kazuちゃんのお米作りと気ままな菜園日誌

米作りと地域担い手、野菜は自給自足を目指して、美味しい野菜作りにチャレンジしています!!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

里芋追肥と空豆種採り  

里芋-1

里芋が大きく成長しました。
17株中手前6株が普通植え、残りは逆さ植えをしました。



里芋-2 
今年はどの株にも脇芽が多く発生しています。
昨年は脇芽は放任で育ててみました。
脇芽が多いと小芋になると聞いていましたが普通に大きな
芋がごろごろ採れました。
今年はどうしたもんかまだ思案中です。


里芋-3 

1回目の追肥を発行鶏糞と米ぬかを混ぜてしました。


里芋-4

土寄せ用の土は左にもっこりしているのを使い
肥料と混和して土寄せしました。





空豆-1 

空豆今年秋の種まき用として、莢が一番大きくて沢山付いているのを
種採り用として、残しておいたのを種採りをしました。



空豆-2 

なんと莢を開けてショックな事が
種が腐っている・ ・ ・



空豆-3 

23莢残してあったが採れたのが、たったこれだけ。
まだ選別していないので半数くらいになりそうです。
長雨の影響で腐ったのでしょうか。
余り長い事畑においておくのも禁物ですね

選別して何個残るか分かりませんが、20個もあれば十分なんですけどね。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/06/30 Tue. 04:54 [edit]

category: 里芋

tb: 0   cm: 6

かぼちゃの追肥と水路の草刈り  

かぼちゃ-1

かぼちゃ、ほっこり姫に追肥をしました。
元肥は堆肥と米ぬかでスタートしましたが、かぼちゃの元肥に米ぬかを
使うのは初めてだったので、肥料加減が分からず
どうも少なかったようです。
葉色が薄くて沢山実が付きだしたので、株元近くの葉がうどんこ病で少し
枯れ始めました。


かぼちゃ-2

肥料は蔓先へ与えます。


かぼちゃ-3

まだ蔓先まで根が伸びていないだろうと思っていたら
意外や意外、蔓の先を通り越して大分先まで来ていました。
肥料が少なかったので肥料を求めて根が伸びたんでしょうね。



かぼちゃ-4 

根もかまわず切り中耕して、肥料を施して土とよく混ぜます。
根焼けするかもしれないが、鶏糞と米ぬかを施しました。



かぼちゃ-5
前回3個摘果したときにはみつばちの姿は見かけなかったが
今は毎日お役目を果たしに来ています。
写真は前日の雨の日でした。



かぼちゃ-6 

かぼちゃ-7 

6/21日以降一週間ほどで一気に20個ほど実りました。
何個かで制限しないと無限に出来そうです。




DSC_0112_サイズ変更 

DSC_0113_サイズ変更 

昨日は3年前から小作を始めた田んぼ、滝が口水路の草刈りを
しました。
谷底のようでこの上を国道が通っています。


DSC_0117_サイズ変更 

大きな池の堤のようです。
小さな水路ですから5名の参加者です。
昨年までは4名でしたが、私が地区内の受託作業をしており
元々私の田んぼではないし、忙しいのを知っているので
井出の出会いに参加して欲しいと言えなかったのを分かったので
私の方から申し出しました。
逆に大変気を使ってくれてたいそう喜んで頂きました。

これは一部分の場所ですが、ここを私も含めて3名で刈りました。
5段階で上に刈りながら上がっていきます。
スパイク付きの地下足袋、踏ん張るので足の指の股が痛いのと
ふくらはぎがパンパン張り足がとても疲れました。
8時から11時半過ぎ迄掛かりました。
その後地区の氏子の行事が夕方までありとても疲れました。

この草刈りは今年から参加しましたがきつい作業です。




関連記事

Posted on 2015/06/29 Mon. 05:18 [edit]

category: かぼちゃ

tb: 0   cm: 6

オクラの様子と5/20植えの田んぼの様子  

オクラ-1

6/12日の投稿でオクラの葉が枯れ出して、駄目かもしれないとお伝えしましたが・・・
その後根気よく病葉(下葉)と脇枝を適時切り取り様子を見ていました。

なんと回復してその後病葉は発生しなくなりました。
直ぐに気づいて葉の摘芯をしたのが良かったくらいしか思いあたりません。




オクラ-2 

綺麗な花も咲き始めこれから花盛りになってきそうです。


オクラ-3 

新芽も次々出ているのでもう大丈夫でしょう。






前日は一日雨が降りどおしでしたが、昨日は雨も上がり曇り空で
風もあり涼しい一日でした。

5/20日に植え付けた長谷15aのコシヒカリ。
元肥に米ぬか100kg/10aと有機アグレット844を20kg/aしか
振っていないので成長も遅くて、追肥をしようか迷っていたところです。

じっくり見た感じ葉色は薄いが株もそこそこ増えていそうです。



田んぼ-2  

中へ回って見てみましたが株張りも良いようですが
さすが肥料が少ないので葉色は薄いです。


田んぼ-3

2枚あるもう一枚ですが・ ・ ・


田んぼ-4

同じくらい成長しています。


田んぼ-5 

少し草が増えてきたのは外からでも分かっていたが
中へ入ってみると。

田んぼの草も種類が多くてなかなか覚えられません。

土手から入るとキシュウスズメのヒエがはびこっており。

田んぼ-6

これも分からなかったので調べるとウリカワ?よく分からないが

結構生えています。
草取りはヒエなら取った事があるが、これも簡単に取れるだろう
と思っていたら、根っこからちぎれるんですよね。

何回かやってやっとコツをつかみました。
指先を少し突っ込んで泥をかくようにして引けば抜けてくるのが
分かりました。


田んぼ-7

土手から見えていた草はこれ、クログワイ。
ホタルイとよく似ています。
先日JAの営農推進委員の方と話す機会があり、この草の話に成りました。
今はクログワイを無くす除草剤はあるが、ホタルイは難儀だといってました。

田んぼ-8 

クログワイの塊茎です。
根が出て発芽し始めていました。
昨年から残っている芋ですが、こんなのが地中に残っていたら
除草剤の効果がない私は思っていたがそうでもないようです。

この塊茎水面に沢山沈んでいました。
それが気温も上がり水温も上がると発芽するんですね。


田んぼ-9

今日は写真右手の方から草むしりに入り2時間くらい頑張りました。
条間に緑色しているのがクログワイの集団です。

中干し迄に抜きに入ろうと思います。

田んぼ-10

今日は涼しかったのでバケツ2杯分抜けました。

それで追肥をするかどうかを見に来たのですが
今回は見送って穂肥を振る事にしました。

有機肥料での栽培は初めてで、まだ出穂45日位前、この葉色なので
追肥しても大丈夫だろと思うが、コシヒカリなので冒険せずに
念のため見送る事にしました。



関連記事

Posted on 2015/06/28 Sun. 05:14 [edit]

category: オクラ

tb: 0   cm: 6

丹波黒豆を栽培します  

丹波黒大豆

写真の丹波黒大粒大豆を初めて栽培してみます。
毎年お正月の煮豆に黒豆を使っていますが、豆の値段を聞いてみると
一袋購入すると結構高いんですね。

何年か前に購入した豆を見て、来年この豆で栽培してみようかと
かみさんと話をしている時期もありました。
でも私は豆には余り興味がなくて、枝豆の栽培もしないし
枝豆はほとんど食べません。

この黒豆も早くに収穫すれば黒豆の枝豆になりますからね。


丹波黒大豆-1 

それが今回少し前にその話が出て今回栽培してみる事になりました。
煮豆も最近では食べるようになり、以前話が出たときよりも歳を
取ったので食も変わってきたんでしょうね (・∀・)

6/9日に30ポット分種まきして、発芽に差があり今発芽しているのもあります。
成長の早いのだけ畑に移植しました。


丹波黒大豆-2 



丹波黒大豆-3 

1ヶ所2本植えで株間は40㎝取りました。
元肥は堆肥のみで何も入れていません。
樹ばかり大きくなって実が出来ないとよく耳にします。

栽培の事は分かりませんが、今は亡き叔父が元気なとき栽培していたが
一対で植えている事は覚えていました。
でも一対の植え方も叔父の栽培方法なので、本場丹波地方の農家さんの
情報を探してみます。

事前にwebで栽培方法を調べてみましたが、二葉の所まで埋め込むようです。
ですから根鉢分の高さ2倍以上は穴を掘る事になります。

畝の長さは12.3mで30箇所は植え付け可能です。
カメムシが発生する頃に防虫ネットで防ごうと思っています。

マルチの左に赤っぽいのが映り込んでいるが何だろうと思っていました。



丹波黒大豆-4 

赤っぽいのはトラクターでして第三菜園の栽培していない所
草が生えてきたのですき込みにきて、写真2枚は撮ったが植え付けたのを
撮っていなかったので、午後作業に来て戻る前に植え付けた隣へ停めたのが
映り込んだようです。

耕耘機ではこんなに土が細かくきれいに耕せませんが
さすがトラクター、高いだけのことはあります。



関連記事

Posted on 2015/06/27 Sat. 04:36 [edit]

category: 豆類

tb: 0   cm: 4

減農薬栽培は体力的にも精神的にも疲れます  

稲-1

今年の米作り約125a全てにおいて、田植え後除草剤を散布しただけで
苗殺菌剤など一切していません。
今年の目標は除草剤のみの使用で、万が一いもち病にかかれば
そのときは別です。

肥料の米ぬか、鶏糞も少ないのでいもち病には掛からないでしょう。

水持ちの悪い田んぼわずか5a程の広さ。
田植え後35日経過しました。
初期除草剤が全く効かずヒエが一面に生えています。
今年から引き継いだ田んぼで昨年は事情があり放任状態でした。
昨年落とした種です。
写真は田植機外周2回分を先にあいがもんで除草しました。

稲-2 

休憩をしながらしっかりと2時間半は掛かりました。
中干しをしていないので土はドロドロです。
今一度しておけば後は生えてきてもそのままにします。
しっかり疲れました。

稲-3 
刃はすり減って短くなりました。


稲-4 
おわかりでしょうか、葉が黄色くなりすくんだ状態になっています。


稲-5 

右側と全然違います。
泥おい虫に寄る被害で、成虫が株元に卵を産み付けたのが
ふかしたようです。

これでも立ち直ってきました。
一週間前は苗が完全にすくんで株元まで黄色くなっていました。

市道に水路が縦断しています。
U字溝と升が下がりその工事期間中水路の水が制限されていました。
業者さんからポンプで水を送りますからと聞いていたが、ちょうど中干し時期
でしたので水を入れていませんでした。
それが結果よかったようで、苗が水に浸かっていなかったので
幼虫が死んだのではと思います。

まだ油断できませんが回復しても少し生育が遅れる事間違い無しです。

体力的な事は一晩寝れば疲れがとれるが、こんな事が起きれば精神的な事は
解決するまで心配で気分が病みます。




稲-6 

同じ場所の平子の定点場所
水が10日ほど来ていなかったのでひび割れしています。
ここの田んぼ4枚は水はけが良いので中干しをする必要はありません。

一本苗17本、二本苗21本、三本苗25本。


稲-7 

いつもと同じ場所からですが、ここは泥おい虫の被害は大した事がありません。
でも元肥の鶏糞が少ないので生育が少し劣っています。
来月中くらいには幼穂が出来はじめます。
穂肥をやらなければいま追肥しますがちょっと悩むところです。

稲-8 

一週間前にあいがもんで除草した田んぼです。
中耕除草をすると有害なガスが抜けて生育がよくなると聞いています。
こうなればあいがもんよりも、エンジン付き中耕除草機が欲しいですね。


DSC_0812_サイズ変更 

一週間前の写真と比べると葉色も濃くなり生育が進み
分けつも増えました。

今日夕方から水路に水が通るようになりました。
浅水管理で早速水を入れました。

同じ地区内でこの場所だけが泥おい虫の被害が一番ひどいです。
私の田んぼだけではなくて他の方のも被害が出ていますが
苗殺菌剤を散布してあるので比較的被害は小さいです。
葉先まで殺菌剤が浸透しているので、泥おい虫が葉を食害して
消化器系統などに働きかけて死滅するんでしょうね。

減農薬栽培難問第一弾これで終わってくれるとよいのですが。


関連記事

Posted on 2015/06/26 Fri. 05:11 [edit]

category: 米づくり

tb: 0   cm: 4

ジャガイモを全て収穫しました  

以前からパソコンの調子が悪くて、原因を調べながらここまできていたが
6/21日の朝突然NOSYSTEMFILEが出て・ ・ ・ ご愁傷さまです。

データーはバックアップを取っていたのでほぼ完全に残っていたが
私は漢字変換にATOK2012を使っていたので、そのユーザーデーターを
全くバックアップしていなかった。
多分これはMicrosoftのIMEを使っている方も含めて、ここまでバックアップを
している方は皆無に等しいと思いますが。

長年蓄積して使いやすくなったデーターがなくなったので
正直使い勝手が悪くなりました。

あとmailアドレスが昨年9月以降バックアップをしていなかったので
数名のアドレスが消えてしまった。
これくらいですんでホッとしています。

NOSYSTEMFILE 久しく見なかったエラーですが、Windows95時代から
何台も友達にパソコンの組み立てを頼まれて組んでいたので
その頃ではよく見たエラーです。

Windows2000以降ではOSも安定して、ほとんどパソコンが不調になる事が
なくなりました。

調子が悪かった症状はHDDアクセスランプが点灯した状態で
いわゆるリード状態が酷いときには数分続きPCの動きが遅く成る。
これはPCを立ち上げた初期になり暫くすると何事もなかった
様にさくさく動くが、突然また同じ症状が出る。

そのときにはwebのつながりも悪くて暫く待たなければいけない。
HDDのアクセスランプが点灯しているが、HDDではない何かの
ソフトが引っかかっているんだろうと思っていました。 

今はフリーソフトをあまりインストールする事がなくなったが
それでもシェアーウエアは何本かは使っています。

結局リカバリーする羽目になりましたが、今はさくさく動いて快調です。
残念だったのは原因を突き止める事が出来なかった事です。

3日経過して使い勝手もカスタマイズしてだいぶ元へ戻ったが
完全に元に戻るにはもう少し時間が掛かりそうです。

40代から約12年ほど自作パソコンで好きなようにしていたときは
そういった勘も直ぐ働いたが、いまはそんな事も全く遠のいたので
勘も鈍くなってきました。

データーだけは取っておけば不意な事になっても元に戻せるので
皆さんもお忘れなくです。

ジャガイモ-1

3/22日にキタアカリと十勝黄金を埋め込んで、6/14日にキタアカリのみ
収穫しました。

残っていた十勝黄金を今日全て収穫しました。
ジャガイモの栽培を初めて植え付けから90日経過してから
収穫したのは初めてでした。


ジャガイモ-2 

浅植えをしていたのでマルチをのけると芋が見えています。
ゴム手袋でわずかに掘り返すだけで収穫できました。
緑化した芋は一つもなくて、浅植えは芋肌もきれいで収穫作業が
とても楽です。


ジャガイモ-3 

種芋4kgで約45kgの収穫です。
過去2012年に種芋の14倍の収穫をした事がある十勝黄金ですが
今年もそれには及ばなかったが、おおよそ12倍の収穫でした。

第二菜園は午後2時くらいから陰ができはじめ、条件的にはいい事がありませんが
まずまずの収穫に大満足です。


ジャガイモ-4 

この手の大きさの芋が沢山あったので重量が増えたんでしょうね。
一株あたりの数は5、6個が平均でした。

ジャガイモの収穫が終わりましたので、この場所へは下仁田ネギと赤ひげネギの
移植をします。
お天気の時に一気に進めるつもりです。







関連記事

Posted on 2015/06/25 Thu. 05:12 [edit]

category: ジャガイモ

tb: 0   cm: 6

トマトに追肥をしました。  

トマト-1 
6/5日に今年のトマトは暴れる君で紹介しましたが。
その後やっと大玉トマトは草勢も落ち着いてきました。

写真はミニトマトのきらーず。
相変わらず草勢は衰えてきません。


トマト-2 
葉っぱの陰に隠れていましたがやっと黄色く色づいてきました。
天気が悪いので色づくのも遅いです。


トマト-3 

同じくミニトマトのピンキー2株、接ぎ木ではありません。
先ほどのきらーずと比べても草勢が全く違います。

あまり暴れるので前作の肥料が残っていたと思っていましたが
そうでもないようでした。
接ぎ木の草勢が強いのが特性のようです。
来年は少しおとなしい台木を探してみます。


DSC04524_サイズ変更 
これが本来のピンキーときらーずの房の並びです。
写真を拡大表示して左と比べるとよく分かりますが
左のきらーず房が長くて実と実の間が広いです。



トマト-4 
麗夏6段目まで花が咲いて4段目に実が付いています。
最終7段目でトマトテントの上に当たると思います。

元気であれば摘心せずに蔓おろしをしてやれば
もう何段かいけそうです。


トマト-5 

大安吉日の二股栽培。
他の株と比較すると成長はゆっくりしています。
現在2段目に何個か実っています。

草勢も落ち着いてきたのでしたに5個実っているので
摘果して3個にしました。


トマト-6 

異形と皮が汚いのを摘果しました。



トマト-7 
ミニトマトきらーず以外に追肥をしました。
追肥場所はマルチの外です。
雨で染み込んでいくでしょう。

7月に入ればミニトマトも幾らか収穫ができはじめて、大玉トマトも
色づいてくるでしょう。

3月初めの種まきから長かったですがやっと収穫できるようになってきました。




関連記事

Posted on 2015/06/24 Wed. 05:04 [edit]

category: トマト

tb: 0   cm: 4

ナスの生育と追加植え付け  

なす-1
ブロガーさんのナスの記録を見ていると収穫が始まったと
いう記事が多くなってきました。

うちのナスはと言うと、だいぶ生長してでかい葉っぱしてます。

庄屋大長、第一花房は咲いたが結実せず。
うちのナスは毎年第一花房は着果しません。
でも今年は初めて落花しませんでした。

なす-2 

やっと花盛りになり始めて、収穫ももう少しの辛抱です。

なす-3 





花の状態はベストですね。


なす-4
ヨモギナス、一番果小さいのが出来ているがここまで成長するのに
10日以上かかっています。
石ナス間違いなし、もう一本のヨモギナスは1番花が咲かず
2番花が咲いています
何とも変なことに成っています。


なす-5 


なす-6 
今回追加で植え付ける天狗ナス2株。


なす-7
接ぎ木のことは少し前にアップしましたが、鉢上げをしていい感じで根鉢が
出来たので植え付けました。

種まきが5/2日でしたので50日で苗が完成しました。
もちろん接ぎ木です。


なす-8 

畝はキャベツを植えていたところへ、マルチもそのままで穴を掘り肥料を
たっぷりと入れました。
そのことも先日の記事で投稿しています。


なす-9






一番手前が天狗ナス。
ヨモギナス2株、天狗ナス2株、庄屋大長3株栽培します。
当初の予定より栽培本数が増えた分、株間が60㎝と狭くなりました。
ナスの栽培には株間は70~80㎝はほしいです。

今年も側枝切り戻し剪定はやります。
これをやるとずーっと秋まで、生り疲れせずに収穫できます。
はっきりと言い切ったら駄目ですよね。

これをやると夏場の更新剪定をせずに収穫できます。


関連記事

Posted on 2015/06/23 Tue. 05:00 [edit]

category: 茄子

tb: 0   cm: 4

トウモロコシの収穫と追肥  



収穫前のトウモロコシ「おおもの」受粉してから21日が経過?


DSC04567.jpg 

第二弾の大物、雄穂が出始めたので最後の追肥をしました。


DSC04569.jpg 

条間のマルチを裂いて多めに追肥


DSC04568.jpg 

第三弾のトウモロコシはピーターコーン。

第二弾第三弾共に穴底蒔きで種まきをしました。
畝の畝の肩付近へ1回目の追肥をしました。



DSC_0020.jpg 

第一弾の大物を収穫しました。
写真では2本の収穫ですが、前日1本収穫して娘の所へ
ジャガイモ、タマネギ等と一緒に持って行きました。
一枚目の写真の説明で受粉して21日目?と書いて有ったのは
ここ最近お天気が悪くて曇り空が続いています。

絹糸の色が茶色ですが少し色も薄かったので、収穫までには少し早そう
な感じでしたが、2、3日早くても甘いだろうと思って1本のみ持って行きました。

向こうで娘にレンジでチンさせて食べて貰ったら とても甘いとの事。

翌朝2本収穫してみました。

不織布で覆いをしてあったので虫は、他の株を見ても皆無。
時期が早かった事も有るが取りあえず
第二弾で虫食いがなければ今後使えそうです。


DSC_0021.jpg  


DSC_0022.jpg 

先が詰まっていないから受粉できていないと思ったが
よく見るとまだ未熟でした。
やはり天候のせいでしょうか。

大きさは500gには届きませんでしたが、一般のトウモロコシより
少しでかくてとても甘くおいしかったです。
追肥を多めにしたのは肥料が少なくて大きくならなかったのかと
思い多めにしました。

来年からは大物とピーターコーンで決まりです。



関連記事

Posted on 2015/06/22 Mon. 05:07 [edit]

category: スイートコーン

tb: 0   cm: 4

ほっこり姫の成長とアキアカネの孵化  

DSC04507_サイズ変更

今年はミニかぼちゃ、ほっこり姫を5株育てています。
蔓は2.5m程伸びています。


DSC04470_サイズ変更

タマネギの収穫も終わり、先日エンドウの蔓整理すませました。
第3菜園も殺風景になり、左から生姜、里芋、かぼちゃ、サツマイモの順です。
写真は6/13日エンドウの蔓整理後に撮りました。


かぼちゃ-2 

今日株元をしげしげと覗いて見ると、まさかと思いましたが株元近くで
3個も授粉していました。
雨も多いのでみつばちの姿をまだ見ていませんし、今年のかぼちゃは
着果節10節くらいから放任にしようと思っていました。
今も放任なので分からなかったんですけどね。

何かの昆虫が受粉させたんでしょうね。


かぼちゃ-3 

来週お天気が回復すればそろそろ着果させてみます。
ほっこり姫は栽培容易なので、制限しないと沢山採れるんでしょうね。






アキアカネ-1 

朝小雨の中田んぼの見回りをしていると、アキアカネがヤゴから脱皮していました。
拡大表示すれば綺麗に脱皮後の様子がよく分かります。




アキアカネ-2

ヤゴから抜け出てすぐでしょうね。
昨年も今年と同じく6/19日にアキアカネの孵化を見ました。


アキアカネ-3
5/1植えのキヌヒカリ、化学肥料なので株も多いところで25株を
こえています。

水は10日程前からズーと入れていません。
尻水戸を外して中乾しを始めます。



関連記事

Posted on 2015/06/21 Sun. 05:06 [edit]

category: かぼちゃ

tb: 0   cm: 4

ゴーヤに雌花がつきました  

ゴーヤ-1 

ゴーヤ(ニガウリ)は毎年本葉が7~8枚程度で親の摘芯していました。
親蔓には雌花が付きにくいらしくて、子蔓、孫蔓を早く成長させるための
手段でしょうか。

種袋に書いているのとそうで無いのが有るようです。
今年も昨年同様、沖縄願寿ゴーヤです。
さすがに摘芯しないと親蔓の伸びが早いです。


ゴーヤ-2

雌花はまだまだ先だろうと思っていたら・ ・ ・
早速お友達がいましたので 頑張りましたよ。


ゴーヤ-3

明日の朝にもう一つ咲きそうです。

結局親蔓放任と摘芯したのとではまったく変わらずですね。

今年の植えつけ5/11日、6/16受粉
昨年植えつけ5/8日、受粉させたのが6/15日
それ以前でもそう変わりないくらいの日数で授粉しています。

今まで良いと思い親の敵芯をしていましたが
変わりないことが分かりました。

手間が省けて良いような悪いような、過去のデーターが打ち消されていきます。



ニンジン-1 

ニンジンの収穫が続いています。
甘美人2/20日に種蒔きした、冬蒔き第三弾で130日型です。
甘くて美味しいですよ。
あと5本ほどで収穫が終わり、第4弾3/12日蒔きその後4/6日蒔きで
終わりです。

空いた所へ夏蒔きの準備に取りかかります。





関連記事

Posted on 2015/06/20 Sat. 05:15 [edit]

category: ゴーヤー

tb: 0   cm: 2

アイガモンで除草してみました  



昨年購入したすいすいカッターアイガモンで、一番草が多い6.4aの田んぼ
の草を除草しました。

左手で草刈り機の柄、右手でスマホで動画を撮る。
ブログに記事を投稿するためにそこまでやりますか。
最後にうっとうしい手が映っていますがご勘弁を

終わった感想は昨年は中乾し後の除草でした。
今年は中乾しはまだしていませんので
土が柔らかくて使いやすく、刃の摩耗が殆どありませんでした。

そこそこ綺麗に出来ましたが、今日は蒸し暑くて疲れが
どーっと出ました。
昼寝をして体力回復しました。



除草-1 




除草-2 

アイガモンで除草後ですが、水が一面濁っています。
土を攪拌したのでガスも抜けてこれからの生長がよくなると期待しています。



定点-1 

定点田植え後48日目

1本苗→13本、2本苗→16本、3本苗→23本まで分けつしています。


定点-2

草丈は親株で約40㎝


稲-1 

6/9日定点の写真



定点-3 

6/17日の写真、同じところから撮っていますが、一週間でこれだけ
生長しています。

牛糞、鶏糞のみで葉色は薄いですが、鶏糞が効き始めて分けつが増えて
これでも最近色が濃くなってきました。
葉色カラースケールが有るとよいのですが。

例年なら中乾しを始める頃ですが、今年はこのまま干さずにもう少し浅水
管理を続けます。


関連記事

Posted on 2015/06/19 Fri. 05:18 [edit]

category: 米づくり

tb: 0   cm: 6

待望のスイカがやっと授粉しました  

スイカ-1 

スイカは両側から中に向かって蔓を伸ばす方法で栽培しています。

畑が広いからこんな方法が出来るけど、狭い畑の方から見えれば
贅沢な使い方をしていますよね。



スイカ-2
両側の蔓がもうはち合わせしそうなくらい蔓が伸びてきました。
今で蔓の長さは約3m程です。 
蔓はこのままお互いの領域へ侵犯させていきます。



スイカ-3 

大玉スイカ『チャンピョンスイカ』
人工授粉ミスもなく着果するのがこちらの方が早かったです。
着果節は16~19の間で、着果節までの孫蔓(脇芽は全て欠きました)。
以降は放任です。
3個授粉して真ん中が一番大きく、左が形が悪いので1個摘果しました。


DSC04499_サイズ変更


スイカ-4

変形果を摘果しました。


スイカ-5 

向かいの小玉スイカ、種なしスイカ2株、種有りスイカ2株
6/6日にも紹介しましたが、葉が茶色く変色する症状は蔓ごと
根元より欠き取ったので、それ以降は異変はおきていません。

大玉スイカよりも早くから雌花が付き、6/6の記事にも書きましたが15節くらいから
7個程受粉させていましたが、樹勢も少し落ちていたか、天気も悪かったせいか
1個も受粉出来ず。

6/14日に7個授粉して4個は着果して生長しています。
着果節はだいぶ先で19~25節です。


教科書によれば小玉スイカで15~20節が着果節だと書いてあります。
でもそれは条件のよいときで有って、必ずしもそこで着果出来るとは言えません。
事実今回だいぶ先で着果しました。

教科書はあくまで参考程度に、来年からはせめて10節以降でチャンスが
有れば受粉させてみます。

他にもかぼちゃなも節以降にと有りますが、あまり気にしなくてもいいように
最近思うように成ってきました。


上の写真の授粉した種なしスイカは、同じ蔓で近く過ぎるので、もう暫く様子を見て
形の良い方を残します。

元肥が少なかったので最近草勢が落ち始めてきました。
朝に蔓先を見て鎌首の様に蔓先が25~30㎝上げっていると
ちょうど草勢くそれよりも上がっていると草勢が強く
いわゆる蔓ぼけ状態と言われています。


写真2枚目で10㎝位上がっているのもありますがベタッと寝ています。
蔓先に追肥をしましたが、毎年蔓先まで根が伸びているのに、今年はなぜか
蔓先まで根が届いていませんでした。

最後まで蔓が枯れず、収穫前に亀裂が入らないことを祈っています。




関連記事

Posted on 2015/06/18 Thu. 05:07 [edit]

category: 西瓜

tb: 0   cm: 8

キュウリの追肥と初収穫  

キュウリ-1

4月19日に種蒔きして5/9日に移植したキュウリ『なるなる』
生長が早くて親蔓はもうじき上まで届きそうです。


キュウリ-2 

一番果少し小さいですが早めに収穫しました。
『なるなる』は節なり性品種ですが、うまく各節事に小さいキュウリが
生ってきています。

私は節なり性キュウリの栽培は初めてでして、各節に見事に雌花が
付くんですね。
蔓の整枝は子蔓の葉を2枚残して、摘芯しています。
その後出て来る孫蔓は放任します。

節なりキュウリには、節なり性親づる型、節なり性親づる、子づる型
2種類が有る事を始めて知りました。

違う種苗メーカーの種も使ってみるもんですね。

キュウリ-3 

下葉の枯れたのを敵葉して、収穫後1回目の追肥を畝の肩付近へ
発酵鶏糞土と混和してそのあとたっぷりと水をやりました。


キュウリ-4 

始めて収穫したキュウリ4本と少しデカクなりすぎたズッキーニを
収穫しました。

今夏野菜でコンスタントに収穫出来ているのがズッキーニです。

昨年ズッキーニを友達にさしあげました。
翌日奥さんがこれ戴いたズッキーニと持ってきてくれたのが
浅漬けにしたズッキーニ。
とても美味しかったです。

今年は我が家の浅漬けズッキーニをいただけそうです。

キュウリの収穫が始まりだしたので、夏野菜がズッキーニに続き
1種類仲間入りしました。


DSC04478_サイズ変更
        6/9日にキュウリ第二弾用の種蒔きを4ポットしました。
        あと一ポット発芽していませんがまもなくです。
    
        収穫が途切れないようにうまくバトンタッチしたいです。

 
関連記事

Posted on 2015/06/17 Wed. 05:05 [edit]

category: キュウリ

tb: 0   cm: 2

じゃがいもキタアカリのみ収穫しました  

じゃがいも-1

じゃがいもキタアカリ。
3/22日に25株分埋め込みました。

ご覧の様に毎年黒斑病にかかっていますが、最近はあまり気にしなくなり
また以前よりもひどくないみたいです。
でもこの株は特別ひどいです。

昨年から元肥に油粕を畝全面にすき込んで、その後イモとイモの間に
元肥を入れています。
今年は油粕の量が少し少なすぎか様な・ ・ ・ 


じゃがいも-2 

キタアカリの隣は十勝黄金
まだ青々しています。
黄色く成っているのは先日のヨトウムシ被害の葉が
枯れて来たようです。


じゃがいも-3 

6/13日枯れたキタアカリを試し堀してみました。
これで二株です。
やはり小さい芋が多いです。


じゃがいも-4

ついでに隣の十勝黄金も試し堀してみました。
2株でこれだけですが、芋が大粒です。


じゃがいも-5 

結局翌日の夕方からキタアカリのみ全て収穫しました。
今年は浅植え種芋の上に土が5㎝程被せただけです。

マルチの上から株をそのまま引き抜きました。
ほとんど芋が見えています。

23株小一時間でゴム手袋のみで収穫出来ました。
収穫がとても楽でした。


じゃがいも-6 

コンテナ一杯のみの収穫でした。
試し堀の時は小さい芋が有りましたが、今日収穫したのはピンポン球の
様なのはあまり有りませんでした。

先日の試し堀と併せて約17kgでしたので種芋の8.5倍です。
昨年から試しに始めた油粕を全面にすき込む。
これをやり出してからキタアカリのピンポン球のような小さい芋は
少なくなり、黒斑病にもかかるが軽減されているように思います。

芋の数は少なかったですが、ヨトウムシ被害で葉がボロボロ状態で
これだけ採れたので大満足です。

毎年じゃがいもは3/22、3日に植えつけています。
収穫も毎年6/15日前後で収穫の目安となる90~100日まで
今年も待てませんでした。

十勝黄金はまだ青々しているのでもう少しそのままにしておきます。




関連記事

Posted on 2015/06/16 Tue. 05:12 [edit]

category: ジャガイモ

tb: 0   cm: 4

田んぼの浮き草とヒエによく効く除草剤  

浮き草-1 

5/17日に受託作業で田植をした友達の田んぼ。
先日電話があり浮き草が沢山広がってきたけど
そのままにしておいてもいいかと尋ねてきた。

そのままにしておいても差し支えないからと返事をしました。



浮き草-2 

浮き草が増えているといっても大したことが無いだろうと思い
翌日見に行ってきました。

正直ビックリしました。
こんなに沢山浮き草が増えているとは想像つきませんでした。
地区内でも浮き草がこれだけ有るのはここくらいです。
電話では環境がいいから増えて来ていると伝えたがまさにその通り。

無農薬栽培ではなくて除草剤は田植え後1回しています。

ズーッと一週見て回りましたが、草も生えていなくて水管理も
始めお願いをしておいた水位でキープしており、キッチリと
水管理をしていて、初めて米作りを始めたとは思えない程です。

水持ちも比較的いいので草もそう多くは出てこないと思います。


このまま推移してくれれば、きっと美味しいお米が収穫出来るのは
間違いないです。


ヒエ-1 

一方こちらも受託作業で田植をした田んぼ、3枚のうち1枚ですが
昨年から凄いヒエが生えて、除草剤がまったく効いていません。

除草剤の効果が無いのに理由があり、この方の田んぼの土手の上に
水路が通っています。
もちろん本線ではなくて支線ですが、水を通すと溝から水がこの田んぼへ
入ってきます。

U字講を昔入れる話が有ったときに入れなかったようです。
なのでこの田んぼはいつも水を入れなくても満水で、尻水戸から水がオーバーフロー
しています。

写真下欠株が多いですが、私が受託したのは昨年から。
ちょうどここはカーブしています。

以前受託されていた方から引き継いだときからここが特に低くなっていました。
今年代掻き時に土を持って来て幾らかは高くは成りましたが
まだ低い状態です。
ですから苗がいつも水に浸かった状態で、そのうち苗が腐って消えていきます。


ヒエ-2 

そんな状態の田んぼなので、幾ら高価な除草剤を使っても
効果が有りませんし、肥料も流れています。

地主さんに言って何とかしろとお願いをしています。
その方はここに住んでいないので仕方がないと言えばそれまでですが

条間に生えているヒエ、凄い事になっているでしょう。
少しヒエが大きく成るのを待っていました。


ヒエ-3

今回使う除草剤はヒエにとてもよく効きます。
1週間くらい経過すると、元気だったヒエもダラーンと寝てきて
そのうち枯れて来ます。

しばらくヒエを大きくして有ったというのは
早くにクリンチャーをしてヒエが消えても
また第二弾が生えてくるからです。

今除草しておくと後から生えてくるヒエは我慢出来る程度だと
思います。

水がオーバーフローするので、ちょうど私が受託している農家さんに
お願いをして5日間だけ水を水路へ通すのを止めて貰いました。

私も昨年このクリンチャーを使いヒエを消しましたが
ヒエが消えれば今度はクログワイが生えて来ます。

イタチごっこのようで今年うちの田んぼはヒエが減りましたが
クログワイが少し生えてきています。

今年は除草剤はもう使いません。
アイガモンがあるのでそれで除草してみます。

地区内の受託作業をしているといろんな方がいますので
田植え後田んぼをのぞきにいったりします。

先日もおばさんが、この間まで草が生えていなかったのに
草が沢山出ているので除草剤して欲しいと電話がありました。


翌日見に行くと目を細めてもそれほど気になる草ではありません。
田んぼの中へ入り見てみると条間にヒエか、浮き苗が生え付いた
のが極わずか4列ほど転々と生えています。
抜き取ると根に籾殻が付いていないのでヒエらしいです。

ヒエと苗の区別が難しいですね。

これ位のヒエ、草であまり草くさと騒ぐなと心の中で・ ・ ・

言われたとおりハイと返事してJAへ除草剤を注文してあげて
動散を背中へ背負い、ブーンとエンジン吹かして、一反程度なら
準備してわずか10分ほどで除草剤をふることが出来ます。

その通りしていれば私は受託作業だから、わずかでもお金を貰うことが
出来ます。

でも薬のどぶ漬けになるから、あれ位の草なら辛抱してや
と昨年も伝えました。

今年も同じ事をまた言うつもりです。
これがすごい草なら別ですよ。

多分こう言って断ってももう1度言ってきますから(^▽^)
関連記事

Posted on 2015/06/15 Mon. 05:16 [edit]

category: 受託作業

tb: 0   cm: 2

カラーピーマンの整枝と万願寺とうがらしの移植  

カラーピーマン-1 
カラーピーマンの枝が混み始めたので整枝をしました。

ピーマントウガラシ類は一番果が着果した所が一次分枝。
その後枝2本に分かれて伸びていき、着果節2番果で二次分枝として
分かれ4本の枝が出来てきます。

でも最近一次分枝が3本に分かれるのが多く目にします。


今回植えたカラーピーマンも3本に枝が分かれています。
枝が混み合ってきたので3本を2本に整枝します。


カラーピーマン-2
分かりにくいので別角度からです。
枝分かれの付け根、少し茶色くなったのが一番着果で収穫したところです。
3本一次分枝になっているのを1本切り取ります。


カラーピーマン-3

上の写真と違う株ですが手前の枝を整枝しました。
奥に見えている脇芽も欠き取ります。



カラーピーマン-4 

一次分枝までの脇芽は始めの頃欠いていましたが
すぐに新しい脇芽が出て来るので取っておきます。


カラーピーマン-5 

3株とも整枝して一次分枝を2本にして、二次分枝の上の枝4本で
育てていきます。

その後枝がすぐに混み合ってグシャグシャになるので、私は内枝を
適時整枝するようにしています。

支柱今は真ん中1本ですが、枝が伸び始めたら増やしていきます。

カラーピーマンは風通しと光がはいり安いように枝を
整理した方が満遍なく色づいて来ます。

でもこの方法でやっていてもなかなかうまく色づかず
腐って痛んだりします。

カラーピマンの整枝でしたが、万願寺とうがらし、シシトウ、
普通のピーマンも同じで、沢山花を付けて着果させると
草勢も落ちてくるので私は適時整枝をして栽培しています。


DSC04465_サイズ変更 

カラーピーマンだけしか植えていなかったので
ちょっと寂しいので万願寺とうがらしを購入してきました。
1本税込みで91円。
店員さんに1本だけですと言いにくかったですね


DSC04466_サイズ変更

買ってきて鉢上げをして1週間世話をしていました。
トマト、茄子、トウガラシ類は直ぐに植え付けるよりも
トマトの場合は花房の向きですが、脇芽を育てる特に茄子ですが、脇芽が
伸びて無理に支柱に誘引しているが、第一花房が咲く頃に植えた方が、
脇芽の場所を手前に伸びるように出来るので、その方が後々の管理が楽です。
でもそれを分かっているけどすぐに植えてします・ ・ ・ 


関連記事

Posted on 2015/06/14 Sun. 05:02 [edit]

category: ピーマン・トウガラシ

tb: 0   cm: 6

生姜の萌芽とかぼちゃ用の藁いらず  



生姜-1
先日から凄い草だったので、べったりではないですが4、5日かけてあいた時間に
草引きをしています。

ざっとした草引きなのですがだいぶ進んできました。
早く引いてしまわないと一雨ごとにまた草が生えてきます。

生姜-2 

品種は三州白芽生姜で15片埋め込みました。
現在は11ヶ所萌芽しています。

生姜-3 

5/11日の埋め込みでしたが今年は萌芽するのが早いです。

生姜-4 

草引きも終わり即4本熊手で軽く耕して防草シートを張りました。
元田んぼですので畑と違い草の種類も多く、一週間もすればすぐに
草が生えて来ます。


畑は土が見えていると畑らしく見えますが、でも草引きばかりしていると
足腰の負担も大きく、時間の無駄だと私は思います。

なので殆ど防草シートを使って草対策をしています。




DSC04432_サイズ変更 

先日収穫した玉ねぎの横にかぼちゃが待機していました。

蔓は1m程伸びて来たので防草シートの上に藁いらずを張りました。
玉ねぎの収穫が早く終わらないとかぼちゃの蔓が伸びると
心配していましたが間に合いました。

今日はとりとめもない投稿になりました。

関連記事

Posted on 2015/06/13 Sat. 05:05 [edit]

category: 生姜

tb: 0   cm: 4

オクラが葉枯細菌病の様です。  

オクラ-1 

ここまで順調そうなオクラですが・・・


オクラ-2 

3日程前から葉に黒い斑点が目立つようになってた。




オクラ-3 

オクラ-4 
全ての株で症状が出ています。
調べて見ましたが葉枯細菌病の様です。

ほおっておいても完治しないと思います。


オクラ-5 
病葉を取り除きました。
これで感染が止まればいいのですが・・・

殺菌剤を購入して散布すれば完治すると思いますが
そこまでする必要も無いので、このまま栽培を続けて
ひどくなれば栽培を止めるつもりです。

これが茄子、トマトなら別ですけどね。 

丈夫だと思い込んでいたオクラ
こんな事も有るんですね。


DSC04418_サイズ変更

キャベツさとうくんの初収穫です。
3/17日に種蒔きして4/6日に植えつけました。

その時二股になったキャベツ苗が出来たので植えつけましたが
結局育たないので片方が切り取りました。

15株植えて有りヨトウムシ被害も少し出ています。
暖かくなって来ると葉物野菜は虫との戦いで栽培は難しいです。

関連記事

Posted on 2015/06/12 Fri. 05:04 [edit]

category: オクラ

tb: 0   cm: 4

玉ねぎ豊作でした (*⌒▽⌒*)  

玉ねぎ収穫-1

玉ねぎを収穫しました。
今日はつかの間の晴れ間で、明日からまた雨が降る予報がでているので
全て収穫しました。


玉ねぎ収穫-2 

ご覧の通り茎葉はまだ半分ほどしか倒れていません。
もう暫く置きたいところです。



玉ねぎ収穫-3 

今年の玉ねぎは比較的玉が揃っており大きいのが多いです。



玉ねぎ収穫-4 

 大きさは私の拳よりやや大きいのも有ります。


玉ねぎ収穫-6 

大きいのばかりではありません。
これだけ見ていると大きさが分かりませんよね。

私の写真のセンスなさが出ています。

辛うじて大きいのが下に移っているので比べて下さい。
こんな小さいプチ玉ねぎを作るのは難しいんですよ。


玉ねぎ収穫-5 

紫玉ねぎはまだ早かった様で少し小ぶりです。

早速妹に電話をして取りに来て貰いあと弟に差し上げて、残りはかみさんの
兄姉とうちの娘2人に送って上げます。

今日はとても暑くて1日しか干せませんでしたが良く乾きました。
人間様の方も良く乾きクラッときそうになりました。

DSC04425_サイズ変更 
 
昨年11月から長く居座っていた玉ねぎの場所も空き
広々しました。

今日収穫した数は約670個、トウダチは13本、消えてなくなっていたのが
結構多くて30ヶ所ほどありました。

これで1年分の玉ねぎはしっかり確保出来、あとじゃがいもがどれだけ採れるか
楽しみです。




関連記事

Posted on 2015/06/11 Thu. 05:17 [edit]

category: 玉ねぎ

tb: 0   cm: 4

田んぼ定点田植え後40日  

稲-1

昨日6/8からまとまった雨が降り田んぼは満水状態でした。

平子、5/1日田植えコシヒカリ
株間30㎝疎植植え 約40日経過


稲-2  

定点場所 右から順に1本植え→2本植え→3本植え。


稲-3 

1本植え→8本
順調にいっているようです。



稲-4
東出(1)、5/20植えつけコシヒカリ株間30㎝疎植植え。
植え付け後20日経過、元肥は鶏糞のみ。
やっとしっかりしてきたように見えます。


稲-5 

長谷 5/20日植えつけ、コシヒカリ
株間30㎝疎植植え。
元肥米ぬか、有機アグレット。
上の写真東出(1)と同じ日に植えつけた。
肥料の差でしょう、少しさみしい感じがします。


稲-8 

定点場所を作りましたが、見やすい場所を選んだが
一番深いところだった様で、苗が沈没しています。




稲-9 

見難いですが鹿の被害にあっています。
足跡がついているところ苗の先を食害されています。

深水にして有ると比較的被害が軽減されるため、水を多めに張っていますが
今年は水持ちが悪いです。

DSC04386_サイズ変更 
 
同じく長谷の下、こちらの方が鹿被害が良く分かります。

2年前までは囲いをして有るので被害が止まっていたが、奴らも年々賢く
成りどこからともなく進入しています。
大体の場所がつかめたので対策をする予定です。


稲-6 

西谷 5/20植えつけ、コシヒカリ株間24㎝疎植植えに成るんでしょうか?
元肥は長谷と同じく、米ぬか、有機アグレット844。
黄色っぽく見えるの周囲の色に溶け込んでいるためだと思われます。



稲-7
アップで見ると大丈夫ですね。
長谷からこちらへ定点場所を変更してみようかと思います。


稲-10

北出、5/1日植えつけキヌヒカリ、株間30㎝疎植植え。
化学肥料セラコートR822。
化学肥料は初期生育がいいので全然育ちが違います。


稲-11  
途中から画像のサムネイルの大きさを変更しました。

だいぶ苗が開帳してきました。
昨日の雨で水が増えすぎています。
尻水戸長生をして有るが、私の上の田んぼの水がこちらへ入ってきます。

そこのは雨が降っても水はあてっぱなしで、人に迷惑を掛かっていることなど
お構いなしです。

他人さんが辛抱してくれているのが分からない人の様で
余りひどいと私も一言いいます。
すぐに止めに行き後で弁解をいいながら電話で謝ってきます。

言う方も言われる方もお互い気分が悪いのでちゃんとして欲しいです。



稲-12

的場 5/19日植えつけ、キヌヒカリ 株間24㎝
化学肥料セラコートR822。

化学肥料はここと北出のみで、在庫分の肥料は残り30kgほどに成りました。
来年は誰かに差し上げるつもりです。

もう1ヶ所東出(2) 5/19日植付のキヌヒカリ、株間30㎝疎植植えが
有ります。
雨上がり後で狭い河川道を通るので気が向かなかったので
写真はないです。

3枚20aちょっと有り昨年耕作放棄地2枚を復活したのを今年
私が引き継ぎ、もう一枚今年復活しました。

その一枚のみ地力窒素があるので肥料は無しです。

昨年その手放した田んぼ、私が作業受託をしていたので
無肥料で8俵/10aありました。
米価が下がり私に作業委託料を払うと完全に赤字ですからね。

昨年もう1ヶ所耕作放棄地を田んぼに戻した方がいました。
キヌヒカリを植えていましたが、やけに葉色が濃いので
JAの青空教室で田んぼを回っているときに尋ねると
しっかり元肥を施したようです。

栽培後半葉いもち、穂首いもちがでて収穫減。
コシヒカリならおまけ付きでベタごけでしょうね。


7ヶ所17枚耕作面積約124a、地区内に点在しているので
管理が一番大変です。
まだそれほど苦痛ではないが、いずれは空き田んぼが出て来るので
その時は条件の悪い田んぼは手放して、出来るだけ集約出来るように
したいです。

受託作業の面積と併せて、現状小さい田んぼばかりなので、
私の体力と気力がいつまで続くかですが、今の耕作面積が
限界かと思います。

関連記事

Posted on 2015/06/10 Wed. 07:21 [edit]

category: 米づくり

tb: 0   cm: 4

天狗ナスの接ぎ木ができました  

茄子-1

5/29、30日2回に分けて天狗ナスの接ぎ木をしました。
春先に使用していた温床シートはもう片付けてあります。
今回は愛菜花で養生しました。
濡れタオルを入れて部屋へ持ち込み、遮光ネットを被せて接ぎ木後
6日目から遮光ネットを外して、直接日光に当てずかるく光をあてました。


茄子-2 

6/6日から外気に当てて、萎れてくるとまた元の愛菜花へ戻しの繰り返しで
6/8日萎れも完全になくなり、今回の接ぎ木は100%成功しました。

右下の生長の良いのは天狗ナスの自根苗で、今回接ぎ木が失敗すると
種採りが出来ないので、保険苗として育てていました。
そんな大層なもんですか・・・。

接ぎ木まえは右下のが一番生長が遅かったのに今では
逆転しましたね。

午後から全て105㎝ポットへ鉢上げをしました。


ちょっと心配なことも、5株全て天狗ナスだと思いますが
葉の色が薄いのが少し気がかりです。

私がブロともさんに送ったヨモギナスの中から天狗ナスの
苗が出来ました。

種採りで混じったことはありません。
茄子は交雑するんですね。

Webからお借りしてきました。

ナスの花は、自家受粉するが、昆虫などにより3%程度の交雑率があるという。
交雑を防止するには、「少なくとも10m隔てて栽培すれば、ほぼ交雑のない種子を
採ることができる(自家採種ハンドブックより)とのことである。

確かに3年前の栽培時隣り合わせでヨモギナスと天狗ナスを植えてありました。

と言うことは私が頂いた種もその可能性が大ですね。
家庭菜園ですから種販売もしないし、いいんじゃないですか。


茄子-3 

バッチリとつながっています。


茄子-4 

予定外の栽培に成ったんで植えつけ場所に悩みました。
結局キャベツを収穫した後へ植えることにしました。

まだお客さんが居座っていますがちょっと失礼して・・・


茄子-5 

溝施肥ではなくて穴施肥ですね。
畝の上から50センチ掘りました。
大山田コンポ、米ぬかたっぷり、今回は冬に仕込んだ未完成の
ぼかし肥を入れました。



茄子-6 

軽く耕して畝を整えて、そのままマルチを元へ戻して
即席で畝が出来ました。
植えつけ場所へ防草シート押さえ金具を立てておきます。

キャベツの向こうへ先日万願寺とうがらしを1本買ってきたので
植えつけて栽培します。
万願寺とうがらしも固定種ですので種採りをします。

キャベツ不織布で防虫対策をしていましたが、なくなったので早速
モンシロチョウから攻撃を受けていました  

一株くらいなら虫の世話も出来るでしょう。



茄子-7 

5/11日に植えつけたヨモギナスは茎も葉っぱもデカクなり
第一花房がもうじき開きそうです。


茄子-8 
同じ日に植えつけた庄屋大長
先日20mm長さ2.1mの支柱を立てました。
今年は2本仕立てで栽培します。
側枝切り戻し剪定紹介していく予定です。


茄子-9 

同じく庄屋大長同じ日に生まれた先ほどの、庄屋大長とは思えない程
大きさに差があります。
挿し接ぎ木で生長も遅くて処分するつもりでしたが、愛着もあり育てることに。


茄子-10 

今年も主枝2本は2.1mの支柱、実質1.7m程上まで伸びてきます。
写真下の空き場所へ天狗ナス一株と隣の畝に一株を
植えつけて今年の茄子は3種類7株を栽培するします。




関連記事

Posted on 2015/06/09 Tue. 05:04 [edit]

category: 苗作り

tb: 0   cm: 4

そら豆収穫終わり・種採り確保など  

そら豆

今年は期待していなかったそら豆が好調で
23株育ててこの収穫かご3杯採れました。


そら豆-1 
株を抜いて撤収しました。
一番向こうに見えるのが種採り用に残した一株。

そら豆-2
多分25莢くらいは有ると思います。
茶色くなれば撤収して今年の10月終わりの種蒔きようとして保存しておきます。


エンドウ 

エンドウ ウスイも終わりツタンカーメンのみまだ残っています。

長く畑に居座っていた豆類もやっと終わりました。


トウモロコシ-1 

アワノメイガの食害対策として受粉が終わったトウモロコシから
試しに不織布をかぶせてみた。

少し巻きにくいですが、トウモロコシが茎から外へ離れてくるのを
利用して、茎とトウモロコシの間に不織布を入れて、下へさげて
挟み込んで巻いてみました。


トウモロコシ-2
こんな簡単な方法で被害が防げるといいのですが
何年か前にも新聞紙を包んで被せたことがあり
それを思い出しました。
その時は良かったと記憶しています。
昨年まではデナポン5を使っていましたが、今年は何も使っていません。
自宅前はアライグマは来ないし、カラスも大丈夫です。
ただはぐれ猿にニンジンの収穫したのを20日程前に食べられました。
それ以降は姿は見ていません。
余程ニンジンがまずかったと見えて瓦屋根に捨ててありました。
それを喜んでいい物かちょっと複雑な心境です。




関連記事

Posted on 2015/06/08 Mon. 05:09 [edit]

category: 豆類

tb: 0   cm: 6

下仁田ネギ、赤ヒゲネギ苗とじゃがいもの様子  

ネギ苗-1

写真は下仁田ネギ苗
3/7日に赤ヒゲネギと一緒に種蒔きして、1度間引きをして
追肥中耕しました。

立派に生長しました。
植えつけ予定地はじゃがいもを植えてある第2菜園。


ネギ苗-2 




ネギ苗-3

赤ヒゲネギ欠株が目立ちますが、右に苗が転がっているとおり
根切り虫にやられて数少なくなってきました。
数少ないと言っても赤ヒゲネギは分けつするので
これでも余るくらいで充分です。


ネギ苗-4

赤ヒゲネギは下仁田ネギとは別の場所へ植えつけるので
準備ができ次第植える予定です。

うちの畑は根切り虫が多いように思いますが
閲覧してくれているブロガーさんの畑ではどうでしょうか。

言い換えれば化学肥料も使っていないし
虫 の住処にはもってこいなんでしょうね。

こっちはたまりませんけどね。



じゃがいも-2 

先日じゃがいもの虫落としを紹介しましたが
それ以来虫の被害も止まっているようで、大量の虫を処分出来て
ホッとしています。
そのままにしていると今後の作物にも大きく影響を及ぼすので
軽減出来そうです。

キタアカリ黒斑病が出ており樹勢も落ちて来た模様です。



じゃがいも-1 

先日通路の草取りをしていてマルチをさわると
丸くて硬い感触が気になりマルチをめくり上げてみました。

収穫とされる90~100日迄待っていると7月始めになります。
毎年80日位で収穫しています。

昨年から始めた浅植え、今年は超浅植えにしたので芋が
殆ど上についているので収穫は楽です。

いつもなら二株ほど収穫していますがソーッと元へ戻しました。



関連記事

Posted on 2015/06/07 Sun. 04:56 [edit]

category: ネギ類

tb: 0   cm: 5

スイカの受粉と気になることが  

スイカ-1 
この写真は下の写真よりも4日前のです。


DSC04359_サイズ変更  

植え付け一ヶ月少し経った大玉チャンピョンスイカ

今年は全てのスイカを4本仕立てでする予定でしたが
間違って蔓を折ってしまい結局3本仕立てに。



スイカ-2 

10節目に雌花が付いたが見送り。



スイカ-3 
チャンピョンスイカの真向かいの4株は、両端が普通の小玉スイカ。
真ん中2株が種なし小玉スイカ。

蔓が伸び始めてきたときに藁いらずを敷いたが
その時に蔓先を2本踏んでしまい、結局4本仕立ては真ん中の2株だけに。

今の蔓の長さは一番長いので2m位でしょうか。
4本仕立てにした真ん中は足の踏み場もなくなってきました。
4本にするなら株間をもっと広くしないと駄目ですね。




DSC04358_サイズ変更  

現在蔓は16節~長いので25節くらいまで伸びています。
そろそろ受粉させてもいいでしょう。



DSC04354_サイズ変更 

今朝は肌寒く少し厚手の上着に着替えた。
スイカは早朝は花が咲かないので、先に一仕事田んぼの草刈りをすませて
9時半過ぎに戻り上の写真のの所を受粉させた。
2種類は種なし小玉スイカなので、種有り大玉スイカと種有り小玉スイカの
雄花で受粉させた 



今年の元肥は米ぬかオンリーです。

スイカは沢山採ろうと思えば、受粉させれば採れるが、味が落ちてくるので
何個にするか悩みますね。


DSC04347_サイズ変更 
6/4日にちょっと気になることが・・・
写真拡大表示すると色が良く分かります。


DSC04348_サイズ変更 
葉の表から見るとあまり分からないが葉裏の色が変。
昨年炭疽病か蔓割れ病で葉に黒の斑点が出来て
スイカの肥大と共に拡大して枯れてしまった。

トマトの葉でこんな色を見た事が有るが不吉な予感。
幸い蔓1本だけだったので元から切り取り処分した。

結局4本仕立てで栽培予定が1株のみになってしまった。
この現象が今後出てこないことを祈るばかりです。

接ぎ木苗を使っているので連作は可能だと思い
2年前に栽培していた場所です。




関連記事

Posted on 2015/06/06 Sat. 05:02 [edit]

category: 西瓜

tb: 0   cm: 6

今年のトマトはあばれる君です (;゜ロ゜)  

トマト-1 

毎年楽しみにしているトマト栽培。

植えつけて第2花房が咲く頃までは順調でしたが
最近ではあばれる君(肥料が効きすぎ)になっています。

写真はピンキーの姉妹品きらーず。



トマト-2
節間が短くなり茎が太い。
典型的な肥料過多です。

前作は何だったか調べると大根でしたね。
畝立てには蛎殻石灰と大山田コンポだけです。
堆肥にも若干の肥料成分があるが他は入れていませんので
残肥が有るんでしょうね。


DSC04341_サイズ変更  
調子がよい時は房にミニトマトが等間隔で数珠つなぎ成るが
今年は駄目ですね。
ブログプロフィールの画像がそうです。

多肥栽培に成ると味も落ちますから。

美味しいトマト期待出来ないかも。



トマト-11 

ピンキー自根苗
接ぎ木失敗で種を蒔き直しました。


トマト-12 

今のところ理想的な草勢です。

きらーずは台木にグリーンガードを使っています。
ピンキーがもし暴れなければ台木の問題かもしれません。
そう成るとグリーンガードは吸肥力が強い台木かもしれません。


トマト-4 

大安吉日



トマト-5

だいぶ大きく成り緑が濃くなりテカリが出てきました。



トマト-6

大安吉日の二股栽培、脇芽ではありません。

うまく育って一番花房が咲き小さいのが付いています。

あまり沢山生らすと草勢が落ちるので様子を見ながら
摘果してみます。



トマト-7 

大安吉日の生長点ですが、肥料過多なので鬼花になります。



トマト-9 
花房の枝が長いのは肥料過多の代表例です。
これだけ長いとトマトが大きく成っても、トマトどおしが
あまりくっつかないと思います。



トマト-10 

これだけ摘果をしました。
暴れている株だけはもう少し摘果せずに大きくさせて
草勢を落としてみます。

穴開き果、写真クリックすると大きく成るので、良く分かりますが
真ん中の大きいのは立てに溝の様になっているのは
鬼花が結実したものです。

自分が納得出来る様な栽培に近づけるのは難しいですね。



関連記事

Posted on 2015/06/05 Fri. 04:56 [edit]

category: トマト

tb: 0   cm: 4

ズッキーニ初収穫とカラーピーマンの摘果  


ズッキーニ-2

2株植えて有るズッキーニ、ダイナーとオーラム。
先日雌花が咲いたが肝心のお相手が・・・

5/31朝見ると雌花が3つ、雄花もあるぞ 
朝から頑張りました


ズッキーニ-3 
2株の草勢は相変わらず場所を取りそうな感じ。

ズッキーニ-4 
6/2日夜半からの雨の手助けもあり急成長。


ズッキーニ-5 


ズッキーニ-6 
2本収穫出来ました。
少し小ぶり15㎝程ですが、これ位の方が柔らかいですから。

夏野菜収穫の一番乗りです。



カラーピーマン-1 
カラーピーマン、イエロー1株とレッド2株
種蒔き2/21日の時と、生育途中に紹介していましたが

植え付けた記録日誌にも、ブログにも書いていなかったも様です
ついでに紹介します。
品種はフルピーイエロー、フルピーレッドEXです。


カラーピーマン-2
一番果が大きく成長したので摘果しました。
茄子畝の横に植えつけましたが、今となれば(∋_∈)
天狗ナスを追加で植えつけるので邪魔になってきました



カラーピーマン-3 
摘果と言っても普通のピーマン以上に大きいですよ。

カラーピーマンは完熟するまで日数が掛かるので
そのうち腐って来たりします。

それとバカほど生っても困るので、色づく前に収穫すると
柔らかいのでそれを普通のピーマン代わりにして
今年はピーマン、シシトウ、万願寺とうがらしのいずれかを
植えつけませんでした。

でもちょっと寂しく成ってきました。
苗が残っているか苗屋をのぞいてきます。
シシトウか万願寺が有ればバカほど採れるので
一株も有れば充分です。

やっぱり定番野菜は準備しておかないと駄目ですね。



関連記事

Posted on 2015/06/04 Thu. 04:29 [edit]

category: ズッキーニ

tb: 0   cm: 0

ニンニクを収穫しました。  

ニンニク-1 
昨年の収穫したのを種採りして86個埋め込んで
育ったのが76個でした。

春先までは調子が良くて茎も太かったですが
あの長雨後・ ・ ・
いつの間にか茎が腐り気が付けばこの有様。
寂しいですね、沢山収穫して黒ニンニクをする予定でした。


ニンニク-2 
枯れてしまったので収穫しました。
小さいですね。


ニンニク-3 
こっちはまずまずの大きさまで育ちました。
結局残ったのは約40株程でした。
トウダチもなくどうなってるんでしょうか。

大きい18株から種採りをすると、食べるのが無くなってしいそう。

マルチをしているわりに、土が硬くなっているので
土に問題有りそうです。
この場所は畑にして年月が短いですから。


ニンニク-4
2日畑で干してカットしました。
少し陰干しをして種採りするかどうか決めたいと思います。




関連記事

Posted on 2015/06/03 Wed. 05:12 [edit]

category: ニンニク

tb: 0   cm: 2

天狗ナスの接ぎ木をしました  

接ぎ木-1
3年前に固定種の天狗ナスと、ヨモギナスの種をある方から
譲って頂きました。

その後継続して栽培しているのはヨモギナス。
天狗ナスは1年栽培しましたが、その時はヨモギナス、飛天長
築陽、黒わしと多品種栽培していて、次年度の栽培候補から外れました。

でも入ってくる情報では私が育てていた天狗ナスとは違い
評判もいいようです。

なので栽培方法に疑問を持ち、私が一年栽培して種採りをした
天狗ナスを、ブロともさんに差し上げたのを今回無理を言って
種を送って戴きました。


台木の種蒔きは4/30日、天狗ナスは5/2日にそれぞれ愛菜花へ
入れて保温。

写真は5/29日に撮りましたが27~29日でここまで生長しました。

参考までに冬に種蒔きしたときは接ぎ木まで約50日弱でした。



接ぎ木-2

先ほどの写真と違いますが台木茄の命茎の太さは2.4mm


接ぎ木-3 
天狗ナス茎の太さは2.17mm
接ぎ木ホルダー2.1mm~2.7mmですので
今回はうまく育てることが出来ました。



接ぎ木-4
今回は冬の時の様に失敗は出来ないので、接ぎ木カッターは
手持ちの新しい替え刃と交換。

切り口は申し分ない位スパッと切れました。

どちらの苗も前回よりも徒長気味に育てました。 (笑)

倍土に黒っぽいのが混じっているのは籾殻燻炭。
これは適量混ぜると根の生長が良くなります。
これは過去にキャベツ、かぼちゃで試した結果です。

接ぎ木-5 
苗がつかみやすかったので、思いっきり茎を押しつけて
へっつけました。



接ぎ木-6   
4株は5/29日、もう1株30日に接ぎ木ました。

台木は5本、天狗ナスは6本育てていました。
もう一株天狗ナスは最悪な結果になれば自根苗で育てて
種採りまで持っていく予定です。

でも今回は好感触です。

前回の反省点から

苗を徒長させた。 普通では逆ですよね。
時期が違ったから一概に言えないが台木と茄子の種蒔きの
時期を縮めた。今回は台木種蒔き2日後茄子の種蒔き。

台木を早めにセルトレイからポットへ鉢上げした。

前回接ぎ木と同時に鉢上げをした。
根が成長過程で過湿に成り、接ぎ木のダメージと重なり生長が
一時止まってしまったようだ。

その中でも元気な苗は水を吸い上げているので培養土の乾きと
ポットの重さが違った。

接ぎ木後の水やりは接いだ時に少し多めに水をやり
以降は水やりをしない。

などに気をつけてみました。


素人判断ですがなかなかいいポイントを押さえていますね。


接ぎ木-7

前回の接ぎ木時に駄目だと思いお遊びで刺し接ぎ木なるものを
やってみました。

接ぎ木-8
挿して接いだ部分も茎と一体化して立派になりました。

始めから植える予定がなかったので鉢上げをしていません。
ですから肥料も切れ根がだいぶ回ってはずです。
下葉も肥料切れで黄色いです。

取りあえず天狗ナスを2株植えて、ヨモギナス2本、庄屋大長2本
計6本栽培の予定です。

空き畝があるので処分するのも勿体ないし少し考えて見ます。

ヨモギナス、天狗ナスは固定種ですので、栽培方法はともかくとして
今後大事に継続したいですね。

今日は苗だけの紹介ですが、後日植え付けて有るヨモギナス、庄屋大長が
生長しているのでまた投稿します。




関連記事

Posted on 2015/06/02 Tue. 04:46 [edit]

category: 苗作り

tb: 0   cm: 4

短形自然薯は5個芽が出ませんでした。  

今日から6月です。
昨日も雨の予報がでていましたが、一滴もふりませんでした。
田んぼは今のところ水が足りているが、畑には一雨欲しい所です。

例年でしたらあと一週間もすれば平年の梅雨入りですが
今年はどうなんでしょうか。


短形自然薯-1

20個昨年ムカゴから育てた種芋を埋け込んだ短形自然薯。

蔓も伸びて巻き付ける場所がなくなってきました。


短形自然薯-2 



短形自然薯-3 
結局20個埋め込んで15個しか芽が出ていません。





短形自然薯-4 
今年埋め込んだ銀杏芋と短形自然薯のムカゴ
殆ど芽が出て蔓の誘引準備をしなくてはいけません。

マルチ熱で蔓の先が焼けるので、マルチの上を切り取りました。

畝幅約80㎝弱長さは1.3m位の畝
これはどうやって誘引すればいいんだろうちょっと悩みます。







関連記事

Posted on 2015/06/01 Mon. 05:03 [edit]

category: 山芋類

tb: 0   cm: 2

プロフィール

FC2カウンター

カレンダー

ブログランキングバナー

最新記事

Categories

blog link

ブログ村ランキング

人気ブログランキング

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。