kazuちゃんのお米作りと気ままな菜園日誌

米作りと地域担い手、野菜は自給自足を目指して、美味しい野菜作りにチャレンジしています!!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

空豆に追肥と親の摘心。  

3月13日

s-1 
昨年11月3日に種蒔きをして一ヵ月後の12月3日に植え付けた空豆。
品種は仁徳一寸昨年の残り種8株と陵西一寸16株分、24株
大苗は寒さに弱いので元肥をほとんど入れず小さく育てたつもり。


s-2
不織布のトンネル効果も有り今年は枯れずに全て健在。
上の写真と比べると分かるが、下の苗は肥料切れを起こして色が抜けた状態に成っている。


s-3 
追肥のことは気にはなっていたが田起こしが終わり、今日は夕方まだ寒くないので
追肥をしました。

今の時期なら株元へ肥料を置いても問題ないが株から10㎝程離してぼかし肥を
土と一緒に混和して、少し遅れていたが親の芯止めも一緒にした。


s-4 
作業日誌を見ると昨年は2月3日にその前は2月20日に摘心している。
脇芽もだいぶ伸びてきているのでちょうどいい頃かもしれませんね。
この親の芯止めは脇芽を充実させるのにおこないますが全くしない方もいます。
次の追肥は花芽が着き、花が咲く頃に最後の追肥を少し多めにしたいと思います。


s-5
追肥した穴へ如雨露の先を外して水をたっぷりと潅水して、被せて有った不織布を裾だけ上げた
状態で被せて終わりです。
4月に入れば脇芽も立ち上がり丈が20~30㎝になれば倒伏防止のネットをします。
脇芽は6~7本育てていきます。


P1030280_サイズ変更 
参考までに空豆倒伏防止ネットですが、脇芽の高さ40㎝~50㎝未満くらいの
高さにネットを張っています。
何も世話をせずに放っておけばネットの網目をくぐって上に上がってきます。
マルチ栽培は土寄せが出来ないのでこれで強風でも完璧です。

Posted on 2014/03/17 Mon. 05:08 [edit]

category: 豆類

tb: 0   cm: 4

コメント

そら豆の親は他のブログでもちょくちょく見るので、自分もやってみようと先日親を探しましたが、どれが親かわかりませんでした。
いろいろ参考書(サカタやタキイ)を見てもそのことは書かれていないので今迄やったことがありません。
するしないでどのくらいの差があるのでしょうね。
今年の倒伏ネットは現有のトンネル支柱の上に被せてみようかと思っています。
トンネルを頑丈に作っているので壊すのが勿体無くなりました。



URL | 充電中の、のぶさんより #-
2014/03/17 13:55 | edit

充電中の、のぶさんへ
親がわからないくらい側枝が生長しているんでしょうか。
親の芯止めをすると充実した側枝が伸びてくるので
私は栽培当初から芯止めをしています。
芯を止めてから側枝が急に生長し始めました。

のぶさんの空豆芯止めしていないと側枝も含めて草丈は
揃っているでしょうか。
想像ですが真ん中の親の草丈だけ飛び抜けて高いように
思いますが。

倒伏防止ネット確か昨年もトンネル支柱の上に被せていたように
記憶していますが間違っていたらご免なさい。

URL | kazuちゃん #DGmdjvvk
2014/03/17 17:38 | edit

昨年 私も傾伏防止ネットを試してみたら良かったです。
茎物は折れてしまうと御終いなので 数少ない栽培では
ダメージも大きいですねv-409

URL | monstera #-
2014/03/20 10:48 | edit

monsteraさんへ
この倒伏ネットわりといけるでしょう。
茎物は春先の風で折れやすいので、苦労が水の泡ですね。v-292
今年の空豆は寒さで消えてしまうことがなかったので
ここまでは成功しています。v-290

URL | kazuちゃん #DGmdjvvk
2014/03/20 13:14 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shirouri360.blog.fc2.com/tb.php/321-eb1cd2ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

カレンダー

ブログランキングバナー

最新記事

Categories

blog link

ブログ村ランキング

人気ブログランキング

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。