kazuちゃんのお米作りと気ままな菜園日誌

米作りと地域担い手、野菜は自給自足を目指して、美味しい野菜作りにチャレンジしています!!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

昨年のこぼれ種ヒエが大発生 汗(..;)  

5月18日

本日の投稿記事は2投稿でこの記事は2記事目です。

ブログ2~3日位のペースダウンすると先週書きましたが中々止まらなくて
ひたすら更新し続けています、
そのうちお休みさせてもらいます。


田植えから半月が経ちました。
昨年猛暑と水不足でヒエが大発生して、そのこぼれ種が今年一斉発芽
除草剤は田植え移植時にバッチリ1㎏粒剤を田植機に取り付けてあるこまきちゃんがふってくれる。

その後の作業軽減に役立っているが果たして除草効果が出ているのか?
長谷10aの田んぼ条間にヒエが発芽して遠くからでも目視でも分かるくらい増えてきた。

he-2.jpg 
ズームアップしてみると生えてる生えてる と喜んでいられない状況に。
とにかく除草剤の効果を効かそうと深水にしていたのに残念です。
苗も徒長気味になっているので早く淺水管理に戻していきます。

DSC00520_サイズ変更 
写真は5月18日に撮ったものですが見えるでしょうか、我が家の田んぼも何年も前から濁った状態で
代掻き後は当然濁っていますが、その後田植えが済んで土もおさまってきているのに
濁りが取れない。
変だなぁとつい最近まで思っていました。
他のブロガーさんの記事でカイエビの話題が出ていたので、ひょっとするとうちの田んぼにもと思い探して
みたら泳ぎ回っていましたよ、真ん中当たりにカイエビいます。
 アップで撮りたいのですが動き回るばかりでじーっと止まっていません。

この田んぼは水の濁りは殆どありませんが、いまだに濁っている田んぼが1枚有ります。
どれほどカイエビがいるのか見てみたいのですが、濁って全く見えない状況。
多分カイエビが動き回っているんでしょうね。
カイエビが動き回ると除草効果が有ると言われていますがその効果は分かりませんが
濁った田んぼの条間を除いてもヒエの姿は今のところ有りません。

カイエビ、オタマジャクシ、タニシがうごめいているので除草剤をしてあるにしろ
彼らにはまだ環境がいいんでしょうね。
若い頃にはそんな事には関心が無かったですが、小さい生物が役に立つなら出来るだけ
環境をよくしていきたいですね。

he-3.jpg 
夕日が沈む前で逆光気味ですが、向出10aの田んぼここが一番凄い状況で条間が緑色に染まっています。
他にも何ヶ所かこの様な状況になっている。
JAの早期予約でヒエ除草剤のクリンチャーを5kg予約しておいたのが手もとにあるので
満水にして明日早速行動開始。

he-4.jpg
一番小さいと思われる動噴、以前は25kgほど入る大きいのを穂肥などに使ってが
10年以上前に壊れて以来、除草剤は投げ込むタイプのを使い、穂肥の時期は2年ほど
近くの方の動噴を借りて使っていたが、田んぼが有る限り借りているわけにも行かず
これを購入したが、小さくて軽いので作業がホント楽です。
今は出番も珪酸加里を出穂55~45日の時に使うくらいで、肥料も一発肥、葉いもち予防、穂首いもち予防
などは私はやらないし、と言う事で今回ヒエ除草に使う事に。

he-5.jpg
付属していたノズルが肥料で擦れて先が避けてきたので、クボタでアリミツの動噴に合うのを
探して貰ったが、クボタはアリミツを扱って折らず、展示会で来ていた共立の営業マンにその話を
するとあっ、アリミツならOEMで出しているからうちの部品で合うからという事で
粒剤用拡散ふんとうを購入。
小さい同糞ですが噴糖の威力は凄いですね。
よく飛ぶし広がるので畦からでもエンジン回転をMAXにしなくてもいい。

he-6.jpg 
取りあえずクリンチャーを散布してきました。
ヒエがくたばってくれる事に期待してその後の経過にきたいします。
これ以上除草剤は使いたくないですからね。

he-7.jpg 
今年の1月にクボタに注文して購入した2サイクルエンジンのオイル。
今まで25:1の混合で使っていたのを、今回から50:1に変更しました。
この動噴、草刈り機等全ての2サイクルエンジンに使います。
4リッターで税込み4200円でしたが、私が元気で農業をがんばれるとして4リッターの50倍ですから
200リッターの混合燃料が出来る事に。

上の配合用のポリタンクで混合して携行缶へ移し替えるが、年に4回以上は混合を作る事は間違いない。
それで50:1の配合に変えてからエンジンがかかりやすくなった様に思う。
皆さんお分かりだと思いますが、普通の2サイクルオイルを50:1の混合に
しないで下さいよ。  

Posted on 2014/05/23 Fri. 05:05 [edit]

category: 米づくり

tb: 0   cm: 4

コメント

田んぼの生き物

カイエビとかカブトエビがたくさん生息している田んぼ
には草は殆ど生えません。
カブトエビがたくさんいる田んぼに除草剤を散布せずに
稲を育てましたが草が殆ど生えずに収穫出来ました。
無農薬米にチャレンジ出来るのではないでしょうか。

URL | みつばち #-
2014/05/23 10:35 | edit

みつばちさん、初めまして。
カイエビ、カブトエビが生息している田んぼは
生物の力が働くのですね。
なかなか無農薬栽培の勇気がなくていざと成ると
ちゅうちょしてしまいそうです。
試験田を絞り込んで来年からチャレンジしてみようかな。
的確なアドバイスありがとうございます。

URL | kazuちゃん #DGmdjvvk
2014/05/23 12:40 | edit

動噴の噴頭にこんな物があるのですね!良く使う物なので衝撃大です。私の使う噴頭は、長さ120cm位で途中に4箇所穴が空き、そこから遠い場所近い場所均等に粒剤が撒けるといった具合なんですがv-12
カイエビ・カブトエビ良い事を聞きました。今度圃場を見てみます。生息していたら薬剤を控えて様子を見たいと思いますv-290

ヒエは発芽を狙わないと結構しつこいですからね。クリンチャー粒剤が効く事を祈ります。と云いながら私も結構多用しているひとりですけどもv-292

混合燃料の件、50:1用オイルの方がキャブにオイルがこびり着かないらしいです。かからないエンジンほど滅入る物はないですよね。2ストはこの混合比で、ディーゼル以外の管理機等は使用後に燃料コックを止めておく事で、おおむね一発始動が可能と思いますよv-291

URL |  #-
2014/05/24 17:15 | edit

three-nineさん
この噴頭の形は初めて見ました。
一点に集中するのではなくて拡散されています。
以前私も肥料などに使っていたのを3~4ヶ所穴が空いており
幅広く飛ぶような構造になっていました。
多分一緒のタイプだと思います。

カイエビ、カブトエビの事を書いている農家のブログを見て
私も心当たりが有ると思い見ましたら元気で動き回って
いましたね (*⌒▽⌒*)
今日も草刈りの途中眺めてみると多数いるのを発見できました。
14枚有る田んぼ何ヶ所に生息しているかチェックしてみます。
出来るだけ薬剤を控える努力をして環境も整えたいですね。

5月18日に散布した田んぼ、クリンチャーの効果が出始めて少し
茶色く成り始めました。
取りあえず今年は出来るだけヒエを減らして来年に向けて減農薬
挑戦の弾みにしたいです。

ガソリンは揮発していくのでオイルも濃くなりキャブにこびりつくと
エンジンはかからないですオイルの量は少ないにこした事は
ないですね。
燃料コックがあれば止めてエンジンが止まるまでそのままにして
キャブの中を空にするとまず心配する事はないですよね。

three-nineさんも一度カブトガニとカブトエビ確認されて下さい。
水が濁っている田圃は生息している可能性は有りますよ。

URL | kazuちゃん #DGmdjvvk
2014/05/24 17:35 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shirouri360.blog.fc2.com/tb.php/404-22ffdc3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

カレンダー

ブログランキングバナー

最新記事

Categories

blog link

ブログ村ランキング

人気ブログランキング

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。