kazuちゃんのお米作りと気ままな菜園日誌

米作りと地域担い手、野菜は自給自足を目指して、美味しい野菜作りにチャレンジしています!!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

散々悩みましたが結論が出ました。  

DSC_0290_サイズ変更
紅葉が綺麗ですね。
いやいや、紅葉を見に来たんではないんですよ。

ooya-1.jpg 
当地区では一番西に位置する田んぼ、2枚で25a有ります。
私の自宅から約2kmほどの距離。

実は降って湧いた様な話ではなくて、1年以上も前から耕作をしている方から
俺も歳やからもう他人さんの田んぼまで作る事が出来ないから、おまんやってくれへんかと
頼まれていました。
草刈りの面積も広いし、私も手が回らないから無理やと断っていました。

ooya-2.jpg
先日綺麗に耕してお返ししたようです。

で地主さんはと言うと、私とは保育所から中学まで席を共にした同年。
先日当の本人(友達)から電話があり、実は..... 田んぼ作って貰えないかとの話。
その話は前から聞いているし、俺も草刈りと水の管理、地区内の端から端まで
駆け回っているから、もう手が回らへんわと一応断りました。
写真で見ていると左の土手くらいなら、草刈りが負担に成る広さの土手では有りません。
問題は写真右下に見えている河川の土手、右に続いて陰の部分を通り、写真1枚目の
土手まで続いています。
いわゆる河川管理道だから軽トラも通れ高さもあります。

ooya-3.jpg
そうは言っても一応現場を見に行ってきた写真が上の田んぼ2枚。
水はと言えば砂防ダムがあり、水源は当地区の一番上流あと僅かな距離で滋賀県境。
雨が降らなければとても綺麗な水で、美味しいお米が出来ます。

ooya-4.jpg 
この水と岩を見ていると、ここから田んぼへ水を引いている様な雰囲気ではありません。

ooya-5.jpg
向こう岸にパイプが通っており、田んぼ近くの集水升まで約40m程有り、その先は普通の河川に
成っています。
確かに岩盤で難工事だっただろうが、昔河川改修をしたときに条件付で、取水口までキッチリと
工事をして貰えかなったんだろうかと、私からすれば残念な事の様に思います。
そばまで行きどうなっているのか詳しく見たかったが、岩の上を歩くと滑りそうでゴム長も履いておらず
水しぶきが冷たくて、近くへ行くのは止めました。 
でも大体の想像がつき大変そうです。

翌日今まで耕作していた方に詳しく話を聞くと、少しまとまった雨が降ると濁流となり
水に砂が混じっているのでパイプに流れこみ、パイプの口をふさいでおかないと、パイプが砂で
つまってします。
砂防ダムがあるくらいだから想像はつくが、想像していたとおりの答えが返ってきました。
これを雨が降る前に約2kmほどの距離を毎回通わなくてはいけない悪条件。
いくら友達の田んぼだしなんとかして上げたい気持ちは充分有るがでも無理な物は無理。
今まで耕作していた方は家が近くで、歩いても5分と掛からない距離だが
今まで40年ほど耕作していて大変だったと話してくれました。

ooya-7.jpg 
話を聞いてもう1度田んぼを見ようと歩き始めると、何かバタバタと音がするので
その方向を見るとなんと鹿が檻にかかっていました。
雄鹿 中くらいですね。

近くへ寄って写真を撮ろうとすると逃げようと、金網に当たりバタバタ。
口の周りは傷だらけで血がでていました。

可哀想ですが仕方有りません。
猟友会の方も可成りの頭数を駆除していますが、追っつかないのが現状です。

地区内の回りを獣害網で囲んであるが、道まで囲むことが出来ないので
網を囲ってから3年ほど経ちましたが、最近では鹿被害も多くなりました。
想像するに網(人が生活している方)に入り込んだ鹿が中に住み着いて入る様に思います。

結局この後友達Y君を連れてもう1度、現場を見に行き、水は河川からポンプアップしてみようか
とまで話が出たが、ガソリン代もばかりならないし昨日彼には申し訳なかったですがお断りしました。

彼もここで生まれ育って仕事柄、車で15分ほど離れた隣の滋賀県に住まいを構えて
休みの時はこちらへ帰ってきています。
お米は買っている様で、もし自分で耕作するのなら休みは週末以外に、
週中の木曜日もあるので、田んぼの水持ちはいいと聞いているので、水管理は出来ない事はない。
作業委託料とJAで水稲苗肥料等を買えば、10a当たりこれ位になるよと提案はしました。
彼も顔が広いのでここで採れた美味しい伊賀米を、知り合いに販売出来れば
JAへ出荷するよりもいい値段で売れるので、そう大きく赤字には成らないと思う。
米作りは何も分からないと言っていたが、それくらいのアドバイスくらいは出来るから
水管理と草刈りをして美味しい米作りをして欲しいですね。

Posted on 2014/11/29 Sat. 06:23 [edit]

category: 地域の紹介

tb: 0   cm: 8

コメント

遊びには良い場所

おはようございます。
この様な田んぼが増えてきています。

お米の値段が下がったのでますます耕作意欲が無くなるのですね。
お友達の家は旧家で素晴らしい立地条件ですね。

退職後の生活には最高の場所だと思います。

これから田んぼを増やしてゆくのであれば歩いて毎日見回れる
距離が良いでしょう。

田んぼが四角で給水バルブが田んぼに付いていて、草刈りの面積が
少ない田んぼ。(私が借りるなら)

自分で販売できる面積以上は費用対効果が下がるので作れません。

URL | みつばち #-
2014/11/29 09:37 | edit

水が綺麗な最上流の田んぼ、良いですね!近かったら私が借りて無農薬で栽培し自家消費したいです。お米作ったことないけど(笑)

URL | 川ガニ #AilrZkwc
2014/11/29 10:43 | edit

みつばちさん、こんにちは
地区内でも1、2と言われている旧家です。
昔はお米の値段もそこそこ良かったですが、今となれば条件の
悪い田んぼはどうしても、こんな状況に陥りやすく成ってきますね。
私も限界が有るので無理です。

そちらの方では整備された田んぼが多いので、作り手の心配は
しばらく大丈夫でしょうが、環境豊で景観が良くても整備されていない
田んぼは無理ですね。

結局お米も薄利多売はしたく有りませんから、私も耕作出来る面積は
1町5反未満が限界です。

URL | kazuちゃん #DGmdjvvk
2014/11/29 11:29 | edit

川ガニさん、こんにちは
環境は抜群に良いのですが、悪条件が揃っています。
でもこんな環境に憧れている方は沢山いらっしゃいますよ。

お近くでしたら借りて頂けるのに残念ですね。
お米作りは無謀な事をしない限り誰でも出来ますよ。

URL | kazuちゃん #DGmdjvvk
2014/11/29 11:32 | edit

 「美味しいコメはきれいな水から」と聞いておりました。羨ましいですねぇ。
先日三重県の漁師さんたちが 山で植林をする話がTVで放映されていました。落葉樹を植えて 枯葉が流れて 植物性プランクトンが発生して海に下れば 魚が寄ってくると言う事でした。

なるほど 海も山も食に関して一体化しているんだとつくづく感じましたよ。
 
 美味しいお米は美味しい水から 頷けますね。

捕えられた鹿はその後どうなったんでしょうか。 

URL | ポチと遊ぼう #-
2014/11/29 15:52 | edit

こんにちは。
山間の田んぼなんですね。
田んぼの水管理は毎日の事ですから近くから水が引けないと管理しきれないでしょうしお断りして正解ですよね。

こちらでは田んぼの周辺に河川がないので蒲原軽金属で水力発電用の水をもらい、温水ため池で温めてから用水路に流していてその水を田んぼに使っています。
子供の頃は家の前で水の取り合いでよく大ゲンカしていましたよ(笑

URL | 猫おやじ #-
2014/11/29 15:53 | edit

ポチと遊ぼうさん、こんにちは
環境豊で水は綺麗ですが、反面不便な事が多いですよ。
TVで放映されていた事は自然の理にかなっていると思います。

とらえられて鹿は多分捌かれてお腹の足しになっていると思います。
鹿刺しは美味しいですよ。

URL | kazuちゃん #DGmdjvvk
2014/11/29 16:11 | edit

猫おやじさん、こんにちは
山間も山間度田舎ですよ。
管理面からしてとても無理ですからお断りしました。
そちらでは水力発電の水を利用されているんですね。
地域によりいろんな方法が取られていますね。
水ゲンカは昔はよく有った様で、お互い鍬を持って
いたようですよ(^▽^)。

URL | kazuちゃん #DGmdjvvk
2014/11/29 16:15 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shirouri360.blog.fc2.com/tb.php/576-e9c3e8b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

カレンダー

ブログランキングバナー

最新記事

Categories

blog link

ブログ村ランキング

人気ブログランキング

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。