kazuちゃんのお米作りと気ままな菜園日誌

米作りと地域担い手、野菜は自給自足を目指して、美味しい野菜作りにチャレンジしています!!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

スイカがゴロゴロ犬も大喜び (*⌒▽⌒*)  

縞王
第三菜園に植えたスイカ6株もそろそろ収穫も終盤になってきました。

今年のスイカは最高の甘さでこんなスイカは今まで食べたことがありません。
でも失敗したスイカもあるんですよ。
少し今日は写真の枚数が多いですが、記録として残したいので
ご勘弁の程。

まずは失敗作の大玉スイカ縞王、2個生っていました。
1個は7月21日に収穫しました。
写真は2個めで7月27日に収穫しました。
蔓もだいぶ枯れ始めて葉っぱが殆どありません。



縞王-1 
そのときに一緒に収穫した、飛行船ラルクの初収穫と下に有る紅こだま。
大玉は10.8kgあり、その前のは10kgでした。



縞王-1-1 
カットした瞬間パリッと音がしなかったので、もう少し熟れ具合がたりないかも。
着果後48日目の収穫でした。
普通大玉スイカならこの日数でOKなんですけどね。




縞王-2 
見難いですが糖度9.5とあっさり目でした。


DSCN3134_サイズ変更 
今回収穫したのは写真撮り忘れで、初回に収穫した縞王。


大玉スイカ-3 
これは一番始めに収穫した縞王まだ早かったです。
収穫時期が早いのは分かっていましたが、妹にあげるので
親元に来たついでに収穫しました。
妹は今は畑をしていませんが、以前は大きなスイカを毎年もらっていました。
受粉後42日で、糖度は写真なしで10.2度でした。
その少し前から葉っぱが枯れだしていて、上の写真の縞王は光合成ができていなかった
と思われます。
2個ともほぼ同じ値で着果成長していました。
最初の収穫が早すぎたので送らせたのですが結果は駄目でした。
ちょっと草勢維持ができなかったかな。



DSCN3304_サイズ変更 
紅こだまは2米の収穫で形が少し四角くなっています。








マダーボール-1 
マダーボールは前回も収穫しています。
うっかりと写真撮る前にカットしてしまった(^_^;
写真の枚数が多いので画像連結するので、トリミングしたので
蔓が途中で切れています。



マダーボール-2 
少し熟れすぎていました。




マダーボール-3 
糖度は驚異の13.2度 



ラルク-2 
飛行船ラルク、苗は接ぎ木ではなくて自根苗でした。
3本仕立てで隣り合う蔓とほぼ同じ節に2個生っていました。
娘に送って上がるので1個試し採りをしました。
受粉後推定35日程度




ラルク-3 
高糖度がでました。

メーカー値によると3kg前後、糖度の上がり方が素晴らしく
スイカ好きにはたまらない味に仕上がります、と記載されていました。

上のマダーボールと比較すると甘さの余韻があるような感じでした。
種も少なくて薄皮で来年の植え付け候補のひとつにあげたいです。

もう一個のラルクをトマトきゅうりなどと一緒に子供に送ってあげました。
届いたの連絡が無いので催促のメールを・・・

予想通りの答えが返ってきて、スーパーのスイカと比べものに
成らないおいしさと、お父さんニコニコです 
大玉は大失敗、3年続けての失敗なので、私には大玉スイカが向かないかも 
小玉スイカはここまでブログに載せただけでもすべて13度を超えています。






3Xブラックジャック 
もう一つ期待しているのは3Xブラックジャック大玉。
着果日は6月17日でした。
そろそろ収穫出来そうな日数まで来ました。
巻きひげは早くから枯れていて、叩いた音の感じがしっくりきません。
これも50日近く待たないと駄目かも。

参考までにメーカー値は重さ6~8kg、糖度は12.5度前後となっています。
大玉スイカを作るならこの程度の大きさでちょうど良いかもです。
収穫後来年どうするか決めます。
この種一袋8粒入りで1080円と超お高いでした。






スイカ畑 
自宅離れのベランダから第三菜園のスイカ畑が見えます。
今年広々とした場所でスイカ6株を向かい合わせで栽培しました。
のびのびいいなぁと思いましたが、栽培後半にくると分かったことがあります。
広々しすぎて蔓の管理、受粉などはしやすいが葉っぱ同士が被さらないので
地上からはスイカが丸見え、太陽ガンガン照りの時にはスイカが
とても熱く成っています。
葉っぱが重なり合ってごちゃごちゃしている方がスイカの栽培に
適しているように思いました。
蔓Uターンが必要だと思いました。

かみさんは勤めでパートでも帰りが5時半~遅いときは6時半になります。
疲れているだろうと思い夕方洗濯物が乾いているので取り入れてます。
そのときに写真を撮ってみました。
もちろん帰ってきたらありがとうと言ってくれますよ。




第一菜園スイカ-1 
メインの畑は終わり自宅前の第一菜園ですが、飛行船ラルクと黒姫ここあを4株
空中栽培しています。
着果後30日前後です。

黒っぽいのがここあでメーカー値は2kg前途と小さいスイカ
糖度は12~13度です。




第一菜園スイカ-2 
ご覧のように緑のカーテンとまではいかないが綺麗にトンネルを
作っています。



DSCN3404_サイズ変更  
トンネル内はゴロゴロとぶら下がっています。
いまは自然受粉でミツバチが盛んにやってきてます。
多いときには25個を超えていましたので摘果をしました。
網の上に乗っているだけで13個、ざっとみて確認できるのは16個あります。




第一菜園スイカ-4 
蔓は折り返して上方向に伸びています。
このまま木が元気であれば9月5日頃には収穫が終わりそうです。




モコとスイカ-1 
最後にお遊びで。
うちの愛犬トイプードルのモコと言います。
僕9歳男の子ですが小さいときに、片足あげておしっこをするので
ご主人に去勢手術に連れて行かれました。(>_<)
今は女の子おしっこをしています(*^▽^*)

口なめしながらオーーーこのデカいの美味しそうやな



モコとスイカ-2 
なんか甘~い匂いするでクンクン。




モコとスイカ-3 
いちょかじったろか
あかんわ、僕の口よりスイカデカいので歯がひっかからへんわ
食べたいなぁ、いい匂いしてるんやけど




モコとスイカ-4 
こっちの小さい方ここからかじったろうか



モコとスイカ-5 
あ~~あ、おまえよだれこぼすなよ。
4.5kgあるのでほぼスイカと同じ重さでした。
今日はお父さんに毛が伸びたのでシャンプーカットに連れってもらいます。
またねぇ・・・・・・



関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/07/31 Sun. 05:00 [edit]

category: 西瓜

tb: --   cm: 12

稲は乳熟期に入りました  

田んぼ-1
少しの間朝夕は気温が下がり涼しかったですが、また蒸し蒸し
昼間はかんかん照りの天気です。

前回投稿から5日経ちましたが、この時期の田んぼは一日一日変わってきます。
ほぼ穂は出そろいました。





田んぼ-2 
受粉も終わりそろそろお米の元となる白い汁が
できはじめて乳熟期になります。






田んぼ-3 
化学肥料と有機肥料はほぼ同じような生育です。



田んぼ-4 
今年も穂が長そうです。



田んぼ-5 
測ってみましたら21㎝、159粒ありました。
あまり長すぎると登熟できない穂があるので程ほどが
いいらしいですが、こればっかりは私にはどうすることもできません。
今回は化学肥料との長さを比較できませんでした。





田んぼ-6 
まだ乳熟期に入ったばかりなので、先端の穂を潰してみましたら
お米の元白い汁が少し出てきました。

この汁穂の先端の方からできて来て、果梗の方へ降りて
いくんですよ。
乳熟期が過ぎると糊熟期、字のごとく糊状になりだんだん
固まり始めてきます。
次回の投稿時はペッタンコだった籾がふっくらとしてきますよ。




関連記事

Posted on 2016/07/30 Sat. 05:00 [edit]

category: 米づくり

tb: --   cm: 10

井戸ポンプのメンテ  

川本ポンプ-1
今日は田んぼ畑の話から離れて、自宅で使っている井戸水ポンプの
事を書いてみました。
家を新築して30年を少し超えていますが、当時日立の家庭用井戸ポンプの
750Wを使っていました。
家の水を殆ど井戸ポンプでまかなっていました。
ですから水道料金はと言うと基本料金の3000円ほどしか支払っていませんでした。

そのポンプも壊れてもう一般家庭でそんなばかでかいポンプはいらない
だろうと、電気代も馬鹿になりませんので川本ポンプの400wに
入れ替えました。

その頃より飲料水は水道にして、井戸水は水洗トイレ1ヶ所と、外水2ヶ所
のみとしました。
地域の方は井戸水を結構使っており飲料水にも利用しています。

そのポンプ使っていないときは当然モーターが回らないはず。
それなのに春先からウーンっとポンプが定期的に回っています。
漏水だろうかと心配していましたが、それは確認すると大丈夫でした。



川本ポンプ-2 
時々エアーも混じるし、ポンプも14、5年使っているので性能低下か
一次側パイプからエアーが混じる、井戸水の水量不足など。

取りあえず一次側の給水管を外して確認することに。



川本ポンプ-3 
ナイロンひもは給水パイプのLを切断するので、うっかりするとパイプを
落としてしまうと取れないことになるのでそのためのナイロンひもです。

以前のポンプの時に隣の方が、井戸水を使わさせて欲しいというので
ポンプを設置していた時期がありました。
結局始めの頃は問題なく使えていたが、冬場になると水がたりなくなり
エアーを吸い上げるのでお断りしました。
そのときにパイプを切断して塩ビパイプ用ユニオンを取り付けて
今まで使っていたのを忘れていました。
この部品はこんな給水管に使うようなことをしないのですが
なぜ使ったのかも思い出せません。




川本ポンプ-4 
これを切り取って新しく25mmのパイプをつなぐことにしました。
パイプカッターを持っていないので私はいつも金鋸で切っています。


川本ポンプ-5 
取りあえずはつなげました。
あとは給水管の高さ調整です。


川本ポンプ-6 
逆止弁もチェックして



川本ポンプ-7 
高さ調整も済ませて取り付けました。
給水管の長さは今までよりも50mm程底へ下げました。
地下水がないのであれば当然エアーを一緒に吸い上げるので
限界まで下げてみました。
写真には取り外して写っていませんが、アキュムレータが取り付けてあります。
このアキュムレータのガス圧が不足すると、頻繁にモーターのオンオフが
繰り返されるようです。
うちの場合は頻繁ではないが、これも原因の一つと思います。
取りあえず様子を見て駄目ならアキュームレータ交換?
メーカーに問い合わせたいと思います。







川本ポンプ-8 
迎え水をいっぱい入れて試運転。




川本ポンプ-9 
いまは良好で暫く様子を見ることにします。



川本ポンプ-10 
ふぅーポンプ室の中は蒸し暑かったです。
一気に疲れがどーっと・・・
最近は工場で使うクーラー用のクーリングタワーってあまり見かけませんが
以前は自分ところのクーリングタワー、ポンプの設置、修理まで
やっちゃいました。
kazuちゃんはこんなことが大好き人間です。




関連記事

Posted on 2016/07/29 Fri. 05:00 [edit]

category: 日常・生活・旅行

tb: --   cm: 6

次作の準備と天狗茄子がTVで放映していました  

草引き-1
少し気を緩めているとすぐに草ぼうぼうになってきます。
皆さん同じだと思いますが、雑草引きは大変です。
タマネギを植えていた畝ですが、収穫後3回雑草を引きました。
アホなことしていますよね、すぐにマルチを被せていれば無駄な時間を
費やさなくても良かったもんを(^_^;


草引き-2 


草引き-3 
綺麗にすると気持ちがとても爽快。
隣の畑から種が飛んで一人生えの赤じそ。
もう少し前ならもらい手もあったけど、梅干しもつけたからね。
一株だけ引っこ抜いて、青じそを頂いたのと併せてシソジュースに
してもらいました。
香りが良くてさわやかなジュースですよ。



草引き-4 
シソが12本ほどあり根が張っているので結構引き抜くのに
力がいりました。
後日マルチをはがして久しぶりにトラクターの出番です。



草引き-5 
幅約5.5m長さ約13.5m、70㎡程を耕耘綺麗になりました。
今年は自宅前がトマトとスイカで埋まっているので、こちら第三菜園で
白菜、キャベツなどを栽培する予定です。
さすがに大根だけは耕土層が浅いのでちょっと無理です。


白瓜-1
白瓜4株育てていましたが、うちでは食べきれないので殆ど
差し上げていました。
まだまだ小さい瓜が生っていましたがもう終わりにしました。

枯れ葉はうどんこ病が枯れた葉です。
これを綺麗に取り除いてやるとまだまだ収穫出来ます。
5月14日に植え付けて、6月22日が初収穫でした。
ここまでの収穫量は54個だったので平均1株で13個でした。



白瓜-2 
最後は小さめでしたがこれで打ち止めです。
来年は栽培しませんよ。




DSCN3198_サイズ変更 
向こうに残っているのはサツマイモ2株と宿儺かぼちゃ。
相変わらず宿儺かぼちゃは元気がありません。
でも着果させたんですよ、後日またアップするので見てくださいね。
左隣のサツマイモシルクスイーツ元気が良すぎます。

この場所へ何か植えようと思えば短期間で収穫出来る物に限定されます。
南に山があるのでだんだん日当たりが悪くなってきます。
キャベツの苗でも作ってあれば良かったですが、今年はお米に力を入れているので
計画性に欠けています。
どちらかメインにしないとね。

収穫 
左が25日の収穫パプリカのオレンジまるで柿のようです。
万願寺トウガラシは黒ずみ果が多いです。
右が26日の収穫伊勢ピーマンは沢山なり始めてきました。
色濃くふっくらするまでなかなか待てないですね。
なんとかかき分けてふっくらしたのを収穫したつもりですが
これではまだ収穫が早いです。

私には待てるのはこれくらいが限界です。
かみさんにその話をすると納得してくれたようで、スーパーのふっくらして
緑色の濃いピーマンが印象が強い様でした。

その伊勢ピーマンにも黒ずみ果が出ていました。
カリウム欠乏のようで第三菜園は痩せ地なので特にでしょうね。

次回は大量収穫出来そうです。




収穫-1
久しぶりによもぎナスの柔らかくて大きいのを収穫しました。
右の小さいのは先日切り戻し剪定した枝に1個残していました。
天狗茄子すぎさんが色がうちのと違うと言われて、一個色の濃いのを
見つけました。
環境により色が七変化するのかなぁ。
水茄子は1個のみ収穫


DSC06905_サイズ変更
明日の投稿の下書きをしていると天狗茄子のことがTVで放映されていたので
急いでシャッターを切りました。
三重県伊賀地方は関西圏と中部圏の間に位置して、TVの番組は関西系と
中部系両方入ってきます。
この放送はメーテレ(名古屋放送)です。

すごい天狗の鼻ですね。
聞いているとそんなに多くは出ないようです。

画像はくりっくすると可成り大きく生ります。
迫力ある茄子にびっくりしました。






DSC06906_サイズ変更 

DSC06907_サイズ変更
さすが茄子農家プロですね、茄子がぶらぶらと低段から生っています。

 
DSC06908_サイズ変更 
とにかく柔らかくてトロトロで甘みがあると
焼きナスを食べてレポートしていました。
うちではこれによもぎナスを加えて食べ比べしていますが
栽培方法、土壌環境によっても味が違ってくると思います。
うちではやっと天狗茄子のおいしさも出てきましたが、よもぎ茄子の方が
味が濃くて甘く感じます。
どちらもとても美味しい茄子ですね。

偶然に撮れたシャッターチャンスこれには嬉しかったです。

関連記事

Posted on 2016/07/28 Thu. 05:00 [edit]

category: 白瓜栽培

tb: --   cm: 6

スパイダーモア調子悪い  

スパイダーモア-1
7月14日にスパイダーモアメンテナンスの様子をお伝え
しましたが、その後エンジンの掛かりも問題なく使っていましたが
最近になって1時間ほど作業していると、途中でエンジンが止まる
現象が出てきました。

リコイルを引っ張ってもウンともスンとも言わず、そこへ悪いことに
リコイルが元に戻らない現象が起きてきました。

エンジンは冷えるとまた復活するのが分かりました。
回りの方で休憩などでエンジンを止めると、まったくエンジンが
かからない現象が出ているのは知っています。
コイル関係に原因があるようです。
ちょっと私のと症状が違います。



スパイダーモア-2 
今日は雨だったので、自分でできる範囲までやってみました。
まずリコイルがスムーズ元へ戻るように分解し始めました。
結構土埃がついており、冷却用の空気をあまり吸い込んで
いないようです。




スパイダーモア-3 
奥に見えているのが冷却用のファン。



スパイダーモア-4
リコイルも土埃で戻らないはずです。
エアーブローで軽く回るようになりましたが、CRCをふっておきました。


スパイダーモア-5 
燃料タンクを外して赤いカバーも外していきます。



スパイダーモア-6 
ここまでは掃除はできそうですね。
写真には写っていませんが、点火プラグに火花が出る構造が
分かりました。
ファンの奥がフライホイールがありその上に磁力板があります。
リコイルを引っ張るとフライホイールが回転して、磁力板と黒の四角い
イグニッションコイルだと思うけど、そこで電気を発生させて
点火プラグに電気を送り込むようだ。
間違っていても突っ込まないで下さいね。


スパイダーモア-7
これだけ土埃がついていると、エアーブローするしかないので
基本料金上がるけど元ブレーカーを入れてコンプレッサーを使いました。



スパイダーモア-8
ファンの誇りとカバー回りも掃除して



スパイダーモア-9 
悩みながら元通りになりました。
自宅に戻り画像のインポートをしてあっ、悩まなくてもデジカメの
写真を見れば良かったんだと苦笑い。

クボタにエンジンの温度が上がりすぎると安全装置がついていて
エンジンが止まるのか尋ねると、そんな機能はついていないとのこと。

ということはリコイルは復活して、ファン回りの掃除とパンチングの
目詰まり掃除でエンジン温が下がってひょっとすると
エンジンが止まらないと微かな期待も裏切られた(^_^;

そんなこともあるかと今日洗浄剤、キャブクリーナーなどを
買いに走りました。
それでキャブをばらしてキャブクリーナーで洗浄をしました。
写真は手が汚れてシャッターを切れませんでした。
1時間くらいはエンジンのフケも良くてキャブは問題ない
突然止まるのだから混合油が来なくなるからでしょう。

クボタに尋ねるとエンジンが止まったときに、燃料タンクのコック
を開けてシューッと音が出ないか確認して欲しいと言われました。

真空状態になり混合油が送られないかもしれないからだそうです。
以前から空気穴があるのは分かっていました。
ならば穴が詰まっていないか確認すると、覗いてみるとウーン
世間がよく見えるキャップではなさそうです。
取りあえずこのまま使って様子を見ることにしました。

あとは私がどこまで我慢ができるかになってきました。
友達にそんな機械ほかしてしまえと言われるし (^_^;
人ごとだと思って好きな事を言われています。









関連記事

Posted on 2016/07/27 Wed. 05:00 [edit]

category: 農機具

tb: --   cm: 8

調子の悪い茄子だけ更新剪定しました  

更新剪定-1
今日は3種類栽培している茄子のうち調子が悪いよもぎ茄子の
更新剪定の様子を紹介します。

3株植えているよもぎ茄子、うち2株が調子悪くて初収穫の6月24日以降
から固い石茄子のような茄子しか収穫出来ていません。
その他泉州系水茄子も2株のうち1株はまったく調子が悪いです。
見た感じ元気そうでしょう、何が原因か不明ですが植え付け当初から
調子が悪い2株にカメムシが無数おり、今もしつこく居着いています。
樹液を吸われた成長点付近は葉が暫くすると丸くなり枯れて来ます。



 DSCN3155_サイズ変更 
丸印が枯れた場所、写真は21日に撮った物です。
あちこちにあります。
カメムシのいたところは花芽がついてきません。





更新剪定-2 
3株のうち一番調子がいいよもぎ茄子です。
でも調子が良いと言っても例年の半分ほどしか収穫出来ていません。




更新剪定-3 
調子の悪い2株を更新剪定する事にしました。
切り取った枝の断面ですが、どうなんでしょうこれで普通なんでしょうか。
追記
ネットで茎の断面を調べてみましたが異常なさそうです。
参考までにナス半身萎凋病に感染していると(導管が薄く褐変する)





更新剪定-4 
ここ5年は更新剪定はしていないと思います。
どうだったかなぁと思いながら適当に切り込みました。



更新剪定-4-1
スコップで株回りの根を切り込んで堆肥とぼかし肥を入れて
水で潅水しておきました。
この時期の更新剪定はドッドタイミングで秋なすは十分頂けそうです。
(^∧^)、オ、ネ、ガ、イ。復活してね




更新剪定-5 
偶然にも同じアングルから調子の良いよもぎ茄子の写真を
連結してみました。

右が7月21日の写真、左が7月25日の写真です。
今日少し剪定したので1ヶ所果房がありません。
4日でこれだけ成長していれば十分でしょう。
今年はよもぎ茄子は切り戻し剪定をせず放任しています。





更新剪定-6
写真右と左が逆になっています。
泉州水茄子は更新剪定せずに、少し深めに枝を切り込みました。



DSCN3166_サイズ変更
天狗茄子の方から見たところです。
写真は22日にアップしようと撮ってあった先ほどと同じ日の写真です。
よもぎ茄子が収穫出来るまでは天狗茄子に頑張って欲しいです。
水茄子では料理になりませんからね。




更新剪定-8 
種取り用の天狗茄子です。
随分デカくなりました。



更新剪定-9 
長さを測ってみましたが29㎝



更新剪定-10 
下が3㎝開いていますので26㎝あります。
交雑なし、一番調子が良い状態の時なので
とても良い種が取れそうです。


あとはよもぎ茄子の種取りを上の写真の中から選んで残しておきます。
茄子が調子悪くなったのは4年前に半身萎凋病にかかって以来です。
今年はたらふく美味しいよもぎ茄子をまだ食べていません。





関連記事

Posted on 2016/07/26 Tue. 05:00 [edit]

category: 茄子

tb: --   cm: 8

穂揃い期かな  

田んぼ-1
毎日暑いですが稲は元気が良くてすくすく育って
穂揃い期になってきました。





田んぼ-2 

田んぼ-3 
今日はブログネタも無いので・・・



収穫-1
トマトが2日おきにこれくらい収穫出来ています。
今日は大玉トマトが12個でした。


収穫-2 
泉州水茄子は少し柔らかいのがとれ出しました。
右上と左下は生で食べてみましたが、柔らかくて甘みが
あり水茄子本来に近くなってきました。
あとは石茄子のようです。
一番大きいのは天狗茄子、大きいので1個あればおかずになりますよ。




収穫-3
おおもの残りわずかになってきました。
糖度計の写真はありませんが、相変わらず20度超えで20.3度ありました。






DSCN3169_サイズ変更

DSCN3168_サイズ変更 
葉が枯れかけていたので駄目だろうと諦めていたら
こんなに綺麗に咲きました。
このひまわりは初めて見ました。

DSCN3167_サイズ変更 
そろそろひまわりも枯れ出してきました。
明日は何かネタができるだろうか (^_^;




関連記事

Posted on 2016/07/25 Mon. 05:00 [edit]

category: 米づくり

tb: --   cm: 10

生姜の土寄せと追肥  

生姜土寄せ-1
今日は生姜の土寄せと追肥の様子を紹介します。
連日のお天気で土が乾ききって白くなっています。


生姜土寄せ-2 
13片植え付けてあと2株萌芽していません。
先日も掘り起こして芽が出ているのを報告していましたが
その後まだ地上には出てきません。

他の株は多いところでは3芽ほど出て成長しています。



生姜土寄せ-3
新しい芽が土を割って出てきて来ました。


生姜土寄せ-4 
芽を潰さないように軽く土表面を中耕してあげました。




生姜土寄せ-5
畝肩付近へ追肥をして、たっぷりと潅水。


生姜土寄せ-6 
その後畝の端部分の土を寄せて畝全体に被せて
土寄せしました。



生姜土寄せ-7 
トンネルで陰を作ってあげようかと思いましたが
トマトで使った麦わらが残っているので敷き藁してあげました。
本当は全株芽が出そろってから土寄せ追肥をしたかったですが
今年は土寄せ追肥が遅れています。
例年ならこの時期2回目の追肥と土寄せは終わっています。

今年の生姜栽培はどんな結果になるんでしょうか。



関連記事

Posted on 2016/07/24 Sun. 05:00 [edit]

category: 生姜

tb: --   cm: 8

プランターで秋トマト栽培  

三重県伊賀地方では梅雨明け後連日暑い日が続いています
収穫したスイカはあっという間になくなり、次の収穫が待ち遠しい
kazuちゃんファミリーです

昨日下の娘から久しぶりにLINEが・・・ ピンポン。うちの愛犬トイプー
のモコもその音に反応します

何かと思えば姉ちゃんから、今年のスイカめちゃめちゃ美味しいと聞いた
様で、スイカお盆まであると遠慮気味に。
私のスイカ・・・・・ 大丈夫だよ沢山残しておくから
と返事すると  この時期お父さんは大人気です


秋トマト-1

今日はプランターで秋トマトを収穫してみたくて植え付けまでの
様子をお伝えします。

今年は育苗ハウスも昨年よりも一回り大きくバージョンアップしたので
その時点から秋トマトを栽培する計画をしていました。

なんだか陰があり涼しそうですね。
結構快適で涼しいですよ。




秋トマト-2 
それもそのはず屋根に遮光ネットを付けてみました。

回りのビニールも取り払い獣害対策のネットを張り巡らして
用意はできています。
って一日前温床も片付けて急いでやっただけですけど。
実はハウスの扉と、裾を開けていたらお猫さん2匹温床の中に入って
座って、こっちを見ていたとかみさんから可愛かったと
報告が入ってきました。

すぐに逃げたようですが、見に行くとありゃ土がひっくり返されて
ぐちゃぐちゃに。
中で糞尿をされていなかったのが救いです。
それで急いで回りにネットを張った次第です。



秋トマト-3 
今回植え付けるのはミニトマトピンキー、きら~ず、中玉トマトリコピンポン
2株の計4本栽培してみます。

一度紹介しましたが種まきは6月11日に、植え付けは7月20日で
40日の育苗期間でした。


秋トマト-4 
28Literの培養土を3袋用意してあったのですがありゃたりないぞ。
きゅうきょ買いに走り1プランターに56Liter入りました。
そりゃたりないは、76Literタイプのプランターだもん
プランターの側面に利用方法など記載されているのにまったく
見ていません。








秋トマト-5 

秋トマト-6 
花芽も付いてもう少し育てていると開花しますが
最近気温も上がりこれだけ成長すると、水やりが大変ですぐに葉が
水分不足で萎れてきます。


秋トマト-7
最後に麦わらを乾燥防止に敷いてあげて、支柱をさして
できあがりました。



秋トマト-8 
あまり陰が多いと徒長するので様子を見ながら遮光ネットを
調整していきます。
畑で育てるほど房は長くならないと思いますが、結構大型の
プランターですのでそれなりの育ってくれるでしょう。
水分調整も自在にできるので、高濃度トマトの収穫期待がもてそうで
今から楽しみにしています。
でも高く付きましたよ、培養土が1袋700円弱、
大型プランターいくらだった


トマト-1 
ミニトマトの収穫も進んで、3段目の収穫が始まっています。
房が長いので1段目もまだ残っています。


トマト-2 
大玉トマトは2段目の収穫が始まっています。
見事になっているでしょう。
植えたときは花房が手前を向いていましたが
暴れ出してからは左向け左、まわれー右が多いです。




トマト-3
今年はこの自根苗のピンキーが一番綺麗で美味しいです。



トマト-4
大玉トマトは2日に一度10個ほど収穫出来ています。
梅雨明け後お天気が良いので色づきも早くなりました。
今が最高に美味しい時期かもしれません。





関連記事

Posted on 2016/07/23 Sat. 05:00 [edit]

category: トマト

tb: --   cm: 8

赤ひげネギの植え付けと下仁田ネギの成長  

赤ひげネギ-1
今日は冬のお鍋に入れると甘くてトロッとした、美味しい赤ひげネギと、
下仁田ネギ植え付け後の成長の様子を紹介します。


2月14日に種まきして育てていた赤ひげネギ苗の
植え付けをしました。

種まきから今日まで長かったですねぇ~(^_^;
間引きも一切せずこんなにデカく成長しました。
種まき時期をもう少し遅らせた方が良さそうです。



赤ひげネギ-2 
根っこと葉っぱもカットしました。






赤ひげネギ-3 
畝の準備は2月4日に蛎殻石灰と大山田コンポを入れて
お古のマルチを被せいました。
畝幅70㎝長さは9mあります。
植え溝を掘るのに鍬で2往復して完成、これだけで汗だく (^0^;)
水糸なしで掘っていきましたがわりと綺麗にできてます。





赤ひげネギ-4 
綺麗に植え付けができましたって置いているだけですが
株間は15㎝で58株植えました。
広めに株間を取ったので沢山分けつして欲しいです。

すでに分けつして2本になっているのも数本ありましたが
そのまま気にせず植えました。
覆土は根っこが隠れてぷくっとしたところまで、上の写真苗の赤いところまで
被せました。
午後になるとこの場所は陰になってきます。
今の時間は16時過ぎ


赤ひげネギ-5
その上に籾殻堆肥を乾燥防止に被せて、う~土の色が変わりだしたぞ。
それから30分が過ぎて建物の切れ目から再び西日が
差してきました。





赤ひげネギ-6
3㎝ほど被せました。
確か昨年もこの状態で2週間ほど置いてから土寄せしたはずです。

お猫さんが寝静まった夜中に荒らしに来ないように  困ったもんです。
これで今年初めから種まきをした野菜の植え付けは、赤ひげネギが
最後となりましたがすべて終わりました。

早い方は秋冬野菜のキャベツ、ブロッコリーなどの種まきされていますね




DSCN3074_サイズ変更
6月30日に植え付けた下仁田ネギはうまく育っていますが
ニャロメの糞尿のおかげで手前左下1本枯れたので補植した。

遠慮せずにブスブスと歩いています




DSCN3075_サイズ変更 
土が硬くなってきたので中耕してあげたいですが、土を触ると
必ずやってくるんですよ。



下仁田ネギ-1 
翌日やっぱり中耕をしました。





下仁田ネギ-2 
真ん中は土が崩れるので土寄せの時までそのままにしておきます。




下仁田ネギ-3
植え付け時苗を畝横方から見て縦方向に向くように植えたけど
4本真横に向いているの、斜めになっているのがあり植え直しました。
もうしっかり根付いており、ぶっちっと根が切れる感触が
伝わってきました。





下仁田ネギ-4 
ハイ!綺麗になりましたよ。
kazuちゃんは困った性格ですね。
液肥を与えておきましたが、植え替えの時に分かったことですが
これだけ土が乾いていると、如雨露1杯10literの水を3杯以上与えないと、
根っこ付近まで染みこんででいませんでした。




関連記事

Posted on 2016/07/22 Fri. 05:00 [edit]

category: ネギ類

tb: --   cm: 6

キュウリはまだ元気ですよ  

きゅうり-1
6月22日~生り始めたキュウリ4本ですが、約一月ほどずーっと
生りっぱなしで、ようやく下降気味になってきました。
それでも元気そうな姿しているでしょう。


きゅうり-2 

きゅうり-3
少し曲がり果が増えたりしますが形のいいのが採れています。



きゅうり-4
第二弾のキュウリは6月24日に在来固定種の加賀節なり
キュウリを3株植え付けました。



きゅうり-5 
老化苗を植えたので調子が悪いのかと思っていましたが
節間が長いキュウリのようで徒長したみたいで感じが悪いです。



きゅうり-6
それでも先日から生り始めてきました。
第一弾と比較するとベト病にかかり耐病性に関しては
今の改良型キュウリと一緒にはならないです。



きゅうり-7 
7月15日に第三弾のキュウリ2株を植え付けました。
右小さいのは自根苗の立秋きゅうりと加賀節なりきゅうり。




きゅうり-8 
前回投稿時に接ぎ木をしているのを見ていただきましたが・・・
その一株が生き残りまして、畑へ植えて貰えることができました。
ピンぼけですみません。



きゅうり-9
接ぎ木フレンドを外すと茎がずれてるでぇ(^0^;)
まあいいことにしておきましょう。
台木の子葉が枯れて穂木の子葉が生き残りました。


DSCN3102_サイズ変更 
じつはぶぅパパさんから送って頂いた貴重な接ぎ木データーを参考に
台木の種が残っていたので5株分種まきをしまして、7月6日に接ぎ木を
しました。

穂木の子葉と本葉はご覧の通り早くも紅葉しましたが。新しい葉が
でてきまして未だに枯れていません。
一応成功したと思います。
品種は立秋きゅうりです。

ぶぅパパさん貴重なデーターありがとうございました。
でも納得できていません。
きゅうりの接ぎ木がこれほどまでに難しいとは思いませんでした。
上の加賀節なりきゅうりで台木と穂木がずれていましたが
瓜科ホルダーがあるともう少し確率が上がるかもしれません。

さてこのきゅうり成長したらどうするか?
いくら立秋きゅうりだといっても伊賀の中山間、今まで絶好調の
時に6月末に植えて10月10日まで栽培したことがありますが
10月に入ると朝夕はめっきり涼しすぎて・・・

後作の都合が付けば、第一弾のきゅうりが駄目になったら
そこへ植えてあげることができるか


DSCN3061_サイズ変更 
右が加賀節なりきゅうり初収穫でした。



関連記事

Posted on 2016/07/21 Thu. 05:00 [edit]

category: キュウリ

tb: --   cm: 4

里芋に追肥・土寄せと海老芋の親茎カットの様子  

里芋追肥-1
梅雨が明けるとやっぱり暑いですね(^0^;)
今日は里芋追肥と土寄せ2回目と海老芋の親茎カットの様子を
おつたえします。

今年の里芋は大和里芋17株、海老芋18株
こんなに植えてあるのかなぁ・・・

写真は第二菜園の里芋、海老芋の中に1株大和里芋が混じっています。
結構成長してきましたよ~


里芋追肥-2 
前回の追肥は6月22日でした。
土寄せは左側でしたので今回は反対側に追肥をしました。
ここまで成長したので追肥に、ぼかし肥と油かすを少し混ぜました。
窒素を増やしてもっと大きい葉っぱにして私の日よけ傘に使ったり
します。(*^▽^*)


里芋追肥-3 

里芋追肥-3-1 
またまたモグラ被害に遭っています。
隣との境界にU字溝が入っています。
土が流れるので土留板をしていますが、その際を掘り起こして里芋の中へ
侵入しています。(^0^;) (@@;)


里芋追肥-4
今日は海老芋で初めての試みで親茎の葉を欠いて脇芽を増やして
子芋を大きく育てるやり方をしてみます。

海老芋を初めて栽培したのは2012年でした。
とても美味しくてその味が忘れられず毎年栽培したくて
種芋を残したが、翌年は腐って栽培を断念。

2014年15年とブロともさんから種芋を送ってもらったが
結局保存に失敗しました。

今年はやっと種芋を入手することができました。


里芋追肥-5 
親茎をカットしました、上の写真と比べてくださいね。
第二菜園の海老芋は脇芽まだ殆ど出ていませんが
これから出てきてくれることを信じてます。



里芋追肥-6
こちらも親茎をカットしました。
これから親芋から少し離れたところへ脇芽が出てきて
それを育てて大きい子芋を育てていきます。




里芋追肥-7
第三菜園の大和里芋土寄せ追肥は済ませました。



里芋追肥-8
先ほどの第二菜園の海老芋ではあまりにも脇芽が少なかったので
第三菜園の海老芋の方がよく分かると思います。

何ヶ所か脇芽が出ています。
これから親芋の茎をカットします。



里芋追肥-9
こんな感じになりました。

里芋追肥-10 
こちらも親茎をカットしていますが。


里芋追肥-10-1
同じ場所からの写真ではないので残念ですが、3日間で脇芽の葉っぱが
成長してきました。
この情報を知って2年経ちやっと3年目でやっと試してみることができました。
私も初めてのことなのでこの先どうなるか分かりません。

でももうやりかけているので最後までいきます。
最終的には親芋の茎はなくなってしまいます。
土寄せ追肥も何度もすることで大きな子芋が採れるそうです。
次回はこの写真と成長した写真を比べてみますね。
覚えているだろうか(*^▽^*)

海老芋の親茎カット栽培は海老芋だけの独特な
栽培方法です。
他の里芋でこの方法が通じるかは分かりません。
一度やってみましたが記憶にないので結果は良くなかったかも
しれません。
説明不足でしたのでお詫び申し上げます。





関連記事

Posted on 2016/07/20 Wed. 05:00 [edit]

category: 里芋

tb: --   cm: 12

稲が出穂してきました  

今日は2投稿あります。
この記事は2投稿目です。



出穂西沖-1

梅雨が明けたようでこれからはガンガン照りの夏空が続きます。
我が家のコシヒカリに走り穂、出穂始めを確認しました。
昨年は7月18日でしたので1日早いです。
勘違いして5月20植えのデーターを見ていて10日も早いと思い込み
なんだか変だと気がつきました。



出穂西沖-2 

出穂西沖-3
西沖元肥米糠田、色がさめすぎました。
穂肥をやろうと思ったときにはすでに幼穂がだいぶ伸びていました。
有機肥料の効き出しまで5~6日掛かるために、穂肥を止めて
食味優先にしました。
尿素などを使うと速効で肥効が現れて、吸収後さーっと引いていくと思います。



出穂滝ヶ口-1
滝ヶ口元肥鶏糞田

出穂滝ヶ口-2 
だいぶ出ましたね、花が咲いていました。



出穂滝ヶ口-3
葉色がだいぶさめてきました。



出穂滝ヶ口-4 
上の写真の田んぼの真下は試験的に元肥の量を増やしています。
どちらも穂肥はふりません。

暫くは浅水管理で水を入れたままにします。
っていっても水持ちの悪い田んぼは暑い時期は1日で抜けてしまいます。
あと1週間も経てばだいぶ穂も出そろって、田園風景も変わります。



 
関連記事

Posted on 2016/07/19 Tue. 05:00 [edit]

category: 米づくり

tb: --   cm: 2

伊勢ピーマンとパプリカの様子  

この記事は1投稿目です。


ぴーまん-1
伊勢ピーマンの調子が悪いとお伝えしていましたが
ここに来てやっと本格的に実がなり出しました。


ぴーまん-2 
ところが隣で栽培しているパプリカですが青枯れ病?
この畑は出る可能性ありです。


ぴーまん-3 
沢山パプリカが実っているのにあ~もったいない。



ぴーまん-4 

ぴーまん-5
だいぶ色づいてきました。
やっと収穫出来そうですね。


ぴーまん-6
先日から色づく前に腐り果が沢山出ていました。
畑に来ると畝の上にポタッと転がっていたりしていたので
あまりにもおかしいので、割ってみるとオオタバコガでしょうか。
結局食害されて腐ってました。



ぴーまん-6-1 
それで青枯れ病だと思う株を抜き取ろうと支柱を
抜きかけたらパタンと樹が倒れました。
よく見ると根が切れていました。

思い浮かんだのは、伊勢ピーマンの調子が悪いときに
モグラが通り抜けているのに気づきました。
だから花が咲いてもポタポタと落花していたんだと分かりました。

畝の上に乗りモグラの通った穴を足で踏んづけました。
そのときにパプリカの根が切れたんでしょうね。

その後伊勢ピーマンは実がなり出して回復、その3日頃より
パプリカが調子悪くなり始めました。

でも原因が分かり伊勢ピーマンは元気になってきました。



ぴーまん-7 
早速なり始めてきた伊勢ピーマン2回目の収穫です。
パプリカは抜いたのを収穫しました。




ぴーまん-7-1 
綺麗な色しているでしょう。
うちのかみさんはまだ収穫するの早いといいます。
スーパーのピーマンはもっと色が濃くてふっくらしていると言うのです。
確かにふっくらせずにしわしわですよね。
皆さんはどれくらいで収穫されているんでしょうか。
これくらいの方が柔らかくて美味しいと思うのですが・・・


パプリカ 
オレンジはもう少し熟すまで待っていたいですが、穴が開いているので
虫が入っているかもしれません。




よもぎ茄子
よもぎ茄子にドデカイ鼻が出ました。
本家本元のデング茄子にはまだ鼻は出ていません。


茄子収穫-1
伊勢ピーマンはこちらが先に収穫した分で、上と逆になっています。
これでピーマンもコンスタントに収穫出来そうですね。
よもぎ茄子はまだ本調子ではありません。



関連記事

Posted on 2016/07/19 Tue. 04:30 [edit]

category: ピーマン・トウガラシ

tb: --   cm: 6

スイカの収穫をしました  

今日は2投稿する予定でしたが、疲れてスイカの事しか書けませんでした。


草刈り-1

昨日は午後2時から先週雨で河川の中の草刈りができなかった為
きゅうきょ草刈りをする事が決まり蒸し暑い中頑張ってきました。



草刈り-2 
河川の中へ入るとヨシが生い茂っており高さは2mを優に超えています。
二段切りしないと一度に刈り倒すことはできません。



草刈り-3 
作業が終わり逆の方から撮りました。
綺麗にヨシ刈りができました。
うちの組は全員で8名ですが、さすがにみんな疲れ切った顔をしていました。
暑い午後の作業だったのでもちろんのことですが、無事けがもなくて
終わりました。
私が持っているコンデジよりもスマホの方が綺麗に撮れていますね。
写真右側に何か見覚えのあるブルーの採集コンテナが見えますね (*^o^*)
第三菜園のスイカ畑ですよ。
ちょっといつもと違う景色ですね。
草刈りは写真向こうに白っぽい建物が見えていますが、その向こうからこちらまで
刈ってきました。



DSCN2888_サイズ変更 
 
さて本題ですが皆さんのブログを訪問しているとスイカの収穫記事が
目に付くようになってきました。

我が家のも2日前に宙づりスイカを紹介しましたが
土曜日から一番上の娘が帰ってきています。

折角帰ってきたのでスイカを食べさせてあげたいので
受粉日から数えて35日目のマダーボールを収穫しました。
うっかりとデジカメもスマホも忘れてきて巻きひげの状態を
撮ることができませんでした。
写真は7月13日に撮ったのを使い回しました。
収穫したのは手前の方です。
巻きひげはまだ完全には枯れた色にはなっていませんでした。
葉が黄色くなり始めたので葉の裏を見るとアブラムシが群がって
それが原因で枯れ始めてきたようです。





スイカ収穫-2
まずは体重チェックですね。
4.6kgもありました。
マダーボールの重さは2.2kg内外とされています。
倍の大きさなので中玉ほどありました。





スイカ収穫-3 
スイカをカットするとき一番ハラハラ・ドキドキする瞬間ですね。

多分まだ早いだろうと思っていたらそうでもなくて
甘~いスイカの香りがしてきました。
少し熟れすぎていそうな感じです。



スイカ糖度-2
気になる糖度は一番甘いとされる中心部と外皮の間くらいで
12.2度ありました。
生産者が一番先に食べられるかと思いきや、一番にかみさんが甘っと一言
2番目が娘、やっと3番目に生産者の私に順番が回ってきて、
それもかみさんが食べかけているのを一口もらい甘っ。(*^▽^*)
ヨシやったで~。
ここで安心してシャワーを浴びてくるので、その間に冷蔵庫で冷やしてもらうことに。
ちなみに私は婿養子ではありませんよ (@@;)



 スイカ糖度-1
あまり冷えていませんが、夕食時中心部の一番甘いとされるところを
測ってみると13.3度、いきなり13度超えだ。
早速かみさんが食べているのではなくて、新しいのを夕食後
頂きました。
甘いスイカってこんなに甘いんですね。
巻きひげの色で判断するとまだ収穫までには早く感じましたが
少し熟れていました。

昨年も一昨年も収穫前に枯れ葉がでて散々で10.5度位しかありませんでした。
今年は超甘いスイカをたらふく堪能できそうです。
今日の草刈りの疲れが吹っ飛びました。
でもこの投稿記事の予約を書いているとき眠くて眠くて
仕方ありませんでした。

DSCN3060_サイズ変更 
一ヶ月ちょっと前にwindow7~Windows10モデルにPCを入れ替えました。
ほぼデーター移行も終わりました。
私は日本語入力ソフトはATOKを使っています。
久しぶりのバージョンアップしましたが、長時間PCの前に向かっていると
コーヒーカップのアイコンが出てきて、ちょっと休憩しませんかと
今まで邪魔なのでアイコンを消していましたが、
何気なしにクリックするとこんなメッセージが出て来ました。
いつもよりも疲労度スコアが増えてきましたので寝ますね。



関連記事

Posted on 2016/07/18 Mon. 05:00 [edit]

category: 西瓜

tb: --   cm: 10

とうもろこし第三弾の収穫と第四弾の発芽  

今日は午後から先週雨で出来なかった、自治区内の河川の中に生えている
ヨシ刈りがあります。
草刈刃を山用の刃に交換して頑張ってきます。


おおもの-1

昨日は雲が多くてとても蒸し暑い一日でした。
とうもろこし抑制栽培の種まきゴールドラッシュを7月4日に
写真の様に3列に蒔いてみました。
穴底蒔きでしたが雨で今回土が崩れて何ヶ所かは覆土した普通のような
種まきの様になりました。

ゴールドラッシュ、サカタから販売されているのは抑制栽培が出来ませんが
今回はサカタ交配、アタリアから販売されている種を買いました。


おおもの-2 
一穴3~4粒ほど種を放り込みました、発芽しないのもありますが
13ヶ所全て発芽して伸びてきました。



おおもの-3 
4月29日種まきのおおもの ひげが茶色くなってきました。



おおもの-4 
今回も2段目も収穫したいので育ててみます。


DSCN3003_サイズ変更  
上の写真を撮って3日後2本収穫してみました。


今回は今までの中で一番細いですね。



DSCN3002_サイズ変更 
やっぱり細めでちょっと期待外れでした。




おおもの-7 
実はそんなに小粒ではなくて芯が細いようでした。



おおもの-8 
糖度を測ってみると前回同様20.7度もありましたよ。
+゚。*(*´∀`*)*。゚+ \(^o^)/

もうこの甘さは何度食べてもたまりませんね。

関連記事

Posted on 2016/07/17 Sun. 05:00 [edit]

category: スイートコーン

tb: --   cm: 4

収穫のみです  

本日2本目の投稿です


天狗茄子-1 
天狗茄子が大きく生りましたので収穫しました。
3種類の茄子の中で随一綺麗なナスが採れています。





天狗茄子-2 
408gやっと天狗茄子の標準の大きさに育ちました。
天狗茄子は400g~700gで市販されているようです。







天狗茄子-4
500のペットボトルとほぼ同じ長さです。
味が濃くなってきて、おいしさも増してきました。



よもぎ茄子 
よもぎ茄子は相変わらず奇形果の収穫が続いています。



ミニトマト
ミニトマトの収穫が本格的に始まってきました。
味もだいぶ良くなってきたので次回くらいで糖度検査を
してみようかと思います。
今はまだ味にバラツキがありますが黄色のきら~ずが9.5度まで
上がってきました。
大玉トマトはこの3個で1段目の収穫が終わりました。


DSCN2959_サイズ変更 
キュウリはそろそろ第一弾が終わりそうです。



関連記事

Posted on 2016/07/16 Sat. 05:00 [edit]

category: 収穫

tb: --   cm: 10

穂ばらみ期  

本日1本目の投稿です。


穂ばらみ期-1

5月1日植えのコシヒカリが穂ばらみ期を迎えました。
だいぶふっくらしてそろそろ出穂しそうです。



穂ばらみ期-2 
ピンぼけで分からないや (@@;)



穂ばらみ期-3
そろそろ茎を突き破って穂が出てきそうです。
人間で言う妊むと同じでしょうか。






関連記事

Posted on 2016/07/16 Sat. 04:48 [edit]

category: 米づくり

tb: --   cm: --

宙づり栽培スイカのお世話と大玉の様子  

日付が変わった14日2時くらい、窓を半分開けてカーテンを締めて
寝ています。
いきなりゲリラ豪雨の様な降り方で目を覚ましてしまいました。
かみさんの顔を見ると気づいていたようで、すぐに窓を閉めていました。
すごい降りようでこれが数時間続くと思うとぞーっとして暫く
寝付かれませんでした。
おかげで今日は眠くて仕方ありません。

午後3時過ぎからも夕立があり、結構強い雨が1時間半ほど
降り続いていました。
そろそろ一週間ほどで梅雨明け間近だろうかと、天気予報に反してkazuちゃんは
かってにそう思っています。
何も出来ないのでブログ投稿の記事下書きをしています。




宙づりスイカ-1

第一菜園自宅前の畑で育てている、小玉スイカの宙づり栽培。
ご覧のようにぶらぶらとスイカがぶら下がっているのが目につき始めました。

このスイカは接ぎ木が成功した3株で、栽培計画には組んでいません
でしたが、成功したのだから育ててやらなくてはね。

飛行船ラルク1株、黒姫ここあ2株、共に3本仕立て子蔓が9本
伸びています。

現在着果して成長しているのは7個です。
1蔓1個目標にしていましたが旨く受粉できませんでした。
そろそろぶら下がったスイカを持ち上げてあげないと
ヤバイヨ、ヤバイヨ、最近若い娘に大変人気の出川ちゃん。

一個買ってきた網の袋へ入れて吊り始めてみましたが着果節が
あるので旨く吊る事が出来ません。
う~ん、どうするべ。



宙づりスイカ-2 
買ってきたなんでも袋はこの大きさの。



宙づりスイカ-3
アイデアがひらめきましたが、これなら袋をもう一つ大きいのに
するべきでした。
インシュロックで端っこを縛って、縛る前に300mmの長さのインシュロックを
通しておきます。



宙づりスイカ-4 
反対側も同じように縛ります。




宙づりスイカ-5 
もうお分かりですよね、ハンモックならぬ宙づりベットに
してみました。
300mmのインシュロックは輪っかにして
軽トラックのボックスの中にたまたまあった、コートバンドをくくり上に
吊り上げてみました。
意外といい感じでスイカがおさまってくれました。

もう一回り大きい袋にすれば完全に受けて包んでくれるので
落ちる心配はいりません。
初めて宙づり栽培したときはどうしていたのか思い出せません。
これで成長して大きく生ると、おしりが固定されているので
成長した分だけ上にあがるはずだから、果梗に負担が掛からない計算です。
もう少し成長したらきっちりと寝かして転げ落ちない
様にしてあげます。





宙づりスイカ-6 

宙づりスイカ-7 


宙づりスイカ-8 
7個分できあがりましたよ。
着果後2週間ほどですから収穫は早くて8月5日頃ですね。



宙づり栽培-9 
蔓は上半分を超えて反対側へ延び始めています。
始めの頃は蔓があちこちへ行きたがり、何度も手直ししてきました。
今は放任しています。
立ちあげの支柱が90㎝と短すぎました。
今年成功すれば来年は16mm1.8m位の支柱を使い上まで支柱誘引キャッチで
誘導してあげればそれの方が楽で綺麗にいきそうな感じがします。

追肥は一度通路へしてあります。
日中でも蔓先が持ち上がっているので、樹勢はすこぶる良さそうです。
今は放任栽培しているのでこれからまだ沢山着果しそうです。




スイカ-1 
第三菜園で育てているスイカの様子です。
マダーボール2株、縞王1株、紅こだま1株
コンテナをかぶせているだけスイカが生っており、1個はコンテナなし
一つのコンテナに2個並んでいるのもあります。
それで何個あるかと数えると

12個のコンテナ、スイカはコンテナに14個、同じコンテナに2個入って
いるのが2ヶ所、雨よけトンネルの真ん中ほどに水色のコンテナ
縦に盛り上がっているのはむき出しの縞王で15個。
蔓先に小さいのが見えるけど、その辺にも数個数に入れない。





スイカ-2 
反対側の自根苗のスイカは3Xブラックジャックと飛行船ラルク各1株ずつ
こちらには4個で合計19個。





スイカ-3 
大玉スイカの縞王は2個生っています。
だいぶ大きく成長しました。


スイカ-4 
気になるのは傷あり傷んでこないか心配しています。
今のところ嫌な臭いもしていません。
着果は6月9日でした。

巻きひげが茶色くなってきました。



スイカ-5
3Xブラックジャックは2個生っています。
やせ地だったのであまり大きく育っていません。
随一の種なしスイカです。
着果は6月17日です。




スイカ-6
紅こだま着果は6月13日でした。
ここまでは着果記録を残していますがあとは記録していません。

一番早く収穫出来るかと待っていますが、巻きひげがまだ茶色く無いので
記録日間違いかも。

早くに着果したマダーボールが鳥にいたずらされたので残念でした。
このまま何も起こらない限り今年はスイカ腹になりそうです。



関連記事

Posted on 2016/07/15 Fri. 05:00 [edit]

category: 西瓜

tb: --   cm: 10

スパイダーモアのメンテナンスをしました  

スパイダーモア-1
田んぼの草刈り3回目を6月30日~7月12日の間でやっと一巡しました。
9月の稲刈りまであと2回は頑張らないとね。

雨上がり後の草刈りだったので、足回りと刈り刃カバーに泥が
こびり付いているので帰ってから水洗いしました。
洗い終えてエンジンをかけようとリコイルを引っ張っても駄目。

あれっ今まで水洗いしたくらいでエンジン回りに
水がかかってもエンジンが駆からないことは一度も無かったのに。

調べていくと吸気フィルターのカバー2ヶ所に
パッチンが付いているが1ヶ所開いていた。
そこから水が入りフィルターが濡れたようです。
ついでに汚れているので洗浄液で綺麗に洗っておきました。
フィルターを外したまま、リコイルを引っ張ってもかからない。
こうなるとプラグが濡れているのでと外して見ると少し濡れている。
綺麗に掃除をしてもかかる様な音がしない。
何度も引っ張るので腰に悲鳴が・・・
2007年7月25日に購入してほぼ丸9年です。

友達Y・O君にLINEでエンジンかからへん様に成ったメールすると
そんな草刈り機放して新しいの替えたらと返信が

そんなひどいお言葉。
今なら23万で替え刃おまけしたろと返信が・・・

実は1ヶ月半ほど前に彼は多分8年は使っていないと思うが
調子が悪いので新しいのと入れ替えたところです。
古い方の草刈り機は、購入前に私のを貸してあげて
すっかり気に入っての購入でした。


スパイダーモア-2
結局一晩おいておき朝からクボタのサービスマンに、症状を詳しく電話で
伝えて帰ってきた答えはリコイルを何回も引っ張っているので
燃料がたまっている可能性があるとの事。

プラグを抜いてエアーで吹き飛ばすとかかるだろうとの事。
3相低圧電力を契約しているので、基本料金が月々5000円ほどかかります。
電気を使っていなくても掛かってきます。

もったいないので元ブレーカを落として、農舎にはシーズン以外に
電気が来ていません。
これで基本料金が半額に成ります。
以前知らないで元ブレーカーを入れっぱなしで、一年半ほど満額払っていました。
各機器のブレーカを切っていないと待機電力だけでメーター回るんですよ。
細かい事言って笑わないで下さいね。

ここでコンプレッサーを使うと基本料金が・・・
来月に入れば乾燥機などを設置をしなくてはいけないので8月12日以降の
検針日が過ぎれば電気を通します。
なのでペーパータオルを使い溜まった燃料を綺麗に吸い上げました。
溜まっていると言ってもごくわずかタオルに付いているくらい。
プラグを取り付けて1回目リコイルを引った時に
いつもの音だと思いチョークを戻してもう一度リコイルを引っ張れば
見事に復活しました。

こうなれば今日は雨だし軽整備をする事にしました。



スパイダーモア-3
車輪カバーを外して中の泥と草などを水洗い。



スパイダーモア-4 
少し前から気になっていた車輪軸のキーも交換。
このキーはシャフトが折れる前にキーが飛ぶように成っています。
私は今まで一度も交換していませんが、何度も折れて交換している
人が多いと聞いています。
でもだいぶ負荷がかかって減ってますね。



スパイダーモア-5
このシャフトのキー溝に入ります。
ベアリングを支えているいるところに錆が出ているが、ベアリング自体は
手で回してもまったく引っかかりも無くてスムーズに回るので
まだ大丈夫そうです。



スパイダーモア-7 

スパイダーモア-6 
綺麗に水洗いして泥を落とします。



スパイダーモア-8
シャフトにグリースを塗布して、スプレーしてるだけですが。



スパイダーモア-9
車輪を元通り取り付けて、長い間ギアオイルを交換していませんので
交換しておきました。
2ヶ所入れるところがあるのに、1ヶ所にはまったくオイルが
ありませんでした (^0^;)



スパイダーモア-9-1 
ギアオイルは2ヶ所有り、矢印のゴムキャップから入れます。
エンジン回りも綺麗に掃除して、私の冷却ヒレには油でゴテゴテに
汚れていませんが、皆さんのを出会ったときに見るとここが
結構油汚れしています。


スパイダーモア-10 
もう1ヶ所のギアオイルの入れる場所。
汚れ落としで綺麗に磨いて見違えるようになりました。
とても9年使ったとは思えないほど綺麗ですね。
もう少し頑張って働いてもらわないとね。

エンジンがかから無かったときはもう入替しなければと
半分腹をくくっていましたが、水洗いしたくらいでは
電装関係に水が入らないし大丈夫だとサービスマンに
聞いたときはホッとしました。




関連記事

Posted on 2016/07/14 Thu. 05:00 [edit]

category: 農機具

tb: --   cm: 10

かぼちゃの様子  

かぼちゃ-1
今年は2種類のかぼちゃを栽培しています。
写真はメルヘンです。
5株植えていま7個ほど着果成長しています。
枯れ葉が目立ちますね。
うどんこ病ともともとやせ地のために肥料が足りなかったようです。




かぼちゃ-2 
かぼちゃは一度鳥被害にあいましたがそれ以来何もおきていません。
突かれた外皮がそのまま残っています。
果梗部も茶色くコルク化が始まってきました。
このままいけば今月末くらいには収穫出来そうです。



かぼちゃ-2-1 
葉っぱが少ないので日焼けしてきました。



かぼちゃ-3
もう1種類のかぼちゃは宿儺かぼちゃ。
やっと雌花が出来て今度こそは何が何でも着果させたいですね。


かぼちゃ-4 
今まで全て茶色くなって落花させています。
これも結構成長しているんですけど黄色いです。



かぼちゃ-4-1
始めからこんな調子でした。
宿儺かぼちゃは受粉しにくいと聞いていましたがうまくいかないもんですね。




かぼちゃ-5
タイミング良くて雄花も咲きそうなのがあるので、なんとか1個だけでも
受粉させたいです。




かぼちゃ-6
私よりもミツバチさんの方が早起きですので、交雑しないように網掛けを
しておきました。
明日の朝雨がしんぱいです・・・(@@;)



収穫-1 
大玉トマトはほぼ1段目の収穫が終わりました。
1個大きいのがあり336gでした。


摘果
収穫ではありません摘果です。
第三菜園で育てているスイカ6株は最終コンテナをかぶせて
17、8個はあると思います。
これは少し大きくしすぎましたが、ミツバチが飛んでいるので
いつも見ていないとすぐに結実しています。

放任にしていれば30個は優に超えています。

ブログネタも無いのでまたスイカの投稿してみます。





関連記事

Posted on 2016/07/13 Wed. 05:00 [edit]

category: かぼちゃ

tb: --   cm: 12

茄子台木相性ってあるんかなぁ  

茄子台木相性-1
ピーマン・唐辛子、オクラと調子の悪いのを見て頂きましたが
ついでだから今日ももう一丁いきますか。

茄子なんですが今年は形が変なのと、水分があまりなくてぱさぱさした感じ。
写真はよもぎ茄子なんですが、トロッと、とろけて美味しいはずが
今年は変です。

茄子台木相性-2 
見た感じ形が悪いでしょう。

茄子台木相性-3 
天狗茄子のおはこ、よもぎ茄子に鼻が出ましたよ。


茄子台木相性-4 
調子悪いのはよもぎ茄子だけではなくて、水茄子も水分が殆ど
ありません。
形も少し縦状に浅い溝が付いています。


茄子台木相性-5 
これで普通の水ナス?、初めてなのでよく分からない。


茄子台木相性-6 
だいたいがこんな形のが多いです。




茄子台木相性-7 
天狗茄子、とても綺麗で大きく生ってきました。



茄子台木相性-8 
もう一丁違うの。
すこぶる調子が良いときに少し早いですがどちらか種取り用に確保します。





茄子台木相性-10 
先日収穫したよもぎ茄子、へたが殆どありません。




DSCN2822_サイズ変更 
この大きさで225gでした。



よもぎ茄子 
2014年収穫していたよもぎ茄子。


DSC_0367_サイズ変更 
昨年のよもぎ茄子。

よもぎ茄子は今年で4年続けて栽培しています。
2013年から栽培を始めました。
その年はあまり採れなかったような気がします。

そのときの接ぎ木の台木がトルバムビガー
その翌年と昨年の台木は茄子の命。
今年がトルバムビガー。
植え付けて2本仕立てのV字型の枝振り。
よもぎ茄子は枝がまっすぐといっていいほど上に伸びて
結局V字型栽培できませんでした。

よもぎ茄子は節間が短いけど、今年は枝が徒長したように伸びて
います。

取りあえずはこのままいくとして、上の写真の様な綺麗なよもぎ茄子が
生れば即種取り用に確保します。

台木の相性って一言では言えないけど・・・
天狗茄子は自根苗です。



茄子台木相性-9 
肥料は溝施肥にしてあるので毎年追肥なしで来ていましたが
通路を中耕してぼかし肥を撒いておきました。
当然根は伸びていましたが、かまわず4本熊手で耕しました。
水やりはマルチの上に120mmの穴が開いています。
そこから井戸水を流し込んでします。


よもぎ茄子と水茄子は2人に苗を差し上げました。
一人は友達Y・O君はどうもないと聞き、写真を送ってくれましたが
とても綺麗でした。
もう一人は先輩で水茄子が変なので、抜いたとの事。
肝心のよもぎ茄子は形が悪いと聞いたのと、私も実際見てびっくりしましたが
日中青枯れ病の様に葉がだらんとして、夕方から回復してきます。
それが何日も続いているけど枯れもせず、成長は遅れているけど
元気です。
どちらかに茄子の命の台木、どちらかにトルバムビガーの台木を接いだのが
渡っています。

少し難しくて原因が特定できないけどもう少し様子を見ます。



関連記事

Posted on 2016/07/12 Tue. 05:00 [edit]

category: 茄子

tb: --   cm: 14

オクラがやっと立ち直ってきました  

今日2本目の投稿です。



オクラ
夏の野菜と言えばゴーヤーと並んで暑さに強いオクラですが。
今年は失敗しましてご覧の通りでかい葉っぱになっているでしょう。
ええかげんな栽培計画だったのが原因です。
当初の栽培予定地を何度も変更して最終この場所になりました。

ひも唐辛子、万願寺唐辛子の畝が残ったために植え付けました。
ちょうど畝も残ったし、田植えで忙しいので新たに作らなくても
楽だし (*^o^*)
原因は元肥の米糠が多いから葉っぱばかり茂りました。
過去にも経験済みなので、失敗するのは分かっていました。




オクラ-1
とてもデカイ葉っぱでしょう。
日傘代わりになりそうですがちょっとチクチクしますから駄目ですね。(^0^;)



オクラ-2
花は咲くけど実は結実しないので落果します。
写真見にくいですが黄色くなってもうじき落とします。

DSCN2654_サイズ変更
落果しなければ腐ってきます。
軸が長いのが分かるでしょう、窒素過多の見本です。


オクラ-3 
最初に花が咲き始めたのが、6月18日でした。
我慢すること20日位でしょうかあちこちに花が咲き始め、全て着果する様に
成ってきました。
茎が太いのが分かるでしょうか。
隣、奥の支柱11mmの支柱を刺してあります。
写真用に20mmの支柱を立てかけて撮ったのがどこかへ行ってしまい・・・
いまは茎の太さが25mm程ありとても太いです。



オクラ-4 
花の左横に小さいオクラが生りだしました。



オクラ-5
今年私が栽培している野菜に蟻さんがとても多くいます。
アブラムシがついていると当然蟻さんも多いですが、あちこちで姿を
沢山見ます。
私の野菜は甘いのかなぁ (*^▽^*)

これで落果もなく収穫出来る草勢、葉の切れ目も出来てきました。
対策方法は特に何もしていない、放任して脇芽を育てて茎をいっぱい作り
草勢を落とすしかありません。

下葉は随時切り落としてやりました。
今は増やした脇芽(側枝は)切り落としています。

何もブログで失敗した事をのせなければ分からない事ですが
私はどんな事でもアップするようにしています。
失敗の参考例ですので、みなさんオクラの元肥は極力入れない方が
いい結果がでます。
私みたいな事ををしないようにね。
次回はオクラの収穫量が増えたのをアップできると思います。

うちの娘2人がオクラが好きで、土曜・日曜と下の娘が旦那を連れて
帰ってきていました。
大好きなオクラわずかでしたが間に合いました。
今週の連休には姉が帰ってくるのですが、すでにオクラ成っていると
先に釘を刺されましたので、なんとか収穫出来るようになり
ホッとしています。
またまた親ばかが出てきましたね (^_^;


キュウリ 
日により前後しますが6月24日からこれくらい採れています。
1本は自根苗のなるなる、残り3本は購入接ぎ木苗のVアーチ?だったともいますが
その3本のうち1本から太いキュウリが毎日採れます。
葉の色も違うしどうも他品種が混じっている感じがします。
販売店ではネームが付いているので間違わないと思います
苗屋で種が混じったんでしょうね。

キュウリは冷蔵庫にだいぶたまってきましたよ

 


関連記事

Posted on 2016/07/11 Mon. 05:00 [edit]

category: オクラ

tb: --   cm: 6

水路の草刈りがありました。  

今日1本目の投稿です。


東出井手-1
 
昨日の自治区の草刈りに続いて日曜に水路の草刈りがありました。
朝選挙を済ませてから参加してきました。
参加者は7名、欠席者2名です。



東出井手-2 

東出井手-3 
上の写真の逆から撮りました。
今年は一人が田んぼをしない事に成り、水路から脱退したので
全員で9名と成り一時20人以上いたメンバーも半分以下と成りました。
私はウイングモアを持って行き平らなところを刈りました。


東出井手-4 

東出井手-5 

東出井手-6
少人数でしたが何度か休憩をしながら、夏の草刈りは終わりました。
この後は年番さんは大雨後の点検がありますが、梅雨末期の大雨と台風被害が
なければ、全員参加の行事は終わりです。
今日はコメント欄は閉めておきます。
この活動写真は多面的機能支払制度の活動記録に使います。




関連記事

Posted on 2016/07/11 Mon. 04:50 [edit]

category: 中山間・多面的機能

tb: --   cm: --

今年の唐辛子類はなんか変(@@;)  

昨日は雨でしたが自治区の河川の草刈りがあり、増水しているので
河なかのヨシの草刈りは止めて、林道の草刈りをしました。

今朝は8時から水路の草刈りと泥上げに出かけています。
7月に入ると行事ごとが多くなってきます。


パプリカ-1

今日は第三菜園で育てているピーマンと唐辛子の様子を紹介します。

写真はフルーツパプリカ「セニョリータ」レッドとオレンジ。
栽培当初から旨く結実して可愛い実を沢山付けてくれています。


パプリカ-2 
どちらがオレンジでどちらがレッドか適当に植えました。
沢山実がつきすぎているので、大きく枝を切り込んで摘果代わりにしています。



伊勢ピーマン-1
フルーツパプリカの隣で育てている伊勢ピーマン
どういうわけか、一番果を収穫後実がまったく生らない日が続いています。
やっと最近生り始めてこれで快調に収穫が続いて欲しいです。
樹ばかり茂って丈もだいぶ伸びています。
2株植えており一株はまだ収穫出来るまでほど遠い感じがします。




伊勢ピーマン-2
伊勢ピーマンは小ぶりの部類のピーマンだそうです。
一個クモに占領されています。




ひもとうがらし 
ひもとうがらし2株ピーマンとは別畝で育てています。
細いひも唐辛子がやっとぶら下がり始めてきました。



ひもとうがらし-1 
すごく枝が茂っており随時収穫出来なくても整枝しています。



万願寺唐辛子-1 
万願寺唐辛子はひも唐辛子の隣に1株育てています。



万願寺唐辛子-2 
毎年2株育てて食べきれないほど収穫出来るので、今年は1株だけにしたら
伊勢ピーマンと同じくまったく実が生らない日が続いていました。
やっと先日1個と写真に2個見えます。

伊勢ピーマン、ひも唐辛子、万願寺唐辛子は固定種です。
種取り継続栽培を目標に育てていますが、こんなに収穫が出来ないとは
思っていませんでした。

万願寺唐辛子もやっぱり2株にすれば良かったかと反省気味です。
畑の問題も多少あるかもしれませんが、フルーツパプリカは馬鹿ほど
実がついているのになどだろうと不思議で仕方ありません。







収穫-1
万願寺唐辛子、ひも唐辛子、オクラがやっと採れました。
少しずつ夏野菜が増え始めてきました。




トマト苗 
秋採りトマトを食べたくて先月6月11日に種まきした
中玉トマトリコピンポン、ピンキー、きら~ず各2株ですが
鉢上げしました。
育てるのは中玉2株とピンキー、きら~ず各1株です。
あと1ヶ月程育苗後大型プランターで育てます。


プランターなのでピンキー、きら~ずは地植え程房は長くなりません。
順調にいけば9月20日頃収穫出来るかと指折りしているkazuちゃんです。














関連記事

Posted on 2016/07/10 Sun. 05:00 [edit]

category: ピーマン・トウガラシ

tb: --   cm: 6

水稲青空教室がありました  

青空教室-1
今日はお米作りの中で私は一番大事だと思っている事について
お伝えしたいと思います。

7月8日夕方16時よりJAの営農相談員が来て、希望者だけ参加して青空教室の
場を持ってくれました。

ちょうど今頃から幼穂が出始める頃で、葉色、草丈、茎数、幼穂長
雑草の種類などを教えてもらいます。

参加者は私を含めて8名でした。
年々減りつつある参加者ちょっと寂しいですが、今のご時世を物語って
いるかもしれませんね。


青空教室-2 
89歳のおじいさんの5月3日田植えのキヌヒカリを診断してもらっている所です。
葉色も濃くて一発肥なので穂肥をやる必要はないですが
本人はちょっとやりたい雰囲気がでていました。
幼穂は出始めているかという程度でした。
あまり肥料が多いと食味が落ちますからね。



幼穂-6  
青空教室の風景は同じなので省略しておきますが。
青空教室が始まる前に朝から私は先に5月1日植えのコシヒカリの
幼穂長と草丈だけを確認しておきました。

間違って化学肥料が沢山落ちすぎた所ですが、色もだいぶさめて薄くなりました。
一番心配なのは穂が出て垂れ始めたとき、大雨で叩かれたとき
必ず倒伏してきます。

同じ水路仲間の方も始めの頃は興味津々で、出来すぎているので
絶対倒伏すると裏で話していたようです。(^0^;)
先日話をする機会があり、ようここまで色さめたなぁ。
よう頑張ったなぁ、はたで聞いているとなんのこっちゃと思うけど。
正直私も窒素を抜くために賭けをしました。
早くから中干しを初めて、地力窒素を抜いたつもりです。
これなら大丈夫やろうと言ってくれましたが、刈り取りが終わるまで
安心は出来ません。
もう一つの救いは台帳面積と実際の面積に大きく差があるように思います。
それならば元肥÷面積=そんなに元肥をふりすぎていな計算になります。




DSCN2757_サイズ変更 
ちなみに上の写真の化学肥料田は5節間は1.5㎝、4節間6.5㎝、3節間は
測っていません。


DSCN2760_サイズ変更 
穂の赤ちゃん、幼穂(ようすい)始めこの幼穂を読めなかったです。
今でもようほと読んでいる方は結構います。
一発肥なのであとは収穫を待つばかりで、これだけ幼穂長があれば
節間はもう延びないので、最悪べったり倒伏する事はなさそうです。
珪酸加里も効果も出ており茎も可成り固いです、








幼穂-5-1 
いつもの平子のモデル田、元肥発酵鶏糞


DSCN2627_サイズ変更
上の写真のすぐ下の田んぼ後で出てきます。


DSCN2611_サイズ変更 
米糠田7月5日のを使いました。




幼穂-1 
いつもの平子のモデル田の中へ入り草丈が一番伸びているのを一本抜いてきます。
草丈約78㎝。



幼穂-2  
すでに止め葉がでています。


幼穂-3 
ちょうど根のあたりが5節目にあたるようですが、普通はここ5節間に
何㎝かの長さがあるはずです。

5節間の上の4節目と5節目が長いとここから曲がり倒伏します。
曲がるくらいならまだましですが、折れてしまうと生育にも関係してきます。
化学肥料田では1.5㎝ありましたがこれって短いんですよ。





幼穂-4  
節間を測ってみましたが、5節間がほぼ無い等しい。
今までこんなことは初めての経験です。



幼穂-5 
これで幼穂が0.5mmでしょうか。

それで今日の青空教室で、葉色を測るスケールを持っていないので
調べてもらい、穂肥ができるかどうかを尋ねる事でした。

写真のモデル田ではなくて、そのすぐ下の田んぼと米ぬか田を調査してもらいました。
その下の田んぼはブログには書いていませんでしたが、試験的に他の田んぼよりも
発酵鶏糞を多めに入れました。
安全策で倒伏を怖がっていても収穫量は少ない。
なので限界近くまでやってみようと、小さい田んぼを試験田にしてみました。

茎数29本、草丈80㎝、葉色5、幼穂長5㎝、ホタルイあり

米糠と有機アグレット844田は
茎数29本、草丈78㎝、葉色4.8、幼穂長4㎝、トロトロ層が出来て
いるとの事でした。
どちらも5節間は無しとの事、もう一人の有機栽培、米糠
オンリーの方、10年米糠を入れ続けて、トロトロ層は中干しをして
3㎝ほどありました。
5節間はなしで、よく分からないがこんな事も
あると職員の方の話です。

昨年ヒエとコナギが出て収穫量もがた落ちでした。
今年はヒエは今のところ無し、コナギも小さいのがでているけど
除草剤の効果もあるだろうが、荒代掻きをして水持ちが格段に
上がり、それとトロトロ層のおかげで防げたのではと思います。


結論から言うと穂肥はやらない方がいいと。
今からやると食味が落ちるそうです。
それは私も変わっています。

それで写真の田んぼ私が朝調べたのは、それよりも葉色が薄くて、
幼穂長も短いのであと何本か調べてみて、バラツキがないようであれば
穂肥をやるかもしれません。
今から大山田コンポの費効がじんわりと出てきて、秋落ちがしない
はずです。


どちらも節間の伸びる時期は過ぎたので、仮に穂肥をやっても
倒伏は大丈夫だろう。
やっと有機栽培の特徴もつかめてきた感じがします。




 
関連記事

Posted on 2016/07/09 Sat. 05:00 [edit]

category: 米づくり

tb: --   cm: 10

やっと大玉トマトの収穫です (*⌒▽⌒*)  

トマト収穫-1
長い梅雨の中休みが続いていますが、連日猛暑続きでこれだけ気温が
上がってくるとトマトの色づきも逆に悪くなってきます。

皆さんもそんな経験はありませんか。
上のトマトは違いますが、赤くならずに黄色っぽくなり待っていても
赤くならず収穫してみると固いんですよね。

大玉トマトの大安吉日がやっと赤く色づいてくれまして
収穫時期を迎えました。
ベースグリーンはなかなか消えませんね。


トマト収穫-2-1 
違う株で真っ赤になるのを待っていましたら割れちゃいました。



トマト収穫-2 




トマト収穫-2-2 
2段目も色づいてきそうですね。


トマト収穫-2-3 
3段目この辺はあまり摘果しないで5個位付けたりします。
最近は肥料も少ない目で栽培しているので、以前450g級がよく採れましたが
今回もそんなでかいのはなさそうです。


トマト収穫-3 
割れていたトマトは2日前に、写真のは昨日収穫しました。
下のトマトは収穫には少し早かったようです。






DSCN2729_サイズ変更
昨日収穫したのは216g、2日前の割れていたトマトは188gでした。
ナント種苗の情報では200g前後が標準だそうです。



DSCN2732_サイズ変更 
気になる大安吉日の糖度は7.7度でした。
味がとても濃くて酸味がそこそこあり美味しいトマトでした。

トマトは好みがありますが、甘さだけ追求するなら桃太郎ファイトは
甘いですよね。
麗夏も美味しいですが、少し酸味が買っているように思います。
どちらにせよ味が濃いトマトは美味しいです。






ピンキー-1 
ピンキーときら~ずは、1段目が収穫中で2段目も収穫中で
3段目が色づきが始まりました。





ピンキー-2
2段目に3段目の房が被さってきています。


ピンキー-3 
4段目




ピンキー-4 
5段目




ピンキー-5 
6段目で終わっておきましょうか。(*^▽^*)
房が長いので重なり合って訳が分からなくなりそうです。
これだけ長い房だと房取りは無理ですね。


DSCN2710_サイズ変更 
もう少し全体で色づくと離れて撮ったら綺麗なんですが
機会が出来ましたらアップしたいと思います。






関連記事

Posted on 2016/07/08 Fri. 05:00 [edit]

category: トマト

tb: --   cm: 12

初めての水茄子収穫(*⌒▽⌒*)  


茄子 
毎日梅雨が開けたような天気が続いています。
暑さにも少しずつ慣れ始めて、なんとか踏ん張りもきくようになってきました。

今日は茄子の様子、泉州水茄子初収穫を紹介します。

第一菜園から茄子の成長具合を撮ってみました。
3種類の茄子、よもぎ茄子葉っぱが超でかいでしょう、泉州水茄子、天狗茄子と続きますが
ニジュウヤホシテントウの食害を一番受けているのが、手前の緑の葉っぱ
よもぎ茄子です。
葉っぱが甘いのか美味しいのか、だいぶ穴が開いてぼろぼろになってきました。
朝夕見つけては10匹以上はつぶしています。




茄子-1
きょうは泉州系水茄子がやっと成長してきたので、少し小ぶりで収穫
してみました。
今まで一番果から落果続きでなかなか結実まで至りませんでした。
毎年私の茄子はこんな感じでスタートが遅いんですよ。
溝施肥にしているので、根の到達と花の開花が合わないかもしれません




茄子-2 
今日はこの2個収穫してみます。
でもここまで大きくなるまで時間がかかりすぎているので
外はピカピカでも少し固いか水分が足りないと思います。


茄子-3 
水茄子よりも10日以上後から植え付けた天狗茄子は
尻上がりに好調になってきました。


茄子-4 
天狗茄子の奇形果結構こういうのが出来てきます。
鼻が出来やすいのは一種の奇形果なんでしょうか
なんとなく理解できそうです。


茄子-5 
よもぎ茄子もポツリポツリとなり始めています。




茄子-6 
泉州水茄子は側枝切り戻し剪定をしていたので、残していた脇芽の
上から切り戻しました。




茄子-7 
今まで側枝切り戻し剪定の事は、何度となく下手な説明でしたが、
写真で説明してきましたが、伝わりにくいので軽く説明する程度に
します。
切り戻した側枝の奥に新しい脇芽が出てきています。
それを育てて同じ事を繰り返していきます。



茄子-8 
収穫した水茄子は小ぶりですが結構重いですね。
ぶぅパパさんもそれについて触れていましたので真似てみました(*^o^*)
浅漬けで頂いてみましたが、やっぱり成長に時間がかかっていたので
少しスが入っていました。
でも美味しいですね、初めての栽培、自家製水茄子の漬け物。



茄子-10 
天狗茄子は見栄えはあまりよくないですが2個収穫しました。
長さは15㎝ちょっとでとても軽くて、スポンジの様な感じの茄子です。
これが柔らかくてとろとろでとても美味しいです。
生姜醤油で食べてみました。
これからは収穫も増えてくるので、日々の管理はまずニジュウヤホシテントウの
駆除と、側枝切り戻しと細い脇芽欠き、古い葉っぱの整理、水やりはたっぷりと
マルチの水やり穴120mmから、井戸水を直接流し込んでを重点的にやっていきます。



関連記事

Posted on 2016/07/07 Thu. 05:00 [edit]

category: 茄子

tb: --   cm: 4

とうもろこし最後の種まき  

今日は2投稿でこの記事は2投稿目になります。


とうもろこし-1
ゴールドラッシュの種まきをしました。
先日HCへ出かけたときにゴールドラッシュの裏面を見ると
路地抑制出来るんだとしり即購入しました。




とうもろこし-2 
今回も穴底蒔きで栽培して見ます。
ちょっと無理をして3列栽培にしてみました。




とうもろこし-3 
畑が乾きすぎて10㎝の穴を開けて見ましたが、土が崩れて
穴がふさがってきたので水を少し染ませてから再度開け直しました。
1ヶ所4粒入れておきました。
路地抑制栽培は初めてですが、うまくいくでしょうか。



関連記事

Posted on 2016/07/06 Wed. 05:05 [edit]

category: スイートコーン

tb: --   cm: 8

前半コシヒカリの中干しが終わりました。  

今日は2投稿ありこの投稿記事は1投稿目です。


中干し-3
午前中西沖15aの草刈りをやりながら、前半植えコシヒカリ田の
中干しが終わったので水入れを始めました。


中干し-3-1 
草刈り後はしんどいですが綺麗な畦畔を見ると気持ちがいいですね。
尻水戸のエルボを入れてまた1ヶ所草刈りをすませました。



中干し-1 
中へ入って上から写真を撮ってみました。
葉がピーッとそびえ立ってとても元気です。
水がそこまで入ってきておりひび割れた中へ入りかけています。
少し中干しをしすぎた感じです。
2日ほど親戚の不幸事でこれなかったですから、この間結構気温が上がり
よく乾きすぎたほどです。

中干しは一度にやらずに何度かに分けてやった方がいいと聞いていますが
この梅雨時お天気も安定しないので無理な話です


中干し-2 
真ん中の株の左すぐ下にわずかに足跡がついています。
すっかり固くなりこれから水を何度も入れてもそんなには柔らかく
成りません。
きっちりと中干しをしておかないとコンバインが入れませんからね。
請負をしている中でも柔らかい田んぼがあります。
口が酸っぱくなるほど中干しをするように言っていますが
中にはこの梅雨時上から降ってくるので仕方ないという方がいます。

昔からの考え方が切り替えれないんですね。
この時期だからこそ、尻水戸の板を抜き、土手の中間くらいで
何ヶ所か溝を切り、雨水が溜まらない様に水切りをしないと駄目です。
こうする事で晴れ間があると気温も高くなり、すぐにひび割れが
始まります。

昨年も柔らかかったので稲刈りを後回しにされているのに
一年経てばもう忘れたんですかね。
私も稲刈り時期は柔な事を言っていると、仕事が滞ってしますので
大変なんですが少しくらい気持ちを汲み取って欲しいです。

愚痴をこぼしても仕方ありませんが、稲刈りは田植えの順番ではなくて、
乾いている田んぼを優先にしていきます。
そのことも伝えてあるんですが、その後どうなったか見ていませんが
この天気で割れ目がでている事に期待します。

この時期から幼穂形成時期に入るために深水管理ではなくて
浅水管理、間断潅水を繰り返し第4節間、第5節間の伸びすぎを防ぎます。
とくにコシヒカリは注意が必要です。



中干し-4 
少し色が抜けてきた感じがします。
7月8日にJAの青空教室があります。
自分でも幼穂は確認できますが、総丈、葉色を見てもらい
幼穂ができはじめていれば穂肥をやります。



中干し-5 
化学肥料田、一発肥の最後の肥料が溶け始めてきたようで
色が濃くなってきました。



中干し-6 
元肥鶏糞田今が一番は色が出ているようです。
このまま肥料切れをしなければ穂肥無しでもいけそうですが
多分急に色抜けてくるはずです。


中干し-7 
夕方水入れに来ましたが夜露が降り始めていました。



中干し8 
ねじり花暑いのであまり綺麗ではなりません。

今日は午前中草刈りと、滝ヶ口取水口の砂出しをしましたが
朝草刈りを始める前に携帯が鳴り、砂出しを助けてくれないかの
電話でした。

2週間前から雨が多かったので取水口の板を外して水路へ
砂が入らないようにしていたが、誰かが(誰だか分かっていますが)
板を入れて水を取り入れたようで、そのままにしておき大雨後
ぎっしりと砂がたまった状態で水が来ていませんでした。

草刈りよりもこちらの砂出しの方がしんどくて
午後昼寝を初めて目覚めたら3時でした(1時間半も寝てしまった)
寝起きに冷たいアイスですっきり誘うと、一気に食べたらキーンと来ましたよ。
頭が痛いの、のどの奥が痛くて暫くうーんとうなるほどでした。(^0^;)
夕方から目がぱっちりと覚めて今夜は寝付きが悪いかと
思っていたが、このブログの下書き中早くも眠くなってきましたね。(*^▽^*)



関連記事

Posted on 2016/07/06 Wed. 05:00 [edit]

category: 米づくり

tb: --   cm: 4

プロフィール

FC2カウンター

カレンダー

ブログランキングバナー

最新記事

Categories

blog link

ブログ村ランキング

人気ブログランキング

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。