の植付は終わりました。
先日9月~時間差蒔きしていた、ほうれん草の種蒔き7回目も済ませました。
残りはこの冬で6年目の種蒔きになる、ニンジンの種蒔きをすれば畑での作業は一区切りです。

これからはブログ更新もグーッと減ってきそうです。

関連記事

Posted on 2014/12/02 Tue. 05:28 [edit]

category: 豆類

プロフィール

FC2カウンター

カレンダー

ブログランキングバナー

最新記事

Categories

blog link

ブログ村ランキング

人気ブログランキング

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。