kazuちゃんのお米作りと気ままな菜園日誌

米作りと地域担い手、野菜は自給自足を目指して、美味しい野菜作りにチャレンジしています!!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

我が家のナスはいまだに樹作り中です。  

7月14日

今朝明け方凄い雨が降った様ですが、私は爆睡中で全く気づきませんでした。
軽トラの荷台に積んであるバケツを見ると20mm程雨水がたまっていました。


我が家のナス6本、右3本が飛天長、左3本がヨモギナス。
他のブロガーさんのブログを拝見していると、色艶のいいナスが沢山収穫出来ましたと
言う記事を見ますが、うちのは1番果を含めてまだ10本にも満たないと思います。

今は側枝切り戻し剪定をしながら樹作り中なので、収穫までもう少しかかるようです。
やっと肥天長の樹の高さが1m程にまで達し、樹の太さも根元の方で20mm程に成ってきました。

ns-2_20140714190606cf5.jpg 
先日側枝切り戻し剪定の事を記事にしましたが、ブロともさんが私の記事を参考にして実行されたんですが
間違って違う枝を切ってしまったとおっしゃっていました。

他のブロガーさんの記事でも側枝切り戻し剪定の事を、昨日だったかなぁ書かれていましたが
この方も何度となくこのことを記事の載せています。
そのコメントでは枝を切っていったら主枝が短くなってしまったと書かれていました。
どうも主枝を切ってしまったようで、難しいのかなぁとそのブロガーさんは嘆かれていました。

実際に枝を見て説明をするならまだしも、写真からお伝えするのは難しいと私も思います。
ナス側枝を間違って切ってしまっても又枝は出て来ますが、主枝を切ってしまうとまた別問題ですから。
初めての方は少し勇気が欲しいかもしれませんね。

前置きが長くなりましたが先日の主枝から出ている、側枝の写真ですが花が咲きナスが生長しています。

ns-3_20140714190609203.jpg  
その時は一番下の葉っぱの脇芽はまだ小さかったですが生長を始めて来ました。

ns-4_2014071419061343f.jpg 
こちらの写真の方が良く分かりそうですね。

ns-5_20140714190616987.jpg
一番下の脇芽が生長して伸びて来ました。

ns-6_20140714203809a48.jpg 
一つ上の写真を下から撮ってみました。
写真の矢印など太く書いてみたのですがまだ見難いですね。
クリックすると大きく表示されますので分かり易いかと思います。

赤矢印で①②③と有るのは主枝3本仕立てのことで、本来は①が主枝で一番果の下の脇芽を
育てて大きく生ったのが②③です。

これを主枝3本仕立てと言いますが一つ上の写真の真ん中の小さな葉が、下の写真の①の主枝から
出た一次側枝、オレンジで囲ってある葉が先ほどの一枚上の写真の葉です。
前回蕾の上の葉を一枚残してその下の脇芽を欠いて、一番下の脇芽これが二次側枝です。

②の主枝から出た一次側枝、オレンジで囲ってある脇芽これが二次側枝に成ります。
二次側枝の一番上の蕾今は花が咲き終わり結実して生長を始めています。
これが生長して大きなナスに成り収穫時期に、オレンジで囲ったところに白い横線がありますが
ここで切り落とします。
丁度二次側枝の上あたりに成ります。

ばっさりと切りましたが二次側枝が生長して、写真の一次側枝と同じ状態に成ります。
今度は二次側枝に蕾が出来て脇芽も取りやすく成れば、葉を一枚残して側枝に枝が3段有れば
一番下の脇芽を残して、三次側枝として育てていきます。

以後この繰り返しで側枝を切り戻して収穫していきます。

これを主枝3本で沢山脇芽が出て来るので、側枝として育てていきます。
途中主枝の枝と枝の間に蕾が付きナスが出来ますがこれは気にしないで
収穫すればいいです。
丁度写真の赤矢印の②のところにナスが実っていますがこれにあたります。

これを繰り返して行けば主枝は伸びていく一方ですから、適当なところで摘芯すればいいと
思います。

その間無数の側枝が出来ますので、凄い数のナスに成ってきます。
試そうと思う方は全てのナスではなくて1本から始めた方が良いと思います。

葉と葉が混み合って陰が出来るようであれば、脇芽を1個側枝にせずに欠いてしまい
間を開けて風通しと日当たりを良くした方が良いと思います。

 ns-7.jpg  
ヨモギナスの状態ですがこれは又節間が狭いですが同じように始めています。
大きなナスが生り数は少ないですが生長もゆっくりとしています。
最近白ナスとよばれていますが、このヨモギナスは愛知県の特産で固定種、F1種ではありません。

ns-8.jpg 
ヨモギナスの一番果やっと朝収穫出来ました。

ns-9.jpg 
今日の夕方のトマトの収穫です。

ns-10.jpg 
追加でキュウリとズッキーニですが、キュウリは朝夕で10本前後が半月ほど続いていましたが
先日からのぐずついた天気の影響でべと病が急に増え始めました。

ズッキーニも一時収穫が止まっていたが又収穫が再開していますが
採れすぎて食べきれず、好みも分かれ貰い手もないのでもう終わりにしようかと思い
勿体ないですが4→2本にしました。 ご免なさい。

側枝切り戻し剪定の説明次回はナスが大きく生り収穫をするところを写真に撮り
それで最後とします。


Posted on 2014/07/15 Tue. 05:08 [edit]

category: 茄子

tb: 0   cm: 4

コメント

ナスの剪定の仕方詳しく説明をして頂いてありがとうございました。
1次側枝をナスが生り収穫時に切り戻すのですね。

収穫の時に切り戻すのが分かっていませんでした。

「やさい畑」の初夏号の説明と合わせてやっと理解出来そうです。
簡単のようで難しいです。

URL | みつばち #-
2014/07/15 09:39 | edit

みつばちさん、こんにちは
今日は夏空で気温がだいぶ上がっています。

記事に書いて説明するのは難しいですね。
やっと理解していただけたようでホッとしています。

時々野菜栽培関係に雑誌などにも掲載されています。
やり方も若干違うようで、今回蕾で紹介しましたが
花が咲いてから芽を欠いても構いません。
簡単なようで難しいですよね。

URL | kazuちゃん #DGmdjvvk
2014/07/15 12:33 | edit

側枝切り戻しの方法はタキイの解説が図解入りで分かり易いと思いますね。
よもぎなすは主枝が短いので側枝切り戻し剪定は難しいです。
今年は何かと忙しいので側枝切り戻し剪定はさぼり気味です。
一番果は小さいうちに切り取っていますが、余り意味はないのでしょうかねぇ。
ズッキーニは私は1年で止めました。
料理次第では美味しいのでしょうけどね。

URL | nob #-
2014/07/15 16:55 | edit

nobさん、こんにちは
今日の暑さには参りました。
タキイの解説は分かり易いですね。
写真では葉、枝が邪魔に成り上手く説明出来ませんから。

ヨモギナスの主枝は短いですから、側枝切り戻しはやりにくい
かもしれませんね。

下の枝から出て来る芽は欠いて、一番果が成った上の側枝を
伸ばして張り始めています。

私はあまり気にしていないです。
ならばトマトは一番果は2~3果にしなさいとは言ってますが
一番果も大きく生らないと赤く成らないしと思っています。

ナスは樹がしっかりしていたら、それほど大きくしなければ
大丈夫だと思いますが。

nobさん新たにする事が増えたので、手が回らなく成ったんでしょうね。

私は今年は少し時間が取れるので、ナスは朝夕ニジュウヤホシテントウつぶしまくって15匹くらいはつぶしています。

ズッキーニは栽培するなら1株も有れば充分ですね。
好みが分かれそうです。


URL | kazuちゃん #DGmdjvvk
2014/07/15 17:35 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shirouri360.blog.fc2.com/tb.php/460-da2ddedd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

カレンダー

ブログランキングバナー

最新記事

Categories

blog link

ブログ村ランキング

人気ブログランキング

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。