kazuちゃんのお米作りと気ままな菜園日誌

米作りと地域担い手、野菜は自給自足を目指して、美味しい野菜作りにチャレンジしています!!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今年最後のほうれん草発芽と生長  


ho-1_20141212195318708.jpg
 
現在収穫中のほうれん草『オーライ』は10月19日に種蒔きしました。
最近の寒さで甘味ものりはじめました。
冬場に栽培するほうれん草は一番美味しいです。


ho-6_2014121219540296c.jpg 
11月12日に種蒔きした同じく『オーライ』 発芽率が悪いのでキッチンペーパーに浸して
発根してから40ヶ所へ種蒔きした。
すべて発芽して生長しています。

ho-4_20141212195329400.jpg 
11月22日にも時間差蒔きで40ヶ所に種蒔きしました。
発芽率は良くて100%です。

ho-5_20141212195333afe.jpg 


ho-7.jpg
久しぶりにトンネルを開けて水をやりました。

ho-2_20141212195322fb7.jpg 
今年最後のほうれん草の時間差蒔きは11月30日に46ヶ所へ種蒔きしました。
さすがに寒い時期とこの場所は日当たりが悪いので、こちらの方へは穴開きビニールではなくて
普通のビニールでトンネルをしています。

待つ事12月11日位から発芽を確認しました。

ho-3_201412121953269a7.jpg 
赤い帽子が可愛いですね。 
まだすべて発芽していませんが、そのうち出て来るでしょう。
今年は春に2回と9月から頑張って7回種蒔きをしました。
1度に種蒔きすれば楽ですが、1度には食べきれません。
一手間掛かりますが収穫も途切れなくて重宝しています。
約5m弱の畝に126ヶ所種蒔き、最終間引きは1穴2~3株に残して
育てていきます。

私は腎臓結石で左右に5個づつくらい結石が溜まっています。
今までほうれん草は石が溜まるのでと敬遠していました。
最近医師もそんな事は有りませんよ、石が溜まるほどほうれん草を食べようとすると
多分食べきれないほどの量ですよと伺いました。
広島のブロともさんも同じような事をアドバイスしてくれました。

それより怖いのは硝酸態窒素ですね。
不自然に葉の色が濃い野菜、苦みが有る野菜がそれです。
化学肥料は悪いわけではありませんが、特にその傾向が出やすい様です。
私はぼかし肥を作り始めたのが2011年です。
始めの頃は化学肥料と違い、肥料の効き出しも遅く生長も緩やかですので
頼りなかったですが、収穫して見ると大きさも変わりなく味がいい野菜が出来ます。
何年か栽培していると馴れもあるし、葉の色が化学肥料と違いとても自然な色合いに
成ります。

かといって有機肥料だから安心とは言えません。
窒素が少ないとその分生長も悪いですが、出来るだけ窒素は押さえて栽培したいですね。

市販されている野菜は肥料加減、消毒などの回数などは消費者からは見えません。

家庭菜園ならそのさじ加減が出来ます。
出来るだけ安心安全な野菜作りをしたいですね。

さて来年は何回くらい種蒔きが出来るか楽しみにしています。

Posted on 2014/12/15 Mon. 05:56 [edit]

category: ほうれん草

tb: 0   cm: 6

コメント

おはようございます。
寒締めほうれん草が美味しそうですね!
猫おやじのはトンネル栽培ではないので朝畑に行きますと冷凍庫の中のように凍ったようになっています。(笑

硝酸態窒素過多は今、問題化されています。
科学肥料も有機肥料も土の中で分解されて硝酸体に変化してからイオンの形で根に吸収されますが最近家庭菜園でも14-14-14なんて高度化成をガンガン入れて野菜を作るメタボな菜園が多いです。
健康の事を考えればやはりkazuちゃんさんのおっしゃる通り肥効がゆるやかな有機栽培が体にやさしくて美味しい野菜が出来ますよね。v-290

URL | 猫おやじ #-
2014/12/15 07:24 | edit

猫おやじさん、おはようございます。
ほうれん草が美味しい時期に成ってきましたね。
収穫出来るサイズ手前まで暖かく育てて、以降はトンネルを外して
寒締めする様にしています。

こちらも朝見ると霜が降りてガチガチに成っていますよ。

硝酸態窒素の事は新聞でも何度か見る様に成ってきました。
肥料ガンガン入れての栽培はメタボでよくないです。
せめて自宅で栽培する野菜くらいは、安心して口に出来る様に
栽培も今一度見直したいです。

URL | kazuちゃん #DGmdjvvk
2014/12/15 09:16 | edit

 こんばんわ。ホウレンソウはいいですねぇ。僕の菜園にもまだ収穫を待っているホウレンソウが有ります。もう15センチほどになっていますのでとても楽しみです。

今年ほど沢山のホウレンソウを作ったことはありません。4回蒔きました。今収穫するのが一番美味しいですね。kazuさん所はもっと美味しくなるでしょうか。

 来年はkazuさんに負けないように多くの播種を試みたいと思います。

URL | ポチと遊ぼう #-
2014/12/15 21:03 | edit

ポチと遊ぼうさん、おはようございます。
ほうれん草畑を始めてこんなに沢山作ったのは初めてです。
柔らかくて美味しいです。
でもポチさんのほうれん草の多さには負けます。
来年美味しいほうれん草を沢山栽培しましょうね。

URL | kazuちゃん #DGmdjvvk
2014/12/16 08:07 | edit

今朝は冷たい雨が降っているので畑仕事は休みです。
法蓮草は今年は作っていません。
皆さんの記事を見て作ればよかったと悔しんでいます。
2月か3月には小松菜と一緒に種まきする計画にしています。

化学肥料は無機質なので直ぐ植物に吸収され、硝酸態チッソが形成される。
有機肥料はじっくり無機質に変わっていって、ゆっくり植物に吸収されるから硝酸態チッソは形成され難い。
従って肥料はじっくり効かせると品質の良い美味しい野菜が育つ。
と、ある先生が言われていました。
と言うことは、ボカシ肥料は発酵分解されているので無機質になっているはずですね。
なので即効性があるのでしょうね。
と言うことはボカシ肥料は化学肥料と同じ効き方をすることになりますね。
ずーっとこの5年間疑問に思っていることです。

URL | nob #-
2014/12/16 10:50 | edit

nobさん、こんにちは。
今日はこちらも冷たい雨が降っています。
昨夜から歯がうずきだして、朝からはいしゃ通いが始まりました。
ほうれん草は今年栽培されていないんですね。

肥料の事ですが私はぼかし肥を作り始めたときに参考にした
記事を紹介します。

http://www2.tokai.or.jp/shida/FarmAssist/bokasi/bokasi.htm

nobさんの思っているのと違いがあります。
ちょっと抜粋してみました。

炭素率の高い米ぬかを使って醗酵させ、アンモニア態窒素にせずアミノ態で植物に吸収させるようにする、有効微生物の塊をつくるところに価値があります。

一度覗いて見てださい。
ぼかし肥を使った野菜が美味しくなるのが分かると思います。

URL | kazuちゃん #DGmdjvvk
2014/12/16 13:19 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shirouri360.blog.fc2.com/tb.php/588-49bfb7c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

カレンダー

ブログランキングバナー

最新記事

Categories

blog link

ブログ村ランキング

人気ブログランキング

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。